BRIDGE

タグ KASHI KARI

月額1,980円〜のネクタイ レンタルサービス「KASHI KARI(カシカリ)」が事前登録を開始

SHARE:

スマホからボタンをポチっと押すことで物からサービスまであらゆるものが手に入るようになった今、物を「所有」する時代から「共有」の時代へとシフトしています。その追い風を受けて相次ぐのが、ファッションレンタルサービスの登場。ブランドバッグの「Laxus(ラクサス)」や、クロゼットで眠る服を活用する「SUSTINA(サスティナ)」などがあります。 新たに登場したのが、ネクタイを主とした男性向けファッション…

ネクタイを中心としたメンズファッションのレンタルサービス「KASHI KARI」
ネクタイを中心としたメンズファッションのレンタルサービス「KASHI KARI」

スマホからボタンをポチっと押すことで物からサービスまであらゆるものが手に入るようになった今、物を「所有」する時代から「共有」の時代へとシフトしています。その追い風を受けて相次ぐのが、ファッションレンタルサービスの登場。ブランドバッグの「Laxus(ラクサス)」や、クロゼットで眠る服を活用する「SUSTINA(サスティナ)」などがあります。

新たに登場したのが、ネクタイを主とした男性向けファッションレンタルサービス「KASHI KARI(カシカリ)」です。7月上旬を予定するサービス開始に先立って、6月1日から公式サイトで事前会員登録の受付を始めました。事前登録者を対象としたプレゼントキャンペーンを実施中とのこと。

月額1,980円から利用できるKASHI KARIは、プランに応じて決まった本数のネクタイや小物をレンタルできます。取扱いブランドは、LOUIS VUITTONやHERMES、GUCCI、Paul Smith、BEAMSなど100種類以上。レンタルに返却期限はなく、好きなタイミングで何度でも交換できる仕組みです。送料は無料で、クリーニング費用も運営側が負担するため、ユーザーが負担するのは月額料金のみ。

運営会社であるタナクロは、ブランド古着の買取・販売を行う企業です。KASHI KARIは、同社がメンズストール通販サイト「DAZZLE」と協業することで生まれたもの。ブランド買取販売という既存事業で培った消費者のファッションニーズを活かす形で、今回の新事業の立ち上げに至りました。

仕事で日々着用するだけでなく、冠婚葬祭、休日のカジュアルスタイルなど、幅広いネクタイの利用シーン。カジュアルブランドからハイエンドなブランドまで取り扱うカシカリなら、イベントやTPOに合わせてネクタイをレンタルし、出費を押さえながらファッションのコーディネートを広げて楽しむことができます。

また正式リリースの際にでも取材してレポートしたいと思います。

----------[AD]----------