タグ koyoi

食のD2CスタートアップSEAM、低アルコールカクテルブランド「koyoi」をローンチ

SHARE:

食の D2C スタートアップ SEAM は17日、低アルコール(度数3%、一部は4〜5%)のカクテルブランド「koyoi(コヨイ)」をローンチした。同社にとっては昨年4月にローンチしたピクルス D2C ブランド「和もん」に続くものだ。保存料・着色料・人工甘味料を使わず、素材本来の美味しさを引き出す自然違法で仕上げているという。販売開始時点では、味や風味の異なる10種類の商品を用意し、毎月順次新商品…

「koyoi」
Image credit: Seam

食の D2C スタートアップ SEAM は17日、低アルコール(度数3%、一部は4〜5%)のカクテルブランド「koyoi(コヨイ)」をローンチした。同社にとっては昨年4月にローンチしたピクルス D2C ブランド「和もん」に続くものだ。保存料・着色料・人工甘味料を使わず、素材本来の美味しさを引き出す自然違法で仕上げているという。販売開始時点では、味や風味の異なる10種類の商品を用意し、毎月順次新商品を追加発売していき、商品が入れ替わる形で常時20種類程度の商品を提供する予定。

コロナ禍で飲食店での酒提供が難しくなったことをきっかけに、〝家飲み〟の習慣・文化は以前に増して定着した。一方で、滞在時間の長い家で飲んでいても深酒にならない、普段は飲めない珍しい酒を飲みたいという需要が生まれ、ビールや酒造メーカー各社からも低アルコール飲料の新商品が続々と発売されている。バーなどで飲むカクテルは、個人が自分で用意するには素材を揃えるのに費用が高くついたり、そもそもカクテルを作ること自体が難しかったりする。koyoi はそんな需要を取り込もうというものだ。

カクテルを楽しむ際には、単に酒に酔いたいとか、気分を変えたいという以外に、日常から解放されたい、異空間を体験したいといった期待を伴うことも多いだろう。koyoi は〝家飲み〟でもバー飲みを擬似体験できるよう工夫がなされていて、商品毎にテーマやシーンが設定され、添付しているポストカードにその演出について説明がされている。D2C ブランドではあるが、顧客とのタッチポイントを増やすため、今後、自社運営の実店舗展開やハイエンドのカフェやスーパーなどのへの商品卸も検討する。

SEAM は、石根友理恵氏がサイバーエージェントやワンオブゼムを経て、2017年に設立。創業時にエンジェルラウンドで2,000万円を調達、また昨年11月にシードラウンドで資金調達(調達額非開示)したことが明らかになっている。調達先はいずれも非開示だが、主に D2C ブランド運営のスタートアップに特化したエンジェル投資家などが支援していると推定される。石根氏は BRIDGE の取材に対し、「起業家として、より大きく戦っていくため、より大きな市場への参入を決めた」と説明している。

<参考文献>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録