THE BRIDGE

タグ Kuaishou(快手)

中華ショート動画戦争ーーTencent(騰訊)がTikTokに対抗、年内にもKuaishou(快手)に20億米ドル出資へ【報道】

SHARE:

Tencent(騰訊)がショート動画プラットフォーム「Kuaishou(快手)」への20億米ドルを出資する交渉の最終段階に入っているとLatePostが報じた。同ラウンドはプレIPOで、総額30億米ドルを調達することになるという。これによりKuaishouの時価総額は286億米ドルになるとのこと。 重視すべき理由:Tencentはさらなる市場シェアの獲得に向けて同社運営のショート動画プラットフォー…

kwai-kuaishou-app-848x400.jpg

Tencent(騰訊)がショート動画プラットフォーム「Kuaishou(快手)」への20億米ドルを出資する交渉の最終段階に入っているとLatePostが報じた。同ラウンドはプレIPOで、総額30億米ドルを調達することになるという。これによりKuaishouの時価総額は286億米ドルになるとのこと。

重視すべき理由:Tencentはさらなる市場シェアの獲得に向けて同社運営のショート動画プラットフォーム「Weishi」の販促に努めるほか、Kuaishouを活用して競合「TikTok (Douyin)」に対抗しようとしている。

  • ショート動画プラットフォーム「TikTok」を運営するBytedance(字节跳动)は2019年6月の時点でTencentと検索大手のBaidu(百度)を追い抜き、中国のデジタル広告市場で第2位に躍り出た。これにより先行企業はEC大手「Alibaba(阿里巴巴)」だけとなっている。

詳細情報:年内に完了するとみられる本案件により、TencentのKuaishou持分は約20%となる。

  • 20億米ドルという投資規模は8月に報じられていた10〜15億米ドルよりは多いものの、持分はTencentが当初取得を目指していた水準(30〜40%)を下回る。
  • 同ラウンドに参加した他の投資家には、Alibabaが出資するYunfeng Capitalのほか、Boyu Capital、Temasek Holding、Sequoia Capitalなどが名を連ねる。
  • KuaishouとTencentは、ビデオゲームに特化したジョイントベンチャーを立ち上げる計画を廃止し、代わりにゲーミングでの協力関係を対象にした提携を交わすことになった。
  • 12月3日のTechNodeからの取材問い合わせに対して、Tencentは回答を控えた。

背景:Kuaishouは来年アメリカで株式を上場し、 Bytedanceが擁するTikTokとの激しい競争に備えた資金を調達する可能性があると、Bloombergが9月に報じていた。

  • LatePostの当初の情報によると、Kuaishouの設立者Su Hua氏は、ショート動画プラットフォーム買収に関するTencentからのオファーを断ったとされる。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のQ&Aサイト「Zhihu(知乎)」、シリーズFラウンドで4億3,400万米ドルを調達——短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」がリード

SHARE:

中国のオンライン Q&A プラットフォーム「Zhihu(知乎)」は12日、4億3,400万米ドルを調達し、シリーズ F ラウンドを完了した。このラウンドは、短編動画プラットフォームの「Kuaishou(快手)」がリードした。 重要視すべき理由:この調達は、Zhihu の上場計画実現を後押しする。以前には、開示されていない理由から収益上の問題が発生し、上場に失敗している。 北京を拠点とする …

中国のオンライン Q&A プラットフォーム「Zhihu(知乎)」は12日、4億3,400万米ドルを調達し、シリーズ F ラウンドを完了した。このラウンドは、短編動画プラットフォームの「Kuaishou(快手)」がリードした。

重要視すべき理由:この調達は、Zhihu の上場計画実現を後押しする。以前には、開示されていない理由から収益上の問題が発生し、上場に失敗している。

  • 北京を拠点とする Zhihu の今回の調達は、過去2年間で、中国のオンラインコンテンツ・エンターテイメントのセグメントでは最大のラウンドとなる。

Zhihu CEO の Zhou Yuan(周源)氏は、今回のファイナンスに対する Zhihu 上での質問に次のように答えた。

Zhihu、Kuaishou、Baidu(百度)は、異なるユーザシナリオを対象にした異なるプロダクトだが、いずれも大きなセグメントであり、互いのユーザには類似性がある。これら3つのプラットフォームは全て、「情報の孤島」問題を抱え、高品質なコンテンツにアクセスするコストが上昇している。

詳細情報:今回のラウンドには、Tencent や Capital Today といった過去数回にわたって投資した企業に加え、検索大手の Baidu も参加している。

  • 以前のラウンドに参加した Bytedance(字節跳動)は、今回のラウンドに参加していない。Yicai(第一財経)の報道によれば、Bytedance 創業者の Zhang Yiming(張一鳴)氏が、調達額が膨らむのを望まなかったらしい。
  • Zhihu CEO の Zhou Yuan 氏と Kuaishou 創業者の Su Hu(宿華)氏は、2ヶ月前のランチミーティングで Kuaishou の出資に同意した。
  • Zhou 氏によれば、しばしば 中国版の Quora と見なされる Zhihu は、Baidu や Kausihou が持つ専門知識を有効活用し、コンテンツの検索や流通のやり方、フォーマットをアップグレードすることになるだろう。
  • Zhou 氏は内部文書で、同社が置かれているファイナンスの状況とステージから、Zhihu のいかなる落ち込みも許容できる状況にない、と述べている。「素早く行動できれば生きのびれる。そうでなければ死あるのみ。」

背景:Zhihu は昨年8月、シリーズ E ラウンドを完了し、25億米ドルのバリュエーションで約2億7,000万ドルを調達した。

  • 2011年に設立された Zhihu だが、マネタイズが開始されたのは2017年のことだ。
  • Zhihu に近い投資家が語った内容として 36Kr(36気)が報じたところでは、Zhihu は2019年に再び上場に挑戦した。
  • Zhihu は2018年数百人の社員を解雇したと報道されたことに対し、この人数は過大に誇張されたもので、実際には許容できる範囲での解雇だったと反論している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」、ゲームのライブストリーミング分野に参入——新アプリ「Dianmiao(電喵)」をリリース

SHARE:

中国の短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、Android 向けビデオゲームライブストリーミングアプリをローンチし、競争が激化する中国のライブストリーミング市場に進出した。 この最新の動きは、Kuaishou がサービスの多様化に向け尽力していることを示している。同社はモバイルゲームプラットフォーム「Kuaishou Minigames(快手小遊戯、後に電丸に改称)」、PCライブストリーミ…

Kuaishou(快手)

中国の短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、Android 向けビデオゲームライブストリーミングアプリをローンチし、競争が激化する中国のライブストリーミング市場に進出した。

Dianmiao(電喵)
Image credit: Kuaishou(快手)

この最新の動きは、Kuaishou がサービスの多様化に向け尽力していることを示している。同社はモバイルゲームプラットフォーム「Kuaishou Minigames(快手小遊戯、後に電丸に改称)」、PCライブストリーミングプラットフォーム「Kuaishou Live-streaming(快手直播)」、コミュニティアプリ「Bengdi」など5つのアプリを1年足らずでローンチ。また、昨年6月には中国のビデオシェアリングウェブサイト「AcFun」を買収した。

「Dianmiao(電喵)」と名付けられた新アプリは、ゲームのライブストリーム、動画、フォーラム、そしてダウンロード機能を提供する。ライブストリーミング機能は、Douyu(斗魚)や Huya(虎牙)などの競合サービスとほとんど差はないが、ライブストリームで禁止されている行為に関する具体的なリストが同アプリには存在している。規制や法律に反する行為に加え、低俗な内容、喫煙、飲酒も禁止している。

この記事の執筆時点で、Dianmiao で最も人気のあるライブストリーミング番組の1つは、Tencent の人気モバイルゲーム「Honor of Kings(王者荣耀)」である。この番組には約1万9,000人の視聴者が存在する。ちなみに、ライブストリーミングプラットフォーム Douyu での同ゲームのトップ番組には、130万人を超える視聴者がいるといわれている。

録画された動画のセクションはビデオゲーム、とりわけ最後の1人もしくは1チームになるまで広大な戦場でバトルを繰り広げるバトルロイヤルゲームにフォーカスしている。またこのアプリでユーザは、Kuaishou でフォローしているアップローダーやストリーマーの動画に Dianmiao フィード内でアクセスすることが可能である。

中国におけるゲーム関連ライブストリーミング業界は、すでに香港で上場している Huya と上場間近の Douyu の大物企業2社によって支配されている。Kuaishou は中国で最も人気のあるショート動画アプリの1つになり、1億3,000万人のデイリーユーザを抱えていると主張しているが、この部門で順風満帆に進めるかどうかは依然不透明だ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」、ARアバター機能をローンチ

SHARE:

中国の短編動画の世界に、アニメマンガによるアバターが到来しつつある。Tencent(騰訊)が支援する短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、AR アバター機能「Kmoji」をリリースした。新機能を使うと、肌の色合い、ヘアースタイル、目をカスタマイズしたり、あるいは、カメラで顔をスキャンしたりするだけで、ユーザは自分でアバターを作ることができる。アプリは顔の表情や頭の動きをトラッキングし、ユー…

「Kuaishou(快手)」のAR アバター機能「Kmoji」
Kuaishou(快手)

中国の短編動画の世界に、アニメマンガによるアバターが到来しつつある。Tencent(騰訊)が支援する短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、AR アバター機能「Kmoji」をリリースした。新機能を使うと、肌の色合い、ヘアースタイル、目をカスタマイズしたり、あるいは、カメラで顔をスキャンしたりするだけで、ユーザは自分でアバターを作ることができる。アプリは顔の表情や頭の動きをトラッキングし、ユーザは歌ったり話したりしている様子を Kmoji を使って記録できる。

この機能は iPhone の Memoji にも似ているが、Kuaishou によれば、3D アバターの顔をマッピングする際に、Kmoji では 3D の奥行き検知技術ではなく 2D 技術を使っているのだという。あらゆる iOS や Android デバイスで利用可能で、GPU や CPU への依存が少ない分、低性能のスマートフォンでも実行可能ということだ。

Kuaishou はこの数ヶ月間にわたって、この技術を開発してきた。昨年7月、iOS 向けに「Animoji(アニメ絵文字)」の独自版をローンチしている。マンガアバターは、中国のインターネット界を席巻した。韓国のアプリ「ZEPETO(ゼペット)」が中国で人気を獲得した後、中国の自撮り拡張アプリ「Meitu(美図)」は、同様の機能を昨年12月にリリースした。

アバターカスタマイズツールの比較。左から: Kmoji、Memoji、ZEPETO
Image credit: TechNode, Apple App Store, and Google Play Store

ユーザは Meitu を使ってスナップ写真を撮影し、ソーシャルネットワークでシェアできる自身のマンガキャラクタを作ることができる。ZEPETO 開発元の SNOW は、昨年12月末までに ZEPETO の中国版をリリースする計画だ。

Kuaishou は、中国で最も人気のある短編動画アプリの一つだ。昨年10月には、250億米ドルのバリュエーションで資金調達の協議に入っていると報道された。11月には、Kuaishou 創業者で CEO の Su Hua(宿華)氏が、デイリーユーザが1億3,000万人に達したことを明らかにした。

中国のユーザ生成コンテンツ(UGC)市場はブームの状態にあるが、ユーザを維持しつつトラフィックを増やすことに課題が無いわけではない。ByteDance(字節跳動)が支援する 「Douyin(抖音、世界的には TikTok の名で知られる)」などのプレーヤーとの激しい競争に直面し、Kuaishou は下級都市(比較的人口の少ない中国内陸部など)に集中し、アプリ内機能の拡充を図ってきた。Kuaishou は昨年12月、アプリ内でビデオゲームを楽しむことができるミニゲーム機能をローンチしている。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

中国の写真共有アプリ「Kuaishou(快手)」、Tencent(騰訊)のリードで3億5,000万米ドルの戦略的投資を獲得

SHARE:

中国の動画・ライブストリーム業界では話題が絶えない。ビデオ編集・共有アプリの Kuaishou(快手)は今週(3月第4週)、Tencent(騰訊)がリードした3億5,000万米ドルの戦略的投資を獲得したと発表した。これまでの情報によると、Kuaishou は今年後半に IPO を行うものと目されていた。 同社の声明によると、今回獲得した資金は製品の品質向上と研究開発に充てられる。また、人工知能やビ…

Image credit: Kuaishou(快手)

中国の動画・ライブストリーム業界では話題が絶えない。ビデオ編集・共有アプリの Kuaishou(快手)は今週(3月第4週)、Tencent(騰訊)がリードした3億5,000万米ドルの戦略的投資を獲得したと発表した。これまでの情報によると、Kuaishou は今年後半に IPO を行うものと目されていた。

同社の声明によると、今回獲得した資金は製品の品質向上と研究開発に充てられる。また、人工知能やビデオ分析技術のような最先端技術にさらなる投資を続けることで、同社の将来性を確保するとしている。

Kuaishou は以前、Tencent に加えて、Sequoia、DCM、Baidu(百度)などの大企業から投資を受けてきた。これらの企業が今回のラウンドに参加するかは明らかになっていない。

資本協力に加えて Kuaishou は、製品、技術、サービスの分野で Tencent およびBaiduと協力し、ユーザエクスペリエンスの向上に努めることを明らかにした。これら中国テック大手2社の支援により、同社の成長が促進されると見られる。

Tencent の CEO、Pony Ma(馬騰)氏は次のように語っている。

Kuaishou は人々の日常生活の記録と共有に焦点を当て、友人や家族をいつもそばに感じられるようにしています。ユーザの近いところにいて、暖かさと元気を与えてくれる製品です。

Tencent は、TechNode(動点科技)に対し次のように語った。

Kuaishou と Tencent はそれぞれ、非常にユニークなユーザに関するインサイト、技術力、そして運営上の専門知識を持ち合わせています。これらを統合することで、昨今急速に高まっている映像コンテンツに関する需要を俊敏に捉え、将来の発展につなげていけるものと考えています。

Image credit: Kuaishou(快手)

GIF Kuaishou から生まれた Kuaishou は、中国で流行するモバイル写真・動画共有アプリのパイオニアとして、今や世界中で4億人以上のユーザを集めている。食べ物、ショッピング、ヘアチュートリアルといった生活感に溢れるコンテンツから奇妙で面白いパフォーマンスまで、様々な動画クリップやライブストリームが共有されている。

同社のデータによると、デイリーアクティブユーザ数は5,000万人を超え、毎日500万を超える動画が投稿されているという。海外版の Kwai をローンチしたが、このアプリが知名度を得るのはこれからといったところだ。

中国で絶大な人気を誇っているにもかかわらず、同社の行動は比較的控えめで、メディアへの露出に関しては慎重だ。理由の一つとして、不快に感じるようなコンテンツが一部にあり、マイナスイメージを伴う報道がなされたことがあった。大部分のユーザは比較的小さな都市や農村部から来ているとされており、彼らの投稿した一部のコンテンツが農村部や中国全体の印象を悪くする結果となってしまった。

しかし、多くの人々が参加できるプラットフォームを同社が目指していることに変わりはない。

CEOである Su Hua(宿華)氏は TechNode への前回のインタビューでこう語った。

私たちは Kuaishou を万華鏡だと考えています。Kuaishou で共有される動画の種類は多種多様。ほとんどのコンテンツは日常の楽しい瞬間を切り取った楽しいものです。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

2017年の中国テックIPO候補注目株4社

SHARE:

テック IPO が少なかった2016年を後に、2017年は世界的に IPO 市場を明るくするよい始まりを迎えつつある。Snapchat はバリュエーション250億ドルという新記録を成し遂げることが期待され、成長株スタートアップの多くの顔ぶれが後に続いている。 市場の見通しが高まるにつれ、中国のハイテク企業も投資家の心を取り戻しつつある。今年の中国からの IPO 候補者のリストをお届けする。 Ant…

Image credit: nk2549 / 123RF

テック IPO が少なかった2016年を後に、2017年は世界的に IPO 市場を明るくするよい始まりを迎えつつある。Snapchat はバリュエーション250億ドルという新記録を成し遂げることが期待され、成長株スタートアップの多くの顔ぶれが後に続いている。

市場の見通しが高まるにつれ、中国のハイテク企業も投資家の心を取り戻しつつある。今年の中国からの IPO 候補者のリストをお届けする。

Ant Financial(螞蟻金融)

中国で最も人気のあるモバイル決済ツール Alipay(支付宝)など金融サービスのオペレータである Ant Financial(螞蟻金融)は、2014年9月の IPO を控えた Alibaba からスピンアウトし、2014年12月に設立された。

Ant Financial はeコマース巨人である Alibaba からの最も評価額の高かったスピンオフ企業で、同社は600億ドルのバリュエーションで、45億ドルの資金調達ラウンドを完了している。

Ant Financial は長年にわたり IPO する企業として噂されてきたが、同社はビジネス成長とユーザ獲得に注力しており、IPO には急いでいないようだ。しかし2017年、特に2017年後半が確実にそれが現実となるようだ。

IPO への準備にあたり、Ant Financial は昨年、トップ経営陣の顔ぶれを入れ替えている。同社は中国本土と香港の両方で IPO することになりそうだ。

Kuaishou(快手)

Kuaishou(快手)は中国国外のユーザにはあまり知られていないかもしれないが、30億ドルの売上を上げる動画や写真の編集共有アプリで、中国の中でも特に下級都市や地方で人気がある。中国の動画や写真共有のブームに火をつける存在だ。

このアプリは、中国市場の二大モバイルアプリである、Weibo(微博)や WeChat(微信)によるトラフィック消費の押し上げも手伝う形で、昨年初めから最初の盛り上がりを見せている。

現在、Kuaishou には4億人以上の登録ユーザがいるとされる。TechCrunch が引用した情報源によれば、Kuaishou は月間アクティブユーザ1億人に対し、1日のアクティブユーザが4,000万人とされる。TechCrunch によれば、Kauishou は今年後半にもアメリカでの上場を計画しているとのことだ。

同社は Sequoia Capital、DST、Baidu(百度)、DCM から支援を受けている。

China Reading(閲文集団)

China Reading(閲文集団)は、中国のインターネット巨大企業 Tencent(騰訊)から支援を受ける、中国最大のオンライン出版 e-book 企業だ。Tencent Literature(騰訊文学)と Shanda Cloudary(盛大文学)が2015年に合併して生まれた China Reading には、QQ Reader(QQ 閲読)や Qidian(起点)といった9つの電子読書プラットフォームを通じて、約6億人の登録ユーザがいるとされる。

ロイターは、同社が2017年に香港で IPO し、最大8億円を調達する計画だと伝えている

Qudian(趣店)

Quadian(趣店)は2年前に設立されたばかりの小口融資プラットフォームで、学生向けローンサービス「Qufenqi(趣分期)」の運営で頭角を現した。Qufenqi を使えば、大学生やホワイトカラー労働者が、スマートフォンやラップトップなどの家電品を月々の割賦で購入することができる。

中国の地元メディア Caixin(財新)の報道によれば、Ant Financial が支援する Qudian は、5億ドル以上を調達べく今年第1四半期に中国国外での IPO を目指しているとされる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------