BRIDGE

タグ Laboratik

チームエンゲージメントツール開発のLaboratik、プレシリーズAラウンドで200万米ドルを調達——DEEPCOREやPARTYらから

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 東京を拠点とする HR テックスタートアップの Laboratik は、プレシリーズ A ラウンドで、DEEPCORE やクリエイティブラボの PARTY から200万米ドルを調達し…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


東京を拠点とする HR テックスタートアップの Laboratik は、プレシリーズ A ラウンドで、DEEPCORE やクリエイティブラボの PARTY から200万米ドルを調達した。このラウンドには、既存投資家のアーキタイプベンチャーズ、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、Artesian も参加した。

昨年3月の「GRASSHOPPER」デモデイでピッチする Laboratik CEO の三浦豊史氏
Image credit: Masaru Ikeda

Laboratik は 今回の調達に加え、AI スタートアップのシナモン共同創業者である堀田創氏が Laboratik のエンジニアリング担当バイスプレジデントとしてチームに参加したことも明らかにした。また、アメリカ Humanyze の CEO でマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ客員研究員 Ben Waber 氏が Laboratik のアドバイザーに就任したことも明らかにした(編注:ピーブルアナリティクスの第一人者である Ben Waber 氏のアドバイザー就任は、昨年3月の「GRASSHOPPER」デモデイで三浦氏が発表していた )。

2015年に設立された Laboratik は、自然言語を使ったチームアナリティクスの製品やサービスを開発している。同社は今回調達した資金を、日本や国際市場における提供内容の拡大と販売強化に使う計画だ。

Laboratik は、ワークプレイスチャットアプリケーションやリモートワークの機会が一般化する中で、企業がチームを効果的に管理・理解できるようにすることを目指している、と述べている。同社の主力製品である「We.」は、ワークプレイスチャットインタラクションを分析し、自動的にチームエンゲージメントを見える化。このビジュアルは、社内コミュニケーションの状態と問題を認識するために使用できる。まだベータ段階にあるこの製品は、すでに数十社で数千人に使われていると同社は述べている。

Laboratik の以前のサービス「A;」は、チームコミュニケーションツール「Slack」と連携するボットだ。チームの状態を測定し、各メンバーのチャットコミュニケーションの量を定量化し、自然言語処理を使ってユーザの感情的な傾向を分析する。Crunchbase によると、Laboratik はこれまで、アーキタイプベンチャーズがリードしたシードラウンドで80万米ドル、2017年のエンジェルラウンドで10万米ドル、2016年のデットファイナンスで20万米ドルを調達している。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

----------[AD]----------

会話からチームワークを見える化するSmart bot「A;」がArchetype Vらからシード資金調達

SHARE:

自然言語処理でチームメンバーの状態をリアルタイム解析するbot「A;(エー)」を開発するLaboratikは4月16日、Archetype Ventures、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、Zeroth AI、その他個人を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額8000万円で、ラウンドはシード。払込日や株式比率などの詳細は非公開。 これにあわせて同社は開発アドバイザーに…

IMGP6096
Laboratik代表取締役の三浦豊史氏

自然言語処理でチームメンバーの状態をリアルタイム解析するbot「A;(エー)」を開発するLaboratikは4月16日、Archetype Ventures、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、Zeroth AI、その他個人を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額8000万円で、ラウンドはシード。払込日や株式比率などの詳細は非公開。

これにあわせて同社は開発アドバイザーに早稲田大学大学院教授の大滝令嗣氏、AIプロダクト開発を手がけるCinnamon創業者の堀田創氏が就任したことも伝えている。Laboratikは調達した資金で開発、営業体制の強化を進める。

Laboratikの創業は2015年7月。ニューヨークのR/GAでデザイナーとしてキャリアをスタートさせた同社代表取締役の三浦豊史氏が帰国後、Googleでの勤務を経て新しい働き方に関するプロジェクトを構想したのがきっかけ。Googleで人々が定量的に評価される文化をHR Techに活かせないかと考えた過程で、当初はクラウドワークに関するプロダクトを検討していた。そんな中、彼らのサイドプロジェクトとして立ち上がったのが「A;」だった。

「A;」はSlackのチャットボットとして提供されるツール。Slackのチャンネルに導入すると、チームの会話をGoogleおよび同社独自の自然言語処理でネガ/ポジで判断し、それぞれのメンバーが現在プロジェクト内でどのような状況にあるのかを可視化してくれる。

laboratik

また、相対的な会話量や会話の内容をグラフやテーマごとにソーティングしてくれるので、例えば開発プロジェクトでネガティブな状態にありながら、コミュニケーションが不足しているメンバー、といった存在を教えてくれたり、そのメンバーが興味を持ちそうな話題アイデアを提示する、といった具合に働いてくれる。なお三浦氏の話では、今後、Slack以外のチャット型ツールにも展開を広げるという話だった。

2017年2月にクローズドβ版を公開し、国内外の大手企業を含む800社がテスト利用を続けているほか、直近ではPlug and Play Japanの初回バッチに採択されるなど、多くのアクセラレーションプログラムから高い評価を受けていた。ビジネスモデルは利用ユーザーごとのアカウント課金で、最終的な料金などの詳細はサービスが正式に公開される際に公表される。

 

----------[AD]----------