THE BRIDGE

タグ Leap

Y Combinatorの女性エンジニアCadran Cowansage氏、女性起業家による女性起業家のためのオンラインコミュニティ「Leap」をローンチ

2017年はテクノロジー分野で働く女性たちにとっての転換点だった。ウェブ上で渦巻くセクシャルハラスメント告発関連のニュースの嵐に、ソーシャルメディアに広がる#MeToo の動きなど、女性たちが声を上げ始めている。この流れの中で、Y Combinator(YC)のソフトウェアエンジニア Cadran Cowansage 氏が、女性による女性のためのオンラインコミュニティ Leap のローンチを本日(…

YC-female-founders-conference
Y Combinator の第4回 Female Founders Conference(2017年)
Image Credit: Y Combinator / Pretty Instant

2017年はテクノロジー分野で働く女性たちにとっての転換点だった。ウェブ上で渦巻くセクシャルハラスメント告発関連のニュースの嵐に、ソーシャルメディアに広がる#MeToo の動きなど、女性たちが声を上げ始めている。この流れの中で、Y Combinator(YC)のソフトウェアエンジニア Cadran Cowansage 氏が、女性による女性のためのオンラインコミュニティ Leap のローンチを本日(1月16日)正式に発表した。

今朝公開されたブログ記事の中で、Cowansage 氏は次のように書いている。

私が Leap の制作に着手したきっかけは、自分が心おきなくオープンに話せる場所というものをネット上で見つけられなかったからです。オンラインの会話が急速にエスカレートして中傷の応酬になり、多くの人がそこから離れるのを何度も見てきました。離脱する人の多くは女性でした。そこで私は、ネットワークのコアカルチャーを女性が作るコミュニティがあれば良いのではないか、さらにはソフトウェアや製品の制作までを女性が行った場合、一体何が起こるだろうかと考えました。そういう観点で作られたソーシャルネットワークはまだ存在しないように思えました。だったらそういう場所を自分で作ろうと考えたのです。

たしかに彼女の主張にも一理ある。代表的なソーシャルネットワークである Facebook、Twitter、Snap、LinkedIn などはすべて男性が作ったものだ。

ここまで Leap はプライベートベータ版に1,500人以上のメンバーを集めている。そこに集まったのは、ビジネスの設立者、デザイナー、マーケター、ソフトウェアエンジニア、VC など様々な職種で活躍する技術畑の女性たちだ。このメンバーが、テクノロジー関連の記事、スタートアップに関する質問、就職情報、キャリアコネクション、育児問題、セクシャルハラスメントに関する議論などを共有し始めている。

screen-shot-2018-01-16-at-11-38-38-am
Leap
Image Credit: Leap

女性視点に立った最近の主な事業例としては、昨年10月にローンチしたプロフェッショナルネットワーキングの Bumble Bizz、昨年11月に女性 VC らがローンチした女性設立者のためのメンタープログラム Office Hours などが挙げられる。

Cowansage 氏は2年前に YC に入社したが、それ以前には MongoDB のシニアソフトウェアエンジニアとして働いていた。彼女が Leap の構想を得る大きなきっかけとなったのは2014年3月、YC が毎年開催している Female Founders Conference への参加だった。そこには YC の卒業生や YC パートナー、そのほかテクノロジー分野で働く女性たちが集まり、業界に関する様々な意見を交換した。

Cowansage 氏はブログにこのように綴っている。

そのカンファレンスは、業界で働く数多くの知力と才能ある女性たちと共に時間を過ごせるとても貴重なものでした。当時の私には、テクノロジー分野で働く女性の友人がほんのわずかしかいませんでした。しかしカンファレンスを通して、この分野にはそれまで想像していた以上に多くの女性がいることを知ったのです。

YC パートナーである Kat Manalac 氏と Adora Cheung 氏も、Leap の初期ユーザのリストに入っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

時給換算2000円以上の就農者を増やすーー現代版小作農のLEAP、運営のseakが3億円を調達

SHARE:

就農支援のプラットフォーム「LEAP」を提供するseakは4月3日、グリーベンチャーズ、寺田倉庫、三菱UFJキャピタルの3社を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。投資ラウンドはシリーズAで、寺田倉庫、三菱UFJキャピタルは前回のシードラウンドに引き続いての参加となる。 これに日本政策金融公庫が提供する「青年等就農資金」からの融資もあわせ、今回の調達資金は総額で約3億円となった。同社…

就農支援のプラットフォーム「LEAP」を提供するseakは4月3日、グリーベンチャーズ、寺田倉庫、三菱UFJキャピタルの3社を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。投資ラウンドはシリーズAで、寺田倉庫、三菱UFJキャピタルは前回のシードラウンドに引き続いての参加となる。

これに日本政策金融公庫が提供する「青年等就農資金」からの融資もあわせ、今回の調達資金は総額で約3億円となった。同社は調達した資金で「LEAP」の栽培検証、フランチャイズモデルに必要なシステムの開発強化を進める。また今回の発表にあわせ、神奈川県藤沢市から法人として初となる認定新規就農者認定の取得に成功したことも公表している。これによりLEAPで優先的に確保した農地を登録者に提供することができるようになる。

現代版小作農のLEAP、目標は「稼げる就農」

tomato
LEAPのビニールハウスは独自の資材調達でコストを4割近くカットしている

昨年9月にそのデビューをお伝えしたLEAPが順調に次のフェーズに進んだ。seak代表取締役の栗田紘氏はインキュベーション事業を手がけるアーキタイプ出身で、パーソナルモビリティ「WHILL」では経営幹部を務めるなどスタートアップに関しては経験ある人物。非常に手堅く駒を進めた印象がある。

ただ相手は農業だ。インターネットからは遠い存在であるだけでなく、事業としてもネット特有の「持たざる」経営からビニールハウスや土地、肥料など有形の資産が必須になる部分が大きく異なる。栗田氏に今回の調達で推進するポイントを聞くと「栽培KPIの確立」と「フランチャイズモデルの準備」の二つを挙げてくれた。

soil_bag
LEAPで栽培するトマト。作物ごとにKPIが設定され、時給で2000円以上を得られるものも

まず栽培のKPIについては作付面積600平米あたりの収穫量や機材コスト、作物単価、ビニールハウスなどの償却費用など細かく数字が設定されており、ここから最終人件費をある一定水準に保つことを目標に設定されていた。

就農というのは人件費が安価になる傾向があるそうで、場合によっては法定で決められている時給を大きく下回るような数百円レベルでの労働も発生してしまっている。

LEAPではこの時給を主要なパラメーターとして設定し、収穫にかかるコストや効率を改善することで、この単価を2000円から3000円に引き上げることを目標にしている。さらに土壌学研究のPhDを持つNakhshiniev Bakhtiyor氏が最高開発責任者に就任し、LEAP独自の土や栽培溶液管理手法の開発・検証を進められる体制も整えている。

また、フランチャイズモデルの確立に向けて、作業学習用のオンラインコンテンツや栽培管理本部とコミュニケーションできるチャットシステム、ハウス内部のデータをリアルタイムに取得できるセンサー連携などの情報技術を活用したプラットフォームシステムも構築している。これらが就農登録者のIDと紐づくことで情報の一元管理に役立つとしている。

栗田氏によれば、今回の調達にあわせてLEAPのチームを20名ほどにまで拡大し、特にプラットフォームの開発については開発の責任者レベルでの人材を探しているということで、今後の事業拡大に向けた経営基盤の強化を進めるという話だった。

----------[AD]----------

モバイルインターフェースの未来? Leapがジェスチャーでのモバイル端末操作を可能にするかも

SHARE:

【原文】 サンフランシスコを拠点とするスタートアップLeap Motionは同社のモーションセンサー技術をノートブック、デスクトップコンピュータ内に搭載するため、Asusと提携した。果たして、モバイル端末でもこの技術が利用されるようになるにはどれくらいかかるだろうか? 私はこれまでずっとモバイル端末のユーザインタフェースに魅了されてきた。ほぼ17年間、私は携帯電話を使用してきたが、端末の操作方法は…

【原文】

Leap-Motion-Featured-e1357354065934

サンフランシスコを拠点とするスタートアップLeap Motionは同社のモーションセンサー技術をノートブック、デスクトップコンピュータ内に搭載するため、Asusと提携した。果たして、モバイル端末でもこの技術が利用されるようになるにはどれくらいかかるだろうか?

私はこれまでずっとモバイル端末のユーザインタフェースに魅了されてきた。ほぼ17年間、私は携帯電話を使用してきたが、端末の操作方法は短い期間で大きな変化を遂げたと言える。かつてはメニューとキーの組み合わせを記憶し、ファイルとフォルダが不格好に表示された画面を見ながら操作しなくてはならなかったが、今では画面をタッチするインターフェースやアプリが主流となっている。

しかし、コンピュータ端末では別のトレンドが勢いを増している。しかも、それはもはやタッチ操作とは関係がないのだ。例えばSiriについて考えてみよう。Appleの賢いアシスタントは、話すという非常に自然な方法で、ユーザとコミュニケーションをはかる。これと同じアイデアがAndroid端末最新のJelly Beanに搭載されている、Google Nowだ。新たなトレンドはそれだけではない。モーションセンサー機能がある。Xbox 360でKinectを使うゲームは好きだろうか?近い将来、これと同じ方法でモバイル端末を使用するようになるかもしれない。

2012年半ば、サンフランシスコを拠点とするスタートアップLeap Motionが「TheLeap」という名前の小さなデバイスを公開した。これはUSBメモリと同じぐらいの大きさだが、機能はものすごい。The Leapはカメラとセンサーを複数使用し、最大0.22立方メートルの3次元地図を作成する。The Leapが似たような他のデバイスと異なるのはその精密度である。The Leapは1ミリの100分の1、あるいは人間の髪の直径の約半分という精度で操作できる。もう一つの特徴は、体の異なった部分を識別する能力だ。The Leapはあなたが動かしているのが小指か、それとも親指かを認識する。

まるでマイノリティ・リポートのような感じだ。しかし3本指のグローブは必要ないし、トム・クルーズのように見えなくても大丈夫だ。

Leap-Motion-Demo

デバイスへの搭載

昨年8月、Leap Motionはデベロッパーがこのデバイスを利用してジェスチャーコントロールに基づくアプリケーションを開発できるように技術提供を始めた。中には市場で70ドルで販売予定だったデバイスを提供されたデベロッパーもいる。

最近のニュースによると、Leap Motionは台湾のメーカーAsusと提携し、モーションセンサー技術を最高クラスのノートPCとオールインワンPCに埋め込むことを計画しているという。Leap Motionは、実用的なアプリケーションがなくてはデバイスの意味がないとして、年内にアプリストアのローンチをも計画している。

ここでエキサイティングなのは、モバイル端末におけるThe Leapの可能性だ。Leap MotionのCEO、Michael Buckwald氏は、Leapをモバイル端末に搭載することは、デバイスの大きさを考慮するとそこまで難しくはないと述べている。「カメラは実際、非常に小さいのです。」とBuckwald氏はCNetのインタビューで述べた。「実際のセンサーとソフトウェアは最も小さい形態であろうともフィットします。」

Leap MotionはFounders FundとHigh Capital Partners率いるシリーズBの資金調達ラウンドで3,000万米ドル、それ以前に1,500万米ドルの資金を得ていたことを公表した。資金はスタートアップが現在生産している「数十万から数百万台のLeap」に対する提携企業のニーズに応えるべく、生産拡大の支援に利用される予定だ。

Leapがモバイルに実装されると?

The Leapの可能性を考慮に入れると、スマートフォンやタブレット、ノートPC以外での利用可能性についても業界観察筋は考えているかもしれない。Glass Projectを展開中のGoogleとの提携はどうだろうか?Google Glassはメガネにディスプレイを組み込んだ拡張現実デバイスである。Googleは今でもこのデバイスの実用化を目指しており、デバイス自体やインターネットを音声コントロールとジェスチャーコントロールを組み合わせた方法により利用する方法を検討している。

もしモバイルのインターフェースに関心があれば、これは注目するべき興味深いスタートアップだろう。さらに、他のインターフェースを探求することにフォーカスするスタートアップも存在する。たとえば、PredictGazeは眼球の動きやボディーランゲージを観察して、ユーザがどのようにテレビをコントロールしたいのかを予測しようとしている。だが、それはまたいつか別の記事で扱うことにしよう。

The Leapがどんなものか下の動画でチェックしてほしい。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------