THE BRIDGE

タグ Lemonade Lab

スポーツウエアラブル開発のLemonade LabがFoxconnグループらから580万ドルを調達、ハイエンド向け運動解析サービスを開発へ

SHARE:

スポーツ向けウエアラブルデバイスを開発する Lemonade Lab は4日、台湾の EMS 大手 Foxconn(鴻海/富士康、台北証取:2317)傘下の FIH Mobile(富智康、香港証取:2038)と複数の個人投資家から総額580万ドルを調達したと発表した。Lemonade Lab は調達した資金を用いて、自転車競技およびランニングのトップアスリート向けのウエアラブルデバイスやウェブサー…

lemonade-athlete-tracker_featuredimage

スポーツ向けウエアラブルデバイスを開発する Lemonade Lab は4日、台湾の EMS 大手 Foxconn(鴻海/富士康、台北証取:2317)傘下の FIH Mobile(富智康、香港証取:2038)と複数の個人投資家から総額580万ドルを調達したと発表した。Lemonade Lab は調達した資金を用いて、自転車競技およびランニングのトップアスリート向けのウエアラブルデバイスやウェブサービスを開発し、日本・台湾・アメリカ・フランスで新商品を導入したいとしている。

Lemonade Lab は、これまでに金融関連アプリのシステムインテグレーションなどを手がけてきた起業家である加地邦彦氏と、彼の大学時代の先輩にあたる孫泰蔵氏が2012年に設立。2013年11月にはツール・ド・東北で華々しくモバイルアプリ「Lemonade」をローンチしている。それから約1年半の間、Lemonade 周辺からは音沙汰の無い状態が続いていたわけだが、今回の大型資金調達に至るまでの経緯を加地氏は次のように語ってくれた。

1383464223.jpg
Lemonade Lab 共同創業者 加地邦彦氏

以前のモバイルアプリからは全くのピボット。以前はむしろ、ソーシャルという感じでした。

しかし、スポーツ向けのサービスをする上で、スマートフォンでリアルタイムに情報を取得したり表示したりするのは難しいと考えたのです。自転車に乗ったり、走ったりしながらは画面を見れないし。

申請中の特許等との兼ね合いもあって、詳細な仕様については現時点でまだ明らかにできないとのことだったが、どうやら、新しいコンセプトでは、身体の複数箇所に装着するセンサーと、それを解析してクラウドにデータを送信するためのメインユニットから構成されようだ。新たに公開された Lemonade のティザーサイトに公開されている動画からは、そのコンセプトやデバイスのイメージの一端を垣間見ることができる。

トップアスリートやハイアマチュア向けのサービスを作るんです。ローアマチュアとトップアスリートでは、スポーツやトレーニングに対するリテラシーが違うので、求めている情報の質が違う。例えば、ここのこのモーションの動きが、何秒で何ジュールだから…とか説明を受けても、一般人にはなかなかわからない。

運動の動きを改善するために、アスリートにスポーツサイエンティストとかがアドバイスするレベルの、ハイエンドなフィードバックができるサービスを作ります。ローアマチュアにはそのままの情報では理解できないかもしれないが、ハイエンドなサービスを作れば、ついてきてくれると思う(加地氏)。

今後、デバイスやサービスの開発にあたっては、Lemonade Lab に加え、今回のラウンドに参加した FIH Mobile が全面的に協力する。この加地氏とのインタビューを行った際、彼と彼のチームは高地トレーニングのメッカとして知られるロッキー山脈の街 Boulder に居たのだが、このことからもわかるように、同社のビジネスはアメリカのアスリート市場にフォーカスしている。2016年第一四半期のサービスローンチに先駆けて、アメリカのほか、ツール・ド・フランスで知られるフランス、Foxconn グループのお膝元である台湾、そして、出身国である日本で年内にもパブリックベータ運用を展開する予定だ。

Lemonade Lab は、湘南ベルマーレトライアスローンチーム「Lemonade Bellmare」のスポンサーを務めており、同チームのサイクリストのほか、他の実業団のアスリートらからのフィードバックをもとに、プロダクトを最適化していきたいとしている。

----------[AD]----------

ツール・ド・東北でデビューしたLemonadeは友人とのスポーツを楽しくしてくれるフィットネス系ログサービス #tourdetohoku

SHARE:

経済産業省の統計調査(※1)によると日本のフィットネス人口は300万人で、日本国民のざっくり2%が積極的な運動管理を実施していることになる。逆にいえば大多数は運動が苦手だ、ということにもなる。 そんな人に役立つのが数多くあるスポーツ管理アプリだ。Nike+やRunkeeper、バイクであればRoad Bikeなど海外サービスを使っている読者の方もいるのではないだろうか。 そして今日またひとつ、この…

経済産業省の統計調査(※1)によると日本のフィットネス人口は300万人で、日本国民のざっくり2%が積極的な運動管理を実施していることになる。逆にいえば大多数は運動が苦手だ、ということにもなる。

そんな人に役立つのが数多くあるスポーツ管理アプリだ。Nike+やRunkeeper、バイクであればRoad Bikeなど海外サービスを使っている読者の方もいるのではないだろうか。

そして今日またひとつ、この分野に新入りが入った。国産だ。

Lemonade Lab Inc. は11月2日、ランとバイクのレコードサービス「Lemonade」のベータ版を公開した。

石巻で開催されたツール・ド・東北の公式サービスとしてお披露目されたLemonadeはiOSAndroid向けアプリで、ランニングとバイク(自転車)のトラッキング(追跡)やログのレコードノート、友人とのソーシャル・タイムラインなどを通じて日々のフィットネス管理をサポートしてくれる。

「友人と運動を楽しむ」というコンセプト

今回、このツール・ド・東北の会場である石巻市に入り、サービスの取材をしてきた。

このツール・ド・東北は、最長160kmのコースとなる三陸の自然を走りながら、被災地域の今も知ることができるロードバイクのレースイベントで今年が初めての開催となる。(記事下にフォトレポートも掲載)

私は朝8時から開始したレースに参加したLemonadeのチームが、タイムラインにポストするレース状況などを眺めながら、今、どこにいるのかをウェブで確認したり、コメントしたりしていた。

通常、同様のレコードアプリは「記録」が中心の導線で、それ以外の友人との共有機能はおまけ的な側面が強い。どちらかというとLemonadeは逆の設計といえるかもしれない。

メインの導線はタイムラインになっており、フォローしている友人がいま何をしているのか、どこにいるのか、そういった情報が並ぶ。

プロジェクトを牽引する加地邦彦氏と孫泰蔵氏

このプロジェクト、実は意外な人が牽引している。孫泰蔵氏と加地邦彦氏だ。加地氏は泰蔵氏の大学時代の後輩で、金融業界経験後にスタートアップしている起業家。


写真:加地邦彦氏

二人は「どうせなら趣味とビジネスをマッチさせたものをやろう」と共通の趣味だった自転車をテーマに選択、「スポーツで盛り上がるサービスにしたい」とプロジェクトをスタートさせた。

これまでのログ系のサービスはよくできている反面、何かが足りない。「知らない人とバーチャルに競っても楽しくない。それは本質じゃない」。スポーツはみんなでやるから楽しい。「どうせならみんなで一緒に走れるサービスを」とLemonadeのコンセプトが決まる。


写真:孫泰蔵氏とLemonadeチーム

トレーニングした結果をタイムラインで共有したり、一緒に走ってる友人がどこにいるのかをマップで確認したり、そのレースを通じてさらにスポーツ仲間が増える。スポーツの前、最中、後と楽しめるものを目指していると、今後の展開を含めて話してくれた。

東京マラソンや皇居ランといった大勢の参加するスポーツでは参加者だけでなく、沿道で応援するユーザーも写真をポストすることもできるので、今後サービスがしっかりと進化していればまた違った楽しみ方も発見できるかもしれない。

ベータ版でまだ完成していない箇所があるそうで、若干チグハグした印象もあるが、純粋に私はタイムラインに参加して楽しかった。

おまけ:ツール・ド・東北フォトレポート


イベントは東北復興支援の一環として開催される。


全国からロードレーサーが石巻に集結。


地元名産やスポンサーなどのブースが並ぶ。


ソフトバンクが設置したバルーン型の電波(Wifiらしい)基地局。


今回、ネット系スタートアップ関係の方も多く参加していた模様。写真は泰蔵氏とトリッピースの石田言行氏。


※1:出典:経済産業省『特定サービス産業動態統計調査

----------[AD]----------