BRIDGE

タグ Lendingkart

インドで拡大する「デジタル・ローン」市場に潜む投資リスクーー「Lendingkart」が新たに3000万ドルを追加調達

SHARE:

ピックアップ:India’s Lendingkart raises $30M to help small businesses access working capital ニュースサマリー:8月9日、インド全土で中小企業向けにデジタル・ローンを提供する「Lendingkart」がシリーズDラウンドにて既存投資家である「Bertelsmann India Investments」「Fu…

ピックアップIndia’s Lendingkart raises $30M to help small businesses access working capital

ニュースサマリー:8月9日、インド全土で中小企業向けにデジタル・ローンを提供する「Lendingkart」がシリーズDラウンドにて既存投資家である「Bertelsmann India Investments」「Fullerton Financial Holdings」「India Quotient」らから計3000万ドルの資金調達を行った。

同社の累計調達額は約2億ドル規模に達しており、創業5年のスタートアップとして驚異的なスピードで拡大を続けている。6月17日の1100万ドルを調達したばかりの同社だが、今回はデットではなくエクイティでの調達になる。

・インドで爆伸びする零細向ローン「Lendingkart」ーー5年で累計調達額が1.7億ドル(180億円)に

話題のポイント:Lendingkartの特徴はビッグデータ解析とAI機械学習による与信審査です。事業者の財政状況や競合他社・市場のパフォーマンス・社会的責任・コンプライアンスなどのデータをもとに独自評価プロセスで事業者の信用を評価します。

これらの仕組みが功を奏しており、YourStoryによれば2018年の収益は3倍にまで上昇したといいます。一方、赤字も拡大していることは事実とのことですが、それを許容した上で一刻も早くマーケットから一定規模のシェアを確保しようとしています。事実インドのデジタル・レンディング市場の加熱は凄まじく、競合プレイヤーの調達ニュースもあとを絶ちません。

<参考記事>

ただし、金貸しというビジネスは借り手の信用を担保に利益が出るのを未来に先送りするモデル。そのため借り手が実際にローンを返済するまでは利益が出ている(成功している)とは言えません。

初期の投資家は返済率や貸し倒れ率などのエビデンス・データが不十分にも関わらず投資を実行しなくてはならないため、起業家やエンジニアの主張する「AI」や「アルゴリズム」、「ビッグデータ」という言葉が頼りです。

はたしてどのくらいの投資家達が、彼らのアルゴリズムが技術的に優れているのか否かを本当の意味で理解できているでしょうか。

もし信用評価プロセスに大きな欠陥があった場合や、後々サービス拡大に伴い返済能力の乏しいユーザーが増加したケース、返済率が低下していった際には赤字が回収できなくなるリスクが発生します。

一方、投資家はしばしば 「貸し出し件数は増え続けている」という成長の本質的なエビデンスとは言い難いデータを根拠に投資を継続する可能性があります。投資実行だけが先ばしっているという状況です。

既存投資家に関しては一度投資している点を加味して、新たにお金を投入したがる可能性も存在します。

貸し出し件数をさらに増加させるためにターゲットのスコープを拡大すると、それに伴い収集すべきデータやアルゴリズムも少しずつ変化させる必要があります。しかしその調整に失敗し、返済能力のない借り手に貸し出しをし始めてしまうと状況はさらに悪化します。

危うさを感じる上記のようなサイクルは、上手くいけばいち早くマーケット・シェアをとり、赤字を後々で解消するという一般的な戦略として成立します。ところが逆のケースに陥る可能性も0ではないでしょう。激化する競争市場において、ユーザー数増加のための焦った成長戦略を描くと陥る罠だと言えます。

中国でP2Pレンディングがブームになった際、多くの業者が返済能力のない借り手に貸し出しをし続け、多くの大量の焦げ付きを抱えた業者が廃業して社会問題となりました。

大半のインドのレンディング業者に言えることですが、短期間で多額の資金調達を行い、多数の貸し出しを実施しているLendingkartであっても今後何が起こるかはわかりません。

----------[AD]----------

インドで爆伸びする零細向ローン「Lendingkart」ーー5年で累計調達額が1.7億ドル(180億円)に

SHARE:

ピックアップ:Lendingkart raises Rs 80Cr debt funding led by Alteria Capital ニュースサマリー:インド発の零細事業者向けオンライン・レンディングを提供する「Lendingkart」は6月17日、Alteria Capitalから約1100万ドルをデット調達した。 Lendingkartはインド国内の中小企業、零細個人事業者に対して少額の…

2019-06-20 19.55.52

ピックアップLendingkart raises Rs 80Cr debt funding led by Alteria Capital

ニュースサマリー:インド発の零細事業者向けオンライン・レンディングを提供する「Lendingkart」は6月17日、Alteria Capitalから約1100万ドルをデット調達した。

Lendingkartはインド国内の中小企業、零細個人事業者に対して少額のローンを提供するサービス。データによる与信分析で適切な顧客に適切な額のローンを貸し出す。

同社は、比較的小さな規模の資金提供をできるだけ多く提供する。草の根からインド経済を下支えすることを目指しており、今回の調達もそのサービスの拡大を一層推し進めるためのものだ。オフィスはアフマダーバード、バンガロール、ムンバイの3つにしか構えていないが、サービス自体はすでにインド全土に及んでいる。

話題のポイント:サービス開始からわずか5年の歳月しか経過していないにも関わらず、今回を含め計1億6700万ドル(約180億円)ほどの資金の調達に成功し、インドの零細事業者へのさらなるサービス拡大に邁進する同社は、近々ユニコーン企業になるのではないかと推測されています。

Inc42というインドのテック・スタートアップの最新情報を配信するウェブメディアによる「30 Indian Soonicorns That Have The Potential To Be Unicorns By 2020(2020年までにユニコーン化する可能性をもつインドのスタートアップ」という記事にて、Lendingkartがそのポテンシャルをもつ企業の一つとして紹介されています。

その証拠に、Lendingkartはこれまで1300以上の町で、4万を超える零細事業者に対し、5万件以上の貸し出しを行っている実績があります。

2019-06-20 19.13.34
credit : https://www.lendingkart.com/

以前筆者は、インドで展開するLendingkartと同様のデジタルレンディングサービス「Kinara Capital」の記事を配信しています。

<参考記事>
急成長するインドのデジタルレンディング市場、金融包摂「Kinara Capital」が1400万ドルを調達

現在のインド市場は、急激な経済成長やデジタル化を遂げているにも関わらず、銀行や消費者金融など、日本では当たり前のオフラインでのローンサービスが、増え続ける人口や起業機会の数をカバーできていないという現状に陥っています。

そのため、LendingkartやKinara Capitalなどのような、オンラインで簡単にローンを実行・返済可能なサービスは非常に人気を白しており、いくつかユニコーン企業も輩出しています。したがって、Lendingkartが近い将来ユニコーン化するというのは、非常に現実的な推測だと考えられるのではないでしょうか。

----------[AD]----------

インドのLendingkart、中小企業への融資拡大に向け1,050万米ドル調達

SHARE:

インドに本拠を置くデジタル融資プラットフォーム Lendingkart Finance は、エクイティファイナンスにより、シンガポールに本拠を置く Sistema Asia Fund から7億インドルピー(1,050万米ドル)を調達した。 既存投資家として、Bertelsmann India Investment、Mayfield India、Saama Capital、India Quotien…

Harshvardhan_Lunia_image1
Image Credit: Lendingkart

インドに本拠を置くデジタル融資プラットフォーム Lendingkart Finance は、エクイティファイナンスにより、シンガポールに本拠を置く Sistema Asia Fund から7億インドルピー(1,050万米ドル)を調達した。

既存投資家として、Bertelsmann India Investment、Mayfield India、Saama Capital、India Quotient、Darrin Capital Management もこのラウンドに参加した。

Lendingkart は新たに調達した資金を利用して、融資件数の増大やテクノロジー面と分析能力の強化を行う予定。また、資金の一部は、インドの中でも資金供給が不足している市場においてプレゼンスを高めるために利用するようだ。

Lendingkart は2014年に Harshvardhan Lunia 氏(上の画像)と Mukul Sachan 氏によって設立されたプラットフォームで、ビッグデータ分析を中心に、貸し手側が借り手の信用評価を行う際の支援を行っている。

4,000以上のデータ変数を分析して、財務健全性、対市場パフォーマンス、社会的信用度、法的要件の遵守状況などを決定し、借り手の信用評価を行う。

審査プロセスが完了すると、審査を通過した借り手は、申請から72時間以内に融資額分の資金を受け取ることができる。

Sistema Asia Fund Advisory でマネージングディレクターを務める Dhruv Kapoor 氏はこう語る。

Lendingkart Technologies が急激なスピードで拡大し、中小企業を苦しめる根本的な問題を次々と解決していく姿を見ることができ、大変嬉しいです。

Lendingkart のデータサイエンスアプローチと、借り手側との接触が不要な提供モデルは、従来の金融インフラから見過ごされてきた中小企業部門のニーズに応えてくれるものです。

Lendingkart は今年6月にも、デットファイナンスにより、インド第4位の民間銀行 YES Bank から780万米ドル(5億インドルピー)を調達している。同社はその調達資金を、正式な与信を受けることのできないティア3都市圏や小規模都市の中小企業に融資を提供するために利用した。

Lendingkart は現在、インド国内29の州と7の連邦直轄領にわたって720以上の都市にサービス提供地域を広げている。同社によると、30万社以上の中小企業が審査を受けるためにプラットフォームを利用し、1万社以上の中小企業が資金を得ることができたという。

Lendingkart はアフマダーバード、バンガロール、ムンバイにオフィスを構えている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

Lendingkart、インドの中小企業向け無担保スピード融資の提供を目指し1,000万米ドルをデットで調達

SHARE:

YES Bank から780万米ドル(5億インドルピー)の融資を受けて2ヶ月も経っていないが、インドの中小企業向けデジタル融資プラットフォームの Lendingkart Finance が、Kotak Mahindra Bank、Aditya Birla Financial Services、その他金融機関(名称非公開)からデットファイナンスで1,000万米ドル(6億7,000万インドルピー)を調…

lendingkart2-1.png

YES Bank から780万米ドル(5億インドルピー)の融資を受けて2ヶ月も経っていないが、インドの中小企業向けデジタル融資プラットフォームの Lendingkart Finance が、Kotak Mahindra Bank、Aditya Birla Financial Services、その他金融機関(名称非公開)からデットファイナンスで1,000万米ドル(6億7,000万インドルピー)を調達した。

同社の事業進出が全国700都市を超える中、調達した資金は貸出金の補充に活用する予定で、事業スコープを全国の中小企業に広げることが可能となる。

Lendingkart 共同設立者兼 CEO の Harshvardhan Lunia 氏は次のように述べている。

私たちは中小企業が経済のバックボーンだと認識しており、インドが引き続き高成長を持続していくためには、中小企業の支援は欠かせません。本ラウンドで得た資金を当社の貸出金に補充し、事業を全国に広げるために活用しますが、これら各社との関係によって運転資金が途切れることなくサービスを提供することが可能となり、中小企業の強化に向けて共に取り組むことができると確信しています。

現時点で、Lendingkart は23業種セクタにーまたがる9,500社の中小企業に対して1万2,000件を超える融資実績があるという。

インド商科大学院ハイデラバード校の卒業生 Lunia 氏とインド経営大学院バンガロール校の卒業生 Mukul Sachan 氏によって2014年に設立された Lendingkart は、インドの中小企業の運転資金ファイナンシングのニーズに対応するテクノロジープラットフォームを構築した。

Lendingkart Group の100%子会社の Lendingkart Finance は、貸す側が借りる側の信用能力を評価できるテクノロジーツールを開発した。同ツールはビッグデータ分析を活用しており、5,000項目を超えるデータ変数を評価し、財務健全性、対市場パフォーマンス、社会信用性、法的要件に対するコンプライアンスを査定して、借り手の信用能力を決定する。この査定プロセスが完了すると、承認された借り手に対し、申し込みから72時間以内に融資が実行される。

Lendingkart Finance は事業をインド全国に拡大しており、29州と7つの連邦直轄領にまたがる700を超える都市に進出済みで、最小限の書類手続きで迅速かつ簡単な無担保ローンを提供している。

1年前に Lendingkart は Bertelsmann India Investments がリードしたシリーズ B ラウンドで3,200万米ドルを調達しており、このラウンドには他にも Darrin Capital Management と既存投資家の Mayfield India、Saama Capital および India Quotient も参加している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------