BRIDGE

タグ Life Tracking

スマホと連携し、薬の飲み忘れを防止してくれるピルボックス「Liif」

SHARE:

様々なライフトラッキングアプリやデバイスが登場している中、今度は薬(錠剤)の服用をトラッキングしてくれるデバイスが登場した。Tricella社が開発した「Liif」という製品だ。 この製品は、見た目はその名の通り葉っぱをモチーフにしたかわいらしいピルボックスだが、Bluetooth、NFCを搭載している。スマートフォンアプリと連携させて、薬を飲む時間にリマインドしてくれたり、薬の服用データ等を記録…


Tricella Liif

様々なライフトラッキングアプリやデバイスが登場している中、今度は薬(錠剤)の服用をトラッキングしてくれるデバイスが登場した。Tricella社が開発した「Liif」という製品だ。

Tricella Liif
この製品は、見た目はその名の通り葉っぱをモチーフにしたかわいらしいピルボックスだが、Bluetooth、NFCを搭載している。スマートフォンアプリと連携させて、薬を飲む時間にリマインドしてくれたり、薬の服用データ等を記録してくれるという。

Tricella Liif

セットアップも、スマートフォンに向けてLiifをタップすると、簡単にペアリングできるという。ペアリングした後は、いつ何の薬を服用したか、次の服用はいつか、というのを確認することができる。飲む薬がたくさんある人は、1台のスマートフォンで複数台のLiifを管理することもできる。充電は不要で、コイン型リチウム電池(CR2032)で1年以上動作するという。

Tricella Hub

また、スマートフォンを持っていない人のためには、Tricella Hubというデバイスも用意されている。このHubをインターネットに接続、LiifとペアリングすればLiifで記録したデータをインターネット上にアップロードできる。例えば、自分の親がスマートフォンを持っていなくても、LiifとTricella Hubを使っていれば、スマートフォンを持ったあなたが薬の服用をリマインドしてあげることができるというわけだ。

Tricella Liif

Liifはサイズの違う2タイプが用意されている。Liif Todayは仕切りが4つ、Liff This Weekは仕切りが7つあり、それぞれ、44.99ドル、54.99ドルで同社サイトから予約を受付けている。Tricella Hubは89.99ドルで予約受付中で、製品はすべてアメリカ、カナダへのみの発送のようだ。

現在、Liifは予約を受け付けてはいるものの、サイトで公開されている情報は少なく、例えばAndroidに対応しているのか、予約した場合の発送時期はどうか、などもまだはっきりとしていない。詳しい情報が待たれるところだ。