タグ LILO

全自動でハーブを育ててくれるLED付きミニプランター「LILO」

SHARE:

部屋の片隅で簡単に栽培できるミニプランターのハーブだが、お手軽な反面、水切れや日照不足などで枯らしてしまうケースも多いようだ。そこで失敗したくない人にオススメしたいのが、全自動プランターの「LILO」である。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up この「LILO」は、全自動プランターとLED…

cbc73918a3cd2dbae25b3c4971d1f353_original

部屋の片隅で簡単に栽培できるミニプランターのハーブだが、お手軽な反面、水切れや日照不足などで枯らしてしまうケースも多いようだ。そこで失敗したくない人にオススメしたいのが、全自動プランターの「LILO」である。

419587ba670a53e8719915fb23064ee3_original

この「LILO」は、全自動プランターとLEDライトが組み合わされたシステム。プランターの中に種を入れたら、あとはコンセントにつないで時折水を補充するだけで、勝手にハーブを育ててくれる。LEDライトがあるので設置場所と天気を問わず、また水も自動給水なので、タンク内の水切れにさえ気をつけていれば、枯らすことは無いだろう。

プランターは3つセットで1つのシステムになっており、設置面積は30センチ × 14センチ × 50センチあれば十分だ。これはいわゆる室内植物工場を手軽に再現するシステムなので、害虫にさえ気をつけておけば、まず失敗せず、かつ美味しいハーブを収穫することができるだろう。

a235cfa58641335a3b65b2b13578b4a4_original

スマートフォンとも連携させることができ、植物の状態を監視することができるほか、レシピの提案なども可能とのことだ。

現在はミントやコリアンダー、バジルなどスタンダードなハーブにはほぼ対応しており、今後はチェリートマトやカーネーションなど、小型の作物や花の咲く植物を育てられるようになる予定だそう。サンプルの写真ではかなりの大きさにまで育成できているので、料理用のハーブとして活躍してくれそうな雰囲気だ。

気になる価格だが、Kicksterterでは現在59ユーロを出資することで入手することが可能。年末の出荷を予定している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録