タグ linkedin

LinkedIn が AIを使った人材検索・マッチングスタートアップ「Connectifier」を買収

SHARE:

<ピックアップ>LinkedIn acquires recruiting startup Connectifier プロフェッショナル向けSNSのLinkedInは2月4日、損益報告書を通じて、法人向けに人材採用ソリューションを提供するスタートアップ Connectifierを買収したことを発表した。買収額の詳細は非公開だ。 「本日の午後に発表された Connectifier の買収は、私たちのコ…

via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Link Humans“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>LinkedIn acquires recruiting startup Connectifier

プロフェッショナル向けSNSのLinkedInは2月4日、損益報告書を通じて、法人向けに人材採用ソリューションを提供するスタートアップ Connectifierを買収したことを発表した。買収額の詳細は非公開だ。

「本日の午後に発表された Connectifier の買収は、私たちのコアとなるプロダクトを強化し、また今後のプロダクトの展開を加速させるのに役立つものです。機械学習をベースにした強力な検索とマッチング技術を活用して、採用担当者や人事採用マネージャーが完璧にフィットした人材を見つけるのに役立つでしょう」と、LinkedInは損益報告書内で述べている。

Connectifier は、2012年に元グーグル社員の Ben McCann 氏と John Jersin氏が創業したスタートアップで、カリフォルニア州のコスタメサに拠点を置いている。人工知能をベースにした検索技術を開発し、その検索インデックスには4億以上の求職者のプロフィールが含まれる。昨年には600万ドルを複数のVCから調達しており、顧客にはDropbox、eBay、Facebook、PayPay、Twitterなど大手のテック企業が名を連ねる。

今回の買収によって何名かのメンバーはConnectifierを離れるようだが、R&Dチームはサンフランシスコ市内へと拠点を移し、LinkedInの今後のプロダクト開発に取り組むようだ。

以前から、LinkedInとConnectifierの人材検索・マッチング技術は比較されることが多かった。2011年にIPOを遂げて、プロフェッショナル向けSNSとしての地位を確立している LinkedIn と創業からまだ数年のスタートアップConnectifierと、経験年数に大きな開きはあるものの「人材検索技術」においては、元グーグル社員が創業したConnectifierの方が一歩先を行っていると考察する声も聞こえていた。

たとえば TechCrunchは以前、LinkedInが3億8000万強の自社のユーザーベースを検索対象に使っているのに対して、Connectifierは何百万ものソーシャルネットワークや個人の情報が公開されているサイトをクロールしてプロフィールを作り上げ、情報の鮮度を判断して現在のプロフィールの精度を高めるアルゴリズムを開発していると、その違いについて言及している

人材検索技術において比較されてきた両者だが、今回の買収によってその競争には終止符が打たれた。LinkedInはこの買収を通じて、プロフェッショナル向けSNSとして今後の機能強化が期待される。

via VentureBeat

LinkedInのメール機能が大幅アップデート、メッセンジャーベースでいつでもどこでも仕事のやりとりが可能に

SHARE:

<ピックアップ>LinkedIn gives its messenger a much-needed overhaul  求人や転職のためのプロフィールサイトとして利用されてきたLinkedInですが、ここ最近はSNSプラットホームとしての顔をじょじょに強めはじめています。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報…

wonton_post_mobile

<ピックアップ>LinkedIn gives its messenger a much-needed overhaul 

求人や転職のためのプロフィールサイトとして利用されてきたLinkedInですが、ここ最近はSNSプラットホームとしての顔をじょじょに強めはじめています。

これまで、LinkedInのメッセージ機能はメーラーのような形で、現在主流になっているFacebook MessageやLINEなどのようなメッセンジャーベースの機能やUIではないため、あまり使い勝手が良いとは思われてませんでした。しかし、LinkedInはその課題を解決し、まったく新しいメッセージ機能を実装したと9月1日に発表しました。

これまでと違いまったく新しいUIのLinkedInのメールは、Facebook Messanger にも似たUIで、LinkedInで友人となっている人たち同士ですぐにメッセージを送信しあうことができます。やはり、LinkedInは仕事を軸にしたサービスなだけあり、投稿のフィードなどのコミュニケーションの多くはビジネスに関連したものばかり。今回のLinkedInのメッセンジャーのアップデートは、まさにビジネスに関連したものをLinkedInに集約させることができます。

おそらく、多くの人がFacebookで仕事のやりとりをしていると、フィードでは友人たちのパーティーの様子が投稿されたりと、働くこととプライベートがごっちゃになる人も多いでしょう。仕事とプライベートをうまく切り分けることで、より効率的に仕事を行うことができるかもしれません。

via The Verge

LinkedInの新サービスは、同僚や社内のスタッフのスキルセットや経歴を見える化する

SHARE:

<ピックアップ>LinkedIn launches Lookup, a standalone app to help you tap your co-workers’ skills これまで、LinkedInはLinkedInにだけに注力し、他に新しいプロダクトをリリースしてきませんでしたが、このたび、まったく新しいプロダクトをリリースしました。それは「Lookup」と呼ば…

lockup

<ピックアップ>LinkedIn launches Lookup, a standalone app to help you tap your co-workers’ skills

これまで、LinkedInはLinkedInにだけに注力し、他に新しいプロダクトをリリースしてきませんでしたが、このたび、まったく新しいプロダクトをリリースしました。それは「Lookup」と呼ばれるサービスです。

それは、コワーカーのプロフィールやスキルセットを見える化するというもの。コワーカーと言ってもそれはコワーキングスペースにおける他者ではなく、会社内における同僚や部署違いの人たちの顔やスキルセット、経歴などを確認できるというもの。もちろん、検索や一覧だけでなく、実際にメッセージや電話などのコンタクトをとったりすることもできます。

たしかに、同僚や同じ会社の人間であっても、どんなスキルセットや経歴をしてきたかは、人事以外はあまり把握しきれなかったりするもの。しかし、プロジェクトを推し進めていく際に、違った部署の人間や特定の経歴を経験してきた人をチームにアサインしたいと思うもの。

そう考えると、それまではLinkedInは求人や転職とった外に対する発信の強化に力を入れてきましたが、今後はこうした社内向けやインナーコミュニケーションを円滑にする取り組みにも力をいれていくのでしょう。働き方の考えが変わってきているからこそ、遠隔でも社内のメンバーの顔が見えたり、どんな人材がいるかを見える化することは、結果として企業の価値を高めたり適材適所で人材の配置やチームビルディングができます。

ローンチしたばかりのサービスですが、今後は特定の企業向けのカスタマイズなどの展開があるのかもしれません。

via TNW

LinkedInがオンライン教育のLynda.comを15億ドル(約1800億円)で買収

SHARE:

<ピックアップ>LinkedIn To Buy Online Education Site Lynda.com For $1.5 Billion LinkedInがオンライン教育のLynda.comを買収したそうです。評価額は総額で15億ドル(120円換算で1800億円)で、同社のリリースによると、52%がキャッシュで残りが株式となるようです。Lynda.comは1995年創業の老舗で…

lynda-to-join-linkedin-600px

<ピックアップ>LinkedIn To Buy Online Education Site Lynda.com For $1.5 Billion

LinkedInがオンライン教育のLynda.comを買収したそうです。評価額は総額で15億ドル(120円換算で1800億円)で、同社のリリースによると、52%がキャッシュで残りが株式となるようです。Lynda.comは1995年創業の老舗で、フォトショップやHTMLといったテク系のオンライン教育を提供してきました。

LinkedInの求職者にとって教育を提供することは確かに必要で、その辺りの背景についてはLikedInのCEO、Jeff Weiner氏がブログで書いております。TCの記事には今後は両サービスが連携して、応募に必要なスキルを知るだけでなく、ソーシャルネットワークを通じてLynda.comの必要なコースを取得できるとしておりました。連携内容について興味ある方はこちらのLynda.com創業者、Lynda Weinman女史のブログポスト(最後のビデオがわかりやすいです)を併せてご覧くださいませ。

人材系ビジネスと教育事業というのは表裏一体ですから、創業時期のことも合わせて考えると妥当な連合と言えるのではないでしょうか。

via TechCrunch

LinkedIn、求人プラットフォームのCareerifyを買収し、優秀な人材の各SNS上のデータをもとにした新しい人材採用ビジネスを目指す

SHARE:

<ピックアップ>LinkedIn Acquires Careerify, Eyes New Referral Technology | Re/code 人材系のサービスにも、新しい動きが見え始めています。LinkedInが、カナダのトロントに拠点を置くCareerifyを買収しました。Careerifyは、企業の人材採用を助けるためのソフトウェアの開発を行ってきました。 LinkedI…

Image by Nan Palmero on Flickr
Image by Nan Palmero on Flickr

<ピックアップ>LinkedIn Acquires Careerify, Eyes New Referral Technology | Re/code

人材系のサービスにも、新しい動きが見え始めています。LinkedInが、カナダのトロントに拠点を置くCareerifyを買収しました。Careerifyは、企業の人材採用を助けるためのソフトウェアの開発を行ってきました。

LinkedInは、これまでユーザが入力したプロフィールなどを分析していましたが、Careerifyはユーザ同士のソーシャルネットワークを活用し、LinkedInだけでなくTwitterやFacebookなどの情報をもとにユーザにおすすめの企業をレコメンド、従業員同士による人材紹介や内部募集などのサービスを展開していました。しかし、Careerify自体はスモールチームのため、スケールをするためにもLinkedInに買収された、とCareerifyのCEOがブログで投稿しています。

LinkedInは、今回の買収を通じてLinkedInだけにおけるユーザ行動だけでなく、各SNSのユーザ履歴をもとにした人材採用のビックデータ解析とそれに合ったサービスを提供していきたい、ということが考えられるかもしれません。ベースをLinkedInとし、必ずしもLinkedIn上だけの行動だけでなく各SNSと連携することで、よりLinkedIn内のサービスが充実するという考えではないでしょうか。

すでに海外ではLinkedInを通じた転職は職探しが一般的となりつつある現状において、人材採用の軸としてLinkedInを作りつつ、LinkedInだけにとどまらない優秀な人材のさまざまなデータベースが構築される先に、どのようなビジネスがあるのでしょうか。

via Re/Code

LinkedIn幹部Simon Zhang氏の次なる挑戦は、データアナリティクススタートアップ

SHARE:

Simon Zhang氏は2月18日、ビジネスのソーシャルネットワーキング企業LinkedInのビジネスアナリティクス部門シニアディレクターという重要なポジションを捨てて同社を去った。しかし手ぶらで退職したわけではない。 彼はこれまで、より良い意思決定のためにデータ分析をする人々と共に仕事をしてきた。今、この経験が役に立とうとしている。大きな革新を起こす可能性のあるデータアナリティクスソフトウェア…

Simon-Zhang-Michael-ODonnell-VentureBeat

Simon Zhang氏は2月18日、ビジネスのソーシャルネットワーキング企業LinkedInのビジネスアナリティクス部門シニアディレクターという重要なポジションを捨てて同社を去った。しかし手ぶらで退職したわけではない。

彼はこれまで、より良い意思決定のためにデータ分析をする人々と共に仕事をしてきた。今、この経験が役に立とうとしている。大きな革新を起こす可能性のあるデータアナリティクスソフトウェアのスタートアップを設立しようとしているのだ。彼はマーケター、プロダクトマネージャー、デベロッパーたちがこのツールを使用している姿を思い描いている。

「とても簡単、かつ迅速に解析結果を提供できる製品を生み出したいと思っています」とZhang氏はVentureBeatとのインタビューの中で述べた。「理想は、ユーザが多くの作業をする必要がない状況です」

Zhang氏はまさに、次の案件を探し求めている投資家にアピールできるタイプの創業者だ。DataPadJaspersoftParastructurePentahoなどいくつかのビジネスインテリジェンス/ビジネスアナリティクスのスタートアップが過去数年で買収されてきた。データを活用し、アクセス可能にしようという動きが収まったわけでない。なのでZhang氏は良いタイミングで行動したとも言えるかもしれない。

同じくLinkedInでデータ関連の仕事をしていたJay Kreps氏は最近、自身のスタートアップであるConfluentに690万米ドルの資金を確保することに成功した。

Zhang氏に関して言うと、彼はおよそ5年前の2010年4月、ビジネスアナリティクスを担当するシニアデータサイエンティストとしてLinkedInに加わった。彼は同社の14人目のデータサイエンティストであり、同社でマネタイズへの取り組みをサポートした最初のデータサイエンティストであったという。

彼は4年間で4度昇進したと言う。また、直近の役職では80人のデータサイエンティストやアナリストを部下として抱えていた。LinkedInに加わる前は、サイト分析のシニアマネージャーとしてeBayで3年働いていた。

Zhang氏は自身のスタートアップのために、これまでまだベンチャーキャピタルを確保していない。今後誰が加わるのか、会社名が何になるのか、オフィスはどこになるかもまだ決まっていない。しかし最終的にはすべて間に合わせるようだ。

彼は同スタートアップのテクノロジーのうち、少なくとも一部をオープンソースライセンスのもと無料にて提供したいと考えている。LinkedInのコアテクノロジーのいくつかは同様の経路をたどってきた。Apache KafkaとApache Samzaなどがそうだ。その姿勢がZhang氏にもしっかり受け継がれているのは明らかだ。

Zhang氏のスタートアップが開発するソフトウェアはどうやら単純なダッシュボードではないようだ。彼はプロダクトについて「E2Eソリューション」であると述べ、エンドユーザーが目にする以上の情報を含むものであると示唆した。

だが結局は、彼が最も関心をもっているのは、人々がスクリーン上で目にするコンテンツのようだ。

「非常に速く結果を出す必要があります」と彼は述べた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

日本人がLinkedInを使わない理由【ゲスト寄稿】

SHARE:

本稿は、STORYS.JP を運営するレジュプレスの元CEOで、現在は DeNA でベンチャーキャピタリストとして活躍する James Riney による投稿の翻訳である。本稿の翻訳掲載にあたっては、原著者である James Riney の許諾を得た。 The Bridge has reproduced this under the approval from the story’s author…

james-riney_portrait本稿は、STORYS.JP を運営するレジュプレスの元CEOで、現在は DeNA でベンチャーキャピタリストとして活躍する James Riney による投稿の翻訳である。本稿の翻訳掲載にあたっては、原著者である James Riney の許諾を得た。

The Bridge has reproduced this under the approval from the story’s author James Riney.


linkedin-japan_featuredimage
(写真は、LinkedIn Japan の Facebook ページから)

東京でカンファレンスに参加したとしよう。日本の商習慣にならって、会った人とはお辞儀しながら名刺を交換、しっかりと相手の名刺の内容をを確かめる素振りを見せてから、名刺をしまうことになる。これは重要な動きだ。それが日本の商習慣だからだというだけでなく、相手が誰であるかわからないからだ。相手が皆知るところのトヨタ自動車の前CEOである可能性もあるわけで、そこは慎重にやるべきだし、後から LinkedIn で彼を見つけてからそれを知ることになる。

名刺の束を抱えてホテルに戻ると、その名前を検索してみるのだが、結果は見つからず。

2時間すると、その日に会った人5人から Facebook に友達リクエストが届く。

どうして私を友達に追加するんだ? プライベートと仕事を分けるということを知らないのだろうか?

ここでまずわかるのは、日本人は LinkedIn を使わないということだ。日本人は Facebook を使う。Facebook と Twitter は日本では広く人気を得るようになったが、理由はともあれ、LinkedIn はそうではない。

その理由の一つは、ほとんどの日本人が持つ LinkedIn に対する考え方だろう。多くの人が長期雇用や永年雇用を望む文化の中では、LinkedIn は仕事探しサイトとしか見られない。あなたが入力した LinkedIn プロフィールを上司が見るということもまずない。これは、キャリアを棒に振る行為だろう。

もう一つの理由は、LinkedIn のデザインがシンプル過ぎるからかもしれない。ユーザには何も書かれていないプロフィール欄が提示され、そこにこれまで築いてきたキャリアのことを書かねばならない。日本人は自分のことを大っぴらに誇らしく語ることはしないので、これは問題になる。例えば、アメリカ人のプロフィールなら、

着任した最初の年に、売上を500万ドルから2,000万ドルに伸ばし、利益も3倍になった。

…とか書いてあるだろう。日本人が自分を紹介するときに、このような表現を使っているのを見るのは稀である。

日本人が自慢しないというわけではない。彼らも自慢するが、間接的な表現を使うのだ。彼らはそのような表現で、謙虚を装って自慢する。LinkedIn が、ユーザがやり終えたキャリアをすぐにプロフィールに書くことを求めるのとは対照的に、Facebook では過去の仕事、知人、関わったプロジェクトなどを推測して表示する。これぞ、究極の自慢ツールと言えるだろう。

もう一つ重要なファクターがある。人々は、よい取引を提供してくれる相手よりも、好きな相手と仕事をする傾向にある。日本では、圧倒的にこのケースが当てはまる。ビジネスはしばしば近い人間関係を基本とし、そのような関係を築くには、他の誰かによる紹介を必要とする。毎日の生活の動きを他者と互いに共有するのは、そのための努力の一環だ。そして、Facebook は他人の生活を垣間見る窓を提供してくれる。

私も含め、多くの人がこれまでに日本版の LinkedIn を作ろうとし、失敗してきた。我々はこう考えた。

日本人は、仕事のためのソーシャル・ネットワークを必要としないのだろうか?

いや、必要とはしている。しかし、(筆者が日本版 LinkedIn を作ろうとしたときには)日本人にとってのソーシャル・ネットワークが Facebook を指しているということがわからなかった。

成功する起業家は中退なんかしていない、LinkedInが指摘する起業家の本当のキャリアパス

SHARE:

image via. Flickr <Pick Up> LinkedIn: These 3 graphs show that successful founders don’t drop out, and Peter Thiel is wrong テクノロジー業界には、高校や大学を中退して若さと覚悟だけで起業の世界に飛び込め!的な風潮がちょっとある。有名な投資家のPeter…

school-blackboardimage via. Flickr

<Pick Up> LinkedIn: These 3 graphs show that successful founders don’t drop out, and Peter Thiel is wrong

テクノロジー業界には、高校や大学を中退して若さと覚悟だけで起業の世界に飛び込め!的な風潮がちょっとある。有名な投資家のPeter Thielも「20 Under 20 Experiment」という実験を行っていて、大学に行く前に起業すると10万ドルの資金がもらえるというもの。

ところが、LinkedInが公開したデータによると、VC投資を受けている起業家のほとんどは大卒なんだそう。また、実際に起業する人の多くはそれまで何かしらの経験を経て、30代に入ってから起業することが多いとのこと。

このLinkedInの分析を興味深いと取り上げるVentureBeatは、一方で、成功した起業家も成功する前にはいくどと失敗しているかもしれず、現にFacebookやSteve Jobsなど超成功した人もいると指摘してる。

via. VentureBeat

LinkedIn、の2014Q2の売上は5億3390万ドル、5年間の成長がわかる四半期毎の売上グラフも

SHARE:

<ピックアップ> CHART: LinkedIn’s Revenue Is A Rocket Ship ソーシャル・リクルーティングの先駆け、エンジェル投資家としても著名なPayPalマフィア、リード・ホフマン氏率いるLinkedInのここ5年の売上成長記録がBIの公開グラフとして掲載されていましたので、ご紹介します。LInkedInの創業は2003年5月ですから、6年間ぐらいは数ミリ…

2014_08_01_linkedin
CHART: LinkedIn’s Revenue Is A Rocket Ship

<ピックアップ> CHART: LinkedIn’s Revenue Is A Rocket Ship

ソーシャル・リクルーティングの先駆け、エンジェル投資家としても著名なPayPalマフィア、リード・ホフマン氏率いるLinkedInのここ5年の売上成長記録がBIの公開グラフとして掲載されていましたので、ご紹介します。LInkedInの創業は2003年5月ですから、6年間ぐらいは数ミリオン(日本円で数億円)規模だったんですね。

そして見て分かる通り、非情に奇麗な曲線のようなグラフを描いて成長しております。スタートアップがどういう市場を選択し、どういう成長曲線を描くべきか、お手本のようでこの分野取られてますからお手本にできないというなんともアレなデータです。さすがに前年比の成長率は下降していますが、それでも2011年5月のIPO前後に全くそれらしき気配がないのもすごいです。

via Tech

LinkedInがB2BマーケティングプラットフォームのBizoを1.75億ドルで買収

SHARE:

<ピックアップ> LinkedIn buys B2B marketing startup Bizo for $175M LinkedInがB2BマーケティングプラットフォームのBizoを1.75億ドルで買収しました。Bizoは2008年創業でB2Bのターゲティング広告に強みを持っている会社であり、最近はマーケティングオートメーションのサービスもリリースしています。この買収でLinkeI…

Bizo

<ピックアップ> LinkedIn buys B2B marketing startup Bizo for $175M

LinkedInがB2BマーケティングプラットフォームのBizoを1.75億ドルで買収しました。Bizoは2008年創業でB2Bのターゲティング広告に強みを持っている会社であり、最近はマーケティングオートメーションのサービスもリリースしています。この買収でLinkeInはBizoの持つデータと技術を活用し、自社の広告サービスを強化する狙いがあると見られています。

via VentureBeat【G翻訳】