THE BRIDGE

タグ LivingSocial

フラッシュセールのLivingSocialが50%以上の従業員を解雇、新たに飲食店のディスカウントサービスを展開

SHARE:

<Pick Up> Living Social is laying off more than 50% of its staff 一世を風靡したフラッシュセールサービスは、現在、厳しい局面にさしかかっています。代表格のGrouponは、2015年9月、1100人の解雇と7カ国からの撤退を発表しました。 そして今回、フラッシュセールサービスを展開するLivingSocialは、全従業員の…

LivingSocial-website

<Pick Up> Living Social is laying off more than 50% of its staff

一世を風靡したフラッシュセールサービスは、現在、厳しい局面にさしかかっています。代表格のGrouponは、2015年9月、1100人の解雇と7カ国からの撤退を発表しました。

そして今回、フラッシュセールサービスを展開するLivingSocialは、全従業員の50%〜60%に及ぶ280人の従業員を解雇しました。LivingSocialの CEO・Thakarが就任した2014年7月から現在までに、総合して約900人もの従業員が解雇されたことになります。

解雇対象である従業員の主な職種は、カスタマーサービス。今後の業務は、外部にアウトソージングされる予定です。ちなみに、Grouponによる1100人解雇の際も、主な対象職種の1つはカスタマーサービスでした。

一方で、LivingSocialは、カード決済によるディスカウントビシネス「CLO(Card Linked Offer)」に新たに参入するとのこと。提携先の飲食店にて代金を支払う際、LivingSocialに登録されたクレジットカードで支払うと、ディスカウントを受けることができるというもの。

また、店舗側にディスカウントの主導権があり、ディスカウントする時間や割引率を自由に決めることができます。すでに3都市で試験運用していて、いくつかの飲食店と提携しています。LivingSocialは、この新たなサービス展開のために、資金調達を進めています。

Amazon 、J.P. Morgan、Lightspeed Venture Partnersから、これまでに総合9億ドル以上のを調達しているLivingSocial。新たに参入する予定のCLOサービスは、すてに多くの企業が事業展開しており、容易な道のりではありません。新規サービスへの参入が、吉と出るのか凶と出るのか。

今後のLivingSocialの動向が、すべてを明らかにするでしょう。

via. Re/Code

(執筆:石根友理恵)

----------[AD]----------

フラッシュセールの「LivingSocial」CEOにeBayのGMであるGautam Thaker氏が就任

SHARE:

<Pick Up> LivingSocial nabs Gautam Thakar from eBay as new CEO フラッシュセール サービスの「LivingSocial」の名前を聞いたことが久々すぎる感じだけれど、トップが交代した模様。eBayのゼネラルマネージャーだったGautam Thaker氏を新たにCEOに迎えたそう。 一世を風靡したフラッシュセールの勢いには201…

LivingSocial-Logo

<Pick Up> LivingSocial nabs Gautam Thakar from eBay as new CEO

フラッシュセール サービスの「LivingSocial」の名前を聞いたことが久々すぎる感じだけれど、トップが交代した模様。eBayのゼネラルマネージャーだったGautam Thaker氏を新たにCEOに迎えたそう。

一世を風靡したフラッシュセールの勢いには2012年にはかげりが見え、同年末にLivingSocialは従業員10%をカットしてる。2013年10月時点の評価額は、4840万ドルに留まった。

勢いがあるサービスのCEOに就任するプレッシャーもあるだろうけれど、後退気味のサービスのそれのほうがよっぽどプレッシャーが大きそう。どう立て直すのか。お手並み拝見。

via. VentureBeat 【Google翻訳

----------[AD]----------

共同購入大手LivingSocialが韓国のクーポンサイトTicketMonsterを買収

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 オンラインのクーポン共同購入サイトLivingSocialは、韓国のクーポン共同購入の主要プレイヤーであるTicketMonsterを買収するという、またもや思い切ったアジア市場への進出手段をとった。 この韓国のクーポン共同購入サービスは急速成長を遂げており、過去しばらくの間に、いくつかの買収オファーを受けていた模様だ。 「数社はかなり真剣な態度を示しており…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

オンラインのクーポン共同購入サイトLivingSocialは、韓国のクーポン共同購入の主要プレイヤーであるTicketMonsterを買収するという、またもや思い切ったアジア市場への進出手段をとった。

この韓国のクーポン共同購入サービスは急速成長を遂げており、過去しばらくの間に、いくつかの買収オファーを受けていた模様だ。

「数社はかなり真剣な態度を示しており我々は話し合いを継続している・・・が、最終的にはやはり価格の問題になる」とCEOのDaniel Shin氏は5月に語っている。買収に関する金額等の詳細は公開されておらず、LivingSocialがShin氏の提案に合意したものと推測する。

TicketMonsterは、すぐにもLivingSocialのチームに加わる600名もの従業員を抱えている。LivingSocialのCEO、Tim O’Shaughnessyは、企業の発表で今回の取引について次のコメントを発表した。

TicketMonsterは、新興のクーポン共同購入マーケットにおける韓国で最も知名度と信頼度のあるブランドで、我々は彼らをLivingSocialファミリーに招き入れることができたことを嬉しく思う。TicketMonsterとLivingSocialは、イノベーション、顧客重視、そして楽しさといった共通の文化を持ち、顧客への提供メリットが、アジアや世界各国の市場へと拡大されることを確信している

6月の終わりに我々はLivingSocialがインドネシアのDealKerenを親会社のEnsogo買収で傘下に納めたことをお伝えした。現在はこの範囲はタイやフィリピンにまで及んでいる。今回の買収はLivingSocialのここ1年で9つ目の案件となる。これが最後でないことを祈りたいものだ。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

[翻訳News] グルーポンのライバル、リビング・ソーシャルがタイ、インドネシア、フィリピンに上陸

SHARE:

【原文】 アジアの各国では、グルーポン・クローン各社にとって、新たな生き残り策が生まれ始めたようだ。 ロイターの報道によれば、さきごろ、リビング・ソーシャルはエンソゴ(Ensogo)、ディール・ケレン(DealKeren)、ゴナビット(Gonabit)を買収した。この買収により、リビング・ソーシャルがサービスを展開している国は、13カ国から21カ国に一挙に拡大する。 2009年にタイで創業したエン…

【原文】

アジアの各国では、グルーポン・クローン各社にとって、新たな生き残り策が生まれ始めたようだ。

ロイターの報道によれば、さきごろ、リビング・ソーシャルエンソゴ(Ensogo)ディール・ケレン(DealKeren)ゴナビット(Gonabit)を買収した。この買収により、リビング・ソーシャルがサービスを展開している国は、13カ国から21カ国に一挙に拡大する。

2009年にタイで創業したエンソゴは、同国で最大のグループ購入サイトとなった。同社は2010年7月にマニラでオペレーションを開始し、フィリピン発でまたもや同国最大のグループ購入サイトとなった。エンソゴはインドネシアの人気グループ購入サイトであるディール・ケレンを保有しているため、今回のエンソゴ買収は、リビング・ソーシャルに一挙に3カ国での強いプレゼンスをもらたすことになった。

ゴナビットは本部をUAE(アラブ首長国連邦)におき、2010年1月に設立された。ドバイ、アブダビ、レバノン、ヨルダン、クウェートのそれぞれの国々で、最初のグループ購入サイトの座を手にしている。アラビア語でサービスを展開しており、このことが中東地域での消費者リーチに重要なファクターとなっている。

今回の買収劇は、リビング・ソーシャルがついにアジアに興味を持ち始めたことを如実に示している。グルーポンに買収されそこなったクローン各社が、リビング・ソーシャルに買収されることで、イグジットのセカンドチャンスを手にできるとよいのだが。

リビングソーシャルは現在、顧客数3900万人、従業員2000人を擁している。4月には市場から4億ドル(=約320億円)を調達し、企業価値を一気に30億ドル(約2400億円)まで押し上げた。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------