BRIDGE

タグ LOCUS

BEENEXTとリクルートストラテジックパートナーズ、インドの都市間物流最適化プラットフォーム「Locus」の400万米ドル調達ラウンドに参加

SHARE:

データ分析機能を持ち、企業用の定期配送およびオンデマンド配送向け都市間物流プラットフォームを提供するインドのスタートアップ Locus.sh は、プレシリーズ B ラウンドで400万米ドルを調達したことを明らかした。このラウンドには、アメリカの Rocketship.vc と、日本の VC リクルートストラテジックパートナーズが参加した。 前回ラウンドに参加した Blume Ventures、Ex…

Image credit: Locus

データ分析機能を持ち、企業用の定期配送およびオンデマンド配送向け都市間物流プラットフォームを提供するインドのスタートアップ Locus.sh は、プレシリーズ B ラウンドで400万米ドルを調達したことを明らかした。このラウンドには、アメリカの Rocketship.vc と、日本の VC リクルートストラテジックパートナーズが参加した。

前回ラウンドに参加した Blume Ventures、Exfinity Venture Partners、BEENEXT、growX Ventures に加え、pi Ventures と DSP Group の Hemendra Kothari 氏も今回のラウンドに参加した。

同社は、調達した資金を知的所有権の確立と世界展開に使う予定。Locus の CEO Nishith Rastogi 氏は、最近 e27 と行った対話の中で、東南アジアへの進出開始を明らかにしている。Rastogi 氏によれば、GDP に占める物流コストの割合が、シンガポールやマレーシアの2倍以上という、20%超を占めるインドネシアのような国々では、コスト削減ができる大きな可能性があり、まさに Locus に合った市場なのだという。

Locus の共同創業者 Nishith Rastogi 氏(左)と Geet Garg 氏(右)
Image credit: Locus

2015年に設立された Locus は顧客に特化しつつも、組織の物流自動化・最適化を支援している。同社によれば、このサービスが結果として、物流コストの削減、時間通りの配送、よりよいエンドユーザ体験につながっているのだという。同社のプラットフォームは、企業が街中で働く労働者たちに担当を定め、彼らが配送する状況を効果的に追跡・管理するのを支援する。

Locus は2020年までに、A 地点から B 地点まで小包を送る際に行う人間が決定する内容を、人工知能や機械学習により、すべて自動化することを目指している。

pi Ventures の設立パートナー Manish Singhal 氏は、次のようにコメントした。

物流は世界 GDP の10%を占め、インフレに直接の影響を及ぼします。幸運なことに、入手できるデータや運用が増えたことにより、影響の大きい物流最適化に今までに無いレベルで技術を使うことが可能になっています。Locus の洗練された AI エンジンは、世界中の実業シナリオで10〜15%のコスト削減を実現しました。

Locus は、Urban Ladder、Tata Group、Droplet、Licious、Rollick、Lenskart など世界的大手のほか、世界的な日用消費財企業、製薬業、e コマース、サードパーティーロジスティクス企業の物流を自動化してきた。同社は現在、インド、シンガポール、ジャカルタ、フェニックス、バンクーバーの顧客と仕事をしている。

PWC のレポート「物流産業の未来(Future of the Logistics Industry)」によれば、デジタル物流は4兆米ドル超に達する見込みで、世界的に有力な産業となっている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

本格化するスマホ動画の時代、LOCUSの制作ツール「FastVideo」がタテ型動画に対応

SHARE:

モバイルがコンテンツに与えた影響でもっとも注目されるのが動画の視聴スタイルの変化だ。 YouTubeやニコニコ動画のようなオンデマンドコンテンツからツイキャスのようなライブストリーミングなど、ややテレビ・ワンセグ視聴の延長上にあったものが、スマートフォン・シフトとソーシャルメディア・トラフィックへの移行が進んでから、その流れはよりユーザーの属性や視聴スタイルに細かく最適化された分散化へと新たな広が…

locus01
FastVideoで制作が可能になった縦型動画

モバイルがコンテンツに与えた影響でもっとも注目されるのが動画の視聴スタイルの変化だ。

YouTubeやニコニコ動画のようなオンデマンドコンテンツからツイキャスのようなライブストリーミングなど、ややテレビ・ワンセグ視聴の延長上にあったものが、スマートフォン・シフトとソーシャルメディア・トラフィックへの移行が進んでから、その流れはよりユーザーの属性や視聴スタイルに細かく最適化された分散化へと新たな広がりを見せている。

この中で特に面白いのがタテ型動画だ。従来のテレビ的な16:9といった横比率ではなく、スマートフォンおよびタイムラインでの視聴に適したサイズになっており、YouTubeやFacebookといった各種プラットフォームも順次対応を進めている。

cchannel
今日時点でC Channelのネイル動画は単体で1200万回再生を突破している

また、国内でいち早くタテ型動画に特化したメディア展開を始めたC Channelもその月間動画再生回数を順調に伸ばし、このネイル動画は単体で1200万回再生を突破(今日時点)するなど、ユーザーの反応も確実についてきているようだ。

こういったユーザーの盛り上がりをビジネスサイドも黙って見ているわけではない。動画マーケティングの制作支援サービスを提供するLOCUS(ローカス)は3月25日、 テンプレート型の動画制作サービス「FastVideo」がタテ型動画に対応したことを発表している。

FastVideoは動画コンテンツをテンプレートによって制作しやすくしたソリューションで、3ステップほどでオリジナルの動画を作成できる。主に企業が自社でマーケティング用の動画素材を作成できるようになっており、同社代表取締役の瀧良太氏によれば2015年11月の公開後、大手の企業利用が進んでいるということだった。

「現在、旅行代理店の地域・オプショナルツアー紹介やグルメメディアの動画コンテンツ、百貨店のデジタルサイネージ、動画広告の運用ツールなど20社以上で導入が進み、様々なシーンで活用されています」(瀧氏)。

locus02
動画コンテンツ制作ツールのFastVideo

また、タテ型動画については企業側からの要望で追加が決まったそうで、先行して実施したトライアルでは滞在時間やCVRといった指標が伸びる傾向にあったという。瀧氏の説明ではファッション関連やコマース分野においてそのリクエストが強かったというのも企業による動画活用がどこに向かっているか知る上で参考になる。

国内もFacebookやTwitterだけでなくInstagramやC Channel、中高生向けのMixChannelなどのメディア、オープンエイトやFIVEといった動画広告プラットフォームなどの役者が揃いつつある状況になった。スマホ・動画の流れはここ数年ずっと来ると言われ続けてきているが、いよいよ各社本格的に取り組みだすタイミングになったのかもしれない。

----------[AD]----------