THE BRIDGE

タグ log

UXとUIを追求するインタレスト・シェアのlog、PinterestやAmazonを超えられるか?

SHARE:

10月に入り、今年のテック界のラップアップを考える時期を迎えつつあるが、Pinterest は2012年の世界を席巻したサービスの一つと言ってもよいだろう。文字をタイプすることなく、手軽にに自分のインタレスト(興味や関心)を共有できるサービスとして多くのユーザに受け入れられた。この種のサービスは、自分のインタレストを身近な人々に披露し共有することには長けているのだが、難点はインタレストを整理しきれ…

10月に入り、今年のテック界のラップアップを考える時期を迎えつつあるが、Pinterest は2012年の世界を席巻したサービスの一つと言ってもよいだろう。文字をタイプすることなく、手軽にに自分のインタレスト(興味や関心)を共有できるサービスとして多くのユーザに受け入れられた。この種のサービスは、自分のインタレストを身近な人々に披露し共有することには長けているのだが、難点はインタレストを整理しきれないことだ。

例えば、ある映画の作品名で検索してみると、その作品の DVD 版、ビデオ版、完全版、ディレクターズカットなど複数表示されている。Pinterest 上ではそれらが別々のピンとして登録されるので、同じインタレストを持ったユーザの投稿が分散してしまい、そこでコミュニケーション機会が損なわれるという見方をすることもできる。

今年始めのブレークスルー・キャンプから生まれた「log」の話を初めて聞いたとき、和製 Pinterest クローンのイメージを払拭できないでいたのだが、CEO眞子就有(まこ・ゆきなり)氏の話を聞いてみて、その違いを理解することができた。

「log のコレクションは、API を通じて Amazon から入手できる作品情報をもとにしていますが、これを取得する際に独自のアルゴリズムで最適化処理することにより、最も美しい画像を整理された状態で表示しています。現在、log には100万件の作品情報が取り込まれていますが、随時ユーザによって追加される作品情報の8割をアルゴリズムで最適化して取り込み、2割を「log」の運営スタッフが手動で最適化しています。これにより、log 上で感動をシェアするユーザのエクスペリエンスは、より快適なものになっています。」

log は今年8月13日にリリースし、サービス開始から2ヶ月間を迎えた現在のユーザ数は3千数百人程度、今後のサービスの行方について、眞子氏は次のように語ってくれた。

「年内には、ユーザ数5万人の達成を目指しています。マネタイズのためのビジネスモデルについては、いろんな方法が考えられます。その一つは、音楽業界との提携。あるアーティストのファンではあるものの、ファンクラブには所属していないようなライトなファン向けへのリーチ手法が存在しません。アーティストのライブのチケットを販売する際、音楽会社・興行会社に log をマーケティングの手段として使ってもらえるのではないかと考えています。」

log は Facebook連携 による実名サインアップが条件となっているので、ある作品やアーティストに興味を示しているユーザを簡単に捕捉することができる。これらのユーザに対して、商品のプロモーションを届け、新たな潜在顧客層の発掘につなげることができる。「log」を運営するスタートアップ「we-b」自身が、特定のインタレストのファン向けに、リアルなイベントを主催することで収益を上げることも考えているそうだ。

Skype という便利なアプリがあるにもかかわらず、同じカテゴリの LINE や カカオトークが一定のユーザ評価を得られているのは、ユーザ・エクスペリエンスが優れているからに他ならいだろう。log は、ユーザ・エクスペリエンスの点で Pinterest を超えられるか。作品レビュー数で Amazon を超えられるか。道のりは険しいかもしれないが、この2つが、彼らが生き残る上での大きなカギとなるだろう。

log を開発する、株式会社we-b のチーム: CEO 眞子就有氏(左)、COO 長部亮志氏(右)
----------[AD]----------

新サービスのピッチからお馴染みのサービスの現状シェアまで行われた8月22日のサロンイベント【ライブブログ終了】

SHARE:

Startup Datingが毎週水曜夜に開催している「Startup Dating Salon.」 8月22日のサロンイベントはお盆休み開けのまったりとした空気の中で開催された。 映画や本の感動をコレクションするサービス「log」 トップバッターを務めたのは株式会社WE-Bの真子就有氏。WE-Bは、映画や本の感動をコレクションするサービス「log」を6日前にリリースしたばかり。logは好きな映画…

Startup Datingが毎週水曜夜に開催している「Startup Dating Salon.」

8月22日のサロンイベントはお盆休み開けのまったりとした空気の中で開催された。

映画や本の感動をコレクションするサービス「log」

log

トップバッターを務めたのは株式会社WE-Bの真子就有氏。WE-Bは、映画や本の感動をコレクションするサービス「log」を6日前にリリースしたばかり。logは好きな映画や、音楽、漫画、ゲームなどを共有することができるサービスだ。

ユーザが高く評価したものは、画像が大きく表示されるようになっており、それによって直感的にそのユーザが好きなものを理解することができるようになっているという。リリースして4日間でユーザ数1400人、総投稿数1万件を超えたそうだ。logを個人の感動が蓄積された世界的なプラットフォームにしていくというビジョンも語ってくれた。まだリリースしたばかりなので、これからに期待したい。

顔認証システムを提供する「PUX」

続いてピッチを行ったのは「PUX」。Startup Datingは、PUXとともに7月7日(土)に七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」を開催し、同イベント中のShowCaseにてプレゼンも行ってもらった。パナソニックからスピンアウトした企業のPUXは、任天堂の3DSにも採用されているこの顔認証システム「FaceU」を提供している。

PUXはスタートアップに対して、技術面からサポートをしていきたいと考えている。画像認識の技術に興味がある方はぜひこちらをチェック

新しい旅行スタイルの提案を行うサービス「トラべロコ」

今日名古屋から来てくれた椎谷豊氏。今の海外旅行サービスに不自由さを感じる日本の個人旅行者に対し、海外にいる現地在住日本人を紹介することで、まるで海外の友達に会いに行くかのような新しい旅行体験を提供できるのでは、という発想からサービスを作っているという。

一緒にサービスを作っていってくれるエンジニアの方を募集しているそうだ。旅行好きな方はぜひコンタクトしてみてはいかがだろうか。

映像でプロモーション支援を行う「PLOT Kitchen」

PLOT Kitchenは、自社サービスの開発ではなく、プロモーション支援を行っている。「良いサービスだから」という理由だけでは生き残っていくのが難しい時代において、サービスの価値をうまくユーザに伝えて、サービスのファンになってもらうことが重要だとし、そのソリューションとして動画を用いているという。

動画は影響力をもっているにも関わらず、日本のサービスではうまく映像を活用できているところはなかなかない。その理由としてはコストに見合ったコンバージョンが得られるかわからない、作り方がわからない、といったことなどが挙げられ、動画制作サイドにもWebに対するリテラシーが低い、映像制作のニーズがあることを理解できていないなどのミスマッチが起きているとPLOT Kitchenは考えている。

PLOT Kitchenが提案する解決策は「複数サービスコラボレーションフィルム」という手法。人、モノ、ストーリーでサービスを横断し、単なる機能説明んい終わらない、サービスの喜びが伝わるプロモーションフィルムを制作することで、映像制作のコストを分担することができ、相互にバイラルを起こすこともできるし、作品と呼べるクオリティの映像にすることで、単なるサービス紹介のとき以外にも映像を流す機会を得ることができると考えているそうだ。

映像の力を活用したいと考えいてる起業家のみなさんは連絡をとってみてはいかがだろうか。

電話APIを提供する「boundio」

boundio

電話を再開発するクラウド電話API「boundio」。ネット家電とのコラボを行ったり、boundioは様々な取り組みを行なっている。そのboundioだが、現在エバンジェリストを募集しているそうだ。クラウド電話APIという、これからの電話のあり方に影響を与えることができそうな分野を一緒に切り開いてくれるメンバーを探しているという。

カジュアルな雰囲気でboundioを知りたい、クラウド電話APIについてどんなアイデアがあるのか知りたいという方のために毎月イベント「boundio meetup 2012!」も開催されている。参加してみたいという方は、こちらの記事のフォームからどうぞ。

----------[AD]----------