BRIDGE

タグ Logly

ネイティブ広告配信プラットフォーム運営のログリー、東証マザーズに上場へ

SHARE:

東京証券取引所は17日、ネイティブ広告配信プラットフォームを運営するログリーのマザーズ上場を承認したと発表した。上場予定日は6月20日、主幹事は SMBC 日興証券が務める。 ログリーは2006年の創業。DSPサービス「Logly」、ネイティブ広告サービスの「logly lift」、コンテクスト・マッチング・レコメンデーション・エンジンの「Newzia Connect」などを提供してきた。現在販売…

東京証券取引所は17日、ネイティブ広告配信プラットフォームを運営するログリーのマザーズ上場を承認したと発表した。上場予定日は6月20日、主幹事は SMBC 日興証券が務める。

ログリーは2006年の創業。DSPサービス「Logly」、ネイティブ広告サービスの「logly lift」、コンテクスト・マッチング・レコメンデーション・エンジンの「Newzia Connect」などを提供してきた。現在販売の主力となっているのは logly lift のほか、2016年11月にリリースしたウェブメディア向けユーザエンゲージメント支援プラットフォーム「Loyalfarm(ローヤルファーム)」など。

これまでに開示されている外部からの資金調達は、VOYAGE GROUP から3億円(2015年6月)、シーエーモバイル、VOYAGE VENTURES、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから1.2億円(2013年12月)など。2015年6月の VOYAGE GROUP からの出資を受けて、ログリーは VOYAGE GROUP の持分法適用関連会社となっていた。

同社の2017年3月期の売上高は前期比約1.9倍の9億1,180万円、経常利益は4,992万円、純利益は6,352万円。株式保有割合は創業者の吉永浩和氏が30.79%、取締役の岸本雅久氏が17.98%、VOYAGE GROUP が15.24%、アイティメディアが5.36%、VOYAGE VENTURES が5.24%、シーエー・モバイルが5.18%となっている。

ネイティブ広告基盤・レコメンドエンジン提供のログリー、メディアのリピートユーザ育成ツール「Loyalfarm」をローンチ

SHARE:

ネイティブ広告やメディア向けのレコメンドエンジン「logly lift(ログリーリフト)」を展開するログリーは29日、ウェブメディアのユーザエンゲージメントを支援するオーディエンス育成プラットフォーム「Loyalfarm(ローヤルファーム)」をローンチした。 Loyalfarm では、ウェブメディア上のどの記事がページビューの獲得に貢献しているかを分析、メディアの運営元では、その結果をその後のコン…

loyalfarm_featuredimage

ネイティブ広告やメディア向けのレコメンドエンジン「logly lift(ログリーリフト)」を展開するログリーは29日、ウェブメディアのユーザエンゲージメントを支援するオーディエンス育成プラットフォーム「Loyalfarm(ローヤルファーム)」をローンチした。

Loyalfarm では、ウェブメディア上のどの記事がページビューの獲得に貢献しているかを分析、メディアの運営元では、その結果をその後のコンテンツ戦略に生かせるほか、レコメンドエンジンと接続して、ユーザへのレコメンド結果に反映することができる。反映先のレコメンドエンジンは、logly lift はもとより、サードパーティーが提供するサービスへの適用が可能だ。

loyalfarm-dashboard
Loyalfarm のダッシュボード

一見すると、Loyalfarm のダッシュボードは、Google Analytics のそれに見えなくもない。Loyalfarm の特徴を、ログリー代表取締役の吉永浩和氏に聞いてみた。

同じようなことを Google Analytics でやろうとすると高度な知識が必要になってくるので、諦めてしまう方が多いというのがあります。また、そもそも Google Analytics の「再訪」の定義は2年とかなり長く、メディアサイトには適さず、Loyalfarm では過去30日での再訪で分析しています。

弊社のメディア向けのメインビジネスがレコメンドエンジンの提供です。なので、自社のレコメンドエンジンと組み合わえると効果が最大化しますが、加えて、レコメンドエンジンは多くのメディア企業に採用されていて、そこには広告を含めた外部誘導枠というのがあります。ここを活用して、ロイヤルユーザーを外部から直接連れてくることができるという点が最大の特徴になります。

ログリーの logly lift はメディア企業各社に採用されており、同社ではそこから得られたデータを分析してみた結果、ページビューは増えているもののリピートしているユーザが減っているケースが散見されたらしい。そのまま放置しておくと、記事の発出のためにコストはかかる一方、メディア価値が下がって疲弊してしていくため、メディア企業がユーザの定着性を分析しリピーターを増やす仕組みを実現できるようにすべく、Loyalfarm の開発に至ったという。

年間市場規模200〜300億円とされるメディア向けのレコメンドエンジンの分野には、ログリーのほか、Outbrain や Popin などの既存プレーヤーに加え、Yahoo! コンテンツディスカバリー、サイバーエージェント(東証:4751)の A.J.A. Recommend Engine、GMO インターネットグループ(東証:9449)の TAXELインタースペース(東証:2122)の ADGLAT などが新たに参入してきている。

ログリーでは Loyalfarm と組み合わせることで、同社のレコメンドエンジンである logly lift の提供価値を高めるとともに、あらゆるウェブサイトのコンテキストを瞬時に把握する「文脈理解技術」で競合との差別化を図っていきたいとしている。

ログリーはネイティブ広告プロバイダとしては日本市場で最古参の存在。現在、メディアサイト向けに月間インプレッション数100億件超のネイティブ広告を取り扱っている。

アドテクのログリーがVOYAGE GROUPから3億円を調達、ネイティブ広告配信プラットフォームに特化へ

SHARE:

ネイティブ広告配信プラットフォーム「logly lift(ログリー・リフト)」を提供する、アドテク・スタートアップのログリーは11日、インターネット大手の VOYAGE GROUP から3億円を資金調達したことを発表した。同社は2013年12月、シーエーモバイル、VOYAGE VENTURES、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから1.2億円を調達している。 2006年の設立以降、ログ…

logly-booth

ネイティブ広告配信プラットフォーム「logly lift(ログリー・リフト)」を提供する、アドテク・スタートアップのログリーは11日、インターネット大手の VOYAGE GROUP から3億円を資金調達したことを発表した。同社は2013年12月、シーエーモバイル、VOYAGE VENTURES、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから1.2億円を調達している

2006年の設立以降、ログリーはDSPサービス「Logly」、ネイティブ広告サービスの「logly lift」、コンテクスト・マッチング・レコメンデーション・エンジンの「Newzia Connect」などを提供してきた。

代表取締役の吉永浩和氏。
代表取締役の吉永浩和氏。
ルクセンブルクで開催された ICT Spring 2013 にて。

以前からの VOYAGE GROUP 傘下 VOYAGE VENTURES が保有する株式とあわせ、今回の VOYAGE GROUP からの出資により、ログリーは VOYAGE GROUP の持分法適用関連会社となる。今回の出資を受け、VOYAGE GROUP では同社のアドテクノロジー事業において、ログリーとの協業関係をさらに強固なものにしたいとしている。

一方、ログリーの創業者で代表取締役の吉永浩和氏は、同社は今後、複数あるサービスのうち logly lift への集中を図り、エンジニアやセールスメンバーなどの人員を強化していきたいと、THE BRIDGE に語った。

logly lift はエキサイト、ニフティ、マイナビなどのウェブメディアにネイティブ広告が出稿できるプラットフォームで、出稿先のメディアのコンテキストと、ユーザのサイト閲覧履歴をもとに関心テーマをマッチングさせ、データドリブンなアプローチでネイティブ広告を効果的に露出できることが特徴となっている。

logly-lift_featuredimage