BRIDGE

タグ Lologem

韓国発のアクセサリーECアプリ「Lologem」、顔認識でピアスのフィット感を確かめられる3D AR試着機能をリリース——日本市場進出を準備中

SHARE:

ジュエリー・アクセサリーをモバイルアプリでバーチャル試着後、製品を購入できるサービス「Lologem(로로젬)」は、3D AR 試着機能をリリースした。Lologem は2017年7月、2D ベースのジュエリー試着サービスを披露し、今回リリースした 3D AR 着用機能では、顔認識でイヤリングの試着が可能になる。 この機能では、ユーザの顔の大きさに合わせてピアスも実サイズ比で表示され、実際に着用し…

ジュエリー・アクセサリーをモバイルアプリでバーチャル試着後、製品を購入できるサービス「Lologem(로로젬)」は、3D AR 試着機能をリリースした。Lologem は2017年7月、2D ベースのジュエリー試着サービスを披露し、今回リリースした 3D AR 着用機能では、顔認識でイヤリングの試着が可能になる。

この機能では、ユーザの顔の大きさに合わせてピアスも実サイズ比で表示され、実際に着用したときのサイズを確認することができる。また、一度の撮影で、他のすべてのピアスの仮想試着した姿を見ることができ、簡単に複数の製品の比較が可能だ。

ジュエリー・アクセサリーの場合、オンラインでの購入時には販売会社が提供した写真のみに頼らざるを得ないだけでなく、画像情報だけは製品のフィット感やサイズの確認が難しい。そのため、まだオンライン販売よりも、実際に製品を確認でき試着できるオフライン販売率が高いのが実情である。Lologem は、このような不便さを改善しようと 3D AR 技術を活用して、アクセサリーの仮想試着体験を実用レベルに引き上げた。

Lologem 代表のキム・ハヌル(김한울)氏は、次のように述べている。

Lologem のユーザデータを見ると、ピアスの試着が他のアクセサリーの着用より90%以上と圧倒的に高いため、現在のジュエリーカテゴリーの中で、イヤリングのみに主要な機能を有効にした。イヤリングの購買も前年比20%以上増加した。

モバイルでジュエリーを購入するために、新たな方法で体験を消費することができる、最適な空間を作れるよう最善を尽くしたい。

Lologem は、テナントが製品を販売することができるよう、店頭管理システムも搭載している。今後、イヤリング以外の製品にも AR 機能を提供していく計画だ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】