THE BRIDGE

タグ L’Oréal

化粧品はテクノロジーに「選んでもらう」時代になる?ーーL’OrealのModiface買収に見るコスメ選択のこれから

SHARE:

<ピックアップ:L’Oreal acquires Modiface, a major AR beauty company> 世界的大手の化粧品メーカーL’Orealが3月16日に、美容産業向けの顔認識ARを運営するModifaceを買収したことを発表しました。L’OrealとModifaceは以前にもシステム開発などでパートナーシップを組んでいたことから、理にかなった動きだ…

make-makeup-makeup-brush.jpg
Photo on Visual hunt

<ピックアップ:L’Oreal acquires Modiface, a major AR beauty company

世界的大手の化粧品メーカーL’Orealが3月16日に、美容産業向けの顔認識ARを運営するModifaceを買収したことを発表しました。L’OrealとModifaceは以前にもシステム開発などでパートナーシップを組んでいたことから、理にかなった動きだとテックメディア「THE VERGE」は報じています。

Modifaceは画像認識とAR技術を用いてメイクやヘアスタイルの分析とシュミレーション技術を提供しています。同社が提供する技術ではカメラに顔を写して画面上で様々なメイクシュミレーションをしたり、着る服にあわせたメイクの提案が受けたりすることができます。

盛れるカメラアプリとして話題になったsnowの顔を認識して目を大きく見せる、メイクをしたように見せる機能と似ていますね。

その他にも、Eコマース向けのシュミレーションシステムや化粧品売り場の店内向けARミラーを提供しており、BOBBI BROWNやMACといった日本でも見かけることのある多くの化粧品ブランドとも連携しています。

L’Orealは今回の買収で、Modifaceが保有するメイクやヘアスタイルをユーザーにあわせて提案する複数の特許技術を手に入れ、今後の消費者の化粧品選びに新しい手法を取り入れてくることが考えられます。

Sephora’s application via THE VERGE

 

このModifaceの一件は、今後の化粧品選びにおけるテクノロジーのあり方を示しているように思います。

というのも、現状の日本で「デパートコスメ」と呼ばれるブランド化粧品を購入する際は、デパートの化粧品売り場に行ってテスティングをしてみたり、美容部員と呼ばれる専門の販売員にアドバイスをもらって購入に至るのが一般的です。

購入の前には雑誌やInstagram、@cosmeのような場所から情報収集を実施しています。(ちなみに最近のティーンはInstagramのハッシュタグやLIPSのようなコミュニケーションできるプラットフォームからの情報収集も増えています)。

つまり日本では今「経験ある人が自分に似合っているというコスメを選ぶ」のが一般的、と言い換えることもできるわけです。しかしここでひとつ問題が発生します。

そもそもそのコスメ、本当に自分に似合っているのでしょうか?

こういった疑問が背景にあることからModifaceのようなサービスが支持されたのではないでしょうか。「ピンクのアイシャドウ」という世の中に数百種類あるかもしれないようなアイテムの中から人の経験の力ではなく、テクノロジーで「あなたに似合うピンク」を見つけだそう、というのです。Modiface以外にも、スキンケアJohnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の傘下であるNeutrogenaiPhoneに取り付ける形の肌スキャナを開発し、マッチするスキンケア用品を自動で提案するような動きも見せています。

今後の美容産業とテクノロジーの発展により、人の経験によらず、自分に似合うコスメが自動で選ばれる、もしくは作られるケースも増えてきそうです。

via the verge

----------[AD]----------

L’Oréalのビューティーボットは相手の欲しい贈り物を「考えて」プレゼントしてくれる

SHARE:

L’Oréalはプレゼントを送る側と送られる側にヒアリングをするBeauty Gifterというボットを開発した。このボットはパーソナライズされたメイクとスキンケアの贈り物を販売する。 ボットは先週、試験公開された。 Beauty Gifterは、昨年よりモントリオールを拠点とするスタートアップのAutomat Technologiesと共同で水面下で開発されていたL’Or…

89a345f644c4e2fdd77ece9dcf0aec01
Image via Attribution Engine. Licensed under CC0.

L’Oréalはプレゼントを送る側と送られる側にヒアリングをするBeauty Gifterというボットを開発した。このボットはパーソナライズされたメイクとスキンケアの贈り物を販売する。

ボットは先週、試験公開された。

Beauty Gifterは、昨年よりモントリオールを拠点とするスタートアップのAutomat Technologiesと共同で水面下で開発されていたL’Oréalのコミュニケーション体験シリーズの1つだ。

Automat CEOのAndy Mauro氏は、VentureBeatの電話インタビューにこう答えてくれた。

「今後の開発計画にはチャットボットの利用促進のために店内でQRコードの使用を採用する可能性があります。また他にも可能性はたくさんあるので、ボットの可能性がどのように広がるかを是非楽しみにしていてください。ボットは私たちが力を入れていく分野です」。

先月、Facebookデベロッパー向けカンファレンス「F8」で発表されたMessenger Platform 2.0のカメラはQRコードをスキャンできるようになった。Facebook Messengerの進化により、これまでのようにボットやプロフィールにリンクするだけでなく、ボット内での特定のコミュニケーション体験など、より広い範囲の事柄にリンクさせることが出来るようになった。これは今までの販売に直結させるだけのリンクとは対照的である。

相手が欲しい贈り物を探し当てる

Beauty Gifterはまず、プレゼントを贈る人に予算と贈る相手の年齢を質問をする。その後、プレゼントを贈られる人に対して「プレゼントを贈りたい」という内容のメールを送信する。

これによりボットは肌の色とタイプ 、好みの色の組み合わせ、肌のコンディション、気になっている部分を質問し、終了後に商品の選択肢をピックアップしてプレゼントを贈る側の人に提案する。

Mauro氏によると、L’OréalはThe Body ShopからGiorgio Armaniまで数十のブランドを保有しているため、事前に欲しい物をたずねることによってプレゼントを贈られる側の期待値が下がることはないと話す。

「現時点で存在している多くの安っぽいギフト・ボットは、プレゼントの内容を贈る側に質問するタイプがほとんどです。贈る側は通常、これらの質問の答えを知りませんが贈られる側は知っています。多くの人は贈られる側にプレゼントの内容を事前に聞くと、ドキドキ感がなくなるのではと言います。しかし実際にはほとんどの人が気にしていないことがわかりました。数十のL’oréalブランドの存在により驚きは損なわれないからです」。

Messenger 2.0での最適化

先週のF8でメッセンジャー関連事業のヴァイス・プレジデントDavid Marcus氏の基調講演内で、L’OréalとAutomatの事例がメッセンジャー・プラットフォームで使用される革新的なボットとして取り上げられた。Marcus氏はAutomatを初期のMessengerボットエコシステムで大きな役割を果担う数少ない企業の1つだと述べる。

また同カンファレンスで、Messenger Platform 2.0にはEpytom Stylistファッション・レコメンドボットとSephoraメイク・スケジューラボットという美容とファッションを手がける2つのボットが登場した。

先週、AmazonはファッションやボットおよびECを繋げるトレンドの先駆けとして、Alexaとコンピュータビジョンを組み合わせて服選びをサポートするサービス・デバイスEcho Lookを発表している。

マーケティングと販売においてMessengerプラットフォームは今後、大きな役割を果たすことになるだろう。F8開催前に実施されたテックメディアRecodeとのインタビューでMarcus氏は「Messengerのビジネスモデルは広告を中心としており、今年初期にMessengerでの広告掲載を試験開始した」と語っている。

Mauro氏は会話型マーケティングについて店舗にいるような体験を人々に提供し、直接的な会話からブランドと顧客の関係を変化させると考えている。

カナダでの運営

L’Oréal は最近「モントリオールにAIに優れたセンターを新設する」ことを発表した。モントリオールはAI業界で革新的に成長を進める都市である。近年ではMicrosoft やGoogleなどの企業もモントリオールでのAIセンターに投資している。

去年の秋、GoogleはモントリオールにAI研究所を開設してチームを成長させる計画を発表した。また今年初めにMicrosoftはモントリオールでのAIプロジェクトを倍増させている。

Beauty Gifterは当面カナダでのみの提供予定だが、L’Oréalは2018年に英国市場などにボットを展開する可能性があるとMauro氏は話す。

これまでAutomatは主に水面下でテストしていたが形になりつつあるため、スタートアップにとってMessenger上のチャットアプリケーション・ボットは最大のチャンスを迎えていると考えてる。直接的な販売を提供する会話型マーケティングや、 デジタルチャンネルでの経験と同じであるとMauro氏は本誌に語っていた。

初期のプロジェクトではKikのファッションアドバイスのためのKalani HillikerボットやCalifornia 811のガス管や水道管などを確認せずに庭を掘る危険性について人々に警告するボットも作成している。

「Automatに関しては静かにそして隠密に物事を進めていました。メッセージングやチャットボットの最大の特長が顧客サービスやその他の側面よりも会話型マーケティングになることは明らかです」 とMauro氏は言う。

「過去25年の電子商取引によって人間味が欠けているウェブやモバイルの店舗が作られました。今後は会話型のマーケティングがデジタル店舗の多くを占めるようになるでしょう」 (Mauro氏)。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

Translated by MachineTranslation+Conyac

----------[AD]----------

L’Oréalが美容師を対象にVRヘアメイク教育をローンチ

SHARE:

美容師は新しいテクノロジーを早期に取り入れるアーリーアダプターとは言い難いが、今回 L’Oréal が8i やヘアケアブランドの Matrix と提携し、美容師をターゲットとした VR ヘアメイク教育プログラムをローンチした。 この取り組みは VR の対象が単に消費者だけではないことを示しているが、Digi-Capital によれば、VR 市場は2020年までに300億米ドル規模になると見込まれて…

Above: L'Oreal taps 8i for VR imagery Image Credit: L'oreal
(上)L’OrealはVR映像技術に8iを選んだ.
Image Credit: L’oreal

美容師は新しいテクノロジーを早期に取り入れるアーリーアダプターとは言い難いが、今回 L’Oréal が8i やヘアケアブランドの Matrix と提携し、美容師をターゲットとした VR ヘアメイク教育プログラムをローンチした。

この取り組みは VR の対象が単に消費者だけではないことを示しているが、Digi-Capital によれば、VR 市場は2020年までに300億米ドル規模になると見込まれている。そのためには B2B や教育関連アプリが躍進する必要があるだろう。今回のプログラムにより、VR アプリを使えばコストのかかる移動を伴った研修や勉強会を回避できると L’Oréal は期待を寄せている。

L’Oréal は特定の経営課題を解決できる新技術を常に試しており、ビジュアルと地域社会で運営される美容業界に VR が絶大な影響を与えることができると初期の段階で認識したという。

8i とのパートナーシップを通じて、同社は美容師を対象とした系列の研修プログラム Matrix Academy の一環として VR 教育を提供する予定だ。アメリカには現在 Matrix Academy が30ヶ所あり、同プログラムは2017年に拡大を計画しているという。この VR プログラムによって、美容師がさまざまな研修や勉強会のために国内や世界中をあちこち回る必要はなく、最新のヘアテクニックを学ぶことができるだろう。

美容師を対象とした初期のベータテストでは圧倒的に好意的な評価を得ている。L’Oréal は過去に美容市場で AR を使った実験を行ったことがある。2014年、同社はリアルタイムでバーチャルな「鏡」となるメイクアップアプリの Makeup Genius をローンチしている。

YouTube や Instagram でビューティー動画を投稿する人が増えているが、こうした動画が私たちのヘアアレンジやメイクにいかに影響力があるのかを示しており、また、グローバルな美容コミュニティの親交を深める効果ももたらしている。美容業界がハウツー動画分野の火付け役となり、このパートナーシップはヘアサロン美容師たちが没入型 VR 体験に踏み込めるさらに大きな一歩となるだろう。

L’Oréal と提携した8i と L’Oréal のプロフェッショナルブランドである Matrix は、フォトリアリスティックなホログラムの特徴を持つ没入型ルームスケール・ボリュメトリック VR 体験を開発している。ルームスケール・ボリュメトリック VR 体験は360度動画とは異なり、視聴者は完全に自由に動くことができ、その部屋の中で自分の存在を感じることができる。8i のホログラフィック動画技術は、VR や AR の視聴者にとって実際に同じ空間にいると感じるほど本物に見えるような人の3D フォトリアリスティック記録を作り出すことを狙いとしている。

人間を3次元再構築する中で、毛髪は正しく認識するのに最も能力が試される部位である。8i の技術は(毛髪や顔、指、目、動作のような)精巧な人間の部位を再構築するために最適化されている。人を記録しホログラムを作り出すため、8i は市販のカメラと独自に全自動化された動画ベースのソフトウェアを使用している。

このボリュメトリック VR 体験では Matrix の研修プログラムをどの角度からでも視聴できる。スタイリストの身体(ホログラム)までチェックでき、スタイリストがモデルの髪をどうやってスタイリングするかを自分の視点から見ることができる。プログラム終了時にはスタイリングしたモデルの「ビフォー」および「アフター」ホログラムが並んで表示される。

Matrix によると、2017年にはアメリカにある25の Matrix Academy でこれらの授業を世界規模に展開すべく試験的に開始する予定だという。狙いは、毎年 Matrix が教育する無数のスタイリストにとって専門的な美容師の研修を身近で手頃なものにすることである。2015年、Matrix は世界で200万人以上の美容師を養成した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------