タグ Lufax(陸金所)

中国のフィンテック大手「Lufax(陸金所)」、NY証取上場で23.6億米ドルを調達へ

SHARE:

ニューヨーク証券取引所のウェブサイトによると、上海に拠点を置くレンディングとウェルスマネジメントのユニコーン Lufax(陸金所)は、同証取への上場で23億6,000万ドルの資金調達を目指している。 重要視すべき理由:Lufax は、今秋アメリカの証券取引所で数十億米ドルの資金調達を目指す中国のフィンテック企業2社のうちの1社だ。一方、中国のテック企業にはアメリカの規制当局からの監視の目が厳しくな…

Image credit: Lufax(陸金所)

ニューヨーク証券取引所のウェブサイトによると、上海に拠点を置くレンディングとウェルスマネジメントのユニコーン Lufax(陸金所)は、同証取への上場で23億6,000万ドルの資金調達を目指している。

重要視すべき理由:Lufax は、今秋アメリカの証券取引所で数十億米ドルの資金調達を目指す中国のフィンテック企業2社のうちの1社だ。一方、中国のテック企業にはアメリカの規制当局からの監視の目が厳しくなっており、中国は国内テック企業の海外上場を阻止しようとしている。

  • Ant Group(螞蟻集団)は NASDAQ に上場するための目論見書の草案を提出しており、史上最大級の IPO となる可能性がある。
  • 上海証券取引所に NASDAQ 型のテック株特化市場「STAR Market(科創板)」では IPO ルールが緩和された。これは、中国のテック企業が海外に上場しないようにすることを目的としている。

詳細情報:Lufax は10月初旬に株式公開を申請したが、詳細は公表されていない。

  • 中国の保険大手 Ping An(平安)に支援を受ける Lufax は、11.50ドル〜13.50ドルの価格帯で17万5,000株の米国預託証券(ADR)を売却する見込みで、これにより高値圏では23億6,000万米ドルを調達することになる。
  • 主幹事証券会社は、Goldman Saches、Bank of America Securities、UBS Investment Bank、HSBC、China PA Securities(中国平安証券)。
  • 米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると、Lufax の2020年上半期の純利益は前年同期比2.8%減の72億7,200万人民元(約1,138.8億円)となった。同期間、同社の総収入は9.45%増加したという。

背景:Lufax は2011年に Ping An が P2P レンディング会社として設立したが、徐々にウェルスマネジメント事業へと事業拡大してきた。

  • 2020年6月30日までの半年間では、同社プラットフォームの収益の3.5%未満がウェルスマネジメントサービスからのものだった。
  • 報道によれば、Ping An は数回の投資ラウンドを経て、現在は Lufax 株式の43%を保有している。
  • スタートアップ情報サイト「Crunchbase」によると、Lufax はこれまでに30億米ドルを調達している。2018年の最新の資金調達ラウンド後には、評価額が380億ドルに達したとロイターが報じた
  • 4月には、アメリカ上場の中国のコーヒースタートアップ Luckin Coffee(瑞幸咖啡)が22億人民元(約334億円)の売上高を捏造していたことを認めた。その後、ストリーミングプラットフォームの「iQiyi(愛奇芸)」と教育プラットフォーム「GSX Techedu(跟誰学)」は、いずれも SEC による不正行為の調査を受けていることを認めている。
  • アメリカ議会はアメリカで上場する中国企業に対する規制監視を強化する法案を提出しており、アメリカ大統領が招集した作業部会は SECに対して同様の勧告を行っている。
  • 規制当局の監視強化の見通しは、中国のテック企業のアメリカ資本市場への進出を止めてはいない。EV メーカーの Xpeng Motors(小鵬)Leading Ideal(理想汽車)は第3四半期にアメリカで株式を公開した。
  • JD.com(京東)のフィンテック部門「JD Digits(京東数字科技)」は、上海 STAR Market への上場を計画している中国のテック企業の一つだ。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国のP2Pレンディング・プラットフォーム最新動向

SHARE:

2007年以降、中国ではリテール投資家にとっての新たな固定収入源として、ピア・ツー・ピア(P2P)レンディングのプラットフォームが急成長している。P2P レンディングとは、お金を借りたい人が貸したい人から金融機関の仲介なしで資金調達ができる新たな手段だ。P2P プラットフォームはテクノロジーとビッグデータを活用することで、どの銀行よりも迅速かつ低料金で借り手と投資家をつないでいる。 昨年、中国で6…

Image credit: Crowdfundinsider

2007年以降、中国ではリテール投資家にとっての新たな固定収入源として、ピア・ツー・ピア(P2P)レンディングのプラットフォームが急成長している。P2P レンディングとは、お金を借りたい人が貸したい人から金融機関の仲介なしで資金調達ができる新たな手段だ。P2P プラットフォームはテクノロジーとビッグデータを活用することで、どの銀行よりも迅速かつ低料金で借り手と投資家をつないでいる。

昨年、中国で600億米ドルの市場規模を有する P2P レンディングセクターは、監視が不十分なために起きた不祥事や詐欺に悩まされた。その結果、中国当局は、国内のオンラインレンダー2,349社の中で起きる債務不履行や不正に関わる懸念を受け、新たな規制を課すことになった。

現在、中国の P2P プラットフォームは両極端な方向に向かっている。一方は過去最高の資金調達ラウンド(Lufax=陸金所の100億米ドル)、そしてもう一方は過去最高の出資金詐欺(Ezubao= e 租宝の76億米ドル)だ。

Image credit: eZubao(e 租宝)

いくつかの懸念はあるにせよ、この国の P2P プラットフォームに急ブレーキがかかるとは予想し難い。何しろ P2P レンディングプラットフォームだけで2016年末時点で総額8,162億人民元(約13.2兆円)もの融資残高を保有しているのだ。中国の一般人、とりわけ伝統的な銀行カテゴリーの範疇に入らない人にとって、こうしたプラットフォームの活用は1つの慣行になっている。

Image credit: Peterson Institute for International Economics

事実、この業界における最近の異常さは、長い目で見て悪いことばかりではない。それにより市場の沈静化につながるだろう。このプロセスにおいても健全で安定した企業は「真のプレイヤー」であり、四苦八苦する企業はそうでないということだ。事態の進行とともに市場の統合がもたらされる。この業界が健全に成長していくためには、とにかく制度的な規制が必要だ。この新しい規制によって、かなり必要とされている業界のお掃除ができるだろう。

以上の点を踏まえて、TechNode(動点科技)は、中国およびそれ以外の国における P2P 市場の「真のプレイヤー」をいくつか紹介したい。

Yirendai(宜人貸)

Image credit: Yirendai(宜人貸)

2012年に設立された Yirendai(宜人貸)は、中国のP2P業界にとって重要な意味を持つ。2015年12月、同社はアメリカ株式市場に上場した初の中国系インターネットファイナンス企業となった。ニューヨークに上場した同社は同業他社とは異なり、事業を急成長させただけでなく、2020年までに年1,000億人民元(1,128億香港ドル)相当の融資支出を目標としている。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が同社設立者の Tang Ning(唐寧)氏に最近インタビューした際、中国で広がった P2P レンディングセクターで多くの規制が課されても、自分の会社が揺らぐことはないと Ning 氏は語っていた。

Yirendai に続いて、多くの P2P プラットフォームが IPO を予定している。ロイターによると、中国本土で最大のオンラインレンディングプラットフォームである Ppdai.com(拍拍貸)は、2017年中にアメリカでの株式上場を計画しているという。また、Ping An(平安)が支援する Lufax(陸金所)も、今年もしくは来年、香港で上場する予定だとフィナンシャルタイムズが報じている。

Dianrong(点融)

2012年に設立された Dianrong(点融)はよく、「中国の Lending Club」と揶揄される。 その理由は、この会社が Soul Htite 氏という Lending Club の共同設立者兼テクノロジー部門の元ヘッドにより設立されたから。そしてもう一つの理由は、中国の P2P ファイナンスセクターでイノベーションをリードしているからだ。

Image credit: Dianrong(点融)

ほんの数日前に Dianrong は、「Chained Finance(チェーン化された金融)」という中国初のブロックチェーンプラットフォームをローンチすると正式に発表した。この取り組みは、Foxconn Technology Group(鴻海/富士康)の子会社 FnConn(富金通)と共同でなされるものだ。ブロックチェーン技術が金融業界にディスラプションをもたらすという考え方は広く受け入れられているが、あえて P2P プラットフォームを応用しようとした企業はこれまでなかった。いま、Dianrong が「Hyperledger Project」という世界最大のブロックチェーンアライアンスに参加したことで、最高レベルのテクノロジーを備えた P2P プラットフォームの一層の進化が期待できる。

Lufax(陸金所)

Image credit: Lufax(陸金所)

Lufax(陸金所)は、中国最大、世界でも第3位のプレイヤーだ。かつての社名が Shanghai Lujiazui International Financial Asset Exchange(上海陸家嘴国際金融資産交易所)である同社は、金融コングロマリットの Ping An Insurance Group(平安保険集団)が44%の株式を保有している点はぜひ指摘しておきたい。実際、貸す側と借りる側の詳細な監視プロセスが信頼の根幹となる P2P レンディングプラットフォームにとって、Ping An の後押しを受けていることは状況を大きく変えるものである。中国の Goldman Sachs ともいえる Ping An は、おそらくどの企業よりも中国人の金融関連データを保有しているだろう。

【via Technode】 @technodechina

【原文】