BRIDGE

タグ Lyft

Lyftが中小企業の退職給付金サービスを提供するHonest Dollarと提携、ドライバーに対する福利厚生を充実させる

SHARE:

<ピックアップ>Lyft × Honest Dollar: Introducing Savings and Retirement Solutions for Lyft Drivers シェアライドサービスのLyft。サービスを拡大させるだけでなく、ドライバーに対するサービスにも力を入れ始めています。その一貫としてHonest Dollarと提携を行いました。 Honest Dollar…

A ride whenever you need one Lyft
<ピックアップ>Lyft × Honest Dollar: Introducing Savings and Retirement Solutions for Lyft Drivers

シェアライドサービスのLyft。サービスを拡大させるだけでなく、ドライバーに対するサービスにも力を入れ始めています。その一貫としてHonest Dollarと提携を行いました。

Honest Dollarは今年のSXSWでローンチし、ReleaseItというピッチ大会で優勝したサービス。そのサービスとは、中小企業やベンチャーに勤めている従業員の退職制度が整っていなかったり月々の支払が高いプランに入っている現状の課題を効率化しようとしているサービス。今回Lyftと提携したことにより、Lyftのドライバーは月々3ドルを貯蓄(通常のHonest Dollarでは8ドル)することで、ドライバーをリタイアしたあとでも給付金がもらえうような仕組みを構築しています。

また、給付金だけでなく、ドライバーの人たちに対してファイナンスに関する教育の場を設けたりと、ドライバーとなった人のその後の人生設計のサポートを行うとのこと。Honest Dollar自体のサービスも面白いですが、Honest Dollarと提携したLyftも、Honest Dollarの理念に共感したようです。

ドライバー一人ひとりを大切にし、充実した福利厚生を提供しようという考えがそこにはあるようです。

via Lyft Blog

Lyftがガス会社やレンタカー会社と提携し、ライドシェアのドライバーに格安でガソリンと車を提供する

SHARE:

<ピックアップ>Lyft’s new partnerships will give drivers free gas and access to rental cars ライドシェアサービスのLyft。Uberのライバルとされながら次第にUberの勢いにそのシェアを奪われんとされている昨今ですが、新たな一手をもとにドライバーへの確保とサービスを拡充させようとしているようです…

Image by Colin on Flickr
Image by Colin on Flickr

<ピックアップ>Lyft’s new partnerships will give drivers free gas and access to rental cars

ライドシェアサービスのLyft。Uberのライバルとされながら次第にUberの勢いにそのシェアを奪われんとされている昨今ですが、新たな一手をもとにドライバーへの確保とサービスを拡充させようとしているようです。

Lyftは、ガス会社のShellとアメリカの大手レンタルカー会社のHertz Car Rentalをパートナーとしたことを発表しました。これにより、Lyftのドライバーに対して格安でレンタカーを提供したり燃料であるガソリンを提供することで、一気にドライバー確保に乗り出すとのこと。

Lyftは、このパートナーシップを通じて10万人のドライバー予定者を確保することを目指すとのこと。たしかに、既存のライドシェアを使おうとするとき、すでに車を所有してる人でなければできないけど、ちょっとしたときにしか車を使わない人にとっては所有することでのコストやリスクもあるはず。先日、UberのユーザがUberを使うために車の購入を検討しているという記事を書きましたが、実際にサービスを提供したい側からすると、車の所有の有無ではなく、車を使える状況にしておくことが重要だったりします。だからこそ、格安でガソリンやレンタカーが使えるのはかなり魅力的かもしれません。

同時に、車を所有するほどのお金はなくても、レンタルをしてそれを元手にLyftで稼いだりする人がでてくるかもしれません。また、Lyftはその地域に対して積極的にコミットしていこうという考え方があるようで、地域の観光を手助けする案内人としてのローカルマネージャーとなる人を積極的にサポートする動きもしています。

あくまでシェアを念頭に置いたサービスを展開するLyftと、移動や交通におけるイノベーションを推し進めようとするUberでは、互いの戦略の違いが見え隠れします。

via The Verge

Lyftが中国版UberのDidi Kuaidiと資本業務提携を結び、中国への進出を図る

SHARE:

<ピックアップ>Lyft partners with transportation service Didi Kuaidi to ease into China 配車サービス市場でUberが注目されていますが、競合も黙ってはいません。米国市場だけでなく、アジア市場を見たときには、それぞれのローカルの配車サービスが依然として市場をリードしていますが、そこにうまく戦略的な提携を狙い始めたの…

Lyft

<ピックアップ>Lyft partners with transportation service Didi Kuaidi to ease into China

配車サービス市場でUberが注目されていますが、競合も黙ってはいません。米国市場だけでなく、アジア市場を見たときには、それぞれのローカルの配車サービスが依然として市場をリードしていますが、そこにうまく戦略的な提携を狙い始めたのが、Lyftです。

今日、Lyftが中国版UberのDidi Kuaidiと戦略的パートナーシップを結んだと発表しています。同時に、Didi KuaidiはLyftに対して1億ドルの出資も行っています。Didi Kuaidiといえば、先日30億ドルの資金調達を行ったと発表されており、今回の戦略的提携を見据えた資金だったかもしれません。

これにより、LyftはDidi Kuaidiを活用して中国への進出が容易となり、Uberに先んじて中国市場に参入することができます。Didi Kuaidiとしても、米国市場への足がかりとしてLyftとの提携を通じてUberの米国市場のシェアを奪いにいこうと考えていることでしょう。

Uberという巨大な相手に対して互いの利害が一致したことによってタッグを組んだLyftとDidi Kuaidi。こうした、ある種のUber包囲網を作るような動きが世界で起き始めてくるかもしれません。

via TNW

ローカルマネージャーを配置するLyftは、地域コミュニティに力をいれた取り組みで事業の成長を図る

SHARE:

<ピックアップ>Lyft Introduces Local City Managers to Bolster Its Growth | Re/code Uberの対抗馬とされているLyftですが、オンデマンドを通じた交通といった意味ではUberのほうに軍配が上がります。では、どうやってLyftはUberと差別化を図ろうとするのか。その鍵は、「ローカル」にあるようです。 Lyftでは、ア…

Lyft

<ピックアップ>Lyft Introduces Local City Managers to Bolster Its Growth | Re/code

Uberの対抗馬とされているLyftですが、オンデマンドを通じた交通といった意味ではUberのほうに軍配が上がります。では、どうやってLyftはUberと差別化を図ろうとするのか。その鍵は、「ローカル」にあるようです。

Lyftでは、アメリカの各地にローカルマネージャーを配置。それらを通じて、地域のドライバーに対して乗客に対してホスピタリティをもって地域の案内や地域情報をコミュニケーションするような取り組みを促しています。Uberが、より効率性を求めるのであれば、Lyftは徹底して人間味や地域に寄り添った活動をを通じて成長を図っていこうとする動きと言えます。

Lyftのスタッフ紹介を見ても、現在まさに地域のGM(General Manager)を大募集しており、さらにドライバーの教育係や法的な問題にクリアするためのオペレーション部隊に力を入れようとしているのが分かります。

こうしたサービスの違いは、その根底にあるサービス設計の思想やどういったユーザ体験を提供しようとしているのかで分かれてくるものでもあります。そうした意味で、Lyftはよりコミュニティ的な要素を今後ますます強めていこうとしているのでしょう。

via Re/Code

配車サービスのLyft、著名投資家らから総額1.5億ドルの資金調達を実施

SHARE:

<ピックアップ>Lyft Raised $150 Million From Carl Icahn and Others | Re/code Uberを筆頭に、配車サービスの盛り上がりが話題を呼んでいますが、アメリカではコミュニティ的な雰囲気をもっているLyftも注目です。そんなLyftが、大きな調達を行ったと報道されています。 トータルの資金調達額は1.5億ドル、そのうち、1億ドルをア…

Image by Colin on Flickr
Image by Colin on Flickr

<ピックアップ>Lyft Raised $150 Million From Carl Icahn and Others | Re/code

Uberを筆頭に、配車サービスの盛り上がりが話題を呼んでいますが、アメリカではコミュニティ的な雰囲気をもっているLyftも注目です。そんなLyftが、大きな調達を行ったと報道されています。

トータルの資金調達額は1.5億ドル、そのうち、1億ドルをアメリカの著名な投資家であるカール・アイカーン氏の会社が出資を行っている。残りの5000万ドルはVCなどだとされている。

今回の調達によって、Lyftのバリエーションは25億ドルと大きく拡大。一方、先日Uberが15億から20億ドルの資金調達を計画している、と発表されたばかりで、その差は大きい。けれども、Lyftに対しても、70億ドルの評価に10億ドルの調達を行えるだけのポテンシャルがあるのでは、とも言われています。

via Re/code

UberとLyft、運転手は従業員でなく契約者だという主張は裁判所に納得してもらえず

SHARE:

ライドシェアサービスを展開するUberとLyftはこの日、それぞれ別々の法廷において裁判官の説得に追われた。ドライバーは独立した契約者であり従業員ではないと説得しようとしたのである。 しかし両社は今のところ、その説得に失敗している。最終的な判決が出れば、それは広範囲に影響を与える可能性がある。この2社の財政的な命運だけでなく、「シェアエコノミー」に関わるすべての会社に影響があるかもしれないのだ。そ…

Image Credit: Lyft
Image Credit: Lyft

ライドシェアサービスを展開するUberとLyftはこの日、それぞれ別々の法廷において裁判官の説得に追われた。ドライバーは独立した契約者であり従業員ではないと説得しようとしたのである。

しかし両社は今のところ、その説得に失敗している。最終的な判決が出れば、それは広範囲に影響を与える可能性がある。この2社の財政的な命運だけでなく、「シェアエコノミー」に関わるすべての会社に影響があるかもしれないのだ。そのような会社は現在数多く存在している。

この裁判に関わる2人の裁判官、サンフランシスコ連邦裁判所のアメリカ地方裁判所判事Edward Chen氏とVince Chhabria氏はそれぞれの判決において、裁判官ではなく陪審員がUberとLyftのドライバーについて適切な区分を決定しなければならないと述べた。

UberとLyftのドライバーは契約者と従業員両方の特徴を持ち、どちらかに分類することが裁判官にとって非常に難しかったことが、今回の判決につながったとも言える。

UberとLyftはサンフランシスコで集団代表訴訟の形を求める別々の訴訟にそれぞれ直面している。訴訟は契約者ではなく従業員だと主張するドライバーが起こしており、全ての手当ての支給を受け取る資格があると主張している。

従業員のドライバーだけがガソリン代や車の維持費を含めた費用を払ってもらえることになっている。現状ではドライバーは自腹で費用を払っている。

もし陪審員がUberとLyftのドライバーが従業員であるとの判断をすれば、両社にとっては関連費用の負担がかかる以上の意味がある。ドライバーたちが社会保障制度、従業員給与、雇用保険に対する要求をする端緒となるかもしれない。

Uberはベンチャーキャピタルからすでに40億米ドルを超える資金を調達しており、評価額は約400億米ドルだ。Lyftはそれよりかなり少ないが、Andreessen HorowitzやFounders Fund、その他の投資家から3億3100万米ドルの資金を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

楽天がUber対抗馬Lyftの5.3億ドルの投資ラウンドをリード、11%の株式を取得

SHARE:

日本のEコマース大手である楽天が、サンフランシスコを拠点とする乗り合いスタートアップ Lyft の5.3億ドルの投資ラウンドをリードした。TechCrunch が最初にこのニュースを伝え、まもなくして Lyft がそのことをブログ上で確認した。楽天は Tech in Asia に対し、Lyft の11%の株式を3億ドルで獲得したと語り、三木谷浩史氏の発表を提供してくれた。 これまで、我々は未来を見…

9603965456_3fb9952904_z
Image by Flickr. CC-licensed picture.

日本のEコマース大手である楽天が、サンフランシスコを拠点とする乗り合いスタートアップ Lyft の5.3億ドルの投資ラウンドをリードした。TechCrunch が最初にこのニュースを伝え、まもなくして Lyft がそのことをブログ上で確認した。楽天は Tech in Asia に対し、Lyft の11%の株式を3億ドルで獲得したと語り、三木谷浩史氏の発表を提供してくれた。

これまで、我々は未来を見てきました。そして、これこそそうだと思います。人と人とのつながりを強くすることで、シェアリング・エコノミーはサービス産業を根本から変化させ、社会に利益をもたらします。Lyft のような、人々や社会に潜在する可能性を解き放つビジネスが、未来への鍵を握っていると確信しています。

楽天は、Lyft の「国内と海外展開」のために投資したとも語っている。

<関連記事>

今回の調達は Lyft が東アジアのインターネット巨人から獲得した最初の投資ではない。約1年前には、Lyft は中国の主要Eコマース企業 Alibaba が参加する2.5億ドルの調達ラウンドを実施している。

有名なアジア企業から出資を受けているにもかかわらず、Lyft はアメリカ国内でしか利用できない。一般人も自分の車に乗客を乗せてお金がもらえるという同社のビジネスモデルは、多くの都市において法律上のグレーゾーンとされるからだ。この言及が世界展開を難しくしている。一方 Uber は、〝街のショーファーカー(高級車)〟としてのレイヤーで先に市場に食い込み、後に一般車利用の登録を始める方法を取っている。市場のプレゼンスを得る上で、この戦略は時間を稼ぐ方法として有効に働いている。

交通ネットワークに対する投資が増え続ける中で、乗り合い業界は西洋でも東洋でも飽和しつつある。退場するスタートアップもあり、ライバルが彼らを買収していく。したがって、一から乗客のネットワークを築こうとする新参者は、非常に難しい局面にも遭遇する。

しかし、仮に Lyft が短期間のうちにアメリカ国外への進出することが明らかになるとすれば、アジアのインターネット企業が投資する理由が他にも存在することになる。乗り合いサービスを提供するスタートアップは、地図や交通パターンという〝お宝データ〟を集められる。時が来れば、Lyft のシェアリング・エコノミーのビジネスモデルをどうやってアジアに導入しようかと、彼らは伺っているのかもしれない。

中国の主要な交通ネットワークは、最近合併した Kuaidi Dache(快的打車)と Didi Dache (嘀嘀打車)で、両者とも一般人ではなくタクシーがサービスを展開している。インドの Ola、東南アジアの GrabTaxi は主にタクシー呼出を提供しており、日本は LINE TAXI のおかげでオンデマンド・タクシーのブームが到来しそうだ。しかし、P2P の乗り合いサービスは、今のところ、市場の支配者はいない(UberX はアジアの多くの都市で利用可能だが)。

この2年間にわたって、楽天はチャットアプリの Viber、ビデオ・ストリーミングの Viki、Eコマースアプリの Slice、クーポンサービスの Ebates、電子書籍リーダーの Kobo など、世界的な買収劇を繰り広げてきた。同社はヨーロッパにも複数のEコマース企業を保有しており、楽天ベンチャーズを通じてアーリーステージ企業に投資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

競合を潰すためなら何でもあり?加速するUberによるLyftの妨害作戦

SHARE:

Photo via. Flickr <Pickup News> This is Uber’s playbook for sabotaging Lyft 今年6月にもピックアップでご紹介したUberによるLyftのドライバー引き抜きの直球作戦。The Vergeの記事によると、どうやらUberによるLyft潰しは加速している模様。 2013年10月から今年8月までのあいだに、…

Uber-4-uPhoto via. Flickr

<Pickup News> This is Uber’s playbook for sabotaging Lyft

今年6月にもピックアップでご紹介したUberによるLyftのドライバー引き抜きの直球作戦。The Vergeの記事によると、どうやらUberによるLyft潰しは加速している模様。

2013年10月から今年8月までのあいだに、177人のUberの従業員がLyftを頼んではキャンセルするという荒技を使ったなんて報道も。総回数は5,560回にも及んだようで、Lyftのハイヤーの在庫を減らし、売上げを奪う目的だった。

新たに記事になっているのは、「brand ambassadors」と呼ばれる人材を使ってUberの人間がLyftに乗り込み、目的地に到着するまでに運転手を口説いてUberに乗り換えさせるというもの。食うか食われるかの世界でお人好しではいられないのだけろうけれど…。

アンバサダーになるお話はわたしもいただいたことがあるけれど、まったくこういう内容ではなかったからどこまでが事実かは不明。でも火のないところに煙は立たないと言うからね。

via. The Verge

Uberのライバル、Lyftも相乗りサービスを開始、さらにSidecarも参戦して相乗りブーム到来

SHARE:

<ピックアップ> Sidecar launches Shared Rides topping off the least original day in the shared economy Uberが相乗りサービス「UberPool」を発表してすぐ、ライバルのLyftも同様の相乗りサービス「Lyft Line」を公開。似たようなルートの相手を探して割り勘という、これまでとは根本的に違…

OK, let me drive...
Image by Flickr

<ピックアップ> Sidecar launches Shared Rides topping off the least original day in the shared economy

Uberが相乗りサービス「UberPool」を発表してすぐ、ライバルのLyftも同様の相乗りサービス「Lyft Line」を公開。似たようなルートの相手を探して割り勘という、これまでとは根本的に違うアプローチの「値下げ」を実現して新進気鋭の二社が既存タクシー業界を揺るがしにかかっている…と思ったら三社目もここに参戦してきました。Sidecarです。中身はほぼ同じ。

ここでSidecarですか。先日掲載したシェアリング経済マップをみても分かる通り、Sidecarは比較的新参者の部類に入ります。創業は2012年2月でこれまでに2000万ドルほど調達完了。

<参考記事> シェアリング経済の主要プレーヤーがわかる一枚のインフォグラフィック

相乗りは欧州の「BlaBlaCar」が有力で、長距離移動が多い欧州ならではのサービス、という印象がありましたが、ここにきて「さらに価格破壊してタクシー料金をひっくり返す」手段として(必ずタクシー料金と比較しているのが理由ですが)注目が集まるのはなかなか興味深いポイントです。

シェアリング経済というのはマーケットプレース(オークション、フリマ)、家事手伝い、移動、スペースと大きくカテゴライズされて各種プレーヤーが生まれていますが、ラクスルのように空いた印刷工場を共有するアイデアもそのひとつと言えばそうなります。この辺りはまだまだ何かアイデアが出てきそうです。

via The Next Web 【G翻訳】

ニューヨークでの操業を勝ち取るため、Lyftが既存業界に譲歩した内容とは

SHARE:

<ピックアップ> Lyft Works Out Deal to Operate in New York City オンデマンド配車の話題をもうひとつ。Uberと激しい鍔迫り合いを繰り広げるLyftですが、ようやくタクシーの本場ニューヨークに上陸…と思いきや、規制の網にひっかかってローンチが延期、調整の結果ようやくサービス開始の運びとなったようです。ただ、興味深いのはこの「調整」の中身な…

lyft
Image by Flickr

<ピックアップ> Lyft Works Out Deal to Operate in New York City

オンデマンド配車の話題をもうひとつ。Uberと激しい鍔迫り合いを繰り広げるLyftですが、ようやくタクシーの本場ニューヨークに上陸…と思いきや、規制の網にひっかかってローンチが延期、調整の結果ようやくサービス開始の運びとなったようです。ただ、興味深いのはこの「調整」の中身なんですね。

Re/codeの取材では、このニューヨークのタクシー業界を取り仕切る「Taxi and Limousine Commission(タクシー協議会)」が認めたドライバーのみOKということだそうなのです。競合同士の戦いも激しいですが、既存業界と新興勢力の駆け引きも興味深いところです。

via Re/code【G翻訳】