THE BRIDGE

タグ Makemytrip

中国のオンライン旅行代理店大手Ctrip(携程)、MakeMyTripの株式を追加取得しインド市場進出を強化

SHARE:

中国のオンライン旅行代理店 Ctrip(携程、NASDAQ: CTRP)は、インドの旅行市場への賭けに強気になっている。同社から4月26日にリリースされた声明によると、テクノロジー投資会社 Naspers との株式交換により、オンライン旅行代理店 MakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)の株式を追加取得している。 Ctrip は2016年、1億8,000万米ドルを出資して MakeMyTr…

Ctrip(携程)
Image credit: Ctrip(携程)

中国のオンライン旅行代理店 Ctrip(携程、NASDAQ: CTRP)は、インドの旅行市場への賭けに強気になっている。同社から4月26日にリリースされた声明によると、テクノロジー投資会社 Naspers との株式交換により、オンライン旅行代理店 MakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)の株式を追加取得している。

Ctrip は2016年、1億8,000万米ドルを出資して MakeMyTrip の一部株式を取得している。南アフリカのテックインターネット・コングロマリットである Naspaers との株式交換により、MakeMyTrip の持分を強化した。MakeMyTrip の株式を、Ctrip の新規発行株式と交換することになる見込みだ。この取引により、Naspers が持つ Ctrip の発行済普通株式は約5.6%となり、Ctrip は NASDAQ 上場で評価額26億9,000万米ドルの MakeMyTrip に49%の議決権を行使できるようになる。

Ctrip の上級インベスターリレーションズディレクター Michelle Qi 氏は、Technode(動点科技)に次のように語った。

この投資を通じて、我々は成長の速いインドのインターネット旅行市場への露出を増やし、MakeMyTrip の成長からの恩恵も得られるだろう。

彼女は、Ctrip が持つ中国における消費者購入行動に対する洞察は、MakeMyTrip がより良いプロダクトやサービスをインドの旅行者に提供する上でも役立つだろうと付け加えた。

国内競合の Meituan(美団)や Alibaba(阿里巴巴)傘下の Fliggy(飛猪)との競争が激化する中、Ctrip は新たな成長を求める上で世界進出を加速している。今回の投資はそんな中で実施された。

<関連記事>

数年前に Ctrip が世界戦略に着手して以来、17.4億米ドルに及んだ Skyscanner 買収、Trip.com の買収など、コアビジネスで複数の海外買収を行ってきた。旅行関連の他業界では、超音速旅客機を開発するスタートアップの Boom Supersonic への出資がある。Ctrip はヨーロッパ市場への拡大を強化する計画だ。Ctrip CEO Jane Sun(孫潔)氏の発言を引用した中国メディアの報道によれば、(世界戦略開始から)5年を経て、現在では Ctrip 売上全体の約半分を国際事業が占めるようになっている。

MakeMyTrip への出資は、インドだけでなく東南アジア市場への拡大に向けた、Ctrip のより深いコミットメントを示すものだ。中国人の海外旅行先として、インドは周辺諸国と比べ後発だ。

それに加え、インド政府は2023年までに、中国人観光客を60倍に増やすと約束している。成長する観光市場の政府支援は、オンライン旅行代理店にインド市場参入の機会を提供した。インド市場は単独でも、その規模から非常に重要な市場と言える。Ctrip は昨年9月、インドのオンラインフードデリバリ・レストラン検索プラットフォームの Zomato に1億米ドルの出資を計画中だと報じられた

今回の出資を通じて、Tencent(騰訊)の初期投資家でもある Naspers が、Ctrip の株主にも名を連ねることになる。

Naspers は世界で最も有名なインターネット・エンターテイメント集団の一つであり、世界の最大テクノロジー投資家の一つだ。我々のトップ出資者の一社に Naspers を迎えられたことを嬉しく思う。Naspers と緊密に連携し、将来、相互補完関係を築けるのを楽しみにしている。(Michelle Qi 氏)

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

インドのオンライン旅行代理店大手MakeMyTrip、NaspersやCtrip(携程)などから3億3,000万米ドルを調達中

SHARE:

インドの大手オンライン旅行代理店 MakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)が、南アフリカの大手インターネット企業 Naspers Group の子会社 MIH Internet、中国のオンライン旅行会社大手 Ctrip International(携程)、その他いくつかの非公開の投資家からエクイティ出資を3億3,000万米ドル調達しているという。 Naspers が MakeMyTrip …

インドの大手オンライン旅行代理店 MakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)が、南アフリカの大手インターネット企業 Naspers Group の子会社 MIH Internet、中国のオンライン旅行会社大手 Ctrip International(携程)、その他いくつかの非公開の投資家からエクイティ出資を3億3,000万米ドル調達しているという。

Naspers が MakeMyTrip に1億3,200万米ドル、Ctrip が3,300万米ドル、残りの額をその他の投資家が出資している。

資金調達は今週末(5月第1週)までに完了する予定。

インド・グルガオンとニューヨークに本拠を置く同社はこの資金を、ビジネス拡大、戦略的投資、テクノロジーと商品の開発、マーケティングと広告、資本増強および一般的な事業目的に活用する予定だという。

2000年に設立された MakeMyTrip は、インド最大かつ最も歴史のあるオンライン旅行代理店だ。同社は MakeMyTrip.com、goibibo.com、RightStay.com、redbus.in といった人気旅行サイトを所有・運営している。ユーザはインドのみならず海外の多岐にわたる旅行サービスや商品のチェック・計画・予約ができる。扱っているのは、航空券、ホテルなどの宿泊施設、休暇のプランニング、ツアー、鉄道チケット、都市間連絡バスのチケット、ハイヤーなどの予約で、その他に旅行に付随する必需品、例えば他社の旅行保険やビザなどの手続きを円滑にするサービスも提供している。

同社はインド国内で4万を超えるホテル、1万3,500の宿泊施設、国外では24万以上のホテルや施設、さらにインド鉄道やインドの大手バス会社すべてとも提携している。

昨年1月には、NASDAQ 上場の Ctrip.com が転換社債を通じて1億8,000万米ドルを MakeMyTrip に投資している

インドのオンライン旅行予約業界は、Yatra.comCleartrip、そしてソフトバンクが出資する格安ホテルのスタートアップ OYO Rooms など多くの競合がひしめき合っている状態だ。OYO Rooms はソフトバンクのリードで2億5,000万米ドルを調達する予定だと報道されている。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

中国のオンライン旅行業者大手Ctrip(携程)が、インドの同業大手MakeMyTripへ1億8,000万米ドルを出資

SHARE:

地球上で最も人口の多い2つの国を合体させたら、何ができるだろう? 答えは巨大な旅行市場だ。中国のオンライン旅行業者大手 Ctrip(携程、NASDAQ: CTRP) による直近の投資についての話題だ。同社は、インドのMakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)に対して、転換社債を利用した1億8,000万米ドルの投資を行うと本日(原文掲載日:1月8日)発表した。この合意によって Ctrip は、…

CC BY-NC-SA 2.0 via Flickr by Xiangrui HUANG
CC BY-NC-SA 2.0 via Flickr by Xiangrui HUANG

地球上で最も人口の多い2つの国を合体させたら、何ができるだろう? 答えは巨大な旅行市場だ。中国のオンライン旅行業者大手 Ctrip(携程、NASDAQ: CTRP) による直近の投資についての話題だ。同社は、インドのMakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)に対して、転換社債を利用した1億8,000万米ドルの投資を行うと本日(原文掲載日:1月8日)発表した。この合意によって Ctrip は、MakeMyTrip の発行済株式総額の26.6%までを市場で購入する権利が与えられることになる(転換社債に変換可能な株式を含む)。

取引が成立すれば、この中国企業は MakeMyTrip の役員会に名を連ねることにもなる。

当然、これは単に資本面だけの話ではない。両社は事業面でも協力を深めようとしている。Ctrip CEO のJames Liang(梁建章)氏は、プレスリリースの声明の中で次のように伝えた。

今日の発表は、Ctrip と MakeMyTrip の戦略的な関係の始まりを意味するものです。

Ctrip は今回の投資によって、急激に成長するインドのオンライン旅行市場への参入を図るつもりだ。そして MakeMyTrip も同様に巨大な中国のオンライン旅行ビジネスへ寄せる期待は大きい。

もう1人の勝者(そして敗者)

この取引は、Ctripの筆頭株主 のBaidu(百度)と、過去数年にわたってCtrip に10億米ドルを超える資金を投入し、この中国企業の大部分を所有しているアメリカの旅行会社 Priceline に対しても、インドへのコネクションをもたらすことになる。

他にも恩恵を受けるものがいる。複雑な取引によって、Ctripは中国市場における競合 Qunar(去哪)の実に45%を所有し、今年の初めには競合相手の eLong(芸龍)の資本の大部分を買い占めた。この取引は、もし Ctrip がその関係強化を意図して Qunar と eLong に新たなインドとの取引を分け合うと決めたとすると、これら2つの会社に影響を与える可能性もある。

これまで激しい競争が繰り広げられてきた中国の旅行市場は、明らかな勝者を生み出そうとしている。Ctrip にはまだ Tuniu(途牛)とLY(同程)という地元の強力な競合相手がいる。しかし、Qunar とeLongとの関係や、それと同じように良好な Priceline、Expedia、そして今回の MakeMyTrip との世界的な協調関係によって、Ctrip は勝利への独走態勢を築こうとしているかのようだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

インドのオンライン旅行サービス最大手「Makemytrip」のiPhone版アプリがついに登場

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 インドのオンライン旅行サービス最大手Makemytrip(NASDAQ:MMYT)がついにiPhoneアプリをローンチした。Android版は2ヶ月前にすでにローンチされていたが、これでiPhoneユーザもスマートフォンからMakemytripにアクセスし、料金比較、フライト予約、旅行日程の管理やフライトスケジュールの確認などができるようになった。 iPho…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インドのオンライン旅行サービス最大手Makemytrip(NASDAQ:MMYT)がついにiPhoneアプリをローンチした。Android版は2ヶ月前にすでにローンチされていたが、これでiPhoneユーザもスマートフォンからMakemytripにアクセスし、料金比較、フライト予約、旅行日程の管理やフライトスケジュールの確認などができるようになった。

iPhone版のローンチはMakemytripのオフィシャルサイトで発表され、同社は「インドのオンライン旅行会社でApp StoreにiPhoneアプリがあるのは当社だけ」と述べている。残念ながらiPad版はないし、このiPhone版も「万人向け」というわけではない。Makemytripアプリには、BlackBerry版やスマートフォン向けに最適化した一般のモバイルウェブサイトもあり、インドの中流〜上流階級層のほぼ全体をターゲットにしている。

iPhone版は、クレジットカード、デビットカードおよびネットバンキングなどのオンライン決済の安全性を保証している。Makemytripは、豊かな消費者層をターゲットにしているので、インドeコマース業界全体の発展を妨げている電子決済問題の影響を受けずに済む。最小限のソーシャル機能もあり、同アプリ内からFacebookやTwitterに投稿することも可能だ。

iPhone版Makemytripの入手はiTunes Storeで。そして、ローンチされてまだ間もないAndroid版はGoogle Playでダウンロードできる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------