タグ Makuake

安価なデスクトップ型CNCフライス「KitMill Qt100」

SHARE:

メカトロニクス関連の製品を扱う「株式会社オリジナルマインド」は、デスクトップ型CNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」を開発した。同製品はクラウドファンディングサイトのMakuakeにて、目標の100万円を大きく上回る、320万円以上の資金調達に成功するなど、注目を集めている。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに…

KitMill QT100

メカトロニクス関連の製品を扱う「株式会社オリジナルマインド」は、デスクトップ型CNCフライス「KitMill Qt100組み立てキット」を開発した。同製品はクラウドファンディングサイトのMakuakeにて、目標の100万円を大きく上回る、320万円以上の資金調達に成功するなど、注目を集めている。

KitMill Qt100

CNCは、材料を削り取っていき造形していく造形方法だ。材料を積層していく形式の3Dプリンタよりも、材料の持つ特性を活かした部品を作ったり、なめらかな表面の仕上がりで造形することができる。

KitMill Qt100」は、このCNCを行う、デスクトップ型のCNCフライスだ。
サイズは、383.2mm×356.3mm×348.6。重さは14.9kgとコンパクト。材料を設置するテーブルサイズは、150mm × 100mmで、樹脂、FRP、木材、アルミ合金全般、真鍮といった材料が加工可能だ。

KitMill Qt100

KitMill Qt100

なめらかな表面の猫のオブジェクトを削り出すことができたり、精度も高く、強固な部品も作れるという。

KitMill Qt100

本体のカラーバリエーションは5色。「Qt100」という型番にちなんでいるかは不明だが、キュートなカラーがクリエイターの制作環境にマッチしそうである。

この「KitMill Qt100」、完成品の販売はなく、組み立てキットを購入して自分で組み立てる必要がある。

組み立てキットの販売予定価格は、198,000円(税込)。発売は2015年8月を予定している。すでに3Dプリンタを持っている人などは、20万円を切る価格で手に入るCNCフライスで、ものづくりの幅がますます広がりそうだ。



BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


お風呂で運動しデータを記録できるデバイスが登場ーー横浜市とMakuakeの連携がきっかけに

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Makuake」に新しいプロダクトが登場しました。「furost」は、お風呂の中で運動し、そのデータをアプリで記録できるというもの。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 開発するのは、コレッドというものづくりベンチャーで、ヨーロッパのジムで人気のある水中フィッ…

makuake

クラウドファンディングサイト「Makuake」に新しいプロダクトが登場しました。「furost」は、お風呂の中で運動し、そのデータをアプリで記録できるというもの。



開発するのは、コレッドというものづくりベンチャーで、ヨーロッパのジムで人気のある水中フィットネスバイクを、日本のお風呂で簡単に再現できないか、という発想から今回のプロダクトは生まれました。

コレッドは横浜で創業したベンチャー。以前、本誌でも記事にした横浜市とMakuakeによる連携がきっかけとなり、Makuakeでプロジェクトを掲載することになったそうです。

関連記事

今回、コレッドがクラウドファンディングで集めた資金は、量産時の金型費用の一部として使用されます。

クラウドファンディングと地方の行政との連携は進んできました。今回の事例のように、その連携をきっかけに生まれてくるプロジェクトが増えていくことが期待されます。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


IAMASから生まれたIoTな枡「光枡」の開発資金を募るクラウドファンディングがスタート

SHARE:

岐阜県の大垣市にIAMAS(情報科学芸術大学院大学)という大学院大学がある。著名なクリエイターも輩出しているこの学校から、新しいプロダクトが登場した。 登場したのは、LEDライトを活用した「光枡」。スマートフォンから専用アプリを通じて操作することで、複数のパターンで光らせることができるプロダクトだ。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベン…

hikaru masu

岐阜県の大垣市にIAMAS(情報科学芸術大学院大学)という大学院大学がある。著名なクリエイターも輩出しているこの学校から、新しいプロダクトが登場した。

登場したのは、LEDライトを活用した「光枡」。スマートフォンから専用アプリを通じて操作することで、複数のパターンで光らせることができるプロダクトだ。

「光枡」は本日からMakuakeでクラウドファンディングプロジェクトをスタート。量産に向けて資金を募っている。



「光枡」のチームは2013年9月、IAMASの小林茂教授と、卒業生たちがその周辺で創業したベンチャーたちが主催した新商品開発を目指すアイデアソン・ハッカソンで結成された。枡をどうしても光らせたかったチームメンバーが、ある日突然自宅で枡を改造し、試作品を持ってきたのが始まりだという。

ものづくりは大橋量器、デザインと撮影制作はサンメッセ、ハードウェアはトリガーデバイス、プロジェクト管理とソフトウェアをパソナテックがそれぞれ担当している。

アイデアソンやハッカソンの後、プロトタイプを作り、それを製品化まで進めようという動きは興味深い。日本の地域には技術力を持った企業が数多く存在している。

彼らが発想を形にし、クラウドファンディングという場所を使って全国から資金を募るというやり方が広まると、各地から面白いプロダクトが登場するようになっていくのではないだろうか。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Kickstarterで約2,000万円を調達ーー美しい風景へのスマートな窓「Atmoph Window」がMakuakeに登場

SHARE:

5月終わりに、京都発のスタートアップが手掛ける「Atmoph Window(アトモフ・ウィンドウ)」のKickstarterプロジェクトについてお伝えしました。Atmoph Windowは、世界の風景を描き出すことで、空間に開放感をもたらしてくれるデジタルな窓です。 Kickstarterでは、最終的に353人の支援者から約16万ドル(約2,000万円)の資金調達に成功。Atmoph Window…

Atmoph-Window-by-your-desk

5月終わりに、京都発のスタートアップが手掛ける「Atmoph Window(アトモフ・ウィンドウ)」のKickstarterプロジェクトについてお伝えしました。Atmoph Windowは、世界の風景を描き出すことで、空間に開放感をもたらしてくれるデジタルな窓です。

Kickstarterでは、最終的に353人の支援者から約16万ドル(約2,000万円)の資金調達に成功。Atmoph Windowのプロジェクトが成功した時点で、日本からKickstarterのテクノロジーカテゴリーに掲載されたプロジェクトは37個。その中で、この達成額は歴代1位の記録とのこと。

日本からの反響にも応えるために、この度「Makuake」でのプロジェクトも開始しました。例えば、早割特別価格の支援プランでは、一般販売予定価格 84,000円のところを、約23%OFFの65,000円で入手できます。製品は、2016年3月中に手元に届く予定。

Atomph Windowの紹介動画は下記をご覧ください。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クラウドファンディングサイトMakuakeがプロジェクト実行者向けに分析機能を追加

SHARE:

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」が本日からプロジェクトの実行者向けに「Makuakeアナリティクス」機能の提供を開始した。 「Makuakeアナリティクス」機能は、実行者が自身のプロジェクトページのPV数、サポーターの流入元、支援時の決済手段、利用デバイス、サポーターの属性(性別、年齢、居住地、職業)などを確認することが可能だ。この分析結果は、プロジェクト実施期間終了後も閲…

71_press_01

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」が本日からプロジェクトの実行者向けに「Makuakeアナリティクス」機能の提供を開始した。

「Makuakeアナリティクス」機能は、実行者が自身のプロジェクトページのPV数、サポーターの流入元、支援時の決済手段、利用デバイス、サポーターの属性(性別、年齢、居住地、職業)などを確認することが可能だ。この分析結果は、プロジェクト実施期間終了後も閲覧可能。取得した支援者のデータを、その後のビジネスにも活用できるようにしている。

クラウドファンディングサイトとしては、「CAMPFIRE」が2013年にアクセス解析機能「インサイト」を実装している。

関連記事

これまでしばしば取り上げてきたが、「Makuake」では企業が新製品の発売前にテストマーケティングを兼ねてクラウドファンディングを利用する例も多い。マーケティング目的でクラウドファンディングを利用するとなれば、分析機能は必須だ。

この機能の実施により、マーケティングを目的にMakuakeを利用する人はさらに増えるのではないだろうか。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クラウドファンディングサイト「Makuake」に掲載されたプロダクトが伊勢丹新宿本店に展示

SHARE:

サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」が、三越伊勢丹ホールディングスと共同で「Makuake」に掲載されたプロダクトを伊勢丹新宿本店に展示する取り組み「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」を2015年5月20日より開始すると発表した。 このプログラムの開始に合わせて、2015年5月20日には特設ページが…

makuake isetan

サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」が、三越伊勢丹ホールディングスと共同で「Makuake」に掲載されたプロダクトを伊勢丹新宿本店に展示する取り組み「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」を2015年5月20日より開始すると発表した。

このプログラムの開始に合わせて、2015年5月20日には特設ページが「Makuake」内に設置される。実施中のクラウドファンディングプロジェクトのプロトタイプが百貨店に展示されることは、日本で初めての事例だという。

海外ではクラウドファンディングサイト「Kickstarter」から生まれたプロダクトがMoMA design storeに並ぶなど、クラウドファンディングと店舗が連動した事例がある。

「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」は「支援決定前にプロダクトに触れたい」というユーザーの声に答えたもの。

このプログラムがスタートすると、「Makuake」に掲載されている服飾・衣類・サービスに関するプロジェクトのプロトタイプが伊勢丹新宿本店に展示され、展示場所を訪れたユーザは実際にプロダクトを手にとってから、プロジェクトを支援できるようになる。

伊勢丹新宿本店に展示されるためは、2015年8月26日にはクラウドファンディングのプロジェクトが開始しており、プロトタイプであることが条件となる。

リターン品がプロダクトであるような、購入型のクラウドファンディングプロジェクトであれば、実際にモノを見ることができるこうした展示は有効だろう。

今回のプログラムは、新宿伊勢丹本店を訪れるこれまで「クラウドファンディング」を知らなかった人達にも、この仕組みが認知されるきっかけとなるはずだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Makuakeと城北信用金庫が連携、地域企業の挑戦をクラウドファンディングでサポートする「NACORD」が始動

SHARE:

本日、サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」が、城北信用金庫と連携を発表した。今回の連携により、クラウドファンディングを活用して地域企業のチャレンジを支援する「NACORD(ナコード)」が始動する。 城北信用金庫は「Makuake」内に専用の特設ページ「NACORD(ナコード)」を設け、全国の信用金庫にも本ページの利用を呼びかけること…

NACORD

本日、サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」が、城北信用金庫と連携を発表した。今回の連携により、クラウドファンディングを活用して地域企業のチャレンジを支援する「NACORD(ナコード)」が始動する。

城北信用金庫は「Makuake」内に専用の特設ページ「NACORD(ナコード)」を設け、全国の信用金庫にも本ページの利用を呼びかけることで、全国の地域・中小企業の活性化にも活かしていく考え。

地域企業の新規事業などを支援

「NACORD」では、地域企業の新規事業などのチャレンジをクラウドファンディングで支援する。事業規模の小さい企業は、実績も少ないことなどから融資も受けにくく、新たな事業に取り組みにくい一面があった。

クラウドファンディングをうまく活用することは、こうした地域の企業が新たなチャレンジをする際に有用だ。Makuakeに掲載され、1000万円以上を集めたデザイン性の高いLED電球「Siphon」のプロジェクトは、名古屋の中小メーカービートソニックの新規事業だった。

今回、城北信用金庫がMakuakeと連携することで、地域企業をサポートする新たな機能を手に入れる。さらに、プロジェクトが成功すればその実績をもとに、融資判断の参考にすることも可能になる。

Makuakeはこれまでにも横浜市や神奈川県と連携し、中小企業のクラウドファンディング活用を支援してきた。今回、信用金庫と連携し、クラウドファンディングの成功が次の融資などへとつながりやすくなったことは、地域の中小企業を支援していく上で大きな一歩となるのではないだろうか。



BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Makuakeとクラウドワークスが連携、プロジェクト実行者がクラウドソーシングでクリエイターに発注しやすく

SHARE:

クラウドファンディングサービス「Makuake」を運営するサイバーエージェント・クラウドファンディングが、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスと連携した。 この連携は、「Makuake」のプロジェクト実行者に対して「クラウドワークス」を利用したクラウドソーシングの活用を提案し、サポートをするというもの。連携のスタートに合わせて、特設サイトもオープンしている。 ニ…

makuake crowdworks

クラウドファンディングサービス「Makuake」を運営するサイバーエージェント・クラウドファンディングが、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスと連携した。

この連携は、「Makuake」のプロジェクト実行者に対して「クラウドワークス」を利用したクラウドソーシングの活用を提案し、サポートをするというもの。連携のスタートに合わせて、特設サイトもオープンしている。

「Makuake」でのプロジェクト実施に際して必要となる、募集原稿の作成/動画撮影・編集/写真撮影・編集などの業務や、エンジニアやデザイナーをはじめとした人材を集めることに関して、「クラウドワークス」に登録している人材の中から選出し、提案を行う。

クラウドファンディングプロジェクトの成功確率を上昇させる上で、原稿の作成、動画や画像の質などは不可欠だ。だが、プロジェクトの実行者が単独でこうした人材を集めることは困難な上、コストもかかる。

こうした課題をクラウドソーシングで解決しようという取り組みは、多くの実行者にとって有益だと考えられる他、クラウドソーシングに登録している人々にとっても、案件が発生する可能性が増えるため、クラウドソーシング側にとってもメリットがあると考えられる。

制作費はバナー制作2,000円〜、写真撮影15,000円〜、インタビューとテキスト制作30,000円〜、動画制作50,000円〜、フルパッケージで100,000円〜となっている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


安全に使える光造形3Dペン「Polyes Q1」が日本に上陸、Makuakeで資金調達を開始

SHARE:

以前、本誌ではKickstarterで多大な人気を集めた、3Dプリントペン「Polyes Q1」を紹介した。 「Polyes Q1」はフォトポリマー(光硬化性樹脂)を材料として採用しており、LEDの光で硬化する仕組み。従来の3Dプリントペンは熱でABS やPLAといった材料を溶かして使用する製品が多かったが、「Polyes Q1」熱を発しない為、不快な臭いが発生せず、火傷の心配が無いことから、安全…

makuake

以前、本誌ではKickstarterで多大な人気を集めた、3Dプリントペン「Polyes Q1」を紹介した。

「Polyes Q1」はフォトポリマー(光硬化性樹脂)を材料として採用しており、LEDの光で硬化する仕組み。従来の3Dプリントペンは熱でABS やPLAといった材料を溶かして使用する製品が多かったが、「Polyes Q1」熱を発しない為、不快な臭いが発生せず、火傷の心配が無いことから、安全に使用することが出来る。



子どもでも安全に利用できる3Dプリントペンとして注目を集めた「Polyes Q1」が、日本に上陸した。本日より、クラウドファンディングサイトMakuakeにて資金調達を開始している

Makuakeは過去にもRaspberry Piの組み込みも可能な人型模型ロボット組み立てキット「RAPIRO」が、Kickstarterでの資金調達に成功した後、資金調達を行った実績がある。

「RAPIRO」は日本発のプロダクトだったが、今回のプロジェクトは海外から生まれたもの。海外発のプロダクトが、日本に入ってくる際の入り口としてクラウドファンディングサイトが利用される動きは興味深い。

リターンには法人向けのプランや、年間売上の2%を返してもらうというパートナーシッププランも用意されている。こちらのリターンの設計にも注目だ。目標金額は200万円。期間は残り34日間となっている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


MakuakeとデジハリがIoTプロダクトの開発を支援するプロジェクトを実施、プロトタイプ開発費用の助成も

SHARE:

サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake」は、デジタルハリウッド大学大学院と連携して、本大学院在籍生・修了生を対象としたIoT関連のプロダクトを開発するクリエイターを育成する「アイデア実現支援プロジェクト」を本日より開始する。 「アイデア実現支援プロジェクト」は、デジタルハリウッド大学院が実施する特別カリキュラムと、「Makuake」のサポ…

9992_ext_03_0

サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake」は、デジタルハリウッド大学大学院と連携して、本大学院在籍生・修了生を対象としたIoT関連のプロダクトを開発するクリエイターを育成する「アイデア実現支援プロジェクト」を本日より開始する

「アイデア実現支援プロジェクト」は、デジタルハリウッド大学院が実施する特別カリキュラムと、「Makuake」のサポートを組み合わせることで、IoTプロダクトを開発しようとする人々を支援しようという開発支援プログラム。

カリキュラム受講者は、デジタルハリウッド大学院在籍生・修了生から選抜され、開発資金、メンタリング、クラウドファンディングでのプロモーション支援などの支援を受けることが可能となる。

プロトタイプの開発費用としては最大100万円が助成されるほか、技術的なサポートを受けることも可能だという。制作されたプロトタイプは「Makuake」に掲載され、「Makuake」にてプロモーション面のサポートを受けつつ、プロダクトの制作費用を集めることができる。

今年の7月よりエントリーを開始し、審査が行われた後、受講者を決定。8月より支援が開始され、10月に「Makuake」に掲載される予定。2016年に開催されるデジタルハリウッド大学院優秀成果発表会「デジタルハリウッド大学大学院2015年度 DIGITAL HOLLYWOOD COLLECTION6th」 にて成果が発表される。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録