タグ MEDULLA

パーソナライズD2CサブスクのSparty、デット20億円含め41億円を資金調達——JIC-VGI、アカツキ、丸井から【内容更新あり】

SHARE:

<13日21時更新> 深山氏にインタビューを実施。一部追記し、全体の文章構成を変更しました。 ヘアケアブランド「MEDULLA(メデュラ)」、スキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」などを展開するパーソナライズ D2C サブスクリプションスタートアップの Sparty は13日、直近のラウンドで約21億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージ…

「MEDULLA(メデュラ)」
Image credit: Sparty

<13日21時更新> 深山氏にインタビューを実施。一部追記し、全体の文章構成を変更しました。

ヘアケアブランド「MEDULLA(メデュラ)」、スキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」などを展開するパーソナライズ D2C サブスクリプションスタートアップの Sparty は13日、直近のラウンドで約21億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明だが、シリーズ C 相当と推定される。また、りそな銀行、みずほ銀行、三菱 UFJ 銀行からは、デットファイナンス枠として約20億円が設定された。

このラウンドは JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ(JIC-VGI)がリード投資家を務め、アカツキ(東証:3932)と丸井グループ(東証:8252)が参加した。このラウンドは Sparty にとって、2020年1月に発表したラウンド(シリーズ B ラウンドと推定)に続くもので、アカツキと丸井グループは、同ラウンドに続く今回の参加となる。エクイティファイナンスに限った累積調達金額は、これまでに開示されているものだけで26億円に達した。

Sparty は2017年5月、博報堂や大手通信メーカー出身の深山陽介氏により創業。2018年5月、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向けサブスクブランド MEDULLA をローンチした。MEDULLA の累計会員数は今年7月現在、35万人を突破している。昨年5月には、スキンケアブランド HOTARU PERSONALIZED をローンチ、今年4月には表参道にジムを開設しボディメイクブランド「Waitless」をローンチした。

BRIDGE の取材に対し深山氏は、MEDULLA、HOTARU PERSONALIZED、Waitless という3つのブランドを成長させることが現在の至上命題であるとした。そのために、同社では今回調達した資金を使って、2022年6月までに200名規模へ向けた採用強化や各パーソナライズブランドの認知向上を目指した広告展開、幅広いマーケティング活動への投資を行う計画だ。また、次の事業戦略として、「SPARTY made to order STORE」というポータルサイトを視野に入れているという。

SPARTY made to order STORE は、言わばオンラインの百貨店で、Sparty が他社と共同で製作したブランドやここでしか買えない独自ブランドが提供され、パーソナルエージェントとのやりとりを通じて、ユーザにとっての最適商品が提案されるというもの。ユーザ自らが商品を選んだり、レコメンドされたりすることもなく、「あなただけの商品」が半ば自動的に提示されるこの体験はカンバセーショナルコマースと呼ばれ、日本においても海外においても、この分野の覇者はまだ存在しないと見られる。

深山氏によれば、美容業界全体がパーソナライゼーションに向かっていて、市場全体が盛り上がっている状態にあるという。論より証拠、資生堂は「Oputune(オプチューン)」、POLA は「APEX(アペックス)」というパーソナライゼーションブランドをローンチしているし、スタートアップ関連で言えば、女性向けカスタマイズサプリメントのサブスク「FUJIMI(フジミ)」運営のトリコが今年2月、ポーラ・オルビスホールディングス(東証:4927)に36億円で買収されたのは記憶に新しい。

視線を海外に向けても同じようなトレンドが見受けられる。カスタマイズ可能なヘア・スキン・ボディケア製品スタートアップの Function of Beauty は昨年12月、米仏系 PE ファーム の L Catterton から1億5000万ドルを調達した。中国コスメブランド「Perfect Diary(完美日記)」を運営する Yatsen Holding(逸仙控股)は昨年11月、最大1億米ドルの調達を目指してアメリカでの IPO を申請した

こういった美容やスキンケア業界への期待感から、Sparty には海外投資家や有名美容ブランドなども関心を示している。今回ラウンドに海外勢の顔ぶれは見当たらないが、本ラウンドのエクステンションか次ラウンドでの出資参画は十分ありえるだろう。今回調達を受けて Sparty は海外進出の準備に着手することも表明しており、サブスク EC を受け入れられやすい素地のある中国の都市部や台湾、シンガポールを中心とした東南アジアなどへの展開の可能性が考えられる、とのことだった。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


パーソナライズヘアケアのD2Cサブスク「MEDULLA(メデュラ)」運営が約6億円を調達——丸井、XTech Ventures、アカツキ、JINSから

SHARE:

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は23日、直近のラウンドで約6億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドに参加したのは、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)、ジンズホールディングス(東証:3046)。 Sparty にとっては、2018年3月に実施…

Sparty のメンバー。中央が代表の深山陽介氏
Image credit: Sparty

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は23日、直近のラウンドで約6億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドに参加したのは、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)、ジンズホールディングス(東証:3046)。

Sparty にとっては、2018年3月に実施した、ジンズホールディングス、XTech Ventures、アカツキからの調達に続くものとなる。なお、Sparty はこれまでに、同社が商品生産を委託するサティス製薬やアイスタイル(東証:3660)からも調達している。累積調達額は不明。

MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランド(D2C サブスク)だ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩み、なりたい髪質など質問に答えると、ユーザ毎に処方されたヘアケア製品が定期的に送られてくる。2018年5月にローンチ後、ユーザは20代後半から30代前半の女性を中心に8万人にまで拡大。現在では月1万人のペースで成長しているという。

<関連記事>

MEDULLA は E コマースが持つ「購入前に試せない」という弱点を克服すべく、顧客とのタッチポイントとなるヘアサロンと提携。OMO ストア、デジタルネイティブストアの展開に積極的な丸井グループと協業し、有楽町マルイでは MEDULLA が体験できる期間限定店舗を昨年5月に開設していたが、今年3月以降はこれを常設店とすることになった。また、2月28日には東京・渋谷ヒカリエ ShinQs B1、3月11日には大阪・阪急うめだ本店8Fにも店舗を開設する。ジンズやアカツキとは協業の予定は無いが、両社の代表者が共に、Sparty 代表の深山陽介氏にとって創業時からの理解者であり相談相手だそうだ。

サロンも MEDULLA にとって重要なチャネルだが、サロンは人起点(=美容師)での販売となる。店舗を持つことで、自分たちのブランドを自分たちで展開できることから、顧客獲得と CRM の両方に寄与できるだろう。(深山氏)

伊藤千晃氏と MEDULLA のコラボ商品
Image credit: Sparty

成分を自由にカスタマイズできる商品特性を生かし、Sparty は今後、アーティストとコラボしたブランドという新しい展開を行う。その第一弾がエイベックス・マネジメント所属で、元 AAA(トリプルエー)メンバーの伊藤千晃氏とのコラボ商品だ。MEDULLA のウェブサイトと有楽町マルイの MEDULA 店舗で1月20日から購入可能。伊藤氏とのコラボを皮切りに、同社では今後、タレントやアーティスト、キャラクタとコラボしたヘアケア商品を発表する予定。また、ヘアケアからスキンケア商品に進出予定もあるそうだ。

同社は、昨年10月に開催された B Dash Camp Fall 2018 in 福岡で、準優勝とレクサス賞を獲得している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


パーソナライズヘアケアの「MEDULLA(メデュラ)」がリニューアル——髪の悩みに3万通りの処方で対応、商品体験のタッチポイントを増強へ

SHARE:

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は11日、東京・青山の INTERSECT by LEXUS でイベントを開催、MEDULLA のリニューアルを発表した。 MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランドだ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩…

「MEDULLA」のリニューアルを発表する Sparty 代表取締役の深山陽介氏
Image credit: Masaru Ikeda

パーソナライズヘアケアの D2C ブランド「MEDULLA(メデュラ)」を展開する Sparty(スパーティー)は11日、東京・青山の INTERSECT by LEXUS でイベントを開催、MEDULLA のリニューアルを発表した。

MEDULLA は、髪質や髪の毛の状態に合わせて、シャンプーやトリートメントをカスタマイズできる女性向け定期購入ブランドだ。ユーザがスマートフォンから、頭皮や髪の悩み、なりたい髪質など質問に答えると、ユーザ毎に処方されたヘアケア製品が定期的に送られてくる。

以前のピッチでは、ヘアケア製品の処方バリエーションは100種類以上、購入前体験できる提携サロンの数は東京都内に6カ所としていたが、今回イベントでは処方のバリエーションが3万種類以上、提携サロンの数も14カ所にまで増えたことが明らかになった(スマートフォンでのユーザへの質問数は7種類から9種類に増えたが、その分、より最適化された処方が可能になったようだ)。

「MEDULLA」のシャンプーやトリートメント
Image credit: Sparty

これを可能にしたのは、Sparty が昨年実施した、製造を委託する化粧品 OEM メーカーのサティス製薬との資本業務提携だろう。サティス製薬に150名いるとされる製造専門家の力を Sparty は自らのアセットとすることで、MEDULLA をよりユーザの希望に合った細かい対応が可能なブランドへと成長させた。

E コマースが持つ「購入前に試せない」という弱点を克服すべく、同社では今後、MEDULLA が体験できる提携サロンに頭皮環境計測システムを導入、MEDULLA アンバサダーとして顧客とのタッチポイントとなるサロンの美容師を現在の43人から年内に5,000 人以上にまで増やす計画だ。また、pop-up store として、4月12日〜4月24日にマルイシティ横浜で、5月24日にマルイシティ有楽町にショールーム体験型店舗が開設される。このうち、マルイシティ横浜については、レジ精算不要のユーザ体験が提供される。

イベント会場には多分野のメディアが招かれていた。
Image credit: Masaru Ikeda

今回のイベントは、Sparty が2018年10月に開催された「B Dash Camp Fall 2018 in 福岡」の Pitch Arena で、LEXUS 賞の副賞として獲得した、LEXUS 支援によるイベント主催権を行使したもの。「D2C Brand Showcase 2019SS」と題されたこのイベントには、Sparty をはじめ、D2C(Direct to Consumer)ブランドを展開するスタートアップ10社が一堂に会しピッチを行なった。会場には投資家やメディアが招かれたが、一般的なスタートアップイベントとは参加者のクラスタが少々異なり、ファッション・コスメ・グルメ関連の関係者も多かったようだ。

イベントでは、前出のサティス製薬に製造依頼しスキンケアブランド「ユアンジュ」を展開するモテクリエイターのゆうこす(菅本裕子)氏、The Breakthrough Company GO の PR/Creative Director 三浦崇宏氏、サティス製薬代表の山崎智士氏らが登壇し、パネルディスカッションも展開された。典型的な通販との大きな違いとして、D2C は製品が企画段階から出来上がっていくまでの工程を SNS などを使ってユーザに見せたり、商品考案の過程にユーザを巻き込んで〝体験を生み出す共犯者〟にしたりするなど、新たな波になりつつあることが紹介された。

サブスクリプションサービスと商品カスタマイズは、EC 大手との差別化という観点からもスタートアップが強みを生かせる分野かもしれない。あらゆる分野で OEM を手がけるメーカーが増えていることも、これを後押しする一因となっている。アメリカでは昨年、女性向けカスタマイズサプリのサブスク「care/of」が2,900万米ドル、カスタマイズヘアケアのサブスク「Prose」が1,800万米ドルを調達。日本では、女性向けカスタマイズサプリメントのサブスク「FUJIMI(フジミ)」運営のトリコが3,000万円を調達したのは記憶に新しい。

The Breakthrough Company GO の 三浦崇宏氏、ゆうこす(菅本裕子)氏、サティス製薬代表取締役の山崎智士氏
Image credit: Masaru Ikeda

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録