BRIDGE

タグ Meitu(美図)

爆発的成長を続ける、中国のオリジナルショートムービー市場

SHARE:

中国で人気の動画撮影・共有アプリ Miaopai(秒拍) は、2015年後半では一日あたりの再生回数が5億1,000万回だったのが17億回を超えたという。一日あたりの動画アップロード数も、15年後半の100万から150万へと増加した。 同アプリの成長は、Twitter の中国版人気ソーシャルメディア Weibo(微博)と Miaopai の親会社 Yixia Technology(一下科技)の戦略…

miaopai_featuredimage
Image credit: Miaopai(秒拍)

中国で人気の動画撮影・共有アプリ Miaopai(秒拍) は、2015年後半では一日あたりの再生回数が5億1,000万回だったのが17億回を超えたという。一日あたりの動画アップロード数も、15年後半の100万から150万へと増加した。

同アプリの成長は、Twitter の中国版人気ソーシャルメディア Weibo(微博)と Miaopai の親会社 Yixia Technology(一下科技)の戦略的投資によって加速している。

この一年、Weibo からは動画視聴回数の莫大な増加が報告されており、2015年第3四半期では前年比9.7倍の増加が確認された。一日あたりの平均動画視聴回数は今年度第1四半期には4億7,000万回に達し、第2四半期でも引き続き235%の成長が確認されている。

別のショート動画投稿アプリ Meipai(美拍) では6月に1億4,100万人のアクティブユーザ数が記録された。同社によると、平均して一人一日当たり32分間の使用だという。2014年5月のローンチ以降6月時点までで、計4億3,000万の動画がアップロードされている。

中国本土では YouTube が長きに渡りブロックされており利用できない状態であるが、その地位を代わりに占めるものは未だ確立されていない。YouTube を模した多くの中国サイトでは初期の頃からユーザが作成した動画の投稿が可能で、その後広告に基づいたレベニューシェアリング仕様が確立されたものの、ユーザ作成型動画ビジネスは視聴者・収益創出どちらの観点から見ても未だ価値のあるものではない。中国市場に参入していくために、これらのサイトは Hulu に近い形でテレビ番組や映画、また最近ではオリジナル番組へと方向を転換してきている。

中国版 YouTube もやがては開設されるだろうが、その活躍の場は主にモバイル上になるだろうと考えられている。Miaopai と Meipai はモバイルアプリとして2013年、2014年にそれぞれ誕生した。Weibo の第2四半期における月間アクティブユーザの89%はモバイル上で同サービスにアクセスしており、その広告収入も68%がモバイル経由で生じている。Tencent(騰訊)の人気ニュースポータルサイト QQ.com も、同サイトでの2016年夏季オリンピック視聴の75%はモバイルによるものだったと報じている

マネタイズはいまだアーリーステージ

meipai-screenshot1
Meipai(美拍) Image credit: Meipai

YouTube は2010年に一日あたりの再生回数が20億回に達する前の2009年時点で2億4,000万米ドル余りの収益を得ていると見積もられていた。一方、中国のショート動画プラットフォームはマネタイズ化の努力を始めたばかりだ。

Yixia Technology の CEO である Han Kun(韓坤)氏は、Miaopai が2015年後半より複数のマーケティングキャンペーンを通じて収益を獲得し始めたことを、とあるインタビューで語っている。同社シニア VP の Liu Zhengxin 氏も、同社のショート動画が将来的に得られる収益は主に広告収入によるものだろうとしている。

インターネット市場調査会社 iResearch によると、中国におけるオンライン動画広告市場は今年度第2四半期において前年比で48%増の84億元(約12億5,000万米ドル)規模に達しており、その60%以上がモバイル経由のものであるという。オンライン動画広告は今年初頭に初めて、中国におけるオンライン広告売上総計の10%を超えた。

しかし、現在のところ動画広告の大半は主要な動画サイトにある連続ドラマやクイズ番組といった長時間の動画内に置かれている。また、ショート動画やソーシャルプラットフォーム上で利用可能な動画広告の作成・挿入用のツールサービスといったものも存在していない。

一方、Meipai は別の方向へと向かっている。同アプリはこの6月、視聴者が動画投稿者に対して新たにバーチャルギフトを贈れる機能で収益を産出し始めた。実質上のチップ制度であるこのバーチャルギフトシステムは中国国内において幅広く応用可能なマネタイズ施策となっている。

Meipai の親会社は会員制サブスクリプションのようなユーザ向けサービスが新たな収入源になると考えている。また同社はファッション関連のインフルエンサーを活用していくため、2017年上半期中にソーシャルショッピングプラットフォームを加えることを計画している。

コスト面の話をすると、動画視聴の急激な成長は回線容量コストの急速な増加を意味するものでもある。また、中国の動画ストリーミングプロバイダは国内の規制を逸脱しないよう大量の検閲スタッフを雇用しなければならない。中国のショート動画やソーシャルプラットフォームは現在のところいかなる投稿者に対しても支払いを行っていない。

大手企業はベンチャーキャピタルによる資金で支援されている。Miaopai の親会社は2015年後半に2億米ドル規模のシリーズ D 資金調達ラウンドを発表した。Meipai の親会社 Meitu(美図)も複数のラウンドで資金を調達し、先ごろ香港証券取引所に IPO を申請した。

人気動画投稿者の出現

Miaopai における最新の月間視聴ランキング上位10アカウントのうち7つはここ24ヶ月のうちに登場したものである。

3位の Papi Jiang(Papi 醤)氏は同ランキングで唯一のインディペンデントなクリエーターだ。彼女の自作するミニトーク番組が中国のネット上で話題になった2015年後半、彼女は中国の一流演劇学校の大学院生だった。その後間もなく、彼女はオンラインマルチメディア制作会社 Luojisiwei(羅輯思維)および国内の VC 企業数社より資金を受けた。

Luojisiwei は今年初頭、彼女に向けた広告のオークションを開催し、2,200万元(およそ330万米ドル)の広告資金を得たと報じられている。Papi Jiang 氏は現在著名な中国人タレントエージェントとパートナーを組んでおり、つい先日誰でもオリジナル動画が投稿でき、また厳選した動画を自らのアカウントを通じてさまざまな動画・ソーシャルプラットフォーム上へとプロモーションすることが可能な Papitube をローンチした。

中国国内のインディペンデントな動画投稿者で彼女のようなトラクションを得た人は他にほとんど見つからない。ネット上で活躍する人を対象にマネジメントを行うタレント事務所 RedBang(紅榜)の設立者 Bob Ding(丁辰灵)氏は、YouTube 上の人気スターと中国のショート動画クリエーターの間には質・量ともにまだまだ大きな差があると考えている。RedBang は現在、Yixia Technology と共に中国初となる VidCon のようなカンファレンス「世界網紅大会」を開催しており、YouTube 上の人気スターを中国に呼び込み、中国国内のクリエーターが YouTube スターらから学びを得る機会を作ったりしている。

Papi Jiang 氏を除いた他の Miaopai のランキング上位10アカウントはすべてスタートアップにより運営されている。そして上位2アカウントを含むこれらスタートアップの大半は、この1年半の間に従来のメディア専門企業によって設立されたものだ。これら急成長を遂げる動画コンテンツのスタートアップはすべてベンチャーキャピタルによる投資を受けてきた。

現在では動画プラットフォームの広告収入からレベニューシェアを受けることは不可能であるが、ブランドマーケティングキャンペーンといった他のマネタイズ施策を試験的に始めているものもある。Miaopai のランキングで2位だった Yi Tiao(一条視頻)はさまざまな動画・ソーシャルプラットフォーム上のアカウントを通じてフィジカル商品の販売を始めている。

より多くのスタートアップや Papi Jiang 氏のようなクリエーターがショート動画市場に参入することができると考えられる。モバイル向けショート動画・関連サービスの発展のプロモーションのため、Weibo と Yixia Technology は2015年後半、1億米ドルの資金投入を共同で発表した。

従来の映画・テレビ番組制作会社から活字メディアの老舗に至るさまざまな分野から、何千もの企業がショート動画制作市場に参入しているとされている。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国の自撮りアプリ大手「Meitu(美図)」、香港証取でTencent(騰訊)以来最大規模のIPOとなるか?

SHARE:

香港証券取引所で史上二番目に大きい、テック業界のIPOを実現するのは、写真からニキビを消し、撮影後の写真に修正を施し、より細く明るく完璧な仕上がりにしてくれるフィルターを、スマートフォン・カメラに提供している企業になりそうだ。 中国を代表する自撮りアプリで、ハードウェア・メーカーの一つである Meitu(美図)は、Wall Street Journal 紙に語った情報筋によれば、今年第4四半期に香…

meitu-office-1
福建省アモイにある Meitu 本社(2016年3月、撮影:池田将)

香港証券取引所で史上二番目に大きい、テック業界のIPOを実現するのは、写真からニキビを消し、撮影後の写真に修正を施し、より細く明るく完璧な仕上がりにしてくれるフィルターを、スマートフォン・カメラに提供している企業になりそうだ。

中国を代表する自撮りアプリで、ハードウェア・メーカーの一つである Meitu(美図)は、Wall Street Journal 紙に語った情報筋によれば、今年第4四半期に香港での上場を模索しており、5億ドル〜10億ドル(約500億円〜1,000億円)の調達を希望しているという。

香港証取は2004年に上場し、15億香港ドル(当時のレートで約200億円)を調達した Tencent(騰訊)の規模の IPO を経験していない。

オンラインでリークしたイメージには、Meitu 代表者による IPO 申請書の表紙が映し出されており、8月19日付の香港証取の上場取扱部門の受領スタンプが押されている。Meitu はこの噂についてコメントを控えた。

meitu-office-2
福建省アモイにある Meitu 本社(2016年3月、撮影:池田将)

Meitu CEO の Cai Wensheng(蔡文胜)氏は、自ら学習して成長した起業家兼投資家で、中国の独立系ジャーナリストに対し、アメリカではなく香港で上場することで、多くいる Meitu の中華圏のユーザに近い関係でい続けることができるだろう、と語っている。

<関連記事>

今年3月、「戦略産業新興板(訳注:中国国務院が、戦略的新興産業の資金調達を目的として、上海証券取引所に設立を計画していた新市場)」が政府の計画から外される前までは、Meitu はそちらへの上場を好んでいたので、戦略産業新興板が立ち上がっていれば、香港は Meitu 上場の最初に噂が立つ場にはならなかったかもしれない。

meitu-office-4
福建省アモイにある Meitu 本社(2016年3月、撮影:池田将)

Meitu は上場後のバリュエーションは50億ドルを目指しており、これは、Meitu のような野心あふれる会社にとっては、野心あふれる数字だ。同社は創業からの8年で世界に7億人のユーザを獲得、中国語で文字どおり「美しい絵」を意味する Meitu として8つのセルフィーアプリや写真創作アプリを世に送り出しており、風景写真にアーティスティックな趣を加えたり、昔の映画のように見せるレトロ調を加えたりすることができる。

スマートフォンを2台、カメラも1台のほか、遠隔操作できるシャッターやセルフィー用の光源デバイスも発売している。アプリは無料なので、ハードウェアこそが同社にとっての稼ぎ頭だ。同社の製品は10代の自撮りジャンキー、女優やモデル志望者、ネットセレブにとってスタンダードになっている。

meitu-office-3
福建省アモイにある Meitu 本社(2016年3月、撮影:池田将)

アジアに限って言えば、日本のメイクアップ、韓国の美容整形、中国の写真加工など、若い女性達が持つ驚異的な力をからかっても構わないだろう。しかし今現在、これほどまでに史上から資金を集め、ユーザからの求愛を集められる自撮りアプリがあるだろうか。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

新興市場向けSNSのMigmeがMeitu(美図)から500万ドルを調達、InstagramとSnapchatの統合版を狙う

SHARE:

Migme(オーストラリア証取:MIG)は自社を新興市場向けの「デジタルメディア企業」と呼んでいるが、多くの側面を持っている。同社はソーシャルネットワークであり、チャットアプリであり、音楽を聴く場であり、セレブリティとつながる場であり、またゲームをプレイする場でもある。 これは、WeChat(微信)や LINE が膨大な顧客層に対して行っていることとある意味似ている。そして Migme は Sna…

当機能はMigmeで間もなく公開予定。
当機能はMigmeでまもなく公開予定。

Migme(オーストラリア証取:MIG)は自社を新興市場向けの「デジタルメディア企業」と呼んでいるが、多くの側面を持っている。同社はソーシャルネットワークであり、チャットアプリであり、音楽を聴く場であり、セレブリティとつながる場であり、またゲームをプレイする場でもある。

これは、WeChat(微信)や LINE が膨大な顧客層に対して行っていることとある意味似ている。そして Migme は Snapchat や Instagram のようにもなりたいようだ。同社は、中国でよく知られる写真とビデオ編集アプリ企業の Meitu(美図)から512万米ドルの資金を調達したと発表した。

Meitu の最有力アプリは MeituPic(美図秀秀)で、2015年2月時点で1億8,000万人の月間アクティブユーザを誇る。これは基本的には、実際の見た目よりも可愛く見せたい場合などに使える写真のタッチアップアプリだ。また、多数のフィルター、文字、エフェクトなどで写真のデコレーションもできる。

では、この資金調達と提携が双方にとってどう役に立つのだろうか? Migme にとっては、Meitu の製品が自社に統合されることになり、「Instagram や Snapchat に匹敵するユーザエクスペリエンス」を顧客に提供することを狙える。

ユーザのほとんどが中国国内にいる Meitu にとっては、海外ユーザの獲得が主な目的である。Migme の月間アクティブユーザ数は3,200万人で、多くはインドネシア、フィリピン、インドのユーザである。

プレスリリースによれば、Migme は両社のプラットフォームに「コンテンツシェア機能を導入」するという。また両社は「多言語化やマーケティング」も進めるという。

Migme の設立者 Steven Goh 氏は、同社の評価額が約1億200万米ドルであることから、Meitu が出資により手にするのは Migme の5%以下であると述べた。また、Migme にとって「今後統合される多数のコンテンツクリエーションアプリの最初の一つ」に過ぎないと語っている。

わずか数日前に Migme が発表したところによると、同社の売上は前年比525%増の870万米ドルに成長し、純損失は1,470万米ドルに下方修正した。同時に、同社のアクティブユーザは220%増加している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】