BRIDGE

タグ Meituan Dianping(美団点評)

中国のO2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)、最大50億米ドルを調達予定との噂【報道】

SHARE:

近々 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)が新たなラウンドで30億~50億米ドル相当の資金調達を計画しており、同社の企業価値が250億~300億米ドルに増えそうだと Bloomberg が匿名筋の情報をもとに報じている。同記事によれば、Meituan を長年支えてきた Tencent(騰訊)もラウンドに参加するという。 この新たな資金調達は、中国オフラインツーオンライン(O2O)市場…

近々 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)が新たなラウンドで30億~50億米ドル相当の資金調達を計画しており、同社の企業価値が250億~300億米ドルに増えそうだと Bloomberg が匿名筋の情報をもとに報じている。同記事によれば、Meituan を長年支えてきた Tencent(騰訊)もラウンドに参加するという。

この新たな資金調達は、中国オフラインツーオンライン(O2O)市場の征圧ゲームにおける Meituan-Dianping の立ち位置を強化することを意味する。主力事業の食品配送とグループ購入を含め、Meituan-Dianping は幅広いO2Oサービスを提供している。その他サービスにはチケット予約、配車、マイクロローン、ホームステイなどがある。

先週、Meituan-Dianping は「オフライン小売市場で最もアグレッシブな投資家になる」ことを計画していると発表した。「新たな小売業」に参入することで、同社は中国eコマースの2大巨頭である Alibaba(阿里巴巴)と JD(京東)の主戦場に殴り込みをかけている。オフライン小売用のものを含めサービスインフラの構築には、2016年はじめに調達した33億米ドルの資金から、まだ未使用の30億米ドル以上を充てる計画だと Meituan-Dianping は公表している。

新たな資金調達は、Meituan が食品配送サービスにおける競合他社に対してさらにアグレッシブなスタンスを取ることも意味し得る。競合には Alibaba が支援する Koubei(口碑)や Ele.me(餓了麼)などがおり、Ele.me は Alibaba とその金融関連企業である Ant Financial(螞蟻金融)から10億米ドルの投資を受ける予定だと6月に発表していた。競争が激化するこの食品配送ビジネスでは、規模の小さい企業は撤退を余儀なくされることを意味する。新たな報道によれば、Baidu(百度)の配送サービス Waimai(百度外売)は近々 Ele.me と合併するかもしれない、とのことだ。

これまでのところ、Meituan-Dianping は同社の最新資金調達の噂に関してコメントを発表していない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国のO2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)、Tencent(騰訊)の投資ラウンド撤退の噂を一蹴

SHARE:

中国 O2O の大手 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は、進行中の新たな投資ラウンドから筆頭株主の Tencent(騰訊)が撤退するという最近のメディア報道を否定した。そのような報道は誤りに満ちたものであり、Meituan の全体としての業績も損益分岐点に達し好調だとしている。 Meituan のシニア VP である Chen Shaohui(陳少暉)氏は、同社ではまだ新規資金調…

中国 O2O の大手 Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は、進行中の新たな投資ラウンドから筆頭株主の Tencent(騰訊)が撤退するという最近のメディア報道を否定した。そのような報道は誤りに満ちたものであり、Meituan の全体としての業績も損益分岐点に達し好調だとしている。

Meituan のシニア VP である Chen Shaohui(陳少暉)氏は、同社ではまだ新規資金調達ラウンドを開始しておらず、上場の計画もないと言う。従って「Tencent 撤退」との報道は実際の事実に基づくものではないとしている。

Tencent の M&A 部門ゼネラルマネージャーであるLin Haifeng(林海峰)氏も、撤退に関する報道は単なる噂に過ぎないと見ており、Tencent は顧客サービスのローカライゼーションおよび同部門における Meituan の継続中のビジネスプランの今後の見通しについて強気であると述べた。また、Tencent と Meituan が戦略的パートナーシップを強化してきたことも強調した。

噂では Tencent が、Meituan によって最近開始された新規資金調達ラウンドをリードせず、またその他中国国内の投資家らも投資に渋っているとされている。巨額の投資を必要とする Meituan がその目的を満たすために海外からの投資を検討し始めたことから、このように推測されるようになった。

報道によると、Meituan は主に業績不振によって冷遇されるようになり、よって投資家らは同 O2O サービスへの今後の投資を利益の見込めないものと見なすようになったという。加えて、Meituan の決済サービス部門への事業拡張も、噂されていた新規投資ラウンドから Tencent が撤退する理由であると言われていた。

Meituan は昨年9月、サードパーティ決済プロバイダである Qiandaibao(銭袋宝)の買収後、サードパーティ決済ライセンスを手に入れた。これは筆頭株主から独立性を得るための試みの一環であり、つまり筆頭株主である Tencent を激怒させる行為だと見なされた。Tencent はモバイル決済サービス Tenpay(財付通)を所有しており、市場シェア率37%と市場第2位の規模を誇っているからだ。Meituan は最終的には独自の決済サービスが勢いを得られなかったため Tencent のWeChat Pay(微信支付)に舞い戻ったものの、これによって両者の間に亀裂が生じたと考えることもできる。

共同購入ウェブサイトとしてスタートした Meituan は、6回にわたる資金調達ラウンドから約45億米ドルの軍資金を手に入れ、フードデリバリーやホテル予約、配車サービスや短期賃貸不動産サービスなど、様々な市場で多くのサービスを展開をしてきた。しかし、このように参入した部門それぞれで厳しい競争に直面し、全体としての牽引力は得られていない。

経営陣と企業構造が入れ替わり立ち代わりになったこともこうした奮わぬ業績の原因になっているが、同社の中心メンバー8人のうち7人が何らかの理由で去っていったと報じられている。

Tencent の CEOである Pony Ma(馬化騰)氏が、Tencent が積極的な投資を続けてきたニュースアプリ Toutiao(今日頭条)や人気配車サービス Didi(滴滴)について自信がある旨を公に述べたことも注目すべきだ。しかし、同氏がこの場で Meituan について言及することはなかった。

信頼回復のため、Meituan も本日(原文掲載日:5月16日)最新の業績について発表し、毎日1,800万件を超える注文と30億米ドル以上の資金があるとした。また、年間ベースで2億4,000万人のアクティブバイヤーと300万件のアクティブ店舗を獲得しているという。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国のO2O大手Meituan(美団)が民泊ビジネスに参入、モバイルアプリ「Zhenguo Homestay(榛果民宿)」をローンチ

SHARE:

中国のO2O大手 Meituan(美団)は昨日(4月12日)、民泊事業となる Zhenguo Homestay(榛果民宿)のローンチを発表した。同社が手がけるO2Oビジネス領域はさらに広がりを見せることとなった。現地メディアが報じた。 このホームステイサービスでは、中国の大都市や人気観光地にある物件のリストをアプリで閲覧できる。今年末までに掲載件数を15万件まで増やす計画だ。 サービスの代表を務め…

中国のO2O大手 Meituan(美団)は昨日(4月12日)、民泊事業となる Zhenguo Homestay(榛果民宿)のローンチを発表した。同社が手がけるO2Oビジネス領域はさらに広がりを見せることとなった。現地メディアが報じた

このホームステイサービスでは、中国の大都市や人気観光地にある物件のリストをアプリで閲覧できる。今年末までに掲載件数を15万件まで増やす計画だ。

サービスの代表を務める Feng Weihe(馮威赫)氏によると、Zhenguo Homestay は空き部屋を貸し出せることから個人の大家の人気を集めているという。信頼性の問題があるため、ほとんどは個室単位ではなくマンションの一室を丸ごと貸し出していると Feng 氏は加えた。

O2O大手の Meituan はこのホームステイサービスに事業を拡大する以前にも、今年2月に配車サービスをアプリ内で提供し、配車大手のDidiに勝負を仕掛けている。

短期ホームレンタル市場では、すでに先駆者である AirbnbXiaozhu(小猪)Tujia(途家)がしのぎを削ってきた。新入りとなる Meituan は運営や物件集めといった面でさらに厳しい競争にさらされている。

一方、まだ若い市場を開拓できる大きなチャンスが Meituan には残されている。同社の進出は、中国のユーザの間でホームステイの文化が根付き始めた時期とちょうど重なっており、良いタイミングであった。

また、新たな事業領域への進出は、フードデリバリーやチケットおよびホテルの予約まで何でもこなす同プラットフォームにさらなる顧客を呼び込むことにつながる。このような多機能性が多くのユーザを取り込むのに一役買っているという。

現在、PEファンドやベンチャーキャピタルは中国の O2O 企業らに対する投資を積極的には行っていない。各社が成功の見込みのあるビジネスモデルを示せていないためだ。Meituan も例外ではない。

Meituan はこれまでグループ購入やフードデリバリー、ホテル予約などコアビジネスの転換を何度も試みては失敗してきた。収益性が疑問視されることから今年に入って評価額は3分の1ほど下落し、125億米ドルとなった。同社はホームステイサービスによって、不振が続くビジネスが勢いを盛り返すよう期待しているようだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

〈次なるBATを探せ〉次なる中国インターネット業界の担い手〝TMD〟とは?

SHARE:

「次なるBATを探せ」シリーズの第1弾。BAT とは中国のテック巨大企業をまとめて表現する言葉で、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)の頭文字をとったものだ。本シリーズでは、中国のIT業界をリードしていくであろう未来のテック巨大企業を調査していく。 中国のIT業界に関心のある人なら誰でも、BAT が何を意味するか知っているだろう。それは中国テック企業3強の Bai…

次なるBATを探せ」シリーズの第1弾。BAT とは中国のテック巨大企業をまとめて表現する言葉で、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)の頭文字をとったものだ。本シリーズでは、中国のIT業界をリードしていくであろう未来のテック巨大企業を調査していく。

中国のIT業界に関心のある人なら誰でも、BAT が何を意味するか知っているだろう。それは中国テック企業3強の Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)の頭文字をとったものだ。ただ、いずれもかなり成熟した企業で、創業から年月も経っている。そこで、今こそBATの成功に続く新たな3社を見つけるときだ。

ここで新たな頭文字3文字を紹介したい。それはTMD、Toutiao(今日頭条、中国で使われる簡体字では「今日头条」)、Meituan–Dianping(新美大)、Didi Chuxing(滴滴出行)の3社だ。

Toutiao(今日頭条)

中国語でヘッドラインを意味する Toutiao は、中国で異常なほど人気を博しているニュースアグリゲーションアプリだ。Toutiao は国内で7億のユーザと6,800万のデイリーアクティブユーザを誇る。

Toutiao は単なるニュース閲覧サービスではなく、高度に洗練されたマシンラーニングテクノロジーを備えたキュレーションプラットフォームであることに留意してほしい。読者の嗜好や好みを蓄積したデータベースを活用してサービスを的確にカスタマイズし、クリック数を獲得している。

最近、Toutiao は米国で人気の動画アプリ Flipagram を買収した。同社は Flipagram の動画をレコメンデーションに統合する計画で、それにより Flipagram のサービス提供範囲も広がるという。

<関連記事>

Meituan–Dianping(新美大)

グループ購入eコマースプラットフォーム大手2社の Meituan(美団)Dianping(大衆点評)は2015年10月に合併し、Meituan-Dianping(美団-大衆点評 → 新美大)という会社となった。

この合併により、同社の総流通総額(インターネットで販売された商品の金額)は昨年1,700億人民元(258億4,000万米ドル)になったという。今では1億5,000万の月間アクティブユーザが日々1,000万件ほどの注文をしているという。

ちょうど先月、Meituan-Dianping は自社のオンライン金融サービスをローンチすると発表した。これは Alibaba と Tencent に続く動きだ。

Xinmeida の関連記事

Didi Chuxing(滴滴出行)

中国本土での2年に及ぶ熾烈な争いの末、Uber は中国事業を Didi Chuxing に売却し、代わりに Uber は Didi の20%の株式を保有することになった。

この Didi による取引案件は、世界的なインターネット・テクノロジー企業が、非情な中国市場に参入するのがいかに困難かを示した最近の事例だ。この国では政府からの支援も受けつつ、現地の起業家が手強い会社を作り上げている。

Didi Chuxing の関連記事

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国のO2O大手Meituan(美団)、Didi(滴滴出行)に対抗すべく配車機能を追加

SHARE:

昨年8月に10億米ドルをかけてなされた Didi(滴滴出行)とUberの合併により、配車サービスを巡る中国での戦争は Didi の一人勝ちで決着がついたと見られていた。しかし、二大配車大手の休戦によってもたらされた平和は短命に終わった。地元で十分な実績のある Meituan(美団)がこの業界に参入すると発表したからだ。 中国の O2O 大手企業 Meituan は火曜日(2月14日)、自社アプリに…

昨年8月に10億米ドルをかけてなされた Didi(滴滴出行)とUberの合併により、配車サービスを巡る中国での戦争は Didi の一人勝ちで決着がついたと見られていた。しかし、二大配車大手の休戦によってもたらされた平和は短命に終わった。地元で十分な実績のある Meituan(美団)がこの業界に参入すると発表したからだ。

中国の O2O 大手企業 Meituan は火曜日(2月14日)、自社アプリに配車機能を追加した。このアプリでは、出前、映画チケット、ホテル、航空券、鉄道切符予約など様々なサービスが利用できる。

南京に住むユーザは、Meituan のウェブサイトで新たに追加される配車サービスで、Didiとよく似たインターフェイスやオペレーションのプロセスで配車の予約ができる。決済には銀行カードや WeChat(微信)、QQ Wallet が使える。

Meituan の配車業界への参入は、同社が主に地元のライフスタイルサービスに特化していたことからすると、まったく意外だった。新サービスについて同社はあまり多くを語らず、ユーザからの要望に対応するために追加したにすぎないと現地メディアに説明していた。

同社はこのサービスを他の都市にも広げていく計画だが、拡大の時間軸は明らかにしていない。

かつての競合 Dianping と合併したため今では Meituan-Dianping(美団-大衆点評)として知られる同社は、Didiが率いる既存プレーヤーに対抗するための秘策を持っているようだ。

Meituan-Dianping は現在、中国のeコマースプラットフォームとしては Alibaba(阿里巴巴)と JD(京東商城)に次ぐ第3位の大手だという。登録ユーザ数は6億、月間アクティブユーザ数は1億8,000万に到達したと TechNode(動点科技)に語っている。この巨大なユーザベースは、新サービスにかなりのトラフィックをもたらしてくれると期待できる。

さらに、Meituan が提供しているサービスのほとんど全ては都市内輸送サービスに直接関係している。そのため、アプリ内で特定のサービスから別のサービスへと移動するのはそれほど難しくないだろう。

昨年、Meituan の伝説的な CEO で中国インターネット業界のオピニオンリーダーでもある Wang Xing(王興)氏は、中国のインターネットが「後半期」に差し掛かっているという主張を声高にしていた。彼は、「深い部分で統合することによって、(前半期から後半期への)全面的な移行がなされる」と信じているという。

配車サービスの統合はおそらく他の関連サービスを浸透させるというこのプランに沿ったものだろう。さらに同社はサードパーティーの決済スタートアップ Qiandai(銭袋宝)を買収した。これは、オンライン決済セクターへの進出を図るものだ。

2月15日13時48分更新:Meituan-Dianping のサービス運営に関する数字を一部変更した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国の共同購入・O2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)、決済サービススタートアップのQindai(銭袋宝)を買収

SHARE:

中国最大のグループ購入サイト Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は月曜日(9月26日)、サードパーティー決済スタートアップの Qiandai(銭袋宝)を完全買収したと正式に発表した。これにより Meituan-Dianping はモバイル決済、キャッシュカード決済からプリペイドカードにおよぶ金融業務に対応できるようになる。 取引内容の詳細はまだ明かされていないが1つだけ確かなことが…

Image credit: Qiandai
Image credit: Qiandai(銭袋宝)

中国最大のグループ購入サイト Meituan-Dianping(美団-大衆点評)は月曜日(9月26日)、サードパーティー決済スタートアップの Qiandai(銭袋宝)を完全買収したと正式に発表した。これにより Meituan-Dianping はモバイル決済、キャッシュカード決済からプリペイドカードにおよぶ金融業務に対応できるようになる。

取引内容の詳細はまだ明かされていないが1つだけ確かなことがある。中国のユニコーン企業である同社は長らく切望していたサードパーティー決済ライセンスをようやく手に入れることができ、O2O エコシステムに鍵となる新たな資産が加わったことになる。

この動きは同社設立者である Wang Xing(王興)氏が最近掲げた下半期の計画に沿ったもので、Meituan-Dianping、O2O 業界、そして国全体にとって今まさに新たな時代が訪れようとしていると彼は述べている。業界間の統合の深化こそが、変化に対応するための唯一の解決策であるという。

O2O 企業にとって、サードパーティー決済ライセンスがいかに重要であるかは明白だ。というのも、O2O 企業のサービスは広範囲に及んでおり、通常いずれかの時点で決済処理を必要とするからだ。今回 Meituan-Dianping は O2O 業界が密なビジネスサークルを築く上で行く手に立ちはだかる障害を取り除いたということだ。

同社はかつて、自社のモバイルアプリとウェブサイトにプリペイド機能を追加しようと試みたことがある。しかしこのような機能を中国で提供することは、決済サービスには正式なライセンスを要するとした政策方針に反するため、当然のことながら、同社は今年3月この機能を削除するよう PBOC(中国人民銀行)から警告を受けた。

また PBOC が先月(8月)、急速に拡大する決済業界を規制するため、銀行以外の決済業者に新たにライセンスを発行することを「一定期間」停止すると発表したことを受け、今回の取引の重要性は一層増した。

Meituan-Dianping は現在モバイル決済ソリューションとして Alipay(支付宝)と WeChat Payment(微信支付)を採用しているが、Qiandai を買収したことで2社への依存が減り、業界における競争力も高まるだろう。最大の競合である Baidu Nuomi(百度糯米)と Alibaba(阿里巴巴)の O2O 部門 Koubei(口碑)は、両社とも独自の決済ソリューションの Baidu Pay(百度銭包)と Alipay をそれぞれ展開している。

2008年に設立された Qiandai は、中小企業に包括的な決済ソリューションを提供するモバイル決済会社である。また、同社は中国中央政府が発行する決済ライセンスを初めて取得した27企業のうちの1社だ。2014年11月、Haitong Securities(海通国際証券)と IDG 支援の人民元ファンド Harmony Growth から戦略的投資を受けている。

Meituan-Dianping のシニア VP である Mu Rongjun(穆荣均)氏は次のように語った。

今回サードパーティー決済ライセンスを獲得したことで、ユーザや店舗にはより早くより安全なサービスを提供できるようになるでしょう。私たちは相互発展を促す O2O エコシステムを構築するため、銀行、カードオペレーター、その他決済機関に開かれた包括的なプラットフォームを築くことを目指しています。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国のO2O大手Meituan-Dianping(美団-大衆点評)連合が33億ドルを調達——非上場で世界最大規模

SHARE:

史上最大規模となる資金調達の噂を報じた中国メディアの報道に応える形で、中国の共同購入サイト大手「Meituan-Dianping(美団ー大衆点評)」の代表は Tech in Asia に33億ドルを調達したことを認めた。テック業界において、これまでの非上場企業による調達としては最高金額となる。 このラウンドは Tencent(騰訊)と Trust Bridge Partners がリードし、CDB…

dianping-meituan_featuredimage

史上最大規模となる資金調達の噂を報じた中国メディアの報道に応える形で、中国の共同購入サイト大手「Meituan-Dianping(美団ー大衆点評)」の代表は Tech in Asia に33億ドルを調達したことを認めた。テック業界において、これまでの非上場企業による調達としては最高金額となる。

このラウンドは Tencent(騰訊)と Trust Bridge Partners がリードし、CDB Capital(国開金融)、Capital Today(今日資本)、Baillie Gifford、Temasek Holding、カナダ年金基金投資委員会らが参加した。Meituan Dianping のバリュエーションは現在、180億ドルに上る。

Meituan(美団)は2015年に最大の調達ラウンドを実施しているが、今回の新ラウンドに比べれば、そのときのシリーズDラウンドにおける Sequoia Capital、Northen Light Venture Capital、Alibaba らからの7億ドルも色あせてみえる。

Meituan は競合だった Dianping(大衆点評)と昨年合併した(編注:法人としては、China Internet Plus Holdings=中国互連網+控股を設立)。これは、両者それぞれの投資家である Alibaba(阿里巴巴)と Tencent の指南によるものだった。Meituan と Dianping のサービスは現在も独立して運用されている。新ラウンドでの調達資金が二社にどう配分されるのか、何に使われるのかは明らかになっていない。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

上海市食品薬品監督管理局が、O2Oフードデリバリアプリの取り締まりを強化

SHARE:

中国において、O2Oフードデリバリはここ数年で驚くべきほど爆発的に増加しており、Baidu(百度)や Meituan(美団)のような有力企業も参入しているほか、Ele.me(餓了麼)のような強力で新たなスタートアップも誕生した。その理由は明らかだ。O2Oフードデリバリは、誰にとっても得だからだ。レストランは着席スペースを追加せずにより多くの顧客を獲得でき、顧客は自分が欲しい食品を玄関先まで配達して…

chinese-food-delivery-mobile-apps

中国において、O2Oフードデリバリはここ数年で驚くべきほど爆発的に増加しており、Baidu(百度)や Meituan(美団)のような有力企業も参入しているほか、Ele.me(餓了麼)のような強力で新たなスタートアップも誕生した。その理由は明らかだ。O2Oフードデリバリは、誰にとっても得だからだ。レストランは着席スペースを追加せずにより多くの顧客を獲得でき、顧客は自分が欲しい食品を玄関先まで配達してもらえる。

しかし、上海市食品薬品監督管理局(SFDA)によると、中国のO2O飲食業者のいくつかは規準が緩いという。最新の調査では、Ele.me、Meituan、Dianping(大衆点評)など多数のプラットフォームに下記のような問題があることがわかった。

  • 販売業者の飲食サービス許可書の掲示がない
  • 無許可飲食業者の所在地付き許可書を記載している
  • 借りた許可書を記載している(実際の食品調達先とは異なる食品業者の名義及び所在地の許可書)
  • 偽造許可書を記載している(偽造の食品業者名及び所在地を使用した許可書)

これらプラットフォームは上記の問題を一掃し、直ちに無許可食品業者から調達した製品を全て除外するよう要請されている。また SFDA は犯罪行為も調査しており、5万元から20万元(7,800米ドル~3万米ドル)までの罰金を課す可能性もある。

これは些細な問題のように思えるかもしれないが、食品の安全性が問題になることが多い中国では、食品の調達に大きな懸念が寄せられている。スキャンダルが次々と起こるため、復旦大学の学生が後に非常に人気を博すようになるサイトを開設し、それらすべてを記録したという数年前に比べれば、注目を集める事例は少なくなってきた。だが問題は残っている。例えばほんの数ヶ月前、中国企業が生産した乳製品に、違法に高レベルのスルフォシアン酸ナトリウムが含まれていることがわかったのを受け、河北省の職員が強制リコール命令を出した。

SFDAの調査によると、結局Ele.meやMeituanのような大企業にとってはそこまでダメージを負う問題でもないのだろう。Ele.meにいたっては6.3億米ドルを調達したばかりで、3万米ドルの罰金など小さなものにすぎない。

しかし最も資金力のある企業でさえ、食品スキャンダルには注意を払う必要がある。例えば、大多数の人に安全性が保証されていない食品を届けることで食中毒でも発生してしまうようなスキャンダルが起こると、それこそ企業のコアビジネスが大きなダメージを受けてしまう。最悪の場合、企業を徹底的に崩壊させてしまうことがあるのだ。2008年にメラミン混入粉ミルク事件を起こして倒産してしまったSanlu(三鹿)は、当時中国最大の乳製品メーカーであった。

もちろんそのような極端な事例はO2O分野においてはあまり起こる可能性はない。だが、小さい規模のスキャンダルでさえフードデリバリ企業には深刻な影響を及ぼすことがある。結局、あるフードデリバリー企業が大腸菌で汚染された食品をとあるオフィスへ近頃宅配したというニュースを見て、昼食をその企業に注文するだろうか? それとも代わりに他の企業に注文するだろうか? O2Oフードデリバリ企業は食品を自社で作っているわけではないが、もし顧客が食品供給源について疑いを持つと、他のデリバリ企業を試すようになるだろう。

だとすると、中国のO2Oフードデリバリ業界は規制に従って運営することが賢明だろう。偽造ではない公式許可書を徹底することは、中国O2O業界の成長スピードを落とす大きな要因になるだろうが、SFDA が認可していない裏通りの調理場ではなく、適正に認可された調理場から食品の安全を届ける保証につながるのであれば、価値があることである。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

中国のMeituan(美団)とDianping(大衆点評)が合併し巨大O2Oを設立——時価総額は150~170億米ドル

SHARE:

グループ購入の2大プロバイダーで、それぞれ中国のGroupon、Yelpと言われる Meituan(美団)と Dianping(大衆点評)は折半投資のジョイントベンチャー設立で合意した。両社及びそれぞれの投資家の声明によると、その時価総額は150~170億米ドルだという。 この組み合わせは、Tencent(騰訊)対 Alibaba(阿里巴巴)というもう1つのO2Oサービス戦争の終わりを意味し、国内…

dianping-meituan_featuredimage

グループ購入の2大プロバイダーで、それぞれ中国のGroupon、Yelpと言われる Meituan(美団)Dianping(大衆点評)は折半投資のジョイントベンチャー設立で合意した。両社及びそれぞれの投資家の声明によると、その時価総額は150~170億米ドルだという。

この組み合わせは、Tencent(騰訊)対 Alibaba(阿里巴巴)というもう1つのO2Oサービス戦争の終わりを意味し、国内最大の2大テック系勢力と投資家を再び集めたものである。

Alibaba傘下のMeituanとTencent傘下のDianpingによる統合案件は、2月に配車アプリのKuiadi Dache(快的打車)とDidi Dache(嘀嘀打車)が合併したのに続いてテック大手が関わる案件としては今年2件目だ。

この統合によって市場には最大のO2Oプロバイダーが誕生するが、DidiとKuaidiの案件のように同じ需要独占を形成するのとは少し違ってくるだろう。なぜならAlibaba、Tencent ともに別の企業にも投資しており、それぞれが市場で相当の競合関係にあるからだ。その代表例として、Alibaba傘下のO2OハブであるKoubei(口碑)とTencent傘下の食品・日用品配送スタートアップの Ele.me(餓了麼)がある。

<関連記事>

今年投資の統合を模索している企業は Tencent と Alibaba だけではない。中国のITサービス市場が次第にその密度を増すにつれ、主要なプレーヤーは出資を早めに整理統合し、早い段階で現金化することに関心を寄せている。大手同士の組み合わせとしては、58.com(58同城)と Ganji.com(赶集)がそうだ。オンラインのクラシファイド広告市場で長年競合してきた2社が合併を発表したのは、DidiとKuaidiが合併した2ヶ月後だった。

Dianping は、2003年にYelpのような評価・レビューサービスとして事業を始めている。一方、Meituanは2010年にグループ購入のサービスを始めた。しかし、事業を発展させた両社は、やがてオンデマンドのローカルサービスや、映画やイベントのチケット購入、ホテルやアトラクションの予約の分野で直接競合するようになった。

中国の市場調査会社 Eguan(易観)によれば、両社は2015年の第1四半期現在、中国のグループ購入市場の80%以上を占めている

Meituan は今年の前半現在、フードデリバリー市場のおよそ50%を占め、4月現在、中国のオンライン映画チケット販売市場の約70%シェアを占めていると推定された(中国語出典)。同社は最近 TripAdvisor から旅行検索エンジン Kuxun(酷訊)を買収し、ホテル予約業務からの収益も急速に伸びつつある。

Meituan によると、同社の総流通総額(GMV)は2015年前半において470億元(約76億米ドル)だったが、これは対前年比190%の成長に当たり、モバイルの伸びは95%だった。ホテル予約業務は合計GMVの15%に貢献し、Maoyan(猫眼、Cat’s Eye)は13%の貢献をしている(中国語出典)。

Dianpingは、中国で最も人気のあるメッセージングアプリ WeChat(微信)で唯一のグループ購入サービスとなったが、それは後者の親会社 Tencent が2014年初めに20%の株を取得した後のことだった。TencentとDianpingもまた今年初めのEle.meの3億5000万米ドルの資金調達ラウンドに参加している(中国語出典)。

合併後、新会社の主な競合はグループ購入では Baidu(百度)の Nuomi(糯米)、映画チケット業務では Gewala(格瓦拉)など、ホテル予約業務では Ctrip(携程)や Qunar(去哪兒)などとなるだろう。58.com、Baidu、Alibabaの 金融部門 Ant Financial(螞蟻金融)による新たな試みとなる Koubei は、O2O市場からも利益を得ようという姿勢だ。

Meituan も Dianping も中国の大手テック企業や一流のベンチャーキャピタルから何億もの資金調達をしてきた。Alibaba 以外には、Meituan の出資者は、Tencent と共に Dianping にも出資した Sequoia Capital、Xiaomi(小米)、不動産複合企業 Wanda(万達)などが含まれている。

この新しい Meituan・Dianping の新会社は、それぞれのマネージメントチームによる共同運営となる。双方からのCEOは新しい会社の共同CEOおよび共同会長となる。

運営費の悪循環を絶つ

Meituan は、何千もの中国のグループ購入サイトの中で生き延び、参入が相次ぎと起こった2010年には、参入者らと戦いトップに躍り出た。その高い評判にも関わらず、地元業者に対するグループ購入やオンライン広告は、中国では利益の少ない事業である。つまり、サービスには、市場シェアを獲得すべく素早く行動することが不可欠なのである。

何百という類似したサービスが人気のサービスを追って現れるのは中国ではよく見られる。業者から比較的安い手数料を取るのは別として、ベンチャー支援のテック系スタートアップは、O2O分野において市場シェアのためユーザに補助金を出す。しかし、助成金がユーザの定着につながるとは限らない。スタートアップが成長やユーザ保持に拍車をかけるベンチャー資金を持っていなければ、あっという間に舞台から脱落するだろう。

Dianping とMeituan の合併は、市場シェアを統合する助けとなるだけでなく、両社がサービスの補助金に当てて投資する巨額の支出を食い止める助けにもなるだろう。

Didi-Kuaidi(嘀嘀快的)の合併をお手本に

合併後、Didi-Kuaidiはさらに素早く積極的に行動した。今では市場に現存するライドシェアリングサービスのほとんどを提供している。また同社は、中国および海外の投資家からおよそ30億米ドルの資金を調達するほど、ベンチャー投資家にとってより魅力的な企業になってきている。

Didi KuaidiのCEO、Cheng Wei(呂伝偉)氏から投資家に当てたメールによると、同社は今年6月の時点で、毎日300万件の乗車利用でログインされるタクシー配車アプリは99%の市場シェアを保有し、自家用車配車サービスは80%のシェアを保有すると確信していた(中国語出典)。Didi・Kuidaiの核となるタクシー配車サービス以外では、今のところ中国で唯一の大きな競合は、自家用車配車サービスとライドシェアリングサービスを現在運営しているUberだ。

今、Didi-Kuaidi は、目を世界市場に向けている。最近 Lyft(アメリカのUberのライバル)に莫大な投資を行ったのだ。Didi-Kuaidi は利用者にそれぞれの国でタクシーを拾えるようにし、またインドのライドシェアリングサービスであるOlaへの投資ラウンドにも参加している。

Didi-Kuaidi が中国の市場シェアのために熾烈な戦いをしているインターネット企業を活気づけているのは明らかである。中国のクラシファイド市場では58.comとGanji.comを合わせると70%を超えるシェアを占めると見込まれている。他の競合は Baixing.com(百姓)1社だけだ。

5月に、中国のオンラインビデオスペース大手のYouku-Tudou(優酷土豆)とiQiyiも合併の協議に入っているという噂がいくつかあった。Youku-Tudouは、当時最大のオンラインサイト2社、Youku(優酷)と Tudou(土豆)が合併した結果であった。Youku-Tudou のCEO、Victor Koo(古永锵)氏はその噂についてコメントし、ビデオ業界の統合は続くだろうと述べた(中国語出典)。Baidu 傘下の iQiyi(愛奇芸)のCEO、Gong Yu(龚宇)氏は、何が何でもIPOを目指すと後に述べた(中国語出典)。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国の共同購入サイト「Dianping(大衆点評)」のCEOが語る、共同購入の魅力とモバイル戦略について

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の共同購入サイトMeituan(大衆点評)の7月の売上は5,000万人民元だったそうだ。中国の共同購入のマーケットリサーチ会社Tuan800(団800)によると、取引数ではDianpingTuanはMeituan(美団)のすぐ後につけている。生活サービスに関するソーシャル評価サイト「Dianping」の共同購入事業は勢いよく成長したものの、彼らは市場を異…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の共同購入サイトMeituan(大衆点評)の7月の売上は5,000万人民元だったそうだ。中国の共同購入のマーケットリサーチ会社Tuan800(団800)によると、取引数ではDianpingTuanはMeituan(美団)のすぐ後につけている。生活サービスに関するソーシャル評価サイト「Dianping」の共同購入事業は勢いよく成長したものの、彼らは市場を異なる角度から捉えているようだ。

共同購入限定サイトではなく、ワンストップサービスプラットフォーム

DianpingのCEOであるZhang Tao(張涛)氏によると、「地元の生活サービスという分野では、更新情報、最大値引き、高品質なサービスは密接に関連しています」と語る。共同購入をこれら3要素と分離して独立したビジネスとして運営することはできないし、またされるべきではない。また、そうすることは危険だ、と。

彼の理論によると、情報を見つけること、クーポンと割引を提供すること、そして柔軟で満足度の高いサービスを提供することの3つの基本ニーズを、売り手とユーザは共有しているという。彼は、共同購入はユーザにクーポンを提供する手段のひとつに過ぎないと考えている。クーポン、割引、払い戻し、ポイントサービスなどの手段があるが、彼の考えでは共同購入以上に魅力的なものはないようだ。「このサービスの本質的価値はマーケティングです。消費者は売り手をよく知らなくてもキャンペーンセールを購入するかもしれず、また売り手にとっても共同購入は最高のキャンペーンです」。

Dianping氏はワンストップサービスのプラットフォームになるというアイディアに関心が高い。両サイドのニーズを同時に満たすことで、ユーザエクスペリエンスを保証でき、同時に消費者と売り手の健全な相互コミュニケーションを確立できる。ビジネスモデルとしては、Dianpingは共同購入サービスから手数料を取得し、売り手から広告収入も入る。

Dianpingのモバイル戦略

「中国でスマートフォン人気が高まってきた今、モバイルにカスタマイズされたサービスへの需要が確実に増えるでしょう」。Zhang氏はロケーション認識やモバイル画像、音声メッセージが秘める新しい可能性に興味を示す。しかし、その限界も感じている。「ユーザがモバイル上で『一大決心』をするのは難しいでしょう。例えば、学問的なデータベース検索や高級サービスの購入、購入を決めるまで価格比較を徹底的に行うようなものなどです」。そのため、Dianpingはモバイルでは「評価」と「コメント」機能に重点的に取り組む予定だ。

Dianpingは順調だと楽観的に語ったZhang氏。過去2年間、同社のモバイルと共同購入ビジネスはあまり利益を生んでいないが、人気の評価プラットフォームの構造は強固なものとなった。情報、プロモーション、サービスの連携によって、同社は共同購入領域で良いポジションを確保しているし、1年後には利益を生み始めるとZhang氏は確信している。

【via Technode】 @technodechina