BRIDGE

タグ メトロエンジン

ホテル客室のダイナミックプライシングを支えるメトロエンジン、BEENOSなどから3億円の資金調達

SHARE:

ホテルや各業界向けにダイナミックプライシングや独自のデータから需要予測サービスを提供するメトロエンジンは5月21日、第三者割当増資による総額約3億円の資金調達を実施したことを発表した。第三者割当増資の引受先はBEENOS、森トラスト、NECキャピタルソリューション、サムティ、SBI AI&Blockchain、凸版印刷、ベンチャーラボインベストメントの7社。 調達した資金はダイナミックプラ…

スクリーンショット 2019-05-30 10.21.29.png

ホテルや各業界向けにダイナミックプライシングや独自のデータから需要予測サービスを提供するメトロエンジンは5月21日、第三者割当増資による総額約3億円の資金調達を実施したことを発表した。第三者割当増資の引受先はBEENOS、森トラスト、NECキャピタルソリューション、サムティ、SBI AI&Blockchain、凸版印刷、ベンチャーラボインベストメントの7社。

調達した資金はダイナミックプライシングや独自データを活用した需要予測サービスの分野に投下する計画。

同社はリアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し、ホテルの客室単価を算出してくれる「メトロエンジン」をはじめ、調査ツールやメタサーチ特化の自社予約エンジン、民泊向けのクラウド管理サービスなどを展開している。現在主力になっているホテル向け事業は、国内の主要なホテルチェーン30社以上と契約を締結している。

また、ホテル業界以外においてもダイナミックプライシングの導入傾向があることから今後は、レンタカー業界や、高速バス業界へもダイナミックプライシングの提供を開始するほか、同社のデータを活用した賃貸不動産の賃料査定や、コインパーキングのダイナミックプライシング、小売店の需要予測などの分野でもサービス展開をはかる。

via PR TIMES

----------[AD]----------

マンスリーマンション管理「マンスリーエンジン」、宿泊事業者向けクラウドのメトロエンジンが提供開始

SHARE:

宿泊事業者向けのサービスを提供するメトロエンジンは8月22日、クラウド型マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の提供を開始している。利用料金は初期費用が無料で月額で1部屋あたり1980円。新規登録より2週間は無料トライアルでの利用が可能となっている。 マンスリーエンジンは、短期賃貸物件への入居募集ページの自動作成からリクエスト、予約受付、契約までワンストップで完結し、運用の手間を削減…

C1F6975B-B017-42E2-A3AC-AF3FD90FF63D

宿泊事業者向けのサービスを提供するメトロエンジンは8月22日、クラウド型マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の提供を開始している。利用料金は初期費用が無料で月額で1部屋あたり1980円。新規登録より2週間は無料トライアルでの利用が可能となっている。

マンスリーエンジンは、短期賃貸物件への入居募集ページの自動作成からリクエスト、予約受付、契約までワンストップで完結し、運用の手間を削減と効率化を実現するクラウドツール。同社が運用する民泊クラウド運営ツール「民泊ダッシュボード」とも連携しており、Airbnbをはじめ複数の民泊サイトへ物件の掲載、同期ができる。

登録された情報から入居者募集WEBページが自動で作成できるほか、日ごとの物件の状況を把握し、部屋割りや販売ブロック、清掃日指定ができるカレンダー機能、入居希望者からのリクエストや予約状況を一覧表示することができるリクエスト管理・予約管理がある。

契約書も自動で作成され、電子署名を利用すれば紙の契約書が不要になるほか、設備や所在地など物件に紐づく情報を一元管理できる物件管理・価格管理なども提供される。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ディープラーニング活用でホテルの単価を最適化するメトロエンジン、事業会社数社などから7億円を資金調達

SHARE:

宿泊業界向けに、需要予測などをもとにディープランニングを活用した単価設定「ダイナミックプライシング」を提供するメトロエンジンは23日、総額7億円を資金調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、SBI インベストメント、NEC キャピタルソリューション、エボラブルアジア、JR 東日本スタートアップ、タップ、ベクトル、ベンチャラポーインベストメント、菅下清廣氏など。 今回の調達は、メトロエンジン…

メトロエンジン
Image credit: Metro Engines

宿泊業界向けに、需要予測などをもとにディープランニングを活用した単価設定「ダイナミックプライシング」を提供するメトロエンジンは23日、総額7億円を資金調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、SBI インベストメント、NEC キャピタルソリューション、エボラブルアジア、JR 東日本スタートアップ、タップ、ベクトル、ベンチャラポーインベストメント、菅下清廣氏など。

今回の調達は、メトロエンジンにとって2016年12月に BEENOS から実施した資金調達(調達額は非開示だが、数億円と推定される)に続くものだ。同社では今回調達した資金を使って、エンジニア・データサイエンティストの人員を100名程度まで拡大し、ダイナミックプライシングの精度向上、同技術を活用した事業展開を加速するとしている。

メトロエンジンは、リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し価格の設定を行うツールだ。宿泊客の「予約行動」に関わるビッグデータを毎日収集し、リアルタイム・データに基づき、人工知能を用いた徹底的な分析および客室単価の算出を行う。さらに算出された客室単価が適正か否かを機械学習により繰り返し検証させることで、業務効率化、コストの削減及びお客様へのサービス向上が望める。国内を代表とするホテル数十チェーンへの導入が決まっているという。

メトロエンジンは2017年5月に実施された、IBM BlueHub の「Open innovation program Inbound Travel」のデモデイで最優秀賞を受賞している。ホテル向けの単価最適化サービスを提供するスタートアップとしては、利用されている技術は異なるが、「ホテル番付」や「MagicPrice」を提供する空(そら)などが競合と目される。

via PR TIMES

----------[AD]----------