THE BRIDGE

タグ Micoly

1時間4,000円〜プロのネイリストに学べる、ネイル版家庭教師「MICOLY LESSON」が事前登録を開始

SHARE:

20代を中心に、セルフネイルをする人が増加傾向にあるのだそうです。セルフネイルというのは、ネイルサロンで施術をしてもらうのではなく、自宅で自分でネイルを施すこと。そんな需要に着目し、スマホでネイリストを呼べる出張ネイルサービス「MICOLY(ミコリー)」が新たなサービスの事前登録を開始しました。 「MICOLY LESSON」は、スマホからネイル講師を呼ぶことができる、ネイリスト版 家庭教師です。…

MICOLY LESSON

20代を中心に、セルフネイルをする人が増加傾向にあるのだそうです。セルフネイルというのは、ネイルサロンで施術をしてもらうのではなく、自宅で自分でネイルを施すこと。そんな需要に着目し、スマホでネイリストを呼べる出張ネイルサービス「MICOLY(ミコリー)」が新たなサービスの事前登録を開始しました。

MICOLY LESSON」は、スマホからネイル講師を呼ぶことができる、ネイリスト版 家庭教師です。プロのネイリストを目指す人から、個人でネイルを楽しみたい人まで、ネイルの基礎や簡単なアートなどを学ぶことができます。ネイルの道具は買ったけれど結局使いこなせていない、ネイリスト検定前に集中して認定講師に教えてほしいなど、さまざまなニーズに応えます。

ネイルスクールや通信教育などは高額で、期間も1年〜を要します。MICOLY LESSONなら、好きな時間に1時間〜、日本ネイリスト協会から認定されたネイリストの個人レッスンを受けられます。1時間4,000円〜と手が出しやすい価格帯も魅力。また、MICOLY LESSONを通してネイルが上達した人は、出張ネイルサービス MICOLY への登録も可能です。

今回、ネイリストの家庭教師サービスを開始した理由について、運営会社ミコリー 代表取締役豊竹桃子さんはこう話します。

「講師資格を持つネイリストから、教える資格は持っていても集客ができず教えられないという相談を多く受けました。講師には子持ちの方も多いため、スクールで働くよりもフレキシブルに時間の調整ができると考え、出張講師の発案に至りました」。(豊竹桃子さん)

また、出張ネイルサービス MICOLY のユーザであるママたちへのヒヤリングでは、思いの外「ネイルを自分でやってみたい」という声が聞かれました。MICOLY LESSONが、そんなママユーザの声に応えます。通常は1時間4,000円〜のレッスンですが、講師1人に対して受講者は2人まで対応可。その場合は、1人あたりのレッスン価格が半額になるとのこと。

MICOLYでも、ホームパーティなど人が複数人集まる場にネイリストを呼ぶ、ネイルのイベント化が見られています。MICOLY LESSONに関しても、ネイルレッスンを一緒に受けるという友人間の新しいアクティビティとして人気を帯びそうです。

----------[AD]----------

子育てママや訪日外国人観光客が主なターゲット、日本初のオンデマンド出張ネイルサービス「MICOLY」

SHARE:

ネイリストが家に来て6,500円〜施術 生活者の利便性を高める「ながら」サービスが台頭しています。4月18日に新たに登場したのは、家にいながらネイルを施術してもらえる「MICOLY(ミコリー)」です。アプリから予約すると、ネイリストが指定の場所に来てくれます。厳しく審査されたネイリストの施術を、6,500円〜という手頃な価格で利用できるのも嬉しいポイントです。 ミコリーがそのターゲットに見据えるの…

Micoly-website

ネイリストが家に来て6,500円〜施術

生活者の利便性を高める「ながら」サービスが台頭しています。4月18日に新たに登場したのは、家にいながらネイルを施術してもらえる「MICOLY(ミコリー)」です。アプリから予約すると、ネイリストが指定の場所に来てくれます。厳しく審査されたネイリストの施術を、6,500円〜という手頃な価格で利用できるのも嬉しいポイントです。

ミコリーがそのターゲットに見据えるのが、子育てママです。子育てや、子育てと仕事の両立に追われるママにとって、たまにの贅沢になってしまうネイルをより身近な楽しみに変えてくれます。正式リリース前に子育てママを対象にテストしてみたところ、とても好評でした。また、施術してもらっている間に、子どもの面倒を見てくれる人が欲しいというニーズから、ママが複数人で施術を受ける動きも見られます。

ミコリーでは、既にママ会にネイリストを派遣するサービス「ネイルママ会」を始めています。ママに限らず、ちょっとした集まりにネイリストに来てもらうことで、これまで一人で楽しむものだったネイルというアクティビティネイルが、グループで楽しめるものになっていくのかもしれません。

訪日外国人観光客を取り込む

Micolyのチーム
Micolyのチーム

Uber に乗っている時に、シェアリングエコノミーのコンセプトを美容サービスに当てはめられないかと考えた代表の豊竹桃子さん。

「ミコリーを立ち上げる前は、撮影女子会というサービスでインターンをしていました。女の子が、ヘアメイクさんに綺麗にしてもらって喜ぶ姿をいつも目にしていました。その影響もあって、当時からいつか女子向けのサービスを作りたいと思っていました。」

このアイディアについて、美容業界で働く友人などにヒヤリングをしたところ、ネイリストにとっても、オンデマンドの出張施術という働き方が魅力的であることがわかりました。また昨今、外国人観光客が訪日の際に日本の美容サービスを利用する傾向が見られます。世界でも認められる日本のネイリストの技術力をオンデマンドで体験できるため、外国人観光客のニーズにも応えられるのではないかと考えました。

2016年5月にオープン予定の「中目黒バル」とのコラボレーションなどを予定しているミコリー。ランチの時間帯などを利用したママネイル会を定期開催するなど、自宅で楽しめるネイルサービスの普及に取り組んでいきます。

----------[AD]----------