タグ MiL

離乳食・幼児食のD2Cを展開する MiL【Monthly Pitch!注目スタートアップ】

SHARE:

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載 Monthly Pitch!新着スタートアップではMonthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。 サービス概要:乳幼児期は食習慣のベースとなる大切な時期ですが、どのような食べ物を与えれば良いのかなど、親たちは多くの悩みを…

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

Monthly Pitch!新着スタートアップではMonthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。

サービス概要:乳幼児期は食習慣のベースとなる大切な時期ですが、どのような食べ物を与えれば良いのかなど、親たちは多くの悩みを持ちます。MiLでは子育てライフスタイルブランド「the kindest」のもと、乳幼児の食に関する課題を解決するベビーフード・離乳食・幼児食をD2Cで展開しています。小児科医・管理栄養士・フレンチシェフらと共同開発し、乳幼児期の栄養バランスの設計から食材の選定・調理法にこだわった商品を開発しています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:代表取締役の杉岡侑也さんは、フィンテックベンチャーへの就職を経て、これまでにHR・教育系スタートアップを2度創業しているシリアルアントレプレナーです。MiLは、保育士資格、介護福祉士、食育アドバイザーなどの多彩な資格を持つ奥さんや、三つ星レストランで修行を積んだシェフらと共に創業しました。MiLには、為末大さんをはじめ、多くの著名人が出資しているのも注目を集める一因となっています。


ピッチ全文:株式会社MiLの杉岡です。よろしくお願いします。24歳で1社目、27歳で2社目のHR企業を創業し、現在はウェルビーイングなライフスタイルを提案するMiLを経営しています。「the kindest」はパーソナライズ体験を実装したパパママ子供食ブランドで、私・共同創業者の妻・シェフという変わった3人でスタートしました。シェフは元々3つ星レストランで著名人の専属料理人をやっていた人物です。株主も素敵な方々に恵まれ、近い距離感で一緒に走っていただいています。

グローバルな食のマーケットは約680兆円規模。一次産業から消費者に近いところまでテクノロジーが入ってきて、人々のライフスタイルの変化とともに、今まさに変わろうとしているタイミングです。MiLはその中でも消費者に近いところに注目しています。

今まではマスメディアや有名人が店舗に誘導して、小売がデータと客を持つという時代でした。しかし2010年代からSNSやインフルエンサーが登場し、そこにeコマースが接続したことで、客とデータをブランドが持つ時代に変わり、そのパワーバランスも変わってきています。

マーケティングやブランディング、商品開発、プロモーション、CS、CRM、データを分析して、各パネルのスピードが爆上がりしていく時代がこれから来る。食のマーケット以外にもアパレルや化粧品などさまざまな領域で、データを持つブランドが強くなっていく。そういった「産業革命」が2020年代、いろいろなところで起きていくと考えられます。食のマーケットは大きい上に、今が変化のタイミングです。ではどこからスタートしようか考えたときのきっかけは、「子供が生まれたらライフスタイルって変わるよね」という妻の一言でした。ではベビーとパパママを対象に、食の新しいライフスタイルを提案していこう。こうして昨年スタートしたのが、the kindestというブランドです。

日本で初めてのサブスク×パーソナライズ、いわゆるデータドリブンに顧客体験を作っていくIT寄りの食ブランドとして、開発拠点の西麻布にてプロダクトを生み出しています。まずベビーフードからスタートしたところ、販売実績はすでに30万食超え(編注:実績は2020年7月時点)。日本に毎月生まれる赤ちゃんの2%に当たるシェア率に成長しました。

このサブスクベビーフードは、①成長に必要な栄養素 ②食べられる食材 ③成長度合い(歯の生え方) ④好き嫌いやアレルギー等の膨大なデータから、赤ちゃんに合わせてパーソナライズでき、そのパターンは600種類に及びます。商品数は年内に150SKUほどになるので、とんでもない商品数からデジタルコミュニケーションでのパーソナライズ体験ができるサービスです。商品の6割は受注生産なので、顧客ニーズありきで商品を作って提案するという小売に頼らない設計になっています。また行動データ、購買データ、閲覧データ、SNSなど全てのデータから逆算して、ブランディングからプロダクト開発までデータドリブンに実行できるので、非常に面白い体制になってきました。ベビーやパパママ、小児のマーケットも非常に大きくて、国内だけでも5兆円、アジアで50兆円、高齢者マーケットまで広げると140兆円まで拡大します。この領域に挑戦しているスタートアップがほぼ皆無なので、しっかり順当に作っていきたいです。デジタルだけで終わるつもりもなく、ここで培ったデータやブランド力を使って卸や小売にも挑戦していくと、年商1000億円から2000億円もみえてきます。

ヘルスケア、食、ブランド、リテールなどに興味がある方とご一緒させていただけるとうれしいです。以上です。ありがとうございました。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ヘルスケア×フードテックのMiL(ミル)、シリーズAラウンドで約1.8億円を調達——オイラ大地、長友佑都氏、バズーカ岡田氏から

SHARE:

【15日午前8時更新】クラウドファンディング予定の変更に伴い、その内容と関連イベントの情報を削除。 MiL(ミル)は15日、シリーズ A ラウンドで約1.8億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、オイシックス・ラ・大地(東証:3182、以下、オイラ大地)が運営するフードイノベーション領域 CVC の Future Food Fund、プロサッカー選手の長友佑都氏、骨格筋評論家…

左から:Future Food Fund 代表取締役の松本浩平氏、プロサッカー選手の長友佑都氏、骨格筋評論家で日本体育大学准教授のバズーカ岡田氏
Image credit: MiL/中島慶子(マガジンハウス)

【15日午前8時更新】クラウドファンディング予定の変更に伴い、その内容と関連イベントの情報を削除。

MiL(ミル)は15日、シリーズ A ラウンドで約1.8億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、オイシックス・ラ・大地(東証:3182、以下、オイラ大地)が運営するフードイノベーション領域 CVC の Future Food Fund、プロサッカー選手の長友佑都氏、骨格筋評論家で日本体育大学准教授のバズーカ岡田氏。MiL にとって、昨年1月に実施したシードラウンド(プレスリリースではエンジェルラウンドとされる)、昨年9月に実施したプレシリーズ A ラウンドに続くもの。

2018年1月、連続起業家の杉岡侑也氏が創業した MiL は、ヘルスケアやフードテックをテーマに複数事業を展開。サブスク D2C によるオーガニック離乳食サービス「Mi+(ミタス)」、グルテンフリー料理などを得意とする西麻布の創作料理レストラン「」、ケータリングサービスなどを運営している。昨年4月にローンチしたミタスは約9ヶ月で販売実績5万食を突破、LINE@ のお友達登録数約1,800人、Instagram のフォロワーは1万人を超えた。

昨年12月にリニューアルしたベビーフード D2C の「Mi+(ミタス)」
Image credit: MiL

また、MiL では今回調達した資金を使って、専門家の知見を活かした新規プロダクトの開発を加速する。今回ラウンドに参加した投資家のうち、オイラ大地については、レストラン「倭」を創業した当初から食材の仕入れ先を紹介してもらうなど関係が深く、今後、ミタスをはじめとする商品の販売や開発面においても協業を狙う。その手始めに、1月16日からは Oisix サイト内の「クラフトマーケットコーナー」で MiL 商品の販売が開始される予定だ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ウェルネステックのMiL(ミル)、プレシリーズAで1.15億円を調達——ベビーフードD2Cの「ミタス」やヘルスケアレストラン「倭」を運営

SHARE:

ウェルネステック事業を展開する MiL(ミル)は18日、プレシリーズ A ラウンドで1.15億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、MTG Ventures、みずほキャピタルのほか、個人投資家として All Rounder Agent 代表の森本千賀子氏、クラウドワークス COO の成田修造氏、予防医学研究者で Campus for H 共同創業者の石川善樹氏、名前非開示の投…

MiL のメンバーと投資家の皆さん(一部)
Image credit: MiL

ウェルネステック事業を展開する MiL(ミル)は18日、プレシリーズ A ラウンドで1.15億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、MTG Ventures、みずほキャピタルのほか、個人投資家として All Rounder Agent 代表の森本千賀子氏、クラウドワークス COO の成田修造氏、予防医学研究者で Campus for H 共同創業者の石川善樹氏、名前非開示の投資家1名。

同社は今年1月にシードラウンドを実施し、MTG Ventures のほか、元陸上選手の為末大氏が運営す Deportare Partners、LVMH 出身でドラマティック代表の矢野麻子氏、LIFULL 代表取締役の井上高志氏、サーキュレーション代表取締役 CEO の久保田雅俊氏、FAW/一汽トヨタ(中国第一汽車とトヨタの JV)の商品企画室長・車種戦略室長を務めた河西健一郎氏から資金を調達している。

ベビーフード D2C の「Mi+(ミタス)」
Image credit: MiL

MiL は現在、ヘルスケアやフードテックをテーマに複数事業を展開。サブスク D2C によるオーガニック離乳食サービス「Mi+(ミタス)」、グルテンフリー料理などを得意とする西麻布の創作料理レストラン「」、ケータリングサービスなどを展開している。

MiL は2018年1月、連続起業家の杉岡侑也氏による創業。杉岡氏は学生のための就活支援サービスを提供する Beyond Cafe を創業後、非大卒者向け就職支援サービス「バズキャリア」の立ち上げに参加。人が長く活躍できる社会をテーマに、ヘルスケアやウェルネスに興味を持ち始めたという。食のヘルスケア化、エシカル化、EC 化が進む中で、資本力による競争の激しくないニッチな市場を狙う。

西麻布の創作料理レストラン「倭」
Image credit: MiL

食に関してはさまざまな流通チャネルがある中で、E コマース(D2C)で差別化や販売がしやすい領域としてベビーフードに着目。5歳までの子供がいる世帯にリーチするエントリーポイントと位置づけ、今後、さらに取扱領域を増やしていく考えだ。サブスク D2C では、サービスのデザインのみを行い、細かい生産体制の確立などはアウトソースすることが多いが、MiL は「資本力だけの勝負にならないよう、マーケティングが得意でリアルビジネスがしたい人たちを集めた(杉岡氏)」とのことで、シェフ、小児科医、栄養士など、机上だけでなく実際にモノを作れるメンバーがチーム内に在籍しているのも特徴的だ。

こういった多様なメンバーのスキルセットを生かし、LINE@ や Instagram などを使って乳幼児の食事相談などにも対応した結果、Mi+ のサブスク契約加速につながり販売累計は1万食を超えた。同社では今回調達した資金を使って、既存事業の成長に加え、新規プロダクトの創出や食にまつわる社会課題への取り組みを行い、次世代型食品メーカーを目指すとしている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録