BRIDGE

タグ Mini Programs

アプリ内アプリストア「Mini Apps(微信小程序)」のローンチで、Appleの脅威となりつつあるWeChat(微信)

SHARE:

Apple のアプリストアビジネスは280億米ドル規模に達する。2016年には Apple 自体がそこから84億米ドルと相当の利益を得ており、220万個のアプリを抱えるこのビジネスは、Tim Cook 氏率いる同社が総力をあげて守る帝国だ。 しかし今その帝国が、かつてないほどの脅威にさらされている。 今までになく大胆な今回の挑戦状は中国からたたきつけられた。8億4,000万人以上のアクティブユーザ…

Apple のアプリストアビジネスは280億米ドル規模に達する。2016年には Apple 自体がそこから84億米ドルと相当の利益を得ており、220万個のアプリを抱えるこのビジネスは、Tim Cook 氏率いる同社が総力をあげて守る帝国だ。

しかし今その帝国が、かつてないほどの脅威にさらされている。

今までになく大胆な今回の挑戦状は中国からたたきつけられた。8億4,000万人以上のアクティブユーザを誇る同国最大手のメッセージングアプリ WeChat(微信)は今週(1月第2週)、ダウンロードやインストールしなくても WeChat 上でアプリにアクセスできるシステムをローンチした。

多数の小規模スタートアップのほか 、マクドナルドや Apple の支援を受けた Didi Chuxing(滴滴出行)などの主要企業が提供するこれらのインスタントアプリは、Apple のアプリストアをまったく経由することなく機能する。WeChat 内でしかアクセスできず、アプリ同様の外観と使用感をもちながらもチャットのようにすばやく簡単に削除できる。サービスを WeChat 内に保存したり、またログインしたりすることさえ可能だ。

アプリのアップデートもなければ、アイコンでホームスクリーンが埋め尽くされることもない。

これがアプリの未来なのかもしれない。そしてこれは、Tim Cook 氏が望むところではない。

微妙な状況

Apple の巨大ビジネスを脅かしているのは、Tencent(騰訊)が運営するこの2,400億米ドル規模にのぼる中国の巨大ソーシャルメディア、WeChat だけではない。

11月に Facebook が打ち出した Instant Games は、ソーシャルネットワークと Messenger アプリ上で機能するものだ。

Mark Zuckerberg 氏率いる同社はこう説明した。

この新しいゲームエクスペリエンスで、ユーザは新たにアプリをインストールすることなく、ゲームを簡単に見つけ、共有し、プレイできます。

Facebook の Messenger 用ゲームは、Words With Friends といったカジュアルなタイトルのゲームをいくつか取りそろえてローンチされたが、それを見ればゲームに大きく依存する Apple アプリストアの利益がいかに簡単に崩されてしまうかがわかる。

Facebook が Apple にもたらしかねない大きな脅威がもう1つある。チャットボットだ。

昨年 Zuckerberg 氏がボットを取り入れるという自身の野心について語った際、彼は1-800-Flowers にメッセージを送信し花束を注文した。

Facebookの生みの親Mark Zuckerberg氏
Photo credit: via Flickr by Robert Scoble.

私は、企業に電話をかけるのが好きな人に会ったことがありません。また、利用したいサービスやビジネスごとに新しいアプリをインストールしたい人もいません。

Zuckerberg 氏はこう語り、チャットボットの素晴らしい活用事例を提示してみせた。WeChat のインスタントアプリも同様の原理が背景にあり、同サービスもボットを備えている可能性がある。

こういったボットは、Facebook Messenger や他にもいくつかのチャットアプリで活躍の場を見つけつつあり、ユーザの声やテキストにスマートに反応する AI が世に出る準備が整い次第、アプリにとって代わる存在になるだろう。

そうなると、合わせて20億人近くのユーザを抱える Facebook Messenger と WeChat は、オペレーティングシステムのような役割を果たすことになる。そうなれば、Facebook Messenger や WeChat はそこでアクセス可能なインスタントアプリやゲームを統括することになり、もしかすると開発者が生み出す利益から大きな分け前をもらうことになるのかもしれない。

Google もその影響から逃れることはできない。自社のアプリストア Play は独立した他のストアに簡単に置き換えられてしまうが、それよりも規模の大きいビジネス利益が、メッセージングアプリの展開を Facebook や Tencent が推し進めるに伴い危機にさらされている。

Google は自社の Android インスタントアプリを昨年発表したが、この機能はまだローンチに至っていない。

<関連記事>

『Siri(シリ)』アスな状況

危ういのは Apple アプリストアの儲けだけではない。iPhone や iPad で利用されるアプリはそれ自身がそういった機器のセールスポイントになっている。というのも Apple は他の機器では利用できないアプリ(例えば Super Mario Run など)や Prisma のような他にはない新しいヒット商品を Google が Android で提供するよりも多く引き込んでいるからだ。

Image credit: WeChat

Facebook と WeChat がそれほどまでに大きな力を手にすれば、どのブランドの携帯電話を使ってもさほど変わりはないということになり得る。

重大な決断が下されるまで、Apple は WeChat と Facebook を疑いをもって注意深く見守ることだろう。

Tencent の CEO である Ma Huateng(馬化騰)氏によると、WeChat がアプリでありながらアプリでないその機能の開発に取り組んでいたところ、Apple は同社がその機能に「アプリ」という単語が関連する名前をつけることを禁止した。そのため同社は、この機能を Mini Programs と呼ばざるを得なかったのだが、実際のところ、それは取るに足りない出来事だと言えよう。

しかし、Tim Cook 氏が変化を永遠に拒み続けることはできない。やがて、インターネット上のサービスは、今後永遠にアプリという形に限って提供されるわけではないと知ることになる。今回の件は、次にどんな形で提供されるかという問題に過ぎないのだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】