THE BRIDGE

タグ MIRROR

MirrorがシリーズBで2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供

SHARE:

コネクテッド冷蔵庫、オーブン、ベッド、自転車……今は、鏡もつながっている。 ニューヨークに本拠地を構えるフィットネステクノロジースタートアップの Mirror は9月6日、ステルスモードからついに製品をローンチし、Spark Capital からの2,500万米ドルのラウンドを発表した。同社が1,300万米ドルの初期資金と同時に初めて製品を一部公開してから6ヶ月が経つ。 簡潔に言えば、Mirror…

Mirror_Hero_Wide_01_0221_V1_R1
「Mirror」を使って、自宅でワークアウト
Image credit: Mirror

コネクテッド冷蔵庫、オーブン、ベッド、自転車……今は、鏡もつながっている。

ニューヨークに本拠地を構えるフィットネステクノロジースタートアップの Mirror は9月6日、ステルスモードからついに製品をローンチし、Spark Capital からの2,500万米ドルのラウンドを発表した。同社が1,300万米ドルの初期資金と同時に初めて製品を一部公開してから6ヶ月が経つ。

簡潔に言えば、Mirror はリアルタイムおよびオンデマンドフィットネスクラスに接続した巨大な鏡を通じ、自宅でトレーニングを提供しようとしている。鏡は台に立てかけた巨大なスマートフォンのようなもので、液晶パネルやスピーカー、カメラ、マイク、そして一方のみを映す鏡で構成される。

Mirror_Stand_0031_Skaters_R3
スタンドに取り付けた「Mirror」
Image credit: Mirror

ユーザはスクリーンで自分の姿を確認しつつ、同時にバーチャルフィットネスインストラクターを見ながらトレーニングできる。

Mirror_Close_up_0147_R2
「Mirror」には、ユーザ自身とインストラクターが映し出される
Image credit: Mirror

ローンチ時点で、ヨガ、ピラティス、カーディオ、筋力トレーニング、ボクシング、ストレッチ、バーエクササイズなどが受講可能であり、初心者からエキスパートまでレベルに合ったトレーニングができる。インストラクターから個人的に掛け声を送るなどのリアルタイムの指示も、ユーザの好みや心拍計・スマートウォッチから収集した生体データをもとにリアルタイムで最適化される。同社によると、ニューヨークを拠点とするフィットネススタジオで Mirror のためにトレーニングを作成し、毎週50プログラム以上が新しく追加されるという。

注目すべき点は、巨大な鏡はスイッチを切ると本物の鏡のように使用することができ、タッチスクリーンは機能しなくなることだ。付属のスマホアプリは、ローンチ時点では iOS のみ対応となっているが、スクリーン上の全動作のコントロールセンターとして機能すると同時に、ユーザがフィットネスデータにアクセスできる。

Mirror_Male_Phone_0172_R3
「Mirror」上にフィットネスデータを表示
Image credit: Mirror
Mirror_apps
モバイルアプリの「コントロールセンター」画面
Image credit: Mirror

健康維持は、一大産業だ。International Health, Racquet & Sportsclub Association(IHRSA)の資料によると、スポーツジム業界は全世界で年約830億米ドルの利益を生み、全世界で1億6,000万人以上の会員が20万ヶ所以上のジムやフィットネスセンターを訪れるという。しかし、皆が物理的な建物にトレーニングに行けるわけではなく、移動時間も考慮すると時間がかかる。これが、近年自宅でのフィットネスに焦点を当てた多くのスタートアップが巨額の資金を調達している理由だ。

先月 Peloton は、家庭用コネクテッドフィットネスマシーンとバーチャルクラスの事業拡大目的で5億5,000万米ドルを調達した。数ヶ月前には、音声ベースのフィットネスアプリ Aaptiv が2,200万米ドルを調達している。

Mirror の CEO 兼設立者である Brynn Putnam 氏は次のように指摘する。

スタジオクラスは高品質で実践的なトレーニングが素晴らしいのですが、時間や出費がかさんでしまうことがよくあります。

当社は、最高のトレーナーとクラスでパーソナライズしたトレーニング体験を全世界に作り上げ、どなたでも好きな時に好きな場所でトレーニングの恩恵を享受できるようにしたいのです。

今回調達した2,500万米ドルを利用し、Mirrorは市場に製品をローンチしてオペレーションを加速化する予定だ。コストは? Mirror デバイスで1,495米ドルと、全クラスを利用するための月39米ドル。安くはないが、人々は都合のいい健康維持方法には金を惜しまないだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ファッションECへの顧客誘導を展開するニューワールドが、ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」をローンチ

SHARE:

ニューワールドは2日、潜在的な購買ユーザをファッション動画からeコマースへと誘導するサービス「MIRROR(ミラー)」をリリースした。女性ユーザをターゲットにしており、スマートフォンからアクセスすることができる。同社にとっては、「Guider(サービス名はローンチ当時のもので、現在は Recommend Room というサービスにリダイレクトされる)」「imanee(アイマニ)」に続く3つ目のサー…

mirror_featuredimage

ニューワールドは2日、潜在的な購買ユーザをファッション動画からeコマースへと誘導するサービス「MIRROR(ミラー)」をリリースした。女性ユーザをターゲットにしており、スマートフォンからアクセスすることができる。同社にとっては、「Guider(サービス名はローンチ当時のもので、現在は Recommend Room というサービスにリダイレクトされる)」「imanee(アイマニ)」に続く3つ目のサービスとなる。

また、MIRROR のローンチとあわせ、同社では活動拠点を創業の地である福岡から、東京・西新宿にあるサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)の Startup Base Camp に移したことも明らかにした。同社は2015年5月、CAV の Seed Generator Fund から1,000万円を資金調達している。

MIRROR は YouTube などにアップロードされた衣料メーカー制作のプロモーション動画などを活用し、着用している日常シーンをイメージしやすくしたキュレーション・サイト。動画の下には販売先へのリンクが用意されており、imanee(アイマニ)のときと同様、誘導した顧客のコンバージョンにより収入が得られるアフィリエイト・モデルでマネタイズするようだ。

mirror_screenshot1 mirror_screenshot2

先日、KDDI∞Labo第9期Demo Day でも ViC というサービスが登壇していたが、質感や着心地の確認を求められるファッションにおいて、インターネットごしに、そのようなコンテキストを購入前に伝えるのは非常に難しい。ニューワールドが「imanee」の運営で獲得したノウハウを糧に、その問題解決に乗り出した格好だ。

ニューワールド代表取締役の井手康博氏は、サービス名の由来でもあるように「”鏡”でおしゃれな自分を見てワクワクしてほしい、そのきっかけとなるファッション動画サービスにしたい」と語り、「動画を見て欲しいものがあればスムーズに買い物までできる」という体験を追求していきたい、としている。

MIRROR は現在、モバイル向けのウェブサービスとして提供されているが、将来的には、モバイルアプリのローンチも計画しているとのことだ。

----------[AD]----------