THE BRIDGE

タグ MIT

ロボットのデザインと製造の手法が変わる?MITが30ドル以下でペーパーロボットを作る方法を開発

SHARE:

MITと、ペンシルバニア大学、ハーバード大学による開発チームが、30ドル以下のコストでペーパーロボットを作る方法を開発した。これは「National Science Foundation(NSF、アメリカ国立科学財団)」が立ち上げた、デスクトップ上の技術を開発し、だれでもものの数時間でロボットを作ることができるようにすることを目的としたプロジェクトだ。チームリーダーはMIT教授のDaniela R…


Printable_robots_01

MITと、ペンシルバニア大学、ハーバード大学による開発チームが、30ドル以下のコストでペーパーロボットを作る方法を開発した。これは「National Science Foundation(NSF、アメリカ国立科学財団)」が立ち上げた、デスクトップ上の技術を開発し、だれでもものの数時間でロボットを作ることができるようにすることを目的としたプロジェクトだ。チームリーダーはMIT教授のDaniela Rus氏が務めている。



ペンシルバニア大学のチームを率いるVijay Kumar教授は、

デスクトップ上の技術を発達させ、ラピッドデザインや生産が可能になれば、高校での科学技術の教え方が変わります。

とコメントしており、ハーバード大学のRob Wood准教授は以下のようにコメントしている。

このプロジェクトは、多様の便利なロボットたちを開発する時間を劇的に削減することを目的とし、製造、教育、パーソナライズヘルスケア、そして防災などの領域における、潜在的なアプリケーションの可能性を模索しているのです。

様々な技術の発達により、デスクトップで可能になることが増加している。もうしばらくしたら、ロボットを作ることすらも一般化していくのかもしれない。

via MIT

----------[AD]----------

ハーバード大学とMITのプラットフォーム「edX」が中国のオンライン教育サービスに新規参入

SHARE:

中国のオープンソース型最新オンラインコース(MOOC)ポータル「XuetangX(学堂)」が現在、無料で大学レベルの教育コースを開講している。これはアメリカのハーバード大学とMITが共同開発したオープンソースのプラットフォーム「edX」上に構築されたものだ。同ポータルには中国で最も権威のある大学10校が一同に会し、多くのコースが昨日よりスタートした。今月末までにはさらに開講コースが増える予定。 筆…

xuetangx

中国のオープンソース型最新オンラインコース(MOOC)ポータル「XuetangX(学堂)」が現在、無料で大学レベルの教育コースを開講している。これはアメリカのハーバード大学とMITが共同開発したオープンソースのプラットフォーム「edX」上に構築されたものだ。同ポータルには中国で最も権威のある大学10校が一同に会し、多くのコースが昨日よりスタートした。今月末までにはさらに開講コースが増える予定。

筆者のように拙い中国語力であったとしても、アカウント登録からコースのサインアップまでは約10分で終わる作業だ。XuetangXでは修了証明書も発行されるが、実際の単位とは異なる。

清華大学と北京大学では、これまですでに独自のedXサイト上で北京語によるコースを一部開講していた。edXとXuetangXはどちらもインターネット経由で教育を民主化することを目的とした非営利組織。

最新情報:XuetangXのこれまでの登録ユーザ数は1万6,000人以上にのぼる。最も人気の高い財務分析と意思決定の2コースはそれぞれ4,300人以上の生徒が受講している。

XuetangXのローンチは、Courseraが中国版無料オンライン教育プラットフォームをローンチするためにNetease(網易)と提携したことに端を発する。中国版Courseraでは、北京大学のような中国の有名校による授業も提供している。

【原文】

----------[AD]----------