タグ Mixpanel

Webサイトやアプリ分析のMixpanel、シリーズCで2億米ドルを調達しユニコーンに

Webサイトやアプリなどの製品・サービスの分析を提供するサービスの Mixpanel は、シリーズ C ラウンドで2億米ドルを調達し、同社の時価総額が10億5,000万米ドルになったと発表した。 これにより、Mixpanel はユニコーン(評価額が10億ドルを超えるスタートアップ)となった。今回の資金調達は、企業がユーザエクスペリエンスを測定するために使用するアナリティクスが爆発的に成長している時…

Image credit: Mixpanel

Webサイトやアプリなどの製品・サービスの分析を提供するサービスの Mixpanel は、シリーズ C ラウンドで2億米ドルを調達し、同社の時価総額が10億5,000万米ドルになったと発表した。

これにより、Mixpanel はユニコーン(評価額が10億ドルを超えるスタートアップ)となった。今回の資金調達は、企業がユーザエクスペリエンスを測定するために使用するアナリティクスが爆発的に成長している時期に行われた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、より多くの企業がビジネスをデジタルチャネルに頼ることを余儀なくされており、カスタマエクスペリエンスが成功の鍵となっている

Mixpanel の背景にある考え方は、製品チームが、ユーザが通る経路や機能を特定できるというものだ。この製品は、企業がユーザを維持し、コンバージョンを向上させることを目指している。

<関連記事>

UX 開発を推進するための資金調達

今回の投資は、Bain Capital Tech Opportunities がリードし、Mixpanel が製品開発を加速させることを目的としているとのことだ。

デジタル製品は、私たちの生活のあり方を改革している。ラストワンマイルのデリバリからフィンテック、現代のメディアビジネスに至るまで、我々は爆発的なイノベーションを目の当たりにしている。(Mixpanel の CEO Amir Movafaghi 氏)

プロダクトアナリティクス市場のリーダーになる

Research and Markets によると、製品アナリティクス分野は成長の一途をたどっており、研究者らは、世界のアナリティクス市場の規模が2027年までに297億米ドルに達し、年率20%で増加すると予想している。この市場の他の主要プレーヤーには、Amplitude、Heap、Pendo、ImpactProduct などがある。

複雑な設定を管理できるデータサイエンティスト向けに設計された Amplitude のようなツールとは対照的に、MixPanel は早くから、技術者ではないユーザでも運用上のインサイトを得られるように設計された、シンプルでユーザーフレンドリーなソリューションを提供してきた。

同時に、Mixpanel は、プッシュ通知などの機能を持たない Heap のようなツールや、クローズドなエコシステム統合を実現しようとする他の製品との差別化を図っている。

Movafaghi 氏によると、企業は、市場全体の技術スタックを提供しようとする一枚岩のプラットフォームにはサインオンしたくないそうだ。互いに連携した best of breed(マルチベンダによる最適製品を組み合わせ)のプレーヤーは、より多くの価値をより迅速に提供することができ、Mixpanel は製品分析ツールとして選ばれることを目指していると、Movafaghi 氏は述べている。

Mixpanel には答えがある

Mixpanel は現在、ユーザが Web サイトやアプリをどのように利用しているかについて、毎月7,000万件の製品に関する質問に回答しているという。この数字は、新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから大幅に増加しており、2020年の初めから週間アクティブユーザ数は72%増加し、月間登録者数は前年比で57%増加している。

Mixpanel のソリューションはダッシュボード型で、ユーザはグラフやチャートを使って製品の使用状況を分析することができる。このグラフやチャートでは、行動の傾向が詳細に示され、ユーザが最もアクティブな日や、どのような種類のコンテンツが最も高いユーザ維持率をもたらすか、平均注文額などが強調される。

Mixpanel は、Snowflake、Twilio Segment、mParticle、Fivetran、Census、Hightouch、RudderStack、Iterable、OneSignal など、90以上のサードパーティベンダーとの連携機能を提供している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


「過剰に採用してしまった」ーー人気データアナリティクスのMixpanelがレイオフを実施

SHARE:

データアナリティクスのスタートアップ Mixpanelが昨日、販売部門を中心に約20名のレイオフを敢行したことがわかった(編集部注:原文掲載1月8日)。 この件に詳しい複数の関係筋がVentureBeatに明かした内容によれば、このレイオフが会社に悪影響を与えることはないとのことである。また、この件に詳しい人物によれば、今回のレイオフは健全なコスト削減策であるという。 Maxpanelの共同設立者…

Above: Part of the Mixpanel team. Image Credit: Mixpanel
上:Mixpanel チームの一部
Image Credit: Mixpanel

データアナリティクスのスタートアップ Mixpanelが昨日、販売部門を中心に約20名のレイオフを敢行したことがわかった(編集部注:原文掲載1月8日)。

この件に詳しい複数の関係筋がVentureBeatに明かした内容によれば、このレイオフが会社に悪影響を与えることはないとのことである。また、この件に詳しい人物によれば、今回のレイオフは健全なコスト削減策であるという。

Maxpanelの共同設立者兼CEOのSuhail Doshi氏がVentureBeatに語った話では、今回の雇用調整の対象者は全体で18名だそうだ。会社の従業員は230名なので、今回の雇用調整は全体の10%にも満たない規模である。

「当社は過剰に人を雇い入れたため、今回の処置は雇用調整として行われ、やるのなら、後ではなく今やるのがベストと考えました」と、Doshi氏はVentureBeatに語り、さらに会社として2016年の収益見込みを達成させたいとも付け加えた。

最近の資金調達ラウンドで8億6500万米ドルの評価額とされたMixpanelは、シリコンバレーの急成長株としてのイメージを持たれる存在まで成長した。

とはいえ、売り上げがこの会社の最重要課題であることに変わりはない。実際、「販売人員を3倍に増やし、流通競争にすばやく立ち向かう」という2015~2016年の拡大目標が2014年に行われたプレゼンのスライドの中で最初に示されていた。同スライドの中では6ヶ月から9ヶ月ごとに人員を倍増することもうたっていた。

データアナリティクス市場は、多くの企業がもっとも好ましい反応を得られるよう最適化するためにウェブサイトとアプリケーションを設計することに熱心であるため、注目を浴びてきた。利用しやすさもあって、Mixpanelはこうした環境の中で人気を集めており、同業のHeap、Amplitude、Localiticsもトラクションを得ている。

Mixpanelは2009年に創業し、サンフランシスコを拠点にニューヨークでも業務を展開している。主な出資者にはAndreessen Horowitz、Y Combinator、Max Levchin、Sequoia Capitalがある。

また、同社は「ゴールドラッシュの最中に果敢に挑むような」企業であるとMarc Andreessen氏がNew Yorkerに昨年掲載された投資家プロフィールの中でも述べている。

VCに支援されたスタートアップでレイオフを行っているのはMixpanelだけにとどまらない。Sequoiaが出資しているスタートアップInstacart も先月レイオフを行ったと報じられている。また同じくSequoiaが支援しているEvernoteも最近レイオフを行っている

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録