タグ Mobike(摩拜単車)

Ofo(小黄車)、Mobike(摩拜単車)、Xiaoming(小鳴単車)が繰り広げる三つ巴——上海バイクシェアリング戦争

SHARE:

準備はできているだろうか。中国は以前自転車王国として知られていたが、いま自転車が復活の途上にある。自動車が急速に自転車に取って代わってきているが、ドックレスの自転車シェアリングビジネスには10以上のスタートアップがなだれ込んで来ている。激化する競争を投資家も支えてきたが、もっと重要な疑問は、どのスタートアップが良いサービスを提供してくれるか、ということだ。 TechNode(動点科技)はこの疑問を…

Image Credit: Mobike(摩拜単車)
Image Credit: Mobike(摩拜単車)

準備はできているだろうか。中国は以前自転車王国として知られていたが、いま自転車が復活の途上にある。自動車が急速に自転車に取って代わってきているが、ドックレスの自転車シェアリングビジネスには10以上のスタートアップがなだれ込んで来ている。激化する競争を投資家も支えてきたが、もっと重要な疑問は、どのスタートアップが良いサービスを提供してくれるか、ということだ。

TechNode(動点科技)はこの疑問を明らかにすべく、いくつかのサイクリングアプリを試してみることにした。筆者らが試したのは、Mobike(摩拜単車)、Ofo(小黄車)、Xiaoming Bike(小鳴単車)だ。これらを選んだ理由は上海の路上で最も多く見かけることと、鮮やかなカラーで簡単に見つけることができるからだ。オレンジと白の Mobike、黄色の Ofo、青の Xiaoming Bike といった具合だ。

Image Credit: Emma Lee
Image Credit: Emma Lee

登録

3つのアプリはすべて実名での登録と電話番号、身分証明書、デポジットが必要だ。ただしデポジットはそれぞれ異なり、Mobike が299人民元(43米ドル)、Xiaoming Bike が199人民元(29米ドル)、Ofo が99人民元(14米ドル)となっている。デポジットの違いは主に、各社が自転車レンタル料金に異なる額を設定していることによる。しかし、これらのデポジットは返金保証付きで、WeChat や Alipay ユーザにとってはこのプロセスは非常にスムーズである。

Image Credit: Emma Lee
Image Credit: Emma Lee

価格についていえば、Xiaoming Bike の勝利だ。上海では、Xiaoming Bike は30分0.5人民元である。さらに、友達を一人招待するごとに0.1人民元が値引きされ、最安値では30分0.1人民元となる。Ofo はほぼ同価格(ただし値引きなし)の1時間1人民元で、学生には1時間0.5人民元の割引価格を提供している。Mobike が最も高価で、レギュラー Mobike が30分1人民元だ。Mobike Lite は少し安くなっており、30分0.5人民元である。

このような低価格、かつ価格差も少ない状況では、このビジネスの勝者を決めるのはユーザ体験がすべてとなるだろう。

自転車を見つけて解錠するまで

自転車を見つける方法は3社それぞれで最も異なっているところだ。Didi や Uber のように GPS が使える Mobike と Xiaoming Bike は地図上で自転車を見つけることができ、自転車の正確な位置までナビゲートしてくれる。ユーザは実際に自転車を借りる時間の、Mobike なら15分前、Xiaoming Bike なら20分前に予約することができるので、すぐに使いたい人にとっても便利になっている。

Image Credit: Emma Lee
Image Credit: Emma Lee

Mobike の自転車にはハンドルバーと後部に QR コードがついている。いずれかをスキャンすることでロックが外れる仕組みだ。Xiaoming Bike では似たような QR コードでの解錠に加えて Bluetooth での解錠も可能で、QR コードが剥がれていたり見えない位置にあったりする場合に便利だ。Mobike によれば、最新のアップデートで同社も Bluetooth 機能を追加するという。

すべてうまくいけば、Mobike や Xiaoming Bike を見つけることはとても簡単だろう。しかし注意しておきたいのは、実際の状況は複雑で、時にどうしようもないということだ。

Ofo はきわめて普通の自転車を使っているが、GPS の装備はなく、地図上で自転車の位置を表示することはできない。アプリが表示できるのは周辺にある自転車のおよその台数だけだ。これは深刻な設計上のミスと思われる。というのもユーザは、目の前に Ofo の自転車がある時にしか Ofo を利用しないだろうからだ。Ofo が用いるのはローテクなダイヤルロックだ。しかし、WeChat から直接利用できる唯一のプラットフォームという点で、これらの欠点を埋め合わせている。

Image Credit: Emma Lee
Image Credit: Emma Lee

Mobike は年末までに上海に10万台以上の自転車を導入する計画だと、設立者で CEO の Davis Wang(王曉峰)氏は10月にローカルメディアに語っている。Ofo の公式ウェブサイトによれば、同社は中国に20万台以上を保有しており、上海には2万台が走っているという。Xiaoming Bike のチームは、年末までに上海と広州に40万台を保有する予定だと明らかにした

これらの数字は筆者らの実体験とも合致している。Mobike は最も広範囲でみられ、徐家匯といったダウンタウンだけでなく嘉定、青浦、松江といった郊外もカバーしていた。Ofo と Xiaoming Bike は急速に拡大しているが、上海中心部を出ると見かけることはめったになかった。

サイクリング体験

Mobike はファッショナブルでクールなデザインで知られている。同社オリジナルのオレンジの自転車は頑丈で丁寧に組み立てられているが、走るには相当な労力を要する。上り坂で走らせるのは簡単ではない。それもそのはず、重量はなんと25kg、一般的な自転車の2倍の重さなのだ。17kg の Lite 版はずっと楽に乗れる。Xiaoming Bike は16kg で、スムーズなサイクリングが可能だ。調整可能なシートは大きな利点だろう。しかしサイクリングについていえば、軽量なフレームの Ofo が筆者らのお気に入りだった。

最寄り駅から数キロメートル以上のところに住んでいるのなら、バイクシェアリングは徒歩の良い代替手段となるだろう。しかし、上海の中心地域に住んでいない人にとっては当面は Mobike が唯一の選択肢になる。Mobike Lite を見かけたらラッキーだろう。ダウンタウン地域での長距離移動には、ペダルをこぐのがはるかに楽で、1時間単位課金の Ofo がベストチョイスだ。友人がたくさんいるなら Xiaoming Bike を選ぼう。4人招待して大幅ディスカウントを実現するのは難しくない。

バイクシェアリング市場は競争がより激しくなっていくだろう。これら企業は他社を先行するためにさらにペダルをこぐ必要がある。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

配車サービス競争を彷彿させる中国自転車シェアリング市場——Ofo(小黄車)がシリーズCで1.3億ドルを調達

SHARE:

中国で数十億ドル規模の配車サービス競争が終焉を迎える中、新たに資金を求めて自転車シェアリング業界が頭角を現している。 北京を拠点とする自転車シェアリングスタートアップの Ofo(小黄車)は本日(10月10日)、13ヶ月前にオンラインサービスを開始して以来5回目の資金調達ラウンドとなる1億3,000万米ドルのシリーズ C ラウンドを発表した。最新ラウンドには、2週間前に発表された配車サービス大手 D…

One of Ofo’s distinctive yellow bikes. Photo credit: Ofo’s Weibo.
Ofo(小黄車)の代名詞、黄色い自転車
Photo credit: Ofo(小黄車)のWeibo(微博)

中国で数十億ドル規模の配車サービス競争が終焉を迎える中、新たに資金を求めて自転車シェアリング業界が頭角を現している。

北京を拠点とする自転車シェアリングスタートアップの Ofo(小黄車)は本日(10月10日)、13ヶ月前にオンラインサービスを開始して以来5回目の資金調達ラウンドとなる1億3,000万米ドルのシリーズ C ラウンドを発表した。最新ラウンドには、2週間前に発表された配車サービス大手 Didi Chuxing(滴滴出行)に加え、中国のユニコーン Xiaomi(小米)、Shunwei Capital(=順為資本、Xiaomi=小米の設立者 Lei Jun=雷軍氏が共同設立したベンチャーキャピタル会社)とロシアの億万長者 Yuri Milner 氏といった新鋭投資家が参加している。

Ofo は中国で成長を見せる自転車シェアリング業界の一角をなし、ユーザは好きな場所で自転車を停めたりアプリを使って近くで使える自転車を検索したりすることができる。大学生を対象としているが、それもすぐに変化を遂げるかもしれない。

Ofo のスポークスマンは Tech in Asia に次のように話した。

現在、都市部で展開する計画はありますが、それと今回の資金調達ラウンドは関係ありません。

そうすると8月に1,000万米ドルを調達した Mobike(摩拜単車)と競合することになる。Mobike の設立者は、Ofo 最大の出資元である Didi の宿敵、Uber China の元幹部 David Wang(王偉)氏だ。

<関連記事>

まず投資、利益はあとから

Photo credit: Ofo.
Photo credit: Ofo.

中国で急速に成長を見せる自転車シェアリングビジネスは、昨年収束した配車サービス競争を彷彿させる。中国の配車サービス2社 Kuaidi Dache(快的打車)と Didi Chuxing(前 Didi Dache=滴滴打車)が互いを潰し合おうと多額の補助金を費やしたのだ。合併後も支配権をめぐる戦いは続いたが、それは Uber と Didi の間で起こったことだ。

Mobike と Ofo が争えば同じ轍を踏みかねない。配車サービス同様、自転車シェアリングでユーザに格安料金を提供できるか否かは投資家の資金にかかっている。例えば、Mobike のサービスではデポジット44.76米ドルと30分毎に15セントが課せられる。さらには、配車サービスとは異なりドックレスの自転車シェアリング業界は破壊行為や盗難といったかつてない課題に取り組まねばならない。

今回のラウンドで得た資金は Ofo チームの拡充とハードウェアの改良に活用される予定だ。同社プレスリリースによると、Ofo は自転車のアップグレードと Didi の配車サービスアプリに自社サービスを組み込む計画で Xiaomi と提携している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Didi Chuxing(滴滴出行)が自転車シェアリング計画を発表、しかし中国での勝算はあるのだろうか?

SHARE:

中国で急成長を遂げる配車サービスの Didi-Uber(滴滴出行-優歩)が、(乗り捨て可能な)ドックレススマート自転車会社の Ofo(共享単車)に数千万米ドル規模の戦略的投資を行い、自転車シェアリングサービスを同社の強大なプラットフォームに加えようとしていることを発表した。 ライドシェアリング企業の同社にとって、バスから運転代行までのサービスを既に提供しているプラットフォームに自転車シェアリングが…

123-1440x961

中国で急成長を遂げる配車サービスの Didi-Uber(滴滴出行-優歩)が、(乗り捨て可能な)ドックレススマート自転車会社の Ofo(共享単車)に数千万米ドル規模の戦略的投資を行い、自転車シェアリングサービスを同社の強大なプラットフォームに加えようとしていることを発表した。

ライドシェアリング企業の同社にとって、バスから運転代行までのサービスを既に提供しているプラットフォームに自転車シェアリングが加わるという未来は難なく予想できていた。この投資を発表した際に Didi は、都市部のライドシェア共同事業において「弊社のプラットフォームで優れた自転車シェア体験を提供すること」も計画している、と述べている。

多数の自転車を確保しておくような従来の公共自転車システムとは異なり、Ofo は世界初のドックレス自転車シェアサービスだとしている。北京大学の5人の学生によって設立された同社は、Uber のようなアセットライトアプローチをとっている。ユーザが自分の自転車を Ofo に寄付すると、Ofo にある自転車を無制限で利用できるシステムだ。

しかしながら、Ofo は Didi プラットフォームで存在感を発揮すべく準備万端とまではいかないようだ。人目を引く Ofo の黄色い自転車は現在のところ一部の大学キャンパスでの利用に限られており、学生 ID で登録しなければならない。そして自転車は学内でしか乗り捨てられないのだ。Ofo の広報担当者によると、キャンパス外に利用エリアを広げるという具体案はなく、その場合は「広範に及ぶ要因」を熟考する必要があると語った。

せっかちな投資家からの膨大な資金がこの夢のようなモデルを早く実現させろと急かすにも関わらず、Ofo が怖気づいている理由は簡単である。

まず、Ofo の利用料は毎分0.01人民元かつ1キロメートルあたり0.04人民元(つまり、5時間で5キロメートル乗車した場合3.2人民元、50米セント未満の計算になる)で、Mobike(摩拜単車)の1時間あたり2人民元(0.30米ドル)よりだいぶ安く、採算が取れるのか既に疑わしい

自転車シェアが話題になったこの数ヶ月、ユーザの反応は全く楽観的なものではなかった。サドルの高さは変えられず、QR コードを使った自転車解錠ではシステムエラーが起き、徒歩圏内に自転車が全く見つからず、自転車を持って階段を上がろうにも非常に重い。控えめに言ってもユーザの忍耐はもう限界の域にまで来ている。

Mobikes, which has taken multiple cities by storm, suffer vandalism and are piled to be sold as scrap metal.
多数の都市で人気を得たものの、心無い破壊行為に遭い、積み上げられ金属スクラップ行きとなった Mobike(摩拜単車)の自転車

ユーザから集めた自転車プールによって調達コストを削減している Ofo を正当に評価する必要はあるが、決して理想的とは言い難い社会において、彼らのモデルはグレシャムの法則の典型例になってしまうかもしれない。誰が多段変速マウンテンバイクと、乗るたびに2人民元かかるガタの来た古い自転車を交換しようとするだろうか?現在一番安い自転車でもおよそ500元(75米ドル)するというのに、たとえ中古でも自分の自転車を自転車シェアリングサービス「永年会員」のために差し出すのが割に合うと言えるだろうか?

自転車の経年劣化や悪意を持った破損行為は言うまでもない。中国の一人当たり GDP がおよそ8,000米ドルというのは悲惨かつ信じがたいが、自転車の中には解錠のための QR コードが消されていたり、南京錠が掛けられていたり、金属スクラップとして売るために盗まれたりしているものもある。これらの自転車がテックに貢献しようとしても、低い民度を打ち破ることはまだできていないのだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】