BRIDGE

タグ Mobingi

クラウド自動化のMobingi、AWSの費用を組織単位で細分化管理できるツール「Mobingi Ripple」をリリース

SHARE:

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は29日、AWS(Amazon Web Services)の費用を組織単位で細分化管理できるツール「Mobingi Ripple」をリリースした。Amazon EC2 リザーブドインスタンス、クレジット、リファンドなど複数のアカウント間でブレンドされてしまう金額を、独自の集計方法により的確に振り分けることが可能。Mobingi では、企業の一契約の中…

Mobingi Rippleクリックして拡大
Image credit: Mobingi

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は29日、AWS(Amazon Web Services)の費用を組織単位で細分化管理できるツール「Mobingi Ripple」をリリースした。Amazon EC2 リザーブドインスタンス、クレジット、リファンドなど複数のアカウント間でブレンドされてしまう金額を、独自の集計方法により的確に振り分けることが可能。Mobingi では、企業の一契約の中で複数の部署単位でのコスト管理が必要な場合や、MSP(Managed Service Provider)などが顧客のクラウドリソースを預かって運用している場合の顧客単位の料金請求への利用を期待している。

従来、前出したようなコスト管理や請求金額の細分化が必要な場合、AWS から必要となるデータを CSV ダウンロードし、それらを手作業で振り分けて計算する必要があった。Mobingi Ripple を使うことで、この整理算出に必要な作業が自動化され、エンドユーザにはクラウド環境の可視化ツール「Mobingi Wave」のダッシュボードを通じて閲覧してもらうことができる。

Mobingi Wave(クリックして拡大)
Image credit: Mobingi

Mobingi Ripple はもともと Mobingi が社内ツールとして開発していたものだが、このツールのことを MSP であるスカイアーチネットワークスの担当者に話したところ、スカイアーチにもエンドユーザ向けに AWS 料金を細分化管理するニーズがあることが判明し、Mobingi Ripple として製品化することが決まった。スカイアーチネットワークスでは、エンドユーザから預かっているリソースとして数百以上の AWS アカウントを管理しており、Mobingi Ripple を導入することで、担当営業の目視確認など従来必要だった作業工数の3分の2を削減できると見積もっている。

Mobingi では今後、ユーザの需要推移を見ながら、GCP(Google Cloud Platform)や Microsoft Azure など他のクラウドサービスへの対応についても検討する。また、年内には、例えば「リザーブドインスタンスをどれだけ契約すれば、より安いコストで運用できるか」など、コスト削減に役立つアドバイスができる機能なども追加実装したいとしている。

<関連記事>

クラウド自動化「Mobingi」の創業者Wayland Zhang(張卓)氏が語る、日本でスタートアップを始める最速の方法【ゲスト寄稿】

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。 Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。 彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を…

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。

Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。

彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を主宰し、日本のスタートアップ・コミュニティに投資家・起業家・メンターとして深く関与しています。


Platform as a Service(PaaS)はこれまで、アメリカで難しいスタートアップビジネスモデルだったが、Mobingi の創業者で CEO の Wayland Zhang(張卓)氏は、日本で PaaS を受け入れてもらえるようにする方法を見つけた。彼のアプローチは、日本の技術バイヤーが持つユニークな特徴とユニークな性格の両方を取り入れたものだ。

Zhang 氏は、おそらく日本にいる外国人としては、最速でスタートアップを立ち上げる記録となった話を聞かせてくれた。東京に来て2ヶ月後、まだ日本語も話せないのに、あるスタートアップアイデアに決意し、日本人共同創業者を見つけ、日本で最も競争率が高いスタートアップアクセラレータの一つに参加が認められたのだ。

興味深い対談なので、お楽しみいただけると思う。

Wayland Zhang(張卓)氏

Tim:

Mobingi の事業は、具体的には何でしょうか?

Wayland:

企業がクラウド上でアプリを管理しやすくします。我々のプラットフォームは、クラウドアプリのワークフローを自動化し、ユーザがシンプルな Web 画面を使ってリソースを設定できるようにします。

Tim:

AWS や Azure には既に Web 画面がありますよね、何が違うのでしょう?

Wayland:

まず、Mobingi はもっとシンプルで、特定のクラウドの操作に必要な専門知識が要らないということです。エンジニアはまだ複雑なコマンドを使うことを求められる一方、Mobingi ではその必要がありません。第二に、Mobingi を使えば AWS のスポットインスタンスの割当を自動化することができるので、自動的に必要なときにアプリの移動ができます。これにより、お客様が支払うコストを最大80%程度削減できます。

Tim:

Mobingi が魅力的な理由がわかりました。その節約できるコストというのは、Mobingi に支払うコスト以上なのでしょうね?

Wayland:

そうです。実際のところ我々の価格は、お客様が節約できるコストの15%と同額です。

Tim:

このプラットフォームは販売しやすそうですが、当初は難しかったとおっしゃっていましたね。

Wayland:

最大の問題は、お客様に Docker コンテナを使ってもらう必要があることでした。Docker はアメリカでは標準的ですが、日本企業は DevOps 文化を取り入れるのに時間がかかっています。

Tim:

それはなぜだと思いますか?

Wayland:

日本企業は、コンプライアンスを大変気にするからです。もし、明らかなセキュリティの問題があれば、それを直そうとするでしょう。しかし、日本企業はこれまでの手順を踏襲できると確信したいと考えるので、これが新しいイノベーションの紹介を難しくしたり、特定の問題が今は解決されないまでも、長期的にはセキュリティ問題が解決される小さな改善を難しくしたりしています。DevOps に心血を注ぐプログラマの小さなコミュニティもありますが、たいていの企業では一般的な存在にはなっていません。

Tim:

そのような問題をどうやって解決したんですか?

Wayland:

我々のお客様の多くは、新しい技術を好んで試そうとするスタートアップです。富士通のようなエンタープライスの顧客もいますが、DevOps ツールの使い方を教えるために、彼らのエンジニアリングチームには、しばしば緊密に連携する必要があります。この対応はシリコンバレーの SaaS スタートアップにはクレイジーに見えるでしょうが、日本でのビジネスでは、とにかくフェイス・トゥ・フェイスで多くのミーティングを求められることが多く、これが日本ではしっくりくるということです。

<関連記事>

Tim:

日本に来た多くの外国人は、ビジネス文化のそういった側面に驚かされますね。Web でモノを売るのに、しばしばフェイス・トゥ・フェイスが重要になる。Wayland さんは、デジタルガレージの Open Network Lab と 500 Startups という、日米両方のアクセラレータに参加されました。両者の内容は似ていましたか?

Wayland:

Open Network Lab に参加したのは、私が日本に来て2ヶ月目でした。人脈を作り、自信を持つために参加したのです。多くの人に会いましたが、私は日本語を話さず共同創業者が学びの多くを得たので、私は Open Network Lab についてはコメントできません。共同創業者と私は、サンフランシスコの 500 Startups で多くを学びました。しかし、どちらのプログラムにおいても、プログラムからよりも、(プログラムに参加した)仲間のスタートアップ起業家からの方が多くを学べると思います。

Tim:

富士通のアクセラレータにも参加されましたね? それは似ていましたか?

Wayland:

違ったものでした。富士通のアクセラレータは、富士通が協業するスタートアップを見つけるためのオープンイノベーションプログラムでした。ビジネスの方法を教えてくれるということはなく、我々を富士通の関連企業や部署につないでくれるというものでした。それで結果として、富士通は我々の主要な顧客になってくれました。

Tim:

中国でもいくつかビジネスを成功させていますね。どうして日本に来て会社を始めたのですか?

Wayland:

もちろん、日本は安全で、食べ物も美味しく、住みやすいということもありますが、本当の理由は私の妻が日本人で、日本に戻りたがっていたからです。日本語を話さない外国人である私は、普通の職には就けませんでした。スタートアップを創ることが、基本的に唯一の選択肢だったわけです。

Tim:

なるほど。しかし、日本に来て2ヶ月後に会社を作ったわけですね。そんなにすぐに共同創業者が見つかりましたか?

Wayland:

ラッキーでした。私の友人がデジタルガレージで働いていて、彼が共同創業者である堀内氏(堀内康弘氏。gumi 元 CTO、AWS 元エバンジェリスト)を紹介してくれたのです。彼は日本の IT 業界で極めて有名な人物です。堀内氏は Mobingi のアイデアに興味を持ってくれ、それを実現できると確信してくれました。彼の努力で、素晴らしいエンジニアリングチームを集めることもできました。

Tim:

日本に来て会社を作った外国人の立場から、最も驚いたことは何でしょう?

Wayland:

日本のビジネスパートナーや従業員の誠実さですね。中国のスタートアップ社内で、信頼関係というものはほとんどありません。プログラマがコードを盗み、従業員がお金を盗むということでさえ、よくある話です。したがって、多くのことを秘密にしなければならない。日本では、あまり心配することではありません。従業員は家族のように、共に仕事をしてくれるからです。


日本でいくつかの会社を創業した外国人として、私も日本企業における信頼関係のレベルには感心させられる。それは企業と従業員の間だけではなく、企業対企業の間においてもだ。日本企業は、アメリカ企業や中国企業に比べ契約を破棄するケースがかなり少ないし、ビジネスを一度始めれば納入業者を変えることもあまりない。

これこそ日本企業が素晴らしいお客様になる理由であるが、同じ理由から彼らに最初の契約にサインしてもらうのが大変難しいのも事実である。

クラウド自動化のMobingi、シリーズAラウンドで既存投資家から2.5億円を調達——運用自動化プラットフォーム「Mobingi Wave」を開発へ

SHARE:

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は今日、シリーズAラウンドで既存投資家である Draper Nexus とアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達したと明らかにした。同社は2016年2月にも両社からシードラウンドで数千万円を調達しており、今回はそのフォローオン出資となる。この調達に伴い、今回のラウンドのリードインベスターを務めた Draper Nexus の倉林陽…

左から:Draper Nexus 倉林陽氏、Mobingi 取締役の堀内康弘氏、創業者で CEO のWayland Zhang(張卓)氏、マーケティング担当の望月玲那氏、アーキタイプ・ベンチャーズの福井俊平氏

クラウド自動化スタートアップの Mobingi は今日、シリーズAラウンドで既存投資家である Draper Nexus とアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達したと明らかにした。同社は2016年2月にも両社からシードラウンドで数千万円を調達しており、今回はそのフォローオン出資となる。この調達に伴い、今回のラウンドのリードインベスターを務めた Draper Nexus の倉林陽氏が、Mobingi の社外取締役に就任する。

Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するプラットフォーム。運用に特化したエンジニアを配置確保しにくい中小企業を対象に、エンジニアらが開発作業などに注力しやすい環境を提供する。今回は調達した資金を用いて、既に提供しているクラウドサービスへのアプリケーション構築を自動化するプラットフォーム「Mobingi ALM(Application Lifecycle Management)」の開発運用体制を強化し、さらに、今夏には、アプリケーションのクラウド上での運用を自動化するプラットフォーム「Mobingi Wave」をリリースすることを明らかにした。Mobingi が提供するこれら一連のプラットフォーム・サービスは、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、富士通 K5、Amazon Web Services、OpenStack ベースのプライベートクラウドサービスと互換性がある。

今夏のローンチに向け、開発中の「Mobingi Wave」のダッシュボード画面(クリックして拡大)

Mobingi の創業者で CEO の Wayland Zhang(張卓)氏によれば、今年からは、ミートアップやセミナーへの参加、業界カンファレンスへの登壇や出展を通じて、日本の中小企業向けのマーケティング活動を強化したいとのこと。また、現在はクライアントの多くが日本企業だが、年内には中国企業へのサービス提供を始め、クラウドコンピューティングを活用する中国企業からの売上を確保したいと抱負を述べた。

Mobingi は Open Network Lab 第9期および500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加。2015年1月にシードラウンドでデジタルガレージから200万円、同年11月に500 Startupsから12.5万ドルアーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を調達しており、今回の調達を受けて、これまでの調達金額の合計は3億円を超えると見られる。

クラウド自動化のMobingi、アーキタイプとDraper Nexusから数千万円を追加調達

SHARE:

昨年11月、クラウド自動化の Mobingi は 500 Startups から12.5万ドルを調達していたことを明らかにしたが、これから程なくして、アーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を追加調達していたことが明らかになった。いずれの調達もシードラウンドで、昨年1月のデジタルガレージからの200万円とあわせると、同社のこれまでの調達額は数千万円台中…

mobingi_featuredimage

昨年11月、クラウド自動化の Mobingi500 Startups から12.5万ドルを調達していたことを明らかにしたが、これから程なくして、アーキタイプ・ベンチャーズと Draper Nexus Ventures から数千万円を追加調達していたことが明らかになった。いずれの調達もシードラウンドで、昨年1月のデジタルガレージからの200万円とあわせると、同社のこれまでの調達額は数千万円台中ほどに上ると見られる。

Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するプラットフォーム。運用に特化したエンジニアを配置確保しにくい中小企業を対象に展開し、エンジニアらが開発作業などに注力しやすい環境を提供する。

Open Network Lab 第9期から輩出され、2014年10月には Slush 東京予選に出場。現在は、10月13日から開始された 500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加している。同社によれば、月あたり300%の成長率を遂げ、今年3月時点で利益を3万ドルと見込んでおり、2016年の年間収益は120万ドルに達するとしている。

クラウド自動化のMobingiが、500 Startupsから12.5万ドルを調達——堀内氏や吉田氏ら、クラウドエキスパートがジョイン

SHARE:

東京とシリコンバレーを拠点とする、クラウド自動化プラットフォームの Mobingi は、500 Startups から12.5万ドルを資金調達したと発表した。あわせて、10月13日から開始された 500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加していることが明らかになった。 Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用…

mobingi-team
Mobingi のチーム。左から、Wayland Zhang(張卓)氏、吉田真吾氏、David Siaw 氏、堀内康弘氏、望月玲那氏

東京とシリコンバレーを拠点とする、クラウド自動化プラットフォームの Mobingi は、500 Startups から12.5万ドルを資金調達したと発表した。あわせて、10月13日から開始された 500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加していることが明らかになった。

Mobingi は AWS(Amazon Web Services)に代表されるクラウドサービスの、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するプラットフォーム。運用に特化したエンジニアを配置確保しにくい中小企業を対象に展開し、エンジニアらが開発作業などに注力しやすい環境を提供する。

Mobingi CEO の Wayland Zhang(張卓)氏によれば、将来的には AWS 以外にも Microsoft Azure、Softlayer、Google Cloud Platform などのクラウド環境にも対応させるが、当面は AWS に特化し、AWS のユーザコミュニティなどを通じてサービスの浸透を図っていくとのことだ。これまでに、Mobingi は、ヤマダ電機、デジタルガレージ、大学出版センター、CMS 導入コンサルティングのデジタルキューブ、ゲーム開発の G&D など有名企業にも導入実績がある。

ss_dashboard
Mobingi のデプロイ画面
ss_dashboard_en
Mobingi のダッシュボード

Mobingi は、Open Network Lab 第9期から輩出されたスタートアップ。昨年10月に Slush Asia 東京予選に出場した後、今年1月デジタルガレージから200万円のシードラウンド調達に成功している。サービスの開発を進める上でさらなる資金調達を模索していたが、クラウドや SaaS 分野への調達が日本国内では難しいとの判断から、アメリカでの資金調達を決意し Mobingi Inc. を設立した。開発チームの多くは東京のオフィスを拠点に活動している。

Mobingi を構成するメンバーの顔ぶれも豪華だ。CEO の Wayland Zhang はトロント大学を卒業後、カナダ最大のオンライン広告プラットフォーム Clicksor.com に入社。その後、シリアルアントレプレナーに転身し、北京などで複数回の起業を経験している。元 gumi CTO で AWS のエバンジェリストとして知られる堀内康弘氏は、これまで Mobingi のアドバイザーを務めていたが、今回の資金調達とあわせ取締役に就任した。cloudpack のサービスで知られる AWS 導入企業アイレット出身の吉田真吾氏も、シニアアドバイザーとして Mobingi のチームに加わった。

Mobingi の技術チームの説明によれば、Mobingi の機能を特に特徴づけるのは、データベースのクラスタリングの機能なのだそうだ。ウェブアプリのロードバランシングは、クラウドサービスでも比較的に簡単に実装できる一方、データベースのクラスタリングは導入や設定の手順に手間と時間がかかる。Mobingi によってこの作業がかなり簡略化され、エンジニアはサービスの耐障害性やパフォーマンスを確保しやすくなる。

Mobingi では企業向けの Mobingi 以外に、サービスのマーケティングを意図して、個人デベロッパ向けのフリーミアムな PaaS(platform as a service)として、moCloud も展開している。

moCloud の画面
moCloud の画面

The AWS Japan Mafia

このところ、AWS Japan 出身のエバンジェリストや技術者による、起業やスタートアップへの転身が目立つ。この機会に、Mobingi をはじめとする、AWS Japan 出身者の去就を以下に簡単にまとめてみた。

情報に協力いただいた堀内氏によれば、クラウド関連のスタートアップに転職したり、大企業内でクラウド関連の部署に転籍したりするなど、クラウド関連人材のエコシステムが回り始めていると言えるのではないか、とのことだ。

aws-japan-mafia-nov2015
クリックして拡大