BRIDGE

タグ monetize

位置情報連動ソーシャルアプリ「Momo(陌陌)」、顔文字と有料会員制を導入しマネタイズを開始

SHARE:

位置情報を利用したソーシャルアプリMomo(陌陌)のバージョン4.0がリリースされた。顔文字のマーケットと有料会員制を導入し、明らかに収益化を目指している。 顔文字というと読者はLINEを思い浮かべることと思う。日本発のこのメッセージアプリは、2013年第1四半期だけで顔文字により1700万米ドルを売り上げている。会員制は中国では有効性が証明されているモデルで、ほとんどすべての種類のインターネット…

Momoemoitcon

位置情報を利用したソーシャルアプリMomo(陌陌)のバージョン4.0がリリースされた。顔文字のマーケットと有料会員制を導入し、明らかに収益化を目指している。

顔文字というと読者はLINEを思い浮かべることと思う。日本発のこのメッセージアプリは、2013年第1四半期だけで顔文字により1700万米ドルを売り上げている。会員制は中国では有効性が証明されているモデルで、ほとんどすべての種類のインターネットサービスが収益化のために採用しており、依然として優れたビジネスモデルと考えられている。

会員パッケージには12個の特典がある。例えば、会員はフォローできるユーザ数が多く、またチャットグループの定員も多い。料金は月額12元(約1.9米ドル)、あるいは3ヶ月で30元だ。1年利用する場合この方が安くなる。

また、パッケージには無料や割引された顔文字が含まれている。もちろん、さらに多くの顔文字を購入したければ直接買うこともできる。購入の利便性を高めるために仮想通貨のMomo Coin(陌陌幣)が導入されている。最も高価な絵文字は約12元(会員は10.8元)で筆者には非常に高いよう思われるが、中国のユーザがQQ Show(QQ秀)の仮想コスチュームや、Tencent(騰訊)のQQ IM用に作成されたアイテムに数百元を費やしていることを思い出した。またLINEを見れば、このモデルが正しいことがわかるだろう。

Momoがローンチされたのは2011年の8月で、今年の3月にユーザ数が3000万人を到達したと発表した。同社は、2011年にMatrix Partnerから250万米ドル、2012年8月にシリーズBラウンドでAlibaba Group(阿里巴巴集団)、DST、Matrix Partnersより4000万米ドルを調達している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

WeChat(微信)のトップが「マネタイズはオフィシャルアカウントのプラットフォームから 」と語る

SHARE:

【原文】 WeChat(微信、中国語でWeixin)部門のトップでTencent(騰訊)の副総裁である張小龍(Allen Zhang)氏が、あるインタビューの中で、超人気モバイルアプリのWeChatに世間とメディアが広く憶測している事柄、なぜ同サービスのiPad版がないのか、などについて語っている。 もちろん、マネタイズの問題は避けられないトピックだ。だが同氏は、Tencent(騰訊)のCEO、P…

【原文】

wechat

WeChat(微信、中国語でWeixin)部門のトップでTencent(騰訊)の副総裁である張小龍(Allen Zhang)氏が、あるインタビューの中で、超人気モバイルアプリのWeChatに世間とメディアが広く憶測している事柄、なぜ同サービスのiPad版がないのか、などについて語っている。

もちろん、マネタイズの問題は避けられないトピックだ。だが同氏は、Tencent(騰訊)のCEO、Pony Ma(馬化騰)氏がWall Street Journal紙に先日語ったソーシャルゲームやマイクロ決済サービスについては触れなかった。

オフィシャルアカウントのマネタイズ

「オフィシャルアカウントのプラットフォームをなぜ作るのか?それは、マネタイズの可能性があるからです。うまく機能するば、マネタイズできるだけでなく、ユーザを悩ませることもありません。むしろ、(オフィシャルアカウントのユーザが)喜んでサービスにお金を払ってくれるようになることです。マネタイズするには良いアプローチです。」

オフィシャルアカウントのプラットフォーム自体はうまく機能している。一握りほどのオフィシャルアカウントユーザが毎日読者に送られる記事の中にディスプレイ広告を掲載し始めている。同プラットフォームでソーシャルマーケティングを行おうとしているブランドも、消費者と交流するための良いツールだと見ているし、WeChatからのトラフィックで実際に商品を買う顧客が出てきたと言う販売店もある。

報道によると、Sina Weiboも、Weiboアカウントにリッチメディアの投稿を配信するというWeChatと同様のプラットフォームをテストしているようだ。だが、これについては、WeChatのオフィシャルアカウントプログラムでSinaがプレッシャーを感じていると見られている。

Zhang氏はマネタイズをどのようにして行うかについては述べていないが、

「マネタイズとユーザエクスペリエンスが対立することは望んでいません。マネタイズは必ずユーザエクスペリエンスを傷つけてしまいます。ですが、マネタイズの可能性はありますし、それが私たちのゴールです。」

とだけ語った。

すべてのアクセスに「Shake(シェイク)」機能を

wechat shake

先月ローンチされた最新バージョンのWeChat 4.5には、ミュージックソングを検索するための「Shake」機能が追加された。この機能は、Shazamのようなミュージック認識サービスのようなものだが、シェイクジェスチャーを利用している。

以前のバージョンでは、ユーザ同士が携帯電話をシェイクして出会うことができたり、PCからのウェブページ送信をこのシェイク機能を使ってできるようにしている。

Zhang氏は、この「シェイク」を使えば、ユーザは何も入力する必要がないため、モバイルインターネット環境にうまくフィットしていると考えている。同氏は、このシェイク機能についていくつかのシナリオを述べている。

例えば、1.ユーザが、あるTV番組を見ている時に携帯をシェイクすれば、そのTV番組のWeChatオフィシャルアカウントが表示される。2.ある広告の詳細な情報がシェイクによって携帯電話に送信される、などだ。

なぜiPad版がないのか?

「iPadはどちらかと言うとWiFi環境で使われることが多いのです。ですから、iPadを使ってWeChatにログインするユーザは、誰かが送ってくれたメッセージを即座に受け取れないことがあります。そういうことは、とても不愉快に違いありません。

『常にオンラインでいる』というメリットがなくなってしまいます。ですが、だからといって、私たちがiPad版を作らないと言うわけではありません。私たちがiPad版を作る時というのは、別のデバイス用にまたもう1つ作ろうというのではなく、iPad版を作る意義をしっかりと考えた上で判断した時です。」

WeChatとは?

「あなたがWeChatをどう使うかによって、それがあなたにとって何であるかが決まります。」

とZhang氏は語っている。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

アプリをマネタイズする黄金律とは? アジア圏でアプリの収益を向上させるための4か条

SHARE:

【原文】 この記事の著者、Davin Yin氏はvserv.mobi社ビジネス開発部門のゼネラルマネージャーで、東南アジアモバイルアプリケーションデベロッパーパートナーシップの責任者を務めている。VservのAppWrapperソリューションは、ワンクリックでアプリのマネタイズができるシンプルなツールをデベロッパーに提供している(情報開示:Vservは私たちが昨年開催したBandung Hacka…

【原文】

この記事の著者、Davin Yin氏はvserv.mobi社ビジネス開発部門のゼネラルマネージャーで、東南アジアモバイルアプリケーションデベロッパーパートナーシップの責任者を務めている。VservのAppWrapperソリューションは、ワンクリックでアプリのマネタイズができるシンプルなツールをデベロッパーに提供している(情報開示:Vservは私たちが昨年開催したBandung Hackathonイベントのスポンサーだった)。


4 Golden Rules to Monetize Your Apps

世の中は”アプリ化”している。アプリはモバイルインターネットのエコシステムを発展させ、モバイル上のメディア・エンタメ・ユーティリティの大きな形体の1つになっている。その結果、デベロッパーがイノベーションのサイクルを発展させると同時に、成功するマネタイズ戦略を考えることも重要となっている。

Gartnerは、アジア太平洋地域におけるモバイル広告産業は2011年の16億ドルから2015年には69億ドルに成長すると予測している。ということは、デベロッパーにとっては、自身の開発アプリの収益を最大限に引き上げる大きなチャンスがあるということだ。

そのことをふまえ、アプリのデベロッパーとパブリッシャーが考慮すべき、アプリマネタイズの黄金律4か条を紹介しよう。

1.適切な広告配置戦略を決める

理想的なロイヤルユーザベースを構築するには広告の配置場所と、広告の形式を適切に組み合わせることが重要だということをアプリのデベロッパーは必ず理解しなければならない。広告がアプリのユーザエクスペリエンスに影響を与えないようにすることが鍵だ。自分が開発したアプリをお気に入りの雑誌に例えてみよう。

人目のつきやすさ、収益の最大化という観点から見て、最も効果のあるスペースは最初と最後のページだ。同じ方法を自分のアプリでもやってみたらどうだろうか?ゲームの開始と終了時の広告は非常に効果的で人目につきやすい。

しかも、広告主はそういう場所での広告に進んで料金を払おうとするので、通常よりも高い収入を得ることができる。さらに、ゲームのレベルごと、もしくはアプリの使用中に自然に発生する小休止ごとに表示される断続的な広告の成果も高くなる傾向にある。

2.料金請求の課題を克服する

先進国市場とは異なり、新興国市場(アジア諸国の大部分がそうである)では独特の課題を抱えている。東南アジア諸国全域のモバイル普及率は100%以上(情報ソース:BMIのQ2 2012とPwC の分析による)なのだが、クレジットカードの普及率はわずか1桁台となっている。

このクレジットカードの普及率の低さに、1人あたりの国内総生産の低さも加わり、OEMのアプリストアを通じたアプリ内購入は新興国市場では現実的に可能なマネタイズモデルとはならないだろう。

これらの市場のユーザには、アプリにお金を払うための料金請求メカニズムがないのだから。この基本的な問題を克服し、ユーザに手軽にアプリの利用料金が払えるようにするには、デベロッパーがモバイル通信企業と提携しアプリ利用料金をモバイル通信企業の請求書に組み込むことが不可欠だ。そうすることで、ユーザはモバイルのプリペイド残金や請求書による後払いを利用しアプリストアで買い物ができるようになる。

3.従来のマネタイズモデルを越える

アプリのデベロッパーは理想的なアプリ戦略のために包括的なマネタイズモデルを持つ必要がある。理想的なアプリ戦略とは、アプリ(をアップグレードをしたり、広告表示をなくしたりすること)に積極的に料金を払おうとするユーザにターゲットを絞ると同時に、無料アプリのダウンロードを好むユーザ(主に新興国市場)にも配慮するというものだ。

これらを合わせ持った戦略によって、アプリのデベロッパーはユーザ獲得数と収益という面で最善の結果を得ることになる。この理想的なモデルによって、ユーザはアプリを無料でダウンロードができ (そう、フリーミアム) 、デベロッパーは広告を通じマネタイズを始めることができる。と同時に、プレミアム体験を望むユーザはその無料アプリ内でアップグレードができる。

そうすることで、デベロッパーはアプリ内の広告でマネタイズする幅広い数多くのユーザにアクセスすることができ、アップグレードにお金を払うユーザからもさらに収益を得ることができる。

4.適切な広告業者のプラットフォームを選ぶ

アプリのデベロッパーは、アプリにはウェブサイトと同じレベルの柔軟性がないことを認識する必要がある。いったんアプリがダウンロードされると、アプリのアップデートはユーザ次第となる。だから、デベロッパーがアプリに1つのSDKを入れるだけでは、マネタイズが上手くいかず、行き詰まってしまう。

なので、デベロッパーが選択もでき、管理もできるサーバーサイドで広告業者のプラットフォームを利用することをお勧めする。このプラットフォームは、広告ネットワークを追加/編集したり、好みの複数の広告ネットワークから収入を得ることができるオプションも提供しているはずだ。

それと同時に、1つ1つ個別に設定するという厄介な作業をせずに確実に高いフィルレート(広告表示率)を得るために、その他の多くの広告ネットワークからのフィルレートを入手できるオプションを得る必要がある。また、クロスプロモーション広告もすることができるはずで、そうすれば、強力なeCPMを得ると同時に、次のアプリの手はずを素早く整えることができるだろう。

この黄金律4か条に従えば、アプリの収益をより向上できるはずだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------