THE BRIDGE

タグ MONOフェス

香りによる新たなコミュニケーションの提供を目指すデバイス「Scentee」 #monofes3

SHARE:

先週末の土曜日、2月15日はものづくりとITを中心としたスタートアップの祭典「SAMURAI MONO FESTIVAL」が開催された。前日、大雪が猛威をふるい交通アクセスが悪くなっているにもかかわらず、会場のテレコムセンターには多くの観客が足を運んでいた。 会場の展示スペースでは様々な企業が出展していた。その中で見かけたのが着パフが開発しているガジェット「Scentee」だ。 「Scentee」…

先週末の土曜日、2月15日はものづくりとITを中心としたスタートアップの祭典「SAMURAI MONO FESTIVAL」が開催された。前日、大雪が猛威をふるい交通アクセスが悪くなっているにもかかわらず、会場のテレコムセンターには多くの観客が足を運んでいた。

会場の展示スペースでは様々な企業が出展していた。その中で見かけたのが着パフが開発しているガジェット「Scentee」だ。

_MG_8874

「Scentee」は、スマホのイヤホンジャックに挿し、香りを噴霧するデバイス。着ハフは昨年1月にクラウドファンディングサイトのCAMPFIREで資金を集め、同年2月に開催された「SF Japan Night」に参加している。

「Scentee」はガジェットともに、着パフが開発する、Facebook上でのいいね!やメッセージを香りとデバイスの7色のLEDで通知してくれるアプリと共に利用することで新しい感覚体験を提供しようとしている。

匂いの出るシーンの設定をアプリ上から実施し、匂いのカートリッジを変更することで、匂いも変更することが可能だ。

デバイスのカバーを外した様子。ここでカートリッジを入れ替える。
デバイスのカバーを外した様子。ここでカートリッジを入れ替える。

「Scentee」は現在、Amazonから購入することができる。今後卸先なども開拓し、販路を拡大する予定だという。着パフは単なる匂い関連のガジェットを提供していくのみではなく、匂いに関するプラットフォームの構築を目指していくという。

今後、着パフがどのような動きを見せるのか楽しみだ。



----------[AD]----------

ITとモノづくり会社の合作!簡単に被写体の360度画像が撮影できるガジェット「くるみる」 #monofes3

SHARE:

先週末の土曜日、2月15日はものづくりとITを中心としたスタートアップの祭典「SAMURAI MONO FESTIVAL」が開催された。前日、大雪が猛威をふるい交通アクセスが悪くなっているにもかかわらず、会場のテレコムセンターには多くの観客が足を運んでいた。 会場の展示スペースでは様々な企業が出展していた。「くるみる」はそんな出展ブースで見かけたプロダクトの1つだ。 「くるみる」は土台とセットにな…

先週末の土曜日、2月15日はものづくりとITを中心としたスタートアップの祭典「SAMURAI MONO FESTIVAL」が開催された。前日、大雪が猛威をふるい交通アクセスが悪くなっているにもかかわらず、会場のテレコムセンターには多くの観客が足を運んでいた。

会場の展示スペースでは様々な企業が出展していた。「くるみる」はそんな出展ブースで見かけたプロダクトの1つだ。

_MG_8850

「くるみる」は土台とセットになった回転するアームにiPhoneをセットすると、被写体の360度画像が簡単に撮影できるプロダクトだ。ニットーが回転アームの部分を、アプリ開発を日立グループのIT企業・日本コンピュータ開発が担当している。

「SAMURAI MONO FESTIVAL」のテーマである、ものづくりとITがうまく手を取り合って生まれたプロダクトだ。360°の角度から閲覧できる写真が容易に撮影可能になれば、コマースサイトへの出品状況も変化するかもしれない。

content_howtouse

物撮りが可能なタイプの他にも、人物の撮影ができる「フープスタイル」や、車やバイクを撮影できる「カートスタイル」の撮影システムも開発中だという。

そんなガジェット「くるみる」の製品化支援プロジェクトがクラウドファンディングサイト「zenmono」で掲載されている。

以下はガジェットの紹介映像だ。



----------[AD]----------

ITとものづくりベンチャーの祭典「MONOフェス」第三回が2月15日(土)に開催

SHARE:

「ものづくりベンチャー」と「ITベンチャー」の祭典『SAMURAI MONO FESTIVAL(通称 MONOフェス)』が、2014年2月15日(土)に東京お台場のテレコムセンタービルで開催される。 サムライインキュベート(SSI)が主催するこのイベントは、ものづくりとITのコラボレーションを促進させることを目的としており、今回で第3回めの開催となる。 車、ウェアラブル、アートから町工場まで 会場…

1075418_638672066196681_757304695_o

「ものづくりベンチャー」と「ITベンチャー」の祭典『SAMURAI MONO FESTIVAL(通称 MONOフェス)』が、2014年2月15日(土)に東京お台場のテレコムセンタービルで開催される。

サムライインキュベート(SSI)が主催するこのイベントは、ものづくりとITのコラボレーションを促進させることを目的としており、今回で第3回めの開催となる。

車、ウェアラブル、アートから町工場まで

会場はテレコムセンタービルの1階と14階MONO (工作設備の備わったコワーキングスペース)の2会場を使い、数多くのゲストを招きトークセッションなどが行われる予定だ。

多数開かれるトークセッションでは、様々な分野で活躍する講演者が招かれており、ITベンチャーや町工場、パフォーマーやアーティストも参加する。

セッションの内容は、大規模なイベントでも最近よく目にするようになったスマートフォン決済システムや、ハードウェアには欠かせないファイナンス事情など。以下はセッションタイトルの例だ。

    『メディアの考える、2014年のものづくりトレンド』
    『モノづくりベンチャーのファイナンス入門 〜クラウドファンディングとVCからの資金調達〜』
    『町工場から見る今後の日本のものづくり』
    『ものづくりアーティスト達のこだわり』
    『ウェアラブルデバイスが創る近未来』
    『コイニー式、プロダクトデザインの真髄』

今回はテスラ モデルSの試乗体験も予定されており、大型工業製品から身につけられるウェアラブルなガジェット製作者たちが集うイベントになるのではないだろうか。SSI主催イベント恒例の「SAMURAI MONO SHOUT(サムライシャウト)」という2分以内の短時間プレゼンも夕方から14階のMONOで開催される。

MONOフェスへの一般参加費は2000円。事前登録やセッションのスケジュールなどは「第三回SAMURAI MONO FESTIVAL」公式サイト

----------[AD]----------