THE BRIDGE

タグ Monstarlab

グローバルソーシングのモンスター・ラボ、 NYのデジタルプロダクト開発会社Fuzzを買収——アジア・欧州・北米に開発営業拠点網を完成【報道】

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは8日、ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするデジタルプロダクト/モバイルアプリ開発会社 Fuzz Productions を買収した模様だ。買収金額は公表されていないが、昨夕の日経は約30億円と報道している。 モンスター・ラボは今回の Fuzz 買収に先立ち、2016年9月にベトナムの Life Time Technologie…

モンスターラボ 代表取締役の鮄川宏樹氏、Fuzz Productions CEO の Nathanial Trienens 氏
Image credit: Monstar Lab

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは8日、ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするデジタルプロダクト/モバイルアプリ開発会社 Fuzz Productions を買収した模様だ。買収金額は公表されていないが、昨夕の日経は約30億円と報道している

モンスター・ラボは今回の Fuzz 買収に先立ち、2016年9月にベトナムの Life Time Technologies などを買収、2016年12月にフィリピンの Ideyatech を買収、2017年8月にデンマークの Nodes を買収しており、アジア・欧州・北米の三大市場に開発・営業拠点のネットワークが完成したことになる。

Fuzz が ShakeShack に導入している店頭端末
Image credit: Fuzz

2001年に設立された Fuzz は、ニューヨークを中心に約80名のエンジニアやデザイナーを抱える。FOREVER 21、Shake Shack、Potbelly Sandwich Shop、TKTS、CBS Broadcasting など大手企業を顧客に持ち、外食チェーン向けにオンライン注文・決済端末・ロイヤリティプログラム・コンテンツ管理などをワンストップで行える自社プロダクトを保有している。

モンスター・ラボは先月、先ごろ Uber に買収された中東の配車サービス大手 Careem のフードデリバリ「Careem NOW」などを開発する、傘下のデンマーク Nodes の新拠点としてドバイにもオフィスを開設している。

今回の Fuzz 買収を受けて、モンスター・ラボの開発・営業拠点は、世界15カ国27拠点(東京・大阪・神戸・松江・福岡・北京・青島・上海・成都・シンガポール・バンコク・ハノイ・ダナン・マニラ・セブ・ダッカ・コペンハーゲン・オーフス・ロンドン・マンチェスター・アムステルダム・ベルリン・プラハ・ドニプロ・ドバイ・ニューヨーク・ボルダー)となり、社員数は国内約300名、海外を含めたグループ連携では1,200名に達した。

----------[AD]----------

グローバルソーシングのモンスター・ラボ、Fenox、DGI、山陰合同銀行らから約24億円を調達——コンサル大手シグマクシスと資本業務提携

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは21日、Fenox Venture Capital、DG インキュベーション、山陰合同銀行(東証:8381)から総額24億円を資金調達したと発表した。また、コンサルファーム大手のシグマクシス(東証:6088)と資本業務提携を締結したことも明らかにした。 今回の調達を受けて、同社は欧米での M&A を加速させると共に、アジ…

Image credit: Monstar Lab

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは21日、Fenox Venture Capital、DG インキュベーション、山陰合同銀行(東証:8381)から総額24億円を資金調達したと発表した。また、コンサルファーム大手のシグマクシス(東証:6088)と資本業務提携を締結したことも明らかにした。

今回の調達を受けて、同社は欧米での M&A を加速させると共に、アジア圏内での体制を強化する。日本企業のグローバル展開の支援、海外市場からの先端テクノロジーやデジタルプロダクトなどの導入を実施する。シグマクシスとは、同社が持つビジネスコンサルティングやデジタルトランスフォーメーションにおける知見と、モンスター・ラボが強みとするデジタルプロダクト開発をシームレスに提供するとしている。

<関連記事>

via Monstar Lab

----------[AD]----------

バンコクのTalentEx、モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから数千万円を調達——日本のエンジニア不足解消のためロシアへ進出

SHARE:

バンコクを拠点に、求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は31日、モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから資金調達を実施したと発表した。調達ラウンドや調達金額は明らかになっていないが、公開されている資料などからシードラウンド相当の数千万円程度の調達と見られる。同社にとっては、前回のエンジェルラウンド(調達額、調達先は非公表)に続くものだ。 TalentEx では…

ヒューマンホールディングス、カザン連邦大学、TalentEx でロシア人学生の来日就職支援で覚書を締結(2017年6月)
Image credit: Human Holdings

バンコクを拠点に、求人メディアや人事向け SaaS を提供する TalentEx は31日、モンスター・ラボスカイライトコンサルティングから資金調達を実施したと発表した。調達ラウンドや調達金額は明らかになっていないが、公開されている資料などからシードラウンド相当の数千万円程度の調達と見られる。同社にとっては、前回のエンジェルラウンド(調達額、調達先は非公表)に続くものだ。

TalentEx では調達した資金を使って、日本企業向けにエンジニア人材を供給すべくロシア市場に進出する。

今回の TalentEx のロシア進出は、安倍首相とプーチン大統領に間で交わされた日ロ間のデジタル経済に関する民間協力の申し合わせに沿って、今年2月にロシア NIS 貿易会(ROTOBO)が実施した「日ロデジタル分野協力セミナー」に端を発する。日本のスタートアップ有識者10名ほどがモスクワ、サンクトペテルブルク、カザン(タタールスタン共和国)のスタートアップシーンに招かれ、情報交換や現地視察を行った。

この際、TalentEx 創業者で代表取締役の越陽二郎氏は、ロシアの圧倒的なエンジニア供給力に驚き、日本とロシアヨーロッパにおける IT 開発分野で、人材交流・共同研究・共同事業開発が重要になると確信。ヒューマンホールディングスの協力のもと、カザン連邦大学の IT エンジニア学生に日本語を教えるプロジェクトに着手した。養成された学生たちは将来、ヒューマンホールディングスらのアレンジにより、日本企業でエンジニアとして勤務することが期待される(来日就職支援)。

「COPELL」をふまえた、モンスター・ラボと TalentEx の協力関係
Image credit: Monstar Lab

今回、資金を調達した2社のうちモンスター・ラボは、先ごろローンチしたコーワキングスペース「Monstar Hub Bangkok」の運営で TalentEx と協力関係にある。また、今回の出資を元にした業務提携により、モンスター・ラボが今年6月にβローンチしたアジア人材のための IT 人材検索・スクリーニングプラットフォーム「COPELL」を、TalentEx は自社の本拠を置くタイや、新たに事業進出するロシアで展開していくとしている。

資金を提供したもう1社であるスカイライトコンサルティングは、前出の「日ロデジタル分野協力セミナー」の企画協力を行っており、ロシアやアジアで優良スタートアップを発掘して日本企業に紹介する、越境型のオープンイノベーションを行なっている。スカイライトコンサルティングに対して、今回の出資に関する意図や関わり方を問い合わせているが、本稿執筆時までにはコメントが得られていない。

(31日17時更新)

スカイライトコンサルティング代表取締役の羽物俊樹氏からのコメントが得られたの追記しておく。

日本企業がグローバル展開するにあたり適切な人を確保することの重要性は、今後ますます高まっていくと考えています。この度の TalentEx へのご支援を通じて、弊社が行ってきた日本企業のグローバル展開のご支援や、グローバルオープンイノベーション事業において人材面で連携していきます。

<関連記事>

----------[AD]----------

グローバルソーシングのモンスター・ラボ、JICAのSDGsビジネス公募事業に採択——ヨルダン/パレスチナ自治区での事業展開調査を開始

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは2日、JICA(国際協力機構)が実施する「第一回途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」について、プロジェクト契約を締結したことを発表した。このプロジェクトの採択は、昨年7月に JICA から発表されていたものだ(モンスター・ラボを含め5社が採択)。 この調査は、2011年以降のシリア内戦によりヨルダンに移動したシリ…

左から:JICA 民間連携事業部連携推進課課長の久保英士氏、モンスター・ラボ代表取締役の鮄川宏樹氏、在日パレスチナ代表事務所参事官の Eyad Al-hindi 氏、駐日ヨルダン大使館の Rami Alkharabsheh 氏

日本を含む世界各国でアプリ開発のソーシングを展開するモンスター・ラボは2日、JICA(国際協力機構)が実施する「第一回途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」について、プロジェクト契約を締結したことを発表した。このプロジェクトの採択は、昨年7月に JICA から発表されていたものだ(モンスター・ラボを含め5社が採択)。

この調査は、2011年以降のシリア内戦によりヨルダンに移動したシリア難民問題に関連して、この地域での雇用機会創出を目指している。モンスター・ラボでは、ヨルダンのシリア難民及びパレスチナ自治区ガザ地区の若年層を対象にソフトウェア開発人材を雇用し、日本及び中東地域向けのデジタル・プロダクト開発業務につなげて難民の経済的自立を促進することを模索する。

国連が定める持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)
(クリックして拡大)

モンスター・ラボでは、今回 JICA に提案したプロジェクト内容が、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の 「8番:働きがいも生きがいも」と「9番:産業と技術革新の基盤をつくろう」に該当するとしている(JICA の調査としては、「9番:産業と技術革新の基盤をつくろう」と「10番:人や国の不平等をなくそう」達成への貢献を目標に据えている)。

モンスター・ラボではこれまでにもバングラデシュをはじめとする海外拠点を展開しており、現地の雇用維持や事業拡大に関する知見と実績を持つ。これらをもとに、失業率の高さから雇用機会創出が強く求められるヨルダン/パレスチナ自治区において、モンスター・ラボでは今回のプロジェクトを通じて、中東市場の獲得を念頭に、難民問題やパレスチナ問題の日本企業への周知、CSR としての活用機会の提供を行う。

モンスター・ラボ 途上国の課題解決がたビジネス調査後の体制図
Image credit: Monstar Lab
(クリックして拡大)

今回のプロジェクト採択を担当した、JICA・民間連携事業部連携推進課の久保英士課長は、次のようにコメントしている。

IT は人やモノの移動を伴わずに域外とのビジネスができる特長を持つ産業です。この特長を生かしてシリア難民やパレスチナ難民を含む現地の若者の雇用を創出し彼らの経済的自立を目指すモンスター・ラボのビジネス構想に本調査を通じて協力していきたいと考えています。

----------[AD]----------

グローバルソーシングのモンスター・ラボ、欧州に4拠点を開設——拠点数は全世界合計で12カ国21都市に

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のグローバルソーシングを展開するモンスター・ラボは31日、ヨーロッパの4都市(マンチェスター、アムステルダム、チェコ、ベルリン)に拠点開設したことを明らかにした。 モンスター・ラボは昨年8月、デンマークのモバイルアプリ開発会社 Nodes を買収しており、今回の4拠点はいずれも Nodes のブランド拠点という位置付け。今回の拠点を開設を受け、モンスター・ラボ全体での…

日本を含む世界各国でアプリ開発のグローバルソーシングを展開するモンスター・ラボは31日、ヨーロッパの4都市(マンチェスター、アムステルダム、チェコ、ベルリン)に拠点開設したことを明らかにした。

モンスター・ラボは昨年8月、デンマークのモバイルアプリ開発会社 Nodes を買収しており、今回の4拠点はいずれも Nodes のブランド拠点という位置付け。今回の拠点を開設を受け、モンスター・ラボ全体での拠点数は全世界合計で12カ国21都市となる。同社のグループ全体での社員数は国内170名、全世界合計で800名。

拠点のある都市は、東京、成都、シンガポール、島根、青島、ダナン、上海、ダッカ、大阪、ハノイ、マニラ、セブ、北京、コペンハーゲン、オーフス、ロンドン、マンチェスター、アムステルダム、プラハ、バンコク、ベルリン(プラハ、バンコク、ベルリンは2月〜4月にかけ開設予定)。

----------[AD]----------

グローバルソーシングのモンスター・ラボ、山陰合同銀行などから約2.3億円を調達

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のグローバルソーシングを展開するモンスター・ラボは30日、同社にとって5度目となるラウンドで総額2.3億円を調達したことを明らかにした。このうち、2億円は山陰合同銀行からの調達で、残る3,000万円の調達先については明らかにされていない。 モンスター・ラボにとって、島根県内に拠点を置く企業からの調達はこれが初めてではない。今年8月に7億円を調達した4度目のラウンドには…

日本を含む世界各国でアプリ開発のグローバルソーシングを展開するモンスター・ラボは30日、同社にとって5度目となるラウンドで総額2.3億円を調達したことを明らかにした。このうち、2億円は山陰合同銀行からの調達で、残る3,000万円の調達先については明らかにされていない。

モンスター・ラボにとって、島根県内に拠点を置く企業からの調達はこれが初めてではない。今年8月に7億円を調達した4度目のラウンドには山陰中央テレビや島根県雲南市を本拠とする地元企業の田部が参加、2016年11月には、山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタルらから2.5億円を調達している。

同社は島根県・松江に開発拠点を置き、海外からの日本へのエンジニア招聘を検討しており、エンジニア不足が深刻な問題となっている山陰地方の IT 業界の状況改善に寄与したいとしている。今回の調達を受け、同社は、島根県や松江市を日本だけでなく世界から優秀なエンジニアが集まるグローバル拠点の1つとして発展させるべく注力する。

島根に関するスタートアップの動きでは、転職支援プラットフォームを運営する grooves(グルーヴス)が先月、中小機構、島根県、山陰合同銀行、島根の地元5信用金庫、ごうぎんキャピタルらが出資する未来挑戦ファンドから資金調達し、全国他地域からの経営人材の確保やエンジニアの UI ターン促進を強化することを明らかにしている。

----------[AD]----------

モンスター・ラボ、4度目のラウンドで7億円を調達——YJキャピタル、新生企業投資、FenoxらVC陣営、山陰中央テレビや田部など島根企業が出資

SHARE:

日本を含む世界各国でアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは16日、同社にとって4度目となるラウンドで総額7億円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは YJキャピタルで、新生企業投資、Fenox Venture Capital などベンチャーキャピタル各社のほか、山陰中央テレビ、および、島根県雲南市を本拠とする地元企業の田部、既存…

日本を含む世界各国でアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは16日、同社にとって4度目となるラウンドで総額7億円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは YJキャピタルで、新生企業投資Fenox Venture Capital などベンチャーキャピタル各社のほか、山陰中央テレビ、および、島根県雲南市を本拠とする地元企業の田部、既存投資家などが参加した。

これは、モンスター・ラボにとって、2016年11月に実施した、島根の山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタルらからの2.5億円の調達、2015年11月に実施したパソナテックと DG インキュベーションからの4億円の調達、2014年に実施した East Ventures、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルからの約1億円の調達に続くものだ。今回の調達を受けて、同社のこれまでの外部資金調達は少なくとも14.5億円以上に上る。

今回の調達に島根県を代表する企業が参加しているのは、前回のごうぎんキャピタルからの調達のときと同じく、モンスター・ラボが島根県の松江に開発拠点を置いていることが関係している。モンスター・ラボでは従来のオフショア開発にとどまらず、海外からの日本へのエンジニア招聘を検討しており、同社では、エンジニア不足が深刻な問題となっている山陰地方の IT 業界の状況改善に寄与したいとしている。

同社は、先ごろのデンマークの Nodes 買収を受け、世界の17ヶ所に営業拠点・開発拠点を有しているが、今回の資金調達を受け、欧米企業からの受注を拡大するだけではなく、日本企業の欧米展開(ローカライズ・デジタルマーケティング)の支援、および海外市場からの先端テクノロジー、プロダクト等の導入の実現を目指すとしている。

----------[AD]----------

「セカイラボ」を展開するモンスター・ラボ、デンマークのモバイルアプリ開発会社Nodesを買収——世界17拠点目、欧州で開発営業体制を確立へ

SHARE:

世界各地の拠点を活用しアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは8日、デンマーク・コペンハーゲンにヨーロッパ市場でアプリ開発事業を営む Nodes( 英語 / デンマーク語 )を買収することを明らかにした。この買収に伴い、Nodes の開発拠点であるコペンハーゲン(デンマーク)、オーフス(デンマーク)、ロンドン(イギリス)をセカイラボは新たに確保することにな…

左から:Nodes マネージングディレクターの Andreas Green Rasmussen 氏、モンスター・ラボ代表取締役の鮄川宏樹氏、Nodes 共同創業者兼マネージングディレクターの Daniel Bæk 氏

世界各地の拠点を活用しアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは8日、デンマーク・コペンハーゲンにヨーロッパ市場でアプリ開発事業を営む Nodes( 英語 / デンマーク語 )を買収することを明らかにした。この買収に伴い、Nodes の開発拠点であるコペンハーゲン(デンマーク)、オーフス(デンマーク)、ロンドン(イギリス)をセカイラボは新たに確保することになり、セカイラボの開発拠点・営業拠点の総数はこれで17拠点となる。なお、買収金額や株式比率などについては明らかにされていない。

今年、モンスター・ラボがマニラの Ideyatech を買収したときには子会社化し、社名を「Monstar Lab Manila」に改称した。今回の Nodes の買収にあたっては、Nodes がヨーロッパ市場に一定のブランドプレゼンスを持っており、サムスン、ユニリーバ、グラクソ・スミスクラインなど世界的大手をクライアントに抱えていくことから、ブランド統一を図るかどうかについては不明。今回の買収によって、モンスター・ラボは北アメリカ、アジア、ヨーロッパの世界3大経済圏に拠点を構えることになり、2019年にはグループ全体の売上の約50%を海外市場から獲得する計画としている。

モンスター・ラボの世界拠点
Image credit: Monstar Lab

Nodes は2008年に創業したモバイルアプリ開発会社で、デンマークとイギリス国内の3拠点に75名のデベロッパ、デザイナ、モバイルコンサルタントを擁している。クラウド CRM 大手 Sailthru 傘下のモバイルマーケティング会社 Carnival.io は、2017年に Nodes をヨーロッパのモバイルアプリ開発エージェンシーの上位12社の一つに選んでいる

モンスター・ラボでは今回、買収相手に Nodes を選んだ理由について、「1. 欧州の複数国で既にブランドを確立し、一定の規模に達していること」、「2. 優秀なエンジニア、デザイナーの存在」、「3. モンスター・ラボとのカルチャー・シナジー」の3つを上げて挙げている。

モンスター・ラボの代表取締役を務める鮄川宏樹(いながわ・ひろき)氏は、今回の Nodes 買収にあたり、次のようなコメントを寄せている。

Nodes は、高い技術力とデザイン力を持ち、欧州内で最も競争の厳しい UK マーケットに外国企業として参入し上位のポジションを築いている数少ない企業の一つです。ファウンダー・経営陣が若く、高い成長意欲があることが買収の決め手となりました。今後はNodes をリージョナル HQ として欧州 No.1 のデジタル・プロダクト開発企業にすることを共に目指し、モンスター・ラボグループ全体で世界 No.1 のデジタル・プロダクト開発企業を目指します。

----------[AD]----------

「セカイラボ」を展開するモンスター・ラボ、フィリピンのIdeyatechを買収——13拠点目、Java言語によるエンタープライズ案件の開発体制を強化

SHARE:

アジア各国を中心にアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは16日、マニラを拠点とするシステムインテグレータ Ideyatech を買収・子会社化し、Monster Lab Manila として機能させることを発表した。モンスター・ラボにとっては、このマニラ拠点が日本内外の開発拠点の13ヶ所目となる。 モンスター・ラボの設立は2006年。2014年には、シス…

ideyatech-frontdesk
Ideyatech のオフィス
Image credit: Ideyatech

アジア各国を中心にアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは16日、マニラを拠点とするシステムインテグレータ Ideyatech を買収・子会社化し、Monster Lab Manila として機能させることを発表した。モンスター・ラボにとっては、このマニラ拠点が日本内外の開発拠点の13ヶ所目となる。

モンスター・ラボの設立は2006年。2014年には、システム開発のオフショア開発や海外拠点でのクラウドソーシングを展開するサービス「セカイラボ」をリリースし、以来、6カ国10拠点で海外法人の設立や買収を通じて(独自の開発拠点はないものの、提携先などがある国を含めれば世界18カ国に展開)、開発拠点の世界展開に注力している。最近では、大規模業務系システムの開発依頼が増えていることから、この領域に強いベトナムの Life Time Technologies などを買収しており(2016年9月)、今回の Ideyatech の買収はその流れに続くものだ。

Ideyatech は創業10年目を迎えるフィリピンのシステムインテグレータで、Java 言語による業務系システムの開発を得意としており、特にフィリピンでは、裁判所における判例の透明化と高速化を図るシステム「e-Court(現在の名前は Attaché)」を開発したことで知られる。Ideyatech 創業者で CEO の Allan Tan 氏は、グローバル・スタートアップ・アクセラレータの「The Founder Institute」のフィリピン・チャプターのローンチに関わるなど、フィリピンのスタートアップ・シーンに造詣が深い人物だ。

モンスター・ラボは過去2年間で、2015年11月にパソナテックと DG インキュベーションから4億円(シリーズAラウンド)、2016年11月に山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタル、りそなキャピタル、および既存株主から2.5億円(シリーズBラウンド)を調達している。

----------[AD]----------

「セカイラボ」を展開するモンスター・ラボ、島根のごうぎんキャピタルやりそなキャピタルなどから2.5億円を資金調達

SHARE:

アジア各国を中心にアプリ開発のグローバルソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは4日、島根の山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタル、りそなキャピタル、および既存株主から2.5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。これは2011年5月2015年11月に同社が実施した、パソナテックと DG インキュベーションからの4億円の調達に続くもの。調達ラウンドについては確認でき…

sekailab-bangladesh
セカイラボのバングラデシュ拠点のチーム

アジア各国を中心にアプリ開発のグローバルソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは4日、島根の山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタル、りそなキャピタル、および既存株主から2.5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。これは2011年5月2015年11月に同社が実施した、パソナテックと DG インキュベーションからの4億円の調達に続くもの。調達ラウンドについては確認できていない。

中国、バングラデシュ、ベトナムなど世界17カ国でオフショア/グローバルソーシング事業を展開するセカイラボだが、さらに多くの地域への拠点拡大に余念が無いようだ。10月には、同社代表の鮄川宏樹(いながわ・ひろき)氏らがヨルダンを訪問しており、アジアから西伸し中東地域への拠点展開も検討している模様。今回調達した資金は、これらの業域拡充に充当されると考えられる。

今回新たに株主に加わったごうぎんキャピタルからの出資は、モンスター・ラボが島根県の松江に開発拠点を置いていることが関係しているようだ。モンスター・ラボでは従来のオフショア開発にとどまらず、海外からの日本へのエンジニア招聘を検討しており、同社では、エンジニア不足が深刻な問題となっている山陰地方の IT 業界の状況改善に寄与したいとしている。

<関連記事>

----------[AD]----------