BRIDGE

タグ Morning Pitch

「Morning Pitch」年初版で7社が登壇——インバウンド向け情報サービス「WAmazing」が最優秀賞、イエバエ飼肥料生産「MUSCA」が聴衆賞

SHARE:

デロイトトーマツベンチャーサポートと野村證券は11日、Morning Pitch(毎週木曜日開催)の年初特別版イベントを都内で開催した。例年このイベントは、映画館などを借り切って年末に開催されることが多いが、今回は場所をイベントホールに移し、年初に前年を総括する形に変更された。 このイベントでは、2018年の年間を通して、世界的にも優位性のあるテクノロジーを持つと評価された7社がピッチに登壇し、最…

デロイトトーマツベンチャーサポート野村證券は11日、Morning Pitch(毎週木曜日開催)の年初特別版イベントを都内で開催した。例年このイベントは、映画館などを借り切って年末に開催されることが多いが、今回は場所をイベントホールに移し、年初に前年を総括する形に変更された。

このイベントでは、2018年の年間を通して、世界的にも優位性のあるテクノロジーを持つと評価された7社がピッチに登壇し、最優秀賞を競った。審査員が選ぶ最優秀賞には、フリー SIM とモバイルアプリで日本へのインバウンド観光客向け情報サービスを提供する WAmazing(ワメイジング)が輝いた。聴衆投票によるオーディエンス賞は、イエバエを使った飼料や肥料を創出する MUSCA(ムスカ)が獲得した。

このピッチコンペティションの審査員を務めたのは次の方々。

  • 仮屋薗聡一氏 グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージングパートナー、日本ベンチャーキャピタル協会会長
  • 百合本安彦氏 グローバル・ブレイン 代表取締役社長
  • 中石真一路氏 ユニバーサル・サウンドデザイン代表取締役、広島大学宇宙再生医療センター研究員(前回最優秀賞受賞者
  • 玉塚元一氏  デジタルハーツホールディングス 代表取締役社長 CEO
  • 吉田博英氏  TechCrunch Japan 編集統括
  • 中田敦彦氏  お笑いタレント・実業家 「僕たちはどう伝えるか」著者

<関連記事>

【最優秀賞】WAmazing by WAmazing(クールジャパン特集から選出)

WAmazing は、訪日外国人に無料 SIM カードを配布し、モバイルアプリを通じて観光情報を提供するサービスだ。外国人観光客は WAmazing のウェブサイト上で旅に出発する前に自分の個人情報を登録、日本国内20ヶ所の国際空港(海外観光客流入経路の約9割をカバー)に設置された SIM カードを提供するマシンで、日本到着後に無料 SIM カードを受け取ることができる。WAmazing は観光アクティビティを提供する事業者に送客することで、その売上の10〜15%を手数料として受け取る。

サービス開始から1年半で、アプリは台湾や香港を中心に21万回インストールされ、中国や東南アジアにもユーザを拡大しつつあるという。冬のアクティビティである「WAmazing Snow」では、全国200スキー場の800件の観光アイテムを取り扱っている。B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka で優勝東急電鉄のアクセラレータが第3期プログラムのデモデイでも優勝に相当する東急賞を獲得している。

<関連記事>

【オーディエンス賞】MUSCA by MUSCA(アグリ特集から選出)

ムスカは、45年間1,1100世代の選抜交配により品種改良されたイエバエを使い、生ゴミや畜産糞尿から飼料や肥料を作り出すスタートアップだ。生ゴミや畜産糞尿にイエバエの卵を合わせると、1週間ほどでイエバエの幼虫と幼虫排泄物となる。幼虫は動き回りながら、その周りにある有機物を分解しながら成長し、幼虫は飼料として、また幼虫排泄物は肥料して活用できる。微生物分解による方法と違い、発酵を伴わないので悪臭が出にくく、地球温暖化の原因となるガスも発生しない。

ムスカでは、1ユニットあたり1日100トンの飼料と肥料を作り出せる大型プラントを日本国内3,000ヶ所以上に設置、生産物を飼料会社や肥料会社に販売することで収益確保を狙う。2019年春にも実証実験を開始予定。この分野には、AgriProtein、Protix、Enterra Feed などの競合がいるが、あらゆる有機物に対応可能なイエバエを採用している点で差別化している。生ゴミや畜産糞尿投入後、1週間で完了できる廃棄物処理能力と飼料生産効率の高さが強みだそうだ。TechCrunch Tokyo 2018 で優勝

<関連記事>

P3 Finder by RF Locus(物流特集から選出)

RF Locus の「P3 Finder(P3ファインダー)」は、RFID タグを使った高精度位置測定システムだ。一般的な RFID のユースケースでは、バーコードを使った方法に比べ、商品の入った段ボールを開梱する必要がなく、棚卸しなどが楽になる。しかし、RFID は位置精度がよくないため、どの位置にその商品が存在するのかは把握しづらい。

P3 Finder ではスマートフォンとソフトウェアを使い、スマートフォンの加速度センサーを併用した「電波位相情報時系列解析」により、開梱しない状態でも正確な商品の位置と内容を把握することができる。ピッチでは、物流ロボットやドローンと併用したシステムを披露。トヨタ自動車、大手航空会社の整備、大手アパレルなどで導入されている。Infinity Ventures Summit 2018 Winter の Launchpad で4位に入賞。

TYFFONIUM(ティフォニウム)by TYFFON(AR/VR 特集から選出)

TYFONN は、アーティストでエンジニアだった深澤研氏(現 CEO)が設立した XR スタートアップだ。AR アプリを開発していた同社は、2014年に Disney Accelerator に採択され、AR アプリ「Show Your Disney Side」でアメリカのアプリランキングで総合8位の座を獲得。そこから、AR のスタートアップにピボットした。これまでに、Corridor と Fluctus という2つの VR アトラクションを開発しており、そのための体験施設もあわせて展開している。

AR 施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」は現在、東京・台場と渋谷にあり、3号目となる直営店はサンタミニカの Third Promenade に開店予定。今年以降、Tarot VR という新しいアトラクションのリリースを予定しており、また、ハリウッドの大手 IP とのコラボレーションも準備中だという。「自分の実際の手の見映え」を実写で AR に取り込める技術(Magic Realty)と、小スペースでもダイナミックなアトラクションが楽しめる仕組みがバリュープロポジション。

DeepX by DeepX(AI 特集から選出)

DeepX は、日本で AI 人材の輩出で名高い東大・松尾研究室出身の那須野薫氏が率いるスタートアップだ。ディープラーニングの活用により、これまで実現できなかったあらゆる機械の動きの自動化を実現するという。従来の機械やロボットは反復運動に近いものが多かったが、ディープラーニングや画像認識の導入により臨機応変な動きが可能になり、試行錯誤による動きの学習も可能になったという。

また、完全自動化にはソフトウェアだけでなくハードウェア面での発達も必要で、この点で日本にアドバンテージがあると那須野氏は語った。今後、同社では製造業、運送業、土木建設業など産業毎の機械自動化を推進し、共通部分をモジュール化。将来的には、新開や放射線施設などの限界領域にも応用したいとしている。現在、各社と PoC に臨んでおり、来年や再来年の市場投入を目指している。

SEKAI HOTEL by KUJIRA(観光インバウンド特集から選出)

クジラは、街全体のローカル体験を外国人観光客に提供する SEKAI HOTEL を運営。ユーザは現地にある SEKAI HOTEL のフロントでチェックインすると、専用のカードを受け取り、付近にある空き家をリノベーションした宿に泊まることができる。同じカードで提携している銭湯に入浴できたり、喫茶店で飲食を楽しめたりするなどの特典が得られ、宿の中よりも街にある日本人の日常と触れ合う体験の提供にフォーカスしている。

クジラは現在、大阪府下の2拠点で SEKAI HOTEL を展開しているが、宿(客室)の不動産は一般投資家が保有しているため(SEKAI HOTEL はそれを賃貸)、市場拡大してもバランスシートへの物件獲得の影響を最小限にとどめることができる。大きな用地がなくても開発ができる、地価の高い都心部である必要がないなど、競合が少ない点も事業展開に有利に働く。商店街の中で廃業を考えていた喫茶店が、SEKAI HOTEL が進出したことでインバウンド客が増え、存続しているケースもあるのだという。

助太刀 by 助太刀(建設特集から選出)

助太刀は、建設現場と職人をつなぐアプリだ。代表の我妻陽一氏は、15年間にわたり建設業に携わってきた中で、仕事を依頼したい建設現場と、仕事を求める職人の間の情報非対称を痛感。職人が仲間を募集し、ともに建設現場での仕事に臨める仕組みを開発した。職人には、仕事の紹介だけでなく、工事代金をセブンイレブンの ATM を通じて受け取ることができる「助太刀 Pay」を提供し、月間利用残高が1,000万円を突破。

また今日には、クレディセゾンと三井住友海上あいおい生命保険と提携し、傷害保険が付帯された、工事代金チャージ用独自ブランドプリペイドカード「助太刀カード」をローンチした。個人事業主であることが多い職人に対して、74職種に分けて情報を整理し、案件紹介だけでなく代金支払や保険提供までを一気通貫で提供できるのがバリュープロポジションだ。アプリ上で工具の販売なども計画している。国内に500万人いる職人への普及を図った後、ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンなどにも展開したいとしている。

<関連記事>

----------[AD]----------

「Morning Pitch」の年末総括版が都内映画館で開催、8社がピッチ——難聴者向け対話支援機器「comuoon」を開発するUSDが最優秀賞を獲得

SHARE:

デロイトトーマツベンチャーサポートと野村證券は14日、Morning Pitch(毎週木曜日開催)の年末総括版イベントを都内の映画館で開催した。年間を通して、世界的にも優位性のあるテクノロジーを持つと評価された8社がピッチに登壇し、最優秀賞を競った。審査員が選ぶ最優秀賞には、難聴者向けの対話支援機器「Comuoon」を開発するユニバーサル・サウンドデザイン(USD)が輝いた。聴衆投票によるオーディ…

デロイトトーマツベンチャーサポート野村證券は14日、Morning Pitch(毎週木曜日開催)の年末総括版イベントを都内の映画館で開催した。年間を通して、世界的にも優位性のあるテクノロジーを持つと評価された8社がピッチに登壇し、最優秀賞を競った。審査員が選ぶ最優秀賞には、難聴者向けの対話支援機器「Comuoon」を開発するユニバーサル・サウンドデザイン(USD)が輝いた。聴衆投票によるオーディエンス賞は、小型 EV を開発する FOMM が獲得した。

このピッチ・コンペティションの審査員を務めたのは…

  • 福岡元啓氏 毎日放送「情熱大陸」プロデューサー
  • 仮屋薗聡一氏 グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージングパートナー、日本ベンチャーキャピタル協会会長
  • 百合本安彦氏 グローバル・ブレイン 代表取締役社長
  • 入山章栄氏 早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授
  • 佐々木紀彦氏 ユーザベース 取締役 NewsPicks 編集長
  • 斎藤祐馬氏 デロイトトーマツベンチャーサポート 事業統括本部長

【最優秀賞】comuoon by ユニバーサル・サウンドデザイン

ユニバーサル・サウンドデザインは、高齢難聴者向けの対話支援機器「comuoon(コミューン)」を開発している。一般的に難聴者に対しては、アンプを通じて音声を大きくすれば聞き取ってもらえると考えられがちだが、実際には音声に歪みが生じてしまい、周波数・時間分解能が低下した高齢難聴者の耳にとっては、かえって不明瞭な音声となる。

ユニバーサル・サウンドデザインでは、究極の低歪を実現した超小型デジタルアンプと、究極の低ノイズを実現した小型マイクとフラットスピーカーを組み合わせ comuoon を開発。これにより、認知症と思われていた高齢者が実は誤認で、音声を正しく届けることで問題なく意思疎通できるケースもあるという。デザイン性も追求しており、補聴器は身に付けたくなくても、comuoon を使いたいユーザは増えているという。韓国をはじめ海外展開にも着手している。

【オーディエンス賞】4人乗りコンパクト EV by FOMM

東日本大震災では、多くの人が車で逃げることを余儀なくされ、そのまま津波に飲み込まれて死亡した人が多かったのを目の当たりにし、このプロジェクトへの着手を確信したという FOMM 代表の鶴巻日出夫氏。FOMM では、バッテリースワッピングやインホイルモーターといった独自のコンセプトと技術により、水の上でも浮く軽量のコンパクト EV を開発した。

クラウド上にデータを転送することでバッテリーの劣化状態をモニタできるしくみを開発。バッテリーはカートリッジ式で簡単に着脱可能で、すでにタイ国内では、地元ガソリンスタンドとネットワークを組み、ユーザはバッテリの劣化を気にせず、必要に応じてバッテリ交換できるスキームを確立している。孫悟空に登場する筋斗雲になぞらえ、ユーザがスマホから呼ぶだけでコンパクト EV が自動運転でピックアップしにきてくれる筋斗雲シェアリングというサービスも開発中。

エアロシールド by エネフォレスト

人が病気に感染する際の経路としては、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つが代表的なものとして挙げられる。このうち、飛沫感染についてはマスクの着用、接触感染については手の消毒などで防御可能だが、空気感染については実用的な防御策は不足している。

エネフォレストでは、水平ルーパーと反射板を使った紫外線による空気感染対策装置「エアロシールド」を開発。空気感染を防ぐ上で従来の方法では、人がいる場所での恒常的な利用が難しかったが、エアロシールドは紫外線の強度を維持したまま、水平に遠くまで安全に照射することが可能。高所に設置することで、常時運転している状態でも人に悪影響を及ぼす可能性がないため、老人介護施設や託児所などで導入されている。

Gravite / RE-Gait by スペース・バイオ・ラボラトリーズ

スペース・バイオ・ラボラトリーズでは、後遺症が残ることが多い脳卒中患者の社会復帰を支援すべく、リハビリテーションと再生医療の2つの施策でアプローチしている。リハビリテーションでは、脳卒中患者が問題を抱えやすい歩行運動にフォーカス。既存の方法では股関節や膝関節を動かすことはできるが、足首の動きをサポートすることができないが、同社開発の歩行補助装置「RE-Gait」を使うことでリハビリテーションの効果が大幅に改善される。

また、再生医療において重要な幹細胞の培養を効率化・簡素化可能な、1/1000G の微小重力環境から 3G の状態までを擬似的に作り出せる重力制御装置「Gravite」を開発。NASA にも採用されているという。重力ベクトルを時間軸で積分することで、宇宙ステーションと同じ状態を作り出せ、さまざまな実験の効率化に役立てられている。

Sky Canvas by ALE

ALE は、人工流れ星で演出する事業「Sky Canvas」を展開している。人工衛星を打ち上げ、流れ星の粒を大気圏突入させることで、人工流れ星を発生させる。空という広いエリアから見える場所をキャンバスと位置付けることで、例えば、東京駅上空で人工流れ星を発生させると、直径200キロメートル内にいる約3,000万人が空を見上げることで同じ体験を共有できるという。

ALE では初となる人工流れ星の運用を、2019年夏に広島で実施する計画。技術者のみならず、ビジネス開発に強いメンバーがチームにいることで、さまざまな事業会社と連携し、マーケティングやエンターテイメントビジネスお可能性を追求していきたいという。

バイオリファイナリー by Green Earth Institute

原油生産量とリグノセルロース系のバイオマス発生量を比べた時、1:10 で自然由来のバイオマス発生量の方が多いにもかかわらず、世の中には出回る製品は原油に由来するものの方が多いのが現状だ。そして、言うまでもなく原油由来の製品の方が、加工過程において CO2 放出量が多くなる。

Green Earth Institute では、遺伝子組み換えコリネ菌を使って、農業廃棄物を原料として、効率的に新たな製品を作り出す技術の確立に成功した。微生物を使って新たな製品を作り出す技術は従来から存在するが、同社が開発したコリネ菌を使うと10倍以上の生産性を達成できるという。すでにバイオジェット燃料や、オーガニック化粧品用エタノールの開発にも成功している。

The Voice JP by Hmcomm

Hmcomm は産総研の技術移転ベンチャーで、クラウドプラットフォームによる日本語音声エンジン「The VOICE」を開発している。同社は、クロストークやノイズがある場所での認識ができないなど、既存の音声認識技術の課題解決も目指している。

テレフォニープラットフォームの Twilio とバンドルした「The Voice JP」を開発し、コールセンターではオペレータやスーパバイザー業務の省力化、顧客満足度の向上などを実現している。

SRIM by ITDLab

ITDLab は、ステレオカメラ技術を用いた超高速3次元距離測定システム「SRIM」を開発。自動車の安全対策や自動運転に必須となる障害物検知において、単眼カメラの場合は、歩行者の検出にモデルを使ったり、距離の検出に仮定を使ったりする必要があるが、ステレオカメラでは立体画像が得られているので、同じような距離の塊をグループとして捉えることができ、より安全で確実な情報取得が可能となる。

ITDLab が開発した最新のインテリジェント・ステレオ・カメラの技術を IP として、それを必要とする事業体にライセンス提供していく。応用範囲としては、ロボットの障害物回避用、自律走行ロボット用、自動車の自動運転用などだ。

----------[AD]----------

木曜朝160回の集大成——トーマツベンチャーサポートがスタートアップ111社を集め、Morning Pitch Expoを開催

SHARE:

監査法人大手デロイトトーマツグループ傘下の法人で、スタートアップ支援を行うトーマツベンチャーサポートは Morning Pitch Expo を開催、日本の国内外から111社のスタートアップがブース出展した。Morning Pitch Expo は、トーマツベンチャーサミット 2016 の一部として開催されており、本イベントには定員ベースで1,000〜2,000人程度の参加者が訪問したとのことだ。…

morning-pitch-expo-2016-1
Morning Pitch Expo 冒頭で挨拶する、Morning Pitch プロデューサーの納富隼平氏

監査法人大手デロイトトーマツグループ傘下の法人で、スタートアップ支援を行うトーマツベンチャーサポートは Morning Pitch Expo を開催、日本の国内外から111社のスタートアップがブース出展した。Morning Pitch Expo は、トーマツベンチャーサミット 2016 の一部として開催されており、本イベントには定員ベースで1,000〜2,000人程度の参加者が訪問したとのことだ。

トーマツベンチャーサポートでは毎週木曜日の朝7時から、スタートアップ創業者と大企業の経営者や担当者を招いたイベント「Morning Pitch」を開催しており、これまでの累計開催回数は160回、累計登壇スタートアップは750社(一部資料では800社とされている)、参加者はのべ1万5,000人に上る。最近では、日本国内のみならず、日本の大企業と海外のスタートアップを結ぶべく、イスラエル、シンガポール、シリコンバレーなど海外のスタートアップハブでも「Morning Pitch」的なイベントを開催しているそうだ。

morning-pitch-expo-2016-2

午前中には、IoT、人工知能、ロボット・ドローン、FinTech、エンタープライズ・バックオフィス、ウェルネス、農業・食、不動産、ファッション、メディア、観光・インバウンドからなる11のバーティカルと、地方と海外という2つの分野について、それぞれを担当するトーマツベンチャーサポートのコンサルタントがカオスマップなどを使って、最新の動向分析を披露した。

プレゼンテーションの中で、これまでに THE BRIDGE 上であまり取り上げられていないトピックを聞くことができたので、そのうちのいくつかを紹介しよう。

  • (IoT)光るスニーカーの Orphe がポップハウス・ユニット「水曜日のカムパネラ」とコラボ、7月末にサンフランシスコで開催された J-POP SUMMIT で同ユニットのボーカル・コムアイが Orphe を着用してパフォーマンス
  • (IoT)Plant Life Systems、独自開発の生体センサーにより農作物の生育制御を実現——通常の1.5倍の高糖度トマトの生産に成功。
  • (人工知能)東工大スタートアップの SOINN、GPS の電波が届かない地下でも、付近の風景を撮影することで人工知能が現在地を教えてくれる技術(Incremental Center of Gravity Matching)を開発。
  • (人工知能)SOINN がセブン銀行ATM内の紙幣残量をモニタし機械学習でパターンを分析。ATM の現金集配の効率化を模索。
  • (農業・食)スマートフォンを通じて生産者と消費者が直接繋がるプラットフォーム「KAKAXI」。農地に太陽電池で稼働できるカメラデバイスを設置し、生産者が農地に近づいたことで通信を開始、消費者はアニメやタイムラプス画像で、自分の食べている農作物がどのように生産されたかを知ることができる。

morning-pitch-expo-2016-3

----------[AD]----------