タグ Mozilla

Facebook, Mozillaらが「良心的ニュースの普及」のために1400万ドルのファンドを設立

SHARE:

Facebook、Mozilla、ニューヨーク市立大学、そしてその他のテック業界のリーダー、非営利組織が協力してニュースリテラシーの向上のために1400万ドル規模のファンドを立ち上げることを発表した。このお金は世界中のジャーナリズムの信頼性を高め「公共の議論により良い情報を与える」という目標を掲げる「良心的ニュースの取り組み」(News Integrity Initiatve)に投資される予定だ。…

Image Credit: Marcus Kazmierczak/Flickr

Facebook、Mozilla、ニューヨーク市立大学、そしてその他のテック業界のリーダー、非営利組織が協力してニュースリテラシーの向上のために1400万ドル規模のファンドを立ち上げることを発表した。このお金は世界中のジャーナリズムの信頼性を高め「公共の議論により良い情報を与える」という目標を掲げる「良心的ニュースの取り組み」(News Integrity Initiatve)に投資される予定だ。

クレイグ・ニューマーク慈善基金、ナイト基金、デモクラシー基金なども投資家として参加している。ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院がこのプロジェクトを運営することになっている。

Facebookでニュース提携の責任者であるキャンベル・ブラウン氏は次のようにコメントしている。

「Facebookジャーナリズムプロジェクトの一環として、人々がオンラインで目にする情報を識別するためのツールを提供したいと考えています。ニュースリテラシーの向上は世界的な関心であり、ニューヨーク市立大学がコーディネートする多様なグループは、世界中の専門家を集め、より情報が行き届いたコミュニティの確立に貢献するでしょう。」

Facebookがこのファンドに参加することは、論争の的になるかもしれない。同社はメディア企業であることをほぼ否定しており、Facebook上のフェイクニュースが昨年の米国大統領選挙の結果に与えた影響を訴える声を退けている。トレンドのトピックにおいて、保守的な見方を検閲しているという批判も受けている。マーク・ザッカーバーグCEOは、検閲はなかったと主張しているが、この議論がきっかけでトレンドトピックの選択のされ方にいくつか変更が加わっている。

過去数ヶ月間、Facebookはプレスとの関係強化に努めており、ジャーナリズムと会うツアーも実施している。今回のプロジェクトには、米国やドイツの学術機関など19の組織が現在参加している。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Mozilla、OSSプロジェクト支援に100万ドルの予算を確保

SHARE:

ブラウザ Firefoxの開発元であるMozillaが、世界の無料・オープンソースのソフトウェアプロジェクトを支援するために100万ドルの予算を確保したことを発表した。 「Mozillaはオープンソース・無料ソフトウェアムーブメントの一部です。私たちは、このムーブメントから生まれたのです」と、Mozilla会長ミッチェル・ベイカーはブログでこの発表について書いた。 ニュースレターの購読 注目すべき…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Jennifer Morrow“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

ブラウザ Firefoxの開発元であるMozillaが、世界の無料・オープンソースのソフトウェアプロジェクトを支援するために100万ドルの予算を確保したことを発表した。

「Mozillaはオープンソース・無料ソフトウェアムーブメントの一部です。私たちは、このムーブメントから生まれたのです」と、Mozilla会長ミッチェル・ベイカーはブログでこの発表について書いた。

「私たちは、テクノロジーとこのムーブメントから生まれたアクティビズムによって成長することができたのです。そして、私たちはオープンソースと無料ソフトウェアが、インターネットと私たちが築こうとしているオンラインライフの主要な部分であり続けることを理解しています。私たちは長年にわたって助成金プログラムを提供してきました。今こそ、このコミュニティに新たな形で支援するためのシステムを正式につくるべきです。」

Mozillaは当初10の助成金をつくる予定だが、100万ドルという金額は徐々に増える可能性がある。同社はその額の一部のみをMozillaが社内で使用しているオープンソースツールに使用したいと考えている(そうしたツールは数多くある。Ansible、Docker、Selenium、SQLiteなど)

「この計画には二つの側面が含まれます。まず、Mozillaが使用しているオープンソースと無料ソフトウェアプロジェクトに対して「お返しをする」という要素。そして、Mozillaによる経済的支援がコミュニティ全体の成功につながるような、それ以外のプロジェクトを支援して「ギブを送る(give forward)」という側面です」とBakerは書いている。

Mozillaがオープンソースであることの実績を踏まえて考えても、このニュースは重大なものだ。Firefoxは無料であるだけでなく、オープンソースのソフトウェアなのだ。

同社の新しい助成金プログラムについての詳細はこちらをご覧いただきたい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録