BRIDGE

タグ Mydol

待ち受け画面でアイドルが声をかけてくれる「Mydol」が約1億円を調達、韓国から中国・東南アジアへ進出

SHARE:

韓国を拠点に展開する、世界のスターファン向けサービス Mydol(마이돌)は、Company K Partners(컴퍼니케이파트너스)、Bon Angels Partners(본엔젤스벤처파트너스)から約10億ウォン(約1億700万円)を調達したと17日明らかにした。 Mydol は、スマートフォンを起動するたびにスターが声をかけてくれるようなバーチャルメッセージ機能を核とする「Mydol 待ち…

mydol_featuredimage

韓国を拠点に展開する、世界のスターファン向けサービス Mydol(마이돌)は、Company K Partners(컴퍼니케이파트너스)、Bon Angels Partners(본엔젤스벤처파트너스)から約10億ウォン(約1億700万円)を調達したと17日明らかにした。

Mydol は、スマートフォンを起動するたびにスターが声をかけてくれるようなバーチャルメッセージ機能を核とする「Mydol 待ち受け画面(마이돌 잠금화면)」と、スター好きのファンのためのSNS「Mydol Space(마이돌 스페이스)」を提供している。Mydol は2013年11月のローンチ以降、1年間で世界から700万ダウンロードを集めるなど急速な成長を見せており、これらのダウンロードのうち、90%以上が中国・台湾・東南アジアなど韓国国外の市場で発生している点が注目に値する。

また、これらの成果を広告など有料のマーケティング手法を使わず、ファンの自発的な口コミだけで達成したという点でも、肯定的な評価を受けている。

Mydol CEO のイ・ジンヨル(이진열)氏は、次のようにコメントしている。

Mydol は、全世界のスターのファンが楽しく利用できるモバイルサービスを作っていきたい。今回の資金調達を受けて、中国、東南アジアなどの国々をターゲットに、積極的なマーケテイングを行う計画だ。

今回の出資を担当した、Company K Partners 副社長のファン・ユソン(황유선)氏は、投資に至った背景を次のように説明した。

Mydol は、ファンとの積極的なコミュニケーションと迅速な実行力をもとに、有料のマーケティングを使わずに急成長することができた。ファンダム(ファンの一大グループ)を多く受け入れるなど、Mydol 独自のやり方で、アジアを含む世界市場でさらに成長できるよう積極的に支援していきたい。

Mydol は、韓国の大手モバイル企業 SK Planet が主催するインキュベーション・プログラム「101 Startup Korea」の第2期に選出され、韓国の中央官庁の一つである未来創造科学部(미래창조과학부)が主宰する Creative Korea(창조경제타운)で、優秀なアイデアに選ばれた。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------