THE BRIDGE

タグ myojowaraku2012

【明星和楽2012】2日で参加者3000人超え!アジアのテクノロジーとクリエイティブの祭典 –フォトレポート2日目

SHARE:

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれ、二日間で3000人以上もの来場者をむかえた。 ここでは、明星和楽2012二日目の様子をフォトレポートでお伝えする。 明星和楽二日目は、最初はスタートアップ10社による…

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれ、二日間で3000人以上もの来場者をむかえた。

ここでは、明星和楽2012二日目の様子をフォトレポートでお伝えする。

明星和楽二日目は、最初はスタートアップ10社による英語プレゼンだ。東京、福岡、シンガポール、香港など、アジアの主要都市から選出されたスタートアップがピッチをおこなった。

アジアから集まったプレゼンからは、今後福岡などが拠点となり、スタートアップが盛り上がってくる予感を感じさせるプレゼンとなった。プレゼンの詳細は、前半後半にわけて記事を書いている。


アントレプレナートークでは、Nomad の小笠原治氏、ゼロベースの石橋秀仁氏、モバツイ創業者の藤川真一氏、スカイアークシステムの小林晋也氏が登壇し、モデレーターとしてヌーラボの橋本正徳氏がおこなった。

テーマは起業。起業ありきではなく、なぜ起業したいのか、起業という選択肢をきちんと客観視し、企業内でイントラプレナーでおこなうほうがサービスとして意味があることもある、起業家として必要な意識とは、ということについてトークがおこなわれた。

今年の明星和楽2012の目玉でもあるクリエイティブトークではチームラボの猪子寿之氏、party campanyの家入一真氏、ソーシャルゲーム開発gumiの國光宏尚氏、そして、急きょ参加が決定したpixivの片桐孝憲氏が登壇。この激しすぎるパネルセッションをモデレートしたのは技術評論社の馮富久氏。

つくることの意味や、創業時の苦労話などが暴露されたりと、様々なテーマのトピックが飛び交いながらも、登壇者それぞれから、これからのクリエイティブについて語られた。音楽、ゲーム、アートなどを含めて、サービスの意義や社会におけるあり方など、新しいものをつくりたいと考えている人にとって笑いと感心が沸き起こったトークだった。


クリエイティブトークの次は、クリエイティブオークションがおこなわれた。初日から二日目にかけてライブで書き始めたアーティストの作品を、この場で発表し、参加者からオークション形式で購入してもらう場だ。書いたアーティスト本人から購入者に直接作品が手渡され、アーティストと参加者との交流がおこなわれた。

クリエイティブトークの横では、初音ミクにコスプレをした人たちによるアニソンDJブースもつくられ、トークの横で大きなアニソンが流れるといった新しい組み合わせのイベントなのも、明星和楽の特徴だ。


ワークショップスペースでは、指定の環境を使い、OSやサーバ周りのチューニングでパフォーマンスを競うチューニンガソンや、ゲーム制作などに関わる3Dコンテンツ制作のためのUnity3D
ワークショップ
がおこなわれ、集中して作業をしながら自分の技術を磨いたりしているブースも用意されており、トークやパフォーマンスとはまた違った参加者の熱で盛り上がりを見せていた。

二日間で、のべ3000人以上を超える参加者が来場し、ITだけにかぎらず、テクノロジーやクリエイティブの新しい刺激と交流が生まれた二日間となった。来年、そして福岡以外でも明星和楽が開催される予定。今後、明星和楽から新しいスターやアーティスト、クリエイターが出てくることが楽しみだ。

今後の明星和楽に期待したい。

以上が、9月8日、9日に福岡で開催されたテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」におけるセッションの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

【明星和楽2012】アジアと福岡発サービスのピッチが行われたスタートアップショーケース後半戦!

SHARE:

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。 ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。(前半はこちらから) 関心がある情報を効率的に取得できる「kanshin!」 Kanshin!(…

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。

ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。(前半はこちらから)

関心がある情報を効率的に取得できる「kanshin!

Kanshin!(Fukuoka)は、福岡からの選出スタートアップで、自分の関心がある情報を効率的に取得することができるサービスを提供している。ビッグデータが注目される今、あえて人の興味関心によるレコメンドに注目し、サービスを展開している。

Kanshin!は、株式会社関心空間から事業譲渡を受け、インターネットコミュニティサイト「関心空間」の運営を行なっていた。「関心空間」は、自分が今もっている関心事を登録して、他人の関心事と “つながり” を持たせたり、相互に感想などを書き込むことのできるサービスだ。

先行サービスの「関心空間」と同じく、Kanshin!は使い続けるうちに自分でも気づかなかった新しい関心事に出会えるサービスを目指しているという。気になった方はこちらから先行登録をどうぞ。

超小型電気自動車のカーシェアリングシステム「こでかけ

続いてREEVO(Fukuoka)によるピッチが行われた。REEVOは「交通革命」をミッションに事業を行なっている福岡のスタートアップだ。「こでかけ」という超小型電気自動車のカーシェアリングシステムを提供しており、スマートフォンから登録や課金、貸し出しなどの操作をおこなうことができる。

アプリをインストールし、ユーザ登録を行う。車の居場所をチェックし、車を借りるという3つのステップで利用可能だ。Webのアプリケーションを利用して、リアルタイムに場所や速度などの走行状況を把握することもできる。ターゲットは地方の行政、観光地や大学などを想定しているという。

低コストの家庭用エネルギー管理システム「Intraix

Intraix(Singapore)は、SaaS(Software-as-a-Service)で住宅、家計、中小企業がエネルギー消費量を軽減できる低コストの家庭用エネルギー管理システム。共同創業者であるDarrell Zhang Yiyang氏がピッチを行った。Intraixは2012年1月にローンチし、初版プロダクトのリリースが2012年5月に行われている。

同スタートアップは、NUS海外カレッジ(NOC)卒であるDarrell氏とBryan Lee氏の2人によって設立。Darrell氏は以前に、地元の電力会社で電気の専門家として働いた経験を持ち、建物の電力効率のソリューションを主とするOptirasという会社を設立しており、建物の電力を分析することで電力の節約を目指していた。

機器ごとにスマートプラグをインストールし、ハードウェアのコストをかけることなく主要のエネルギー計量データを測ることで個別機器の電力の内訳を出すことができる。Intraixで節約した電力はあらゆるお金に変換可能で、機器の割引や公共料金の払い戻しなどに使うことができるグリーンクレジットを得ることができるという。

サービスの紹介映像があるので、興味のある方はこちらの映像もどうぞ。

参考記事

リアルタイムデータ解析、ビジュアライズサービス「Demand Analytics

Demand Analytics(Hongkong)はリアルタイム・データの見える化ツールを提供する香港のスタートアップ。「人の意思決定をサポートする」ことをミッションに活動している。Demand Analyticsのチームはアメリカやヨーロッパから集まっており、ユニークなバックボーンをもっている。

2012年1月には、ソーシャル・コマース業界に革新をもたらすべく、グルーポン社と複数年の巨額契約を締結、世界レベルで解析整理された情報を提供している。世界的に展開しておりカテゴリも多く実店舗の情報なども必要となるグルーポンのようなサービスは、データを集め、解析して決断を下すのは一苦労だ。Demand Analyticsはこうした課題を解決するためにサービスを提供している。

Demand Analyticsは現在人を募集しているだそうなので、ビッグデータ時代に注目のサービスに興味のある方はapplyしてみてはいかがだろうか。

ソーシャルメディア効果測定ツール「sxIndeks

sxIndeks(Indonesia)は2012年4月にローンチした、インドネシアのソーシャルメディアのデジタルコンバージョン測定サービス。インドネシアのソーシャルメディアについて分析、報告を発表している Salig Silang 社が運営している。

ミルクを商品に扱う企業のキャンペーンから学び、このサービスを立ち上げたと語る。インドネシアには会話を重んじるカルチャーがあり、それもありソーシャルメディアの活用がとても盛んであるという。膨大な量の会話の分析を行うことで競合の分析をしたり、戦略をたてることが可能になりそうだ。

sxIndeksはインドネシアをターゲットにして提供されているサービス。インドネシアでのビジネスに関心がある方はこちらのサービスサイトを見てほしい。

参考記事

ソーシャル・ショッピング・ネットワーク「Butterboom.com

スタートアップショーケースのとりを飾ったのは香港から参加のCasey Lau氏。香港でTechCrunchのファッション版ともいえるブログを運営している人物だ。

Butterboom.com(Hongkong)は、香港の高級ファッション・アウトレットやブティックをフォローし、ユーザがコメントしたり評価したりできる、ソーシャル・ショッピング・プラットフォーム。VIP向けの頒布会に招待されたり、バーチャル・コンシェルジュに商品を探してもらったり、取り置きをお願いできるという。

香港にはファッションの店舗数が6万を超え、海外から4200万人の訪問者が訪れる。ファッションに500億米ドルのお金が使われているという背景があり、よりファッションの購入体験を豊かなものにするために、Butterboom.comが提供される。

Butterboom.comは英語と中国語で他の言語にも今後対応予定で、東京、ソウル、バンコク、ロンドンなど世界の各都市にも展開していきたいと、Lau氏はビジョンを語った。

10社のスタートアップのピッチが終了し、各審査員がそれぞれどのサービスがよかったかという発表が行われた。一番多く名前の上がったサービスは「Conyac」、「AWSスタートアップチャレンジ」出場権獲得したのは「こでかけ」だった。審査員の勝屋氏による「まるでアジアの交差点のような印象をうけた」というコメントが印象に残った。

以上が、9月8日、9日に福岡で開催されたテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」におけるセッションの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

【明星和楽2012】スタートアップショーケース前半−日本のスタートアップがアジアに向けてプレゼン

SHARE:

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。 明星和楽2012の二日目は日本とアジアのスタートアップのピッチイベント、スタートアップショーケースからスタートした。スタートアップショーケースはMOVIDA JA…

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。

明星和楽2012の二日目は日本とアジアのスタートアップのピッチイベント、スタートアップショーケースからスタートした。スタートアップショーケースはMOVIDA JAPANの孫泰蔵氏、伊藤健吾氏、DLEの椎木隆太氏、勝屋久氏、TechCityのトニー・ヒューズ氏などが審査員として参加。ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。

クラウドで翻訳をもっと手軽に−Conyac

最初にサービスのピッチを行ったのは株式会社エニドア代表の山田 尚貴氏。同社が提供するクラウドソーシング型翻訳サービスのConyac(Japan,Tokyo)の紹介が行われた。Conyacは一般的な人力翻訳に比較して安価にサービスを提供しており、2012年8月に公開した翻訳者コミュニティ機能で翻訳者同士の連携もはかっている。

ユーザは翻訳者と依頼者にわかれ、依頼者が翻訳をしてもらいたい文章を書き込むと世界中にいるその言語が得意な翻訳者によって翻訳が行われる。翻訳者は誰でもなることが可能だ。安価でスピードの早い翻訳は、eコマースやニュースサイトなどでニーズがある。多言語で情報を発信する必要があるこれからは、注目すべきサービスになりそうだ。【参考記事

ソーシャルで旅を楽しむtrippiece

続いてピッチを行ったのは、ソーシャルに旅のプランを作り行きたい人達と一緒に旅に出るサービスのtrippiece(Japan,Tokyo)。大学在学中の学生起業家、石田言行氏がそれぞれ海外経験のあるメンバーと立上げている。

旅行に行きたいという欲求は誰もが持っているもの。誰かと一緒に旅行に行くと様々な思い出を作ることが出来る。旅行代理店によるプランも山ほどあり、交通機関も発達しているため、旅にはとても行きやすくなっている。だが、「最適な旅を探すことができない」「一緒に旅に行く友達がいない」「企画には時間がかかる」といった問題もある。こうした問題を解決するのがソーシャル旅行サービスのtrippieceだ。

サービスを利用することでユーザは、旅行企画や過去に行った旅の体験談などの情報を共有できる。ソーシャルネットワークとも連携し、趣味/趣向の近いユーザー同士で旅行プランごとにグループ化できる機能も備えている。ボリビアにいったり、スカイダイビングなど、様々な旅企画がこれまでに実施されており、今では2万人のユーザがいるそうだ。【参考記事】

イベントとコワーキングスペースをつなぐCoworkify

続いてピッチを行ったのはイベントとコワーキングスペースを繋ぐC2CサービスのCoworkify(Japan,Tokyo)。Startup Weekend Kyoto2011で優勝した過去がある。

ビジネス、行政、様々な場面で使われていないワークスペース過多の問題を、ワークスペースをレンタルして収益化するインフラを提供することで解決することを目指している。

先月にローンチしたCoworkifyのウェブアプリでは、あなたの近くで利用できるイベントやワークスペースを見つけたり借りたりすることが可能となっている。最近、モバイルアプリのローンチ(iPhoneAndroid)したので、こちらもチェックしてほしい。【参考記事】

恋人とのコミュニケーションSNSアプリ−Pairy

次にピッチを行ったのは、恋人向けのコミュニケーションSNSアプリのPairy(Japan,Tokyo)。PairyはアメリカのPair、韓国のBetweenとカップル向けのクローズドコミュニケーションツールが次々と登場し注目を集める中、日本からの参戦を試みようとしている。

Pariyは2012年6月からiOSで配信開始。LINEのようなスタンプ機能を持ち、タイムライン機能によってFacebookのアクティビティもPariy上でチェックすることができるため、いくつものサービスをチェックする必要がなくなるという。服装のサイズや指輪のサイズといった情報も登録しておくことができ、プレゼントなども選びやすくなっている。もちろん、記念日等の登録も可能だ。

Pariyアルバムという機能をもうすぐ実装予定。英語、中国語、韓国語などにも対応していくという。カップルの方は、ぜひパートナーと一緒に利用してみてはいかがだろうか。

以上が、9月8日、9日に福岡で開催されたテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」におけるセッションの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

【明星和楽2012】「スタートアップ都市・ふくおか」の発表も行われた、アジアのテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」フォトレポ1日目

SHARE:

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。 昨年と比べ大幅に参加者は増加し、開場前から受付には長蛇の列ができ、イベントの開始時には会場は人でいっぱいとなっていた。 明星和楽2012、初日の様子をフォトレポー…

9月8日、9日にテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」が開催された。イベント当日は福岡市長による講演や孫泰蔵氏による講演、著名人やVCなどによるパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス10社によるショーケースピッチがおこなわれた。

昨年と比べ大幅に参加者は増加し、開場前から受付には長蛇の列ができ、イベントの開始時には会場は人でいっぱいとなっていた。

明星和楽2012、初日の様子をフォトレポート形式でお伝えする。U-NOTEでもトークの様子などを伝えているので、こちらもご覧頂きたい。オープニングでは書道のパフォーマンスも行われ、驚きの声とともにスタートした。

最初のトークは、英国貿易投資総省のデジタル・コンテンツ・セクター・チャンピオントニーヒューズ氏によるロンドンのTech Cityについて。ウェブの産業を、それぞれのプロジェクトで組み、市全体で新しい動きを起こしていこうという動きについてプレゼンが行われた。

続いて、「家電スタートアップ」Cerevoの岩佐琢磨氏によるトーク。かつてに比べて、コスト面、在庫面、資金面において、Skype、Crowdfounding、スマートフォンなどのネットのツールがでてきたことによって、小さいスタートがおこなる環境が整ってきた。「ハードウエアをもっと楽しもう」というメッセージが参加者に向けて伝えられた。

京都のプレイベントでも登場したCoffee Meetingの山本大策氏。今回の明星和楽2012でもCoffee Meetingを開催された。

インタラクティブ領域をメインとしたクリエイティブプロダクション、株式会社ワンパク代表、クリエイティブディレクターの阿部淳也氏のトークでは、スタートアップもクリエイティブに携わる人間も、双方が気にしなければいけない事柄を5つのキーワードに沿って話された。「Online to Offline」、「Fusion of Designing & Enginieering」「Ideas < Action」「Co-Creative」「Feedback」といった5つのワードは、これから意識しなくてはいけないことだろう。

昨年の明星和楽、先日京都で開催された明星和楽・京都と合わせて、明星和楽への参加が皆勤賞であるJulie WataiさんによるDJパフォーマンスも開催された。彼女は、WARAKUだけでなく、MYOJOにも登場してパフォーマンスを行う予定だ。

続いてのトークは、クリプトンフューチャーメディアの社長、伊藤博之氏。いまや世界的に有名になりつつあるバーチャルアイドル、初音ミクの生みの親だ。クリプトンフューチャーメディアは札幌という土地で活動をずっと続けており、地方からでも発信できるということを証明している。これからも「地域を作る」という意識を持ち、活動を続けていくとの宣言があった。

音楽と映像を共感覚的に融合させる作風を持ち味としている、ゲームクリエイター / プロデューサーの水口哲也氏よる「つくること」についてのトークも行われた。水口氏がプロデュースを行なっている音楽ユニット『元気ロケッツ』によるパフォーマンスも、会場を盛り上げた。

トークセッションの終盤には、福岡市市長高島宗一郎氏による福岡市のこれからの像を描いた「スタートアップ都市・ふくおか」の話が行われた。この事業には孫泰蔵氏や、小笠原 治氏も携わっており、市長のトークの後は正式に記者会見の場が設けられ、福岡からアジア、世界へ飛び出すスタートアップを生み出すための事業構想が語られた。

日が沈み、夜になってからはJulie Wataiさんをはじめとする人気DJたちによるパフォーマンスが開催された。日中とはまた違った様子となり、訪れた人を楽しませていた。

会場は、プレゼン時にはあふれるほどの人で集まっていた。


別のステージでは、AWSやGoogle、KLabなどによるワークショップもおこなわれており、メインステージと同様に熱のこもった参加者で盛り上がっていた。

また、二日目におこなわれるクリエイティブチャリティーオークションなどに出品するためのアートをライブで書いているアーティストたちや、gate’sの大きな壁一面へのライブペインティングなどがおこなわれ、アーティストのパフォーマンスの場としても、大きく盛り上がっていた。

ステージ脇では、今回スポンサーをいただいている方々のブースもそれぞれ盛り上がっていた。

以上が、9月8日、9日に福岡で開催されたテックとクリエイティブの祭典「明星和楽」におけるセッションの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------