タグ MySpiroo

ぜんそく患者向けのスマートフォン連携ピークフローメーター「MySpiroo」

SHARE:

ぜんそく患者向けのピークフローメーターをスマートフォンに連携させるガジェット「MySpiroo」をポーランドのPeter Bajtala氏とLukasz Koltowski氏によるチームが開発を進めている。 ピークフローメーターとは、十分に息を吸い込んだ状態から、思い切り吐き出した息の最大速度であるピークフロー値を記録するためのもの。ピークフロー値を毎日記録することで、喘息の発作を予測したり、状態…

BRIDGE_Tokyo_Meetup


ぜんそく患者向けのピークフローメーターをスマートフォンに連携させるガジェット「MySpiroo」をポーランドのPeter Bajtala氏とLukasz Koltowski氏によるチームが開発を進めている。

spiroo

ピークフローメーターとは、十分に息を吸い込んだ状態から、思い切り吐き出した息の最大速度であるピークフロー値を記録するためのもの。ピークフロー値を毎日記録することで、喘息の発作を予測したり、状態を把握することが可能になるため、喘息の患者は、このピークフローメーターを日常的に使っている方も多いという。

My Spirooは、本体で測定したピークフロー値をスマートフォンの専用アプリで記録・分析する仕組み。ピークフロー値を紙などに記録する必要がなくなるほか、医師へのデータ提出の手間も軽減することができる。

公開されたプロジェクトサイトによれば、基本的な機能の「患者用」と、分析機能や患者カード管理などの機能を加えた「プロ(医師)用」の2モデルを予定しているようだ。

なお、プロジェクトサイトには本体の仕様詳細が明らかにされておらず。どのような仕組みでスマートフォンに連携するかは不明だが、TechCrunchによればイヤフォンジャックでスマートフォンと接続するようだ。

このほか本体を動作するためのバッテリーなど気になる部分も多いが、無事に製品化された場合、世界で3億人いるともいわれている喘息患者の日々の計測が便利になることだろう。