BRIDGE

タグ Natee

MCNのNatee、シリーズAラウンドで1.2億円を調達——XTech Vやアカツキらから

SHARE:

TikTok を中心にインフルエンサーやライバーを擁する MCN(Multi-Channel Network)の Natee(ナティ)は9日、シリーズ A ラウンドで1.2億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、XTech Ventures、アカツキ「Heart Driven Fund」、キュービックベンチャーズ、マネックスベンチャーズ。これより前、同社は今年2月に、Hear…

左から:古川慧氏(XTech Ventures アソシエイト)、西條晋一氏(XTech Ventures 代表パートナー )、小島領剣氏(Natee 代表取締役)、熊谷祐二氏(アカツキ「Heart Driven Fund」ヴァイスプレジデント)
Image credit: Natee

TikTok を中心にインフルエンサーやライバーを擁する MCN(Multi-Channel Network)の Natee(ナティ)は9日、シリーズ A ラウンドで1.2億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、XTech Ventures、アカツキ「Heart Driven Fund」、キュービックベンチャーズ、マネックスベンチャーズ。これより前、同社は今年2月に、Heart Driven Fund、East Ventures、個人投資家らからシード資金を調達している。この際の調達金額は公表されていないが、日経によると約6,800万円

Natee は2018年、ビズリーチ出身の小島領剣氏(現代表取締役)やリクルート出身の朝戸太將氏(現取締役 COO)らにより創業。TikTok を中心にインフルエンサーやライバーを157人擁していて、彼らのフォロワーの合計数はのべ2,732万人に達している。フォロワーには、10代後半から20代後半のファンが多い。同社によれば、創業1期目と比較し2期目の年間売上高は20倍、月間案件数は昨対比(2019年9月 vs. 2020年9月)で15倍以上に増加した。

Natee はこれまで Tiktok を通じた活動を強みとしてきたが、世界的に Tiktok に対する評価が流動的に動いたこともあって、このところは、Instagram や YouTube など他のプラットフォームへの展開にも積極的だ。また、インフルエンサーを使った広告展開にデータドリブンなアプローチを取り入れ、今後は広告やマーケティング以外にも、インフルエンサーによるグッズ販売などでレベニューチャネルを多角化する計画があるという。

Natee のインフルエンサーには特徴がある。ただ、かっこいいとか可愛いよりりも、マジックができますとか、ダイエットについて詳しく話せます、とか一芸に秀でている人が多い。(小島氏)

しかし、インフルエンサーを抱える事務所にとって、永遠の課題とも言えるのが、人気インフルエンサーの独立問題だ。芸能事務所においてもそうだが、力をつけた芸能人は独立し、個人事務所を作って辞めていってしまう。従来のインフルエンサー事務所は、そんな中で人気インフルエンサーを取り合う陣取り合戦をやっていたわけだが、小島氏は、今後は多くの個人事務所が乱立する世界が来るので、同じやり方では続かないだろう、と展望する。

おそらく、芸能界で個人事務所が大手事務所と業務提携するように、インフルエンサーが MCN とより柔軟な契約を求めるようになるだろう。インフルエンサーはどこかの事務所に所属するという帰属意識よりも、より便利なプラットフォームやサポート体制を提供する MCN を用途に合わせて複数使い分けるようになる。今回調達した資金を使って、同社は広告主により効果的なマーケティングを可能にするとともに、インフルエンサーに選ばれる MCN 作りにも傾注するとみられる。

TikTok特化のタレントプロモ「Natee」にアカツキ、EVらが出資

SHARE:

TikTokに特化したタレントプロモーションを手掛ける「Natee」は2月6日、アカツキ、East Ventures、野口圭登氏、森本千賀子氏、JJコンビ、その他個人投資家を引受先とする資金調達を実施したことを発表した。その他の個人投資家に関しては氏名非公表。 同社は2018年11月にTikTokに特化したタレントを抱える事務所として事業をスタート。2020年1月にはTikTok公認MCN契約を締…

Screen Shot 2020-02-11 at 2.25.24 AM

TikTokに特化したタレントプロモーションを手掛ける「Natee」は2月6日、アカツキ、East Ventures、野口圭登氏、森本千賀子氏、JJコンビ、その他個人投資家を引受先とする資金調達を実施したことを発表した。その他の個人投資家に関しては氏名非公表。

同社は2018年11月にTikTokに特化したタレントを抱える事務所として事業をスタート。2020年1月にはTikTok公認MCN契約を締結し、MCNプラットフォームを活用した広告クリエイティブ企画、制作、運用までの一気通貫したプロモーションサービスを展開している。

また、自社独自ツールの開発も行っており、自社アサインツールによる商材ごとの適切なインフルエンサー選定や、動画アクセス解析ツールを活用したスマートフォン、TikTokに特化したコンテンツ広告制作、ダイレクトパフォーマンス広告の運用・分析も提供している。なお、ジャンルは美容やスポーツ、お笑いなどで、10代から30代までのタレントが110名ほど所属。今回の資金調達により、同社は、経営基盤とセールス人員などの採用を強化する。

via PR TIMES