THE BRIDGE

タグ Nature Remo

エアコンをスマート化する「Nature Remo」開発のNature、環境エネルギー投資とDeNAから5億円を資金調達

SHARE:

エアコンをスマート化する IoT プロダクト「Nature Remo」を開発する Nature は1日、環境エネルギー投資と DeNA から5億円を調達したことを明らかにした。DeNA からの出資は、先ごろ DeNA から発表された Delight Ventures に出資母体が移管される予定。同社にとっては昨年2月に実施した大和企業投資からの1億円の調達に続くものとなる。調達ラウンドは不明。 N…

Nature の皆さん
Image credit: Nature

エアコンをスマート化する IoT プロダクト「Nature Remo」を開発する Nature は1日、環境エネルギー投資と DeNA から5億円を調達したことを明らかにした。DeNA からの出資は、先ごろ DeNA から発表された Delight Ventures に出資母体が移管される予定。同社にとっては昨年2月に実施した大和企業投資からの1億円の調達に続くものとなる。調達ラウンドは不明。

Nature は、三井物産出身でハーバード MBA を取得した塩出晴海氏(現 CEO)らがボストンでの起業。NatureRemo は、出先から帰宅前にスマートフォンでエアコンをつけたり、Google Home や Amazon Echo から音声でテレビや照明を操作することができるほか、API を使ったサードパーティーによるサービス構築も可能だ。

同社は2016年に Nature Remo を発表し、その後、Kickstarter、Indiegogo、Makuake の3サイトでのクラウドファンディングを通じ総額2,200万円以上を調達。2018年に全国家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機等)で販売開始、2019年4月にスマートホームスターターキットとして Google Home Mini と Nature Remo mini のバンドル商品を量販店で販売開始するなど着々と成長を続けている。Nature Remo のシリーズ累積販売台数は、10万台を突破している。

今回調達した資金を使って、同社はチームを現在の体制から倍増させ、開発・販売・サポート体制を強化する予定。また、年内に発売を予定している家庭向けエネルギーマネージメントソリューション「Nature Remo E」を切り口にエネルギー事業に参入するとしている。また、本社機能を全て日本に移管し、日本から海外市場に進出する体制を確立するとしている。

<関連記事>

via PR TIMES

----------[AD]----------

エアコンをスマート化する「Nature Remo」開発のNature、大和企業投資から1億円を資金調達——ビックカメラ、コジマ、Amazonで販売開始

SHARE:

エアコンをスマート化する IoT プロダクト「Nature Remo」を開発する Nature は19日、大和企業投資から1億円を調達したことを明らかにした。Nature は Nature Remo を2016年に発表、その後、Kickstarter、Indiegogo、Makuake の3サイトでのクラウドファンディングを通じ、総額2,200万円以上を調達している。最近では、神戸市と500 St…

2017年10月、「500 Kobe Accelerator」デモデイでピッチ登壇する Nature CEO 塩出晴海氏
Image credit: Masaru Ikeda

エアコンをスマート化する IoT プロダクト「Nature Remo」を開発する Nature は19日、大和企業投資から1億円を調達したことを明らかにした。Nature は Nature Remo を2016年に発表、その後、Kickstarter、Indiegogo、Makuake の3サイトでのクラウドファンディングを通じ、総額2,200万円以上を調達している。最近では、神戸市と500 Startups が開催した、アクセラレーションプログラム「500 Kobe Accelerator」に採択されている。

Nature は、三井物産出身でハーバード MBA を取得した塩出晴海氏(現 CEO)らがボストンで起業。開発・製造体制が安定したこともあり、ビックカメラ、コジマ、Amazon での販売も開始している。外出先から帰宅前にスマートフォンでエアコンをつけたり、Google Home やAmazon Echoから音声でテレビや照明を操作することができるほか、API を使ったサードパーティーによるサービス構築も可能だ。

同社では昨年に続き、関西電力とのバーチャルパワープラントの実証事業に参画し、電力関連事業でのアライアンスの実現に向けて取り組んでいる。このプロジェクトではインターネットとセンサー技術を活用し、分散型電源を普及させ、ピーク時に活用できる電力供給源の代替としてエネルギーを自給自足出来る未来を創造することを意図している。現在 Nature をはじめ13社が参加中だ。

この分野では、ドイツ・ミュンヘンに拠点を置く Tado° が総額5,000万ユーロ(約66億円)を調達、イスラエル・テルアビブを拠点とする Sensibo(Sensibo Sky を開発)が総額340万ドル(約3.6億円)を調達しているほか、ECHELON 2014 で聴衆賞や RISE 2015 のピッチコンペティションで優勝した香港の Ambi Labs(Ambi Climate を開発)などの競合が見られる。

<関連記事>

----------[AD]----------

エアコンを操作できるスマートリモコン「Nature Remo」が24時間でクラウドファンディングを達成

SHARE:

エアコンを外からスマホで操作できるスマートリモコン「Nature Remo (ネイチャー リモ)」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」において、7月12日より先行予約を開始。24時間以内に目標金額である100万円達成した。7月14日現在は、さらに金額を伸ばし、140万円ほどの金額を集めている。 エアコンをスマート化するIoTデバイス「Nature Remo」が日本でもクラウドファンデ…

nature

エアコンを外からスマホで操作できるスマートリモコン「Nature Remo (ネイチャー リモ)」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」において、7月12日より先行予約を開始。24時間以内に目標金額である100万円達成した。7月14日現在は、さらに金額を伸ばし、140万円ほどの金額を集めている。

エアコンをスマート化するIoTデバイス「Nature Remo」が日本でもクラウドファンディングを開始

Kickstarterで目標金額を達成し、Makuakeでも目標金額を達成したNature CEOの塩出晴海氏は、順調な「Nature Remo」の今後について下記のようにコメントしている。

今後、国内において3年間で100万台を販売することを目指して、B2Bでの販路開拓に向けて尽力しています。100万台のエアコンがNature Remoに接続されると、仮にエアコンの定格出力500Wの20%を制御しただけでも、100MWのリソースをコントロール可能になります。100MWとは、中規模の風車50基程度の容量に相当する電力消費量です」

彼らの目標は、多数の小規模な発電所や電力の需要抑制システムをひとつの発電所のようにまとめて制御を行うバーチャルパワープラントを普及させること。その目標を達成するためには、製品を広めなくてはならない。

Nature Inc は、京都に同社の日本法人であるNature Japanを設立。Nature Inc は、ハーバード大学発ベンチャーとして同大学のベンチャーインキュベーションプグラムに参加中。ロンドン・ビジネス・スクールの「CleanTech Challenge」では優勝。ハーバード・ビジネス・スクールの「New Venture Competition」ではファイナリストに選ばれている。

----------[AD]----------

エアコンをスマート化するIoTデバイス「Nature Remo」が日本でもクラウドファンディングを開始

SHARE:

「家庭のエネルギーデマンドを最適化する」という大きな目標を掲げて、米国ボストンでスタートアップしたNature。同社は、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo(ネイチャー リモ)」を開発している。 CEOの塩出晴海氏、CTOの大塚雅和氏の日本人2人組が開発するプロダクトとしても注目の「Nature Remo」は、赤外線リモコンで制御可能な各種エアコンをスマート化するIoT…

Natureremo1

「家庭のエネルギーデマンドを最適化する」という大きな目標を掲げて、米国ボストンでスタートアップしたNature。同社は、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo(ネイチャー リモ)」を開発している。

CEOの塩出晴海氏、CTOの大塚雅和氏の日本人2人組が開発するプロダクトとしても注目の「Nature Remo」は、赤外線リモコンで制御可能な各種エアコンをスマート化するIoTデバイス。スマートフォンアプリを用いて、Wi-Fi経由でエアコンをコントロール可能にする。

単にスマートフォンから操作できるだけではなく、あらかじめ設定した温度や湿度といった条件に応じて、自動的にエアコンを調整してくれるという。2016年5月23日から開始した「Kickstarter」での先行予約では、約10日で目標調達額5万ドルを調達、最終的に目標金額の倍近い9万5000ドルを集めた。

そんな「Nature Remo」が、本日国内でもクラウドファンディングを開始した。Makuakeでも支援を募ることで、開発・製造を安定させる狙いだ。海外で反響のあったプロダクトは、国内でも良い反応であることが多い。「Nature Remo」も注目のプロダクトとなるのではないだろうか。

彼らの目標は、インターネットとセンサー技術を活用し、多数の小規模な発電所や電力の需要抑制システムをひとつの発電所のようにまとめて制御を行うバーチャルパワープラントを普及させ、エネルギーを自給自足出来る未来をつくること。国内でのクラウドファンディングが、彼らの目標に近づく結果となることに期待したい。

日本からハーバードMBAを経てボストンで起業、エアコンをスマート化するIoT製品「Nature Remo」の挑戦

----------[AD]----------

日本からハーバードMBAを経てボストンで起業、エアコンをスマート化するIoT製品「Nature Remo」の挑戦

SHARE:

「家庭のエネルギーデマンドを最適化する」という大きな目標を掲げて、米国ボストンで起業した日本人チームがいます。CEOの塩出晴海さんと、CTOの大塚雅和さん率いるNatureです。同社が手がけるのは、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo(ネイチャー リモ)」。先月5月23日から開始したKickstarterでの先行予約は10日で目標調達額5万ドルの調達に成功し、現在は調達…

「家庭のエネルギーデマンドを最適化する」という大きな目標を掲げて、米国ボストンで起業した日本人チームがいます。CEOの塩出晴海さんと、CTOの大塚雅和さん率いるNatureです。同社が手がけるのは、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo(ネイチャー リモ)」。先月5月23日から開始したKickstarterでの先行予約は10日で目標調達額5万ドルの調達に成功し、現在は調達額を増加しています。

部屋型とリモコン式の両方に対応

Nature-Remo

空調をコントロールするIoT製品と聞いてパッと思い浮かぶのは、Googleに買収された「Nest」や本媒体でも取材したことがあるドイツ発の「tado」などです。後発のNature Remoとこれらの製品の最大の違いは、Nature Remoが世界の異なるエアコン形態に対応していること。日本の場合、エアコンといえば壁への取り付け型で必ずリモコンがついてきます。一方の米国では、リモコンがないウィンドウ型・壁型が50%以上を占めていると言われています。

Nestは米国では一般的なセントラルヒーティング(熱源装置から熱を各部屋に送る仕組み)を対象としており、他にもニューヨーク拠点の「ThinkEco」は、リモコンがついていないウィンドウ型・壁型のエアコンにパワープラグをONOFFする形。Tadoは、リモコン付きのエアコンが対象です。Nature Remoはというと、世界基準のウィンドウ型・壁型のリモコン式と、そうでないものの双方に対応する構想のもと開発が進められています。先行してリモコン式のエアコンに対応し、追って着脱式のパワープラグも発売する予定です。

また、インテリアの一部となって部屋の目につくところに設置されるデバイスであるため、シンプルで美しく、さりげないデザインを心がけています。例えば、Nature Remoの表面の白色でつるんとした質感もそんなこだわりの一つ。外部のインダストリアルデザイナーと共に3ヶ月かけて実現しました。

「この均一なつるんとした表面の裏側に、人感センサーや赤外線の受発信装置などが潜んでいます。競合製品などではセンサー部分だけ材質が異なったりするんですが、Nature Remoは単一なものでしっとりした表面を実現しています」。

三井物産を退職して起業

CEOの塩出晴海さん(右)とCTOの大塚雅和さん(左)
CEOの塩出晴海さん(右)とCTOの大塚雅和さん(左)

起業する前は、三井物産で火力発電の事業開発に携わっていた塩出さん。発電所や炭鉱の建築現場などを訪れた東南アジアでは、そうした現場で多くの人が犠牲になっていることを知りました。この現状に違和感を感じたことをきっかけに、中央集約化した電力形態を疑問視するようになりました。もっと分散化したクリーンエネルギーを実現することはできないのかと考えるように。

その後、エネルギー効率などエネルギー関連の事業を興そうと起業を決意し、三井物産を退職。ちょうどNestなどのIoT製品が登場し始めた頃で、市場が盛り上がりを見せる兆しがありました。最適なソリューションを模索する中で、日本のエアコンの大半がインターネットに繋がっていないことに着目し、エアコンのIoTプロダクトに的を絞りました。

当初は自分でプロトタイプを作ることを考えていましたが、そんな時に出会ったのが、後にCTOとして参画してくれる大塚さんが開発するIRKit(WiFi機能の付いたオープンソースの赤外線リモコンデバイス)でした。Nature Remoのプロトタイプを開発するために、自分でIRKitを触ってみるようになりました。

「IRKitのことを知ったときに、そもそもこれを作っている人と一緒にやるのが一番なんじゃないかと思い、すぐに大塚さんに連絡したんです。そこで一緒にやろうとはなりませんでしたが、一時帰国をする度に彼に会って進捗報告をしていました。それを重ねるうちに、2015年末にようやくNature Remoに参画してもらえることになりました」(塩出晴海さん)

家庭のエネルギーデマンドを最適化


どんなソリューションを開発するかを練っていた当時、クリーンエネルギーの普及に貢献するグローバルな会社を作りたいとハーバード・ビジネス・スクール(HBS)に進学することに。Nature Remoは、少し前に開催されたコンペでも最終選考まで残り、同校の卒業生や審査員などを中心に親身に相談に乗ってもらえるネットワークが築けています。先月、MBAの学位を取得し、現在はボストンでNature Remoの製造・販売に向けて奔走しています。

今回が初めての起業となる塩出さんですが、最初から日本ではなくアメリカでやろうと決めていました。

「日本でも会社をやったことがないのに偉そうと言われるかもしれませんが、10歳のときから思い描いていた起業を、やるならグローバルな会社にしたいと思っていました。日本で始めてしまうと言語の壁もあり、国外に出て行ける人材を集めるのにも苦労するかもしれないという懸念がありました。こちらで起業するならとアメリカのビジネススクールを選びました」。(塩出晴海さん)

Natureが長期的に目指すのは、家庭のエネルギーデマンドの最適化です。このデマンドマネージメント(需給管理)を行うためにも、電力のリアルタイムの情報を取得できるプラグの開発が急がれます。将来的には、電力使用のリアルタイムな情報を電力会社にフィードバックし、電力会社からの要請を受けて電力ピーク時の使用ワット数をコントロールするようなことが可能になるはず。

「例えば、夏場はエアコンを沢山使いますが、ある程度のお金が還元されるなら多少温度を上げてもいいという人は意外と多いことが分かりました。米国では10年以上前からある電力自由化が日本では今年になって始まったばかりですが、電力効率には様々な方向から取り組まなければいけません。エアコンを出発点に、限られたリソースで世界が回るような社会を実現したいです」。(塩出晴海さん)

----------[AD]----------

エアコンをスマート化する「Nature Remo」、残すところ19日でKickstarterの目標金額を達成

SHARE:

現在展開中のKickstarter プロジェクトについて先日伝えたばかりの「Nature Remo(ネイチャーリモ)」。エアコンをスマート化するIoTプロダクトで、日本人の起業家とエンジニアのコンビが、ボストンを拠点に開発しています。 Kickstarterでは、プロジェクトの開始から1日足らずで約1万5000ドルを集めましたが、開始から10日で5万ドルを調達し、目標金額を100%達成したことを発…

Nature-Remo

現在展開中のKickstarter プロジェクトについて先日伝えたばかりの「Nature Remo(ネイチャーリモ)」。エアコンをスマート化するIoTプロダクトで、日本人の起業家とエンジニアのコンビが、ボストンを拠点に開発しています。

Kickstarterでは、プロジェクトの開始から1日足らずで約1万5000ドルを集めましたが、開始から10日で5万ドルを調達し、目標金額を100%達成したことを発表しました。この早期達成をうけてNature Remoはその調達額を増加しています。

残された19日間中に10万ドルを達成した場合には、筐体の中心にある丸い発光ダイオードを RGB 全色カラー対応に切り替えるとのこと。また、最終的な調達額が15 万ドルを超えた場合、インターネットに接続することなく家庭内の他の IoT デバイスやアプリとの連携を可能にするローカル APIを開発します。

家のどこからでもエアコンを含む家電のリモコン操作を可能にしてくれるNature Remo。室内にいる人を検知したり、過去の操作履歴を学習したりすることで電気代の節約にもなると言います。

49ドルと59ドルの事前予約プランは完売。現在は、69ドルから事前予約することができます。日米ともに、Nature Remoの出荷は2016年8月を予定しているとのことです。

----------[AD]----------

日本人スタートアップがエアコンをスマート化するIoT「Nature Remo」で海外に挑戦

SHARE:

日本人の起業家とエンジニアのコンビが米国でスタートアップ「Nature」を立ち上げ、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo」の開発に取り組んでいる。 Nature CEOの塩出晴海氏とCTOの大塚雅和氏の2人が創業したスタートアップ。大塚氏は以前、あらゆる家電をハックできるスマホ連動オープンソース・デバイス「IRKit」を開発していた人物だ。 あらゆる家電をハックできる、…

Nature Remo

日本人の起業家とエンジニアのコンビが米国でスタートアップ「Nature」を立ち上げ、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo」の開発に取り組んでいる。

Nature CEOの塩出晴海氏とCTOの大塚雅和氏の2人が創業したスタートアップ。大塚氏は以前、あらゆる家電をハックできるスマホ連動オープンソース・デバイス「IRKit」を開発していた人物だ。

あらゆる家電をハックできる、スマホ連動オープンソース・デバイス「IRKit」

彼らが開発している「Nature Remo」は、赤外線リモコンで制御可能な各種エアコンをスマート化するデバイス。

「Nature Remo」は、スマホアプリを使って、Wi-Fiやインターネット経由でエアコンをコントロール可能にするだけでなく、あらかじめ設定した温度や湿度などの条件に応じ、自動的にエアコンを調整してくれる。

Nature Remo app

「Nature Remo」は、動きセンサ、照度センサ、ノイズセンサなど複数のセンサが備わっており、必要がないときはエアコンのスイッチをオフにしたり、ユーザの位置情報を把握して帰宅時刻に合わせて部屋の温度を調節してくれる。

スマートホーム関連のプロダクトで実現してほしい機能は一通り備わっている「Nature Remo」は、現在、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援を募っている。プロジェクトの開始から、1日足らずで約1万5000ドルを集めている。

ライバルの多い領域でどう勝負していくのかが気になるところだが、まずはクラウドファンディングの行く末を見守りたい。

----------[AD]----------