BRIDGE

タグ ネパール

【ネパール地震被災者支援】ソーシャルメディア、テック大手、メッセージング・サービス各社の対応まとめ

SHARE:

去る4月25日、ネパールでマグニチュード7.8規模の地震が発生した。以来、10回にわたる余震の被災者は45万人、死亡者は1万人に達すると推定される。全世界がネパールに向かって救援の手を差し伸ばす中で、IT企業各社も災害復旧に力を合わせ始めた。 ネパールの惨状を世界に知らしめたドローン映像 4月27日、ソーシャルメディアの Storyful が公開したドローン映像(以下、ビデオ参照)は、ネパールの首…

world-vision-facebook-pray-for-nepal
Image Credit: World Vision

去る4月25日、ネパールでマグニチュード7.8規模の地震が発生した。以来、10回にわたる余震の被災者は45万人、死亡者は1万人に達すると推定される。全世界がネパールに向かって救援の手を差し伸ばす中で、IT企業各社も災害復旧に力を合わせ始めた。

ネパールの惨状を世界に知らしめたドローン映像

4月27日、ソーシャルメディアの Storyful が公開したドローン映像(以下、ビデオ参照)は、ネパールの首都カトマンズの惨状を世界に知らしめた。遺跡が破壊され、瓦礫だけが残ったカトマンズの姿をそのまま電波に乗せ、SNS などを通じて全世界に広がった。

ドローン映像は、地上での調査が行き届かなかった被災地各地の状況を明らかにし、その救助や復元に役立つとのを評価を受けている。ドローンが地上調査より速く広く現場の状態を確認することができるからだ。雲が出やすいネパールの気候特性上、事故の把握が容易ではない衛星写真よりも、ドローンが撮影した映像の方が役に立つのだ。

また、ネパールでは現在、有人ヘリコプターが不足しており、ドローンがその不足を埋めている。有人ヘリコプターを被害者の救出に振り向けることができ、ヘリコプターの効率的な運用にもドローンが一役買っている。

90% の地震予測精度を誇るビッグデータ技術

ビッグデータは、地震の災害予防の段階で活用されており、現在のネパールの状況と直接関係はない。しかし、多くの死傷者を出した今回の惨事から、科学の力で自然災害を予測し、それに対応する災害管理システムを備えることがいかに重要かが明らかになった。現在、地震に関連するビッグデータ研究は、主に日本、アメリカ、中国などで行われている。

ビッグデータが災害救助に活用されたのは、2010年のハイチ地震と2011年の日本での東日本大震災の後だ。特に地震による被害が頻繁に起きる日本では、アメリカと共同で研究機関を作るなどの努力が続けられている。昨年、アメリカの NSF(National Science Foundation)と日本の科学技術庁は、データ・ドリブンな地震予測システムを研究する団体を支援するために、200万ドルの資金を集めた。

民間でも自律的なデータクラウドソーシングが行われている。ハリケーン・サンディが甚大な被害をもたらしたとき、アメリカの高校生数人が集まって、ニューヨークとニュージャージー州地域のガスが使用できるかどうかを示すオンライン地図を作成、地域社会を支援した。2010年のハイチ地震のときも、Ushahidi が作成したクラウドソーシングの地図が、救助活動に有効に活用された。

この他にも、リアルタイムの衛星データを取得し、90%の精度で地震を予測する Terra Seismic、Quake Hunter などのサイトが稼働中だ。日本の NPO である GEM(編注:対訳確認中)は、発展途上国を対象に非常に洗練された地震リスク評価情報を提供している。

Google、Facebook、Twitter、Apple の対応

Google は、2010年の50万人の死傷者を出したハイチ地震後に Person Finder を提供して救助活動を支援した。救助当局や知人がSMSで生存者についての情報を継続的に登録することで、Googleがその情報を収集し、データベース形式で保存する。ネパール、インド、アメリカで「search ◯◯◯」とテキストメッセージを送信すると、知人の生存を知ることができる。ネパール地震が発生した最初の2日間、Person Finder は合計5,300人以上の生存情報を収集した。Google の音声通話サービスである「Google Voice」は、ネパールから電話をかけるときのコストを毎分0.19ドルから0.01ドルに値下げした。

<参考資料>

Facebook も、同様に生存者の確認サービスを稼働している。Facebook の Safety Check Service は、被災地内でモバイルのGPS信号を取得した生存ユーザについて、その安全を Facebook の友人に通知することができる。この機能は、2011年に日本の津波震災以降に開発された。

스크린샷-2015-04-30-오후-11.47.01-사본

このほかにも、Twitter は専用の公式アカウントを開設し、ネパールの救急対応施設の連絡先や災害に関する最新ニュースを伝えている。Apple は iTunes に保存されているクレジット決済情報を元に、アメリカ赤十字に5〜200ドルを寄付できるようにした

モバイル・メッセージング・サービス各社の動向

Nepal_imageLINE は被災者支援のためにドネーションスタンプ「Pray for Nepal」を LINE STORE で販売し始めた。5月31日まで0.99ドルで販売されるスタンプの収益は、被災地の救援活動に全額寄付される。2013年にフィリピンの被災者を支援した LINE は、スタンプの販売を通じて5,877万円をフィリピン赤十字に寄付した。東日本大震災時の復興支援スタンプ「3.11 こどもスタンプ」の販売では、Save The Children に2,789万円を寄付した。

このほかにも、モバイル通話アプリ Viber は、ネパール在住者と、ネパール国外からネパール国内向けの電話を無料に変更した。2013年に台風がフィリピンを襲った際にも無料通話サービスが提供されている。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

ネパール発、動画版Pinterestの「Vidinterest」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ネパールに拠点をもつVidinterest.comは、Pinterestのソーシャルピンボードのアイディアを動画共有や検索に限定して取り入れた。基本的にはYouTubeやVimeo、Dailymotionのスキンに過ぎないが、好きな動画を探すのには本当に便利だ。PinterestのボードやYouTubeのプレイリストの様に、ユーザは自分用のプレイリストを作成…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ネパールに拠点をもつVidinterest.comは、Pinterestのソーシャルピンボードのアイディアを動画共有や検索に限定して取り入れた。基本的にはYouTubeやVimeo、Dailymotionのスキンに過ぎないが、好きな動画を探すのには本当に便利だ。PinterestのボードやYouTubeのプレイリストの様に、ユーザは自分用のプレイリストを作成することができる。YouTubeと同じように、ユーザは他のユーザが投稿した動画を共有し閲覧できるのだ。

ネパールの同スタートアップによると、計画している機能のうち現在実装されているのはわずか30%で、サービスはまだ完成していないという。Vidinterestのプロジェクトには、Surfmandu NepalのCEOであるNirajan Bom Malla氏が投資している。ぜひ試してみてほしいとのことだ。

これはなかなかハマリそうだ。例えば、Nirajan氏が作ったプレイリストには最近の映画予告編がすべて入っており、それを一ヶ所で簡単に見ることができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ネパールの高地で生まれた「CloudFactory」、100万人のクラウドワーカーに仕事を

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 CloudFactoryは魅力的なビジネスコンセプトを持っている。ヒマラヤのネパールに拠点があるというだけでなく、発展途上国の100万人(ネパール自体も含む)にウェブ上で仕事を与えられる。 CloudFactoryのサービスを利用する会社は、オンラインの仕事(例えば悪質なコンテンツへのフラグ付け、データ入力、音声データの転記、OCRの訂正、イメージへのタグ付…

【翻訳 by Conyac】 【原文】


CloudFactoryは魅力的なビジネスコンセプトを持っている。ヒマラヤのネパールに拠点があるというだけでなく、発展途上国の100万人(ネパール自体も含む)にウェブ上で仕事を与えられる。

CloudFactoryのサービスを利用する会社は、オンラインの仕事(例えば悪質なコンテンツへのフラグ付け、データ入力、音声データの転記、OCRの訂正、イメージへのタグ付けなど)をこなすために膨大な労働力を得ることができる。雇われる側は、自分の家で基本的なパソコン業務を行う職に就くことができる。仕事の多くは、デジタル化、カテゴリ化、適正化、さらには翻訳などだ。

妻と共にネパールに2週間の休暇で訪れたMark Searsが2008年に起業したもので(結局彼らはそのままネパールに住みついた)、カトマンズのオフィスに40名のスタッフ(その多くはソフトウェアエンジニアである)がいる。クラウドワーカーは世界中に散らばっている。その多くは職に就くことが難しい比較的貧しい国の人々だ。CloudFactoryは彼らの名前をデータベースに載せるだけでなく、マイクロ融資モデルを使って、労働者が仕事を開始できるように廉価なタブレットもしくはネットブックの購入支援する。クラウド労働力を独立したビジネスパーソンに育て上げるのだ。

活動分野やビジネスモデルを知る為に、TiA(Tech in Asia)は、Tom Puskarich(業務推進担当副社長)と話をした。創始者であるMark Sears(両者の写真は、下図を参照)の考えを聞くことができた。

1.スタートアップにとってチームに必要な人材や才能を見出すことはとても難しですが、カトマンズやネパールではどうでしたか?

Tom:カトマンズ大学は、就職先の欠如の中、毎年、数百名に及ぶコンピューターエンジニアを送り出しています。これらのエンジニア達は、シリコンバレースタイルのスタートアップを切望し、やる気に満ちています。自分たちの国だけを変えようとする社会的使命ではなく、スキルを用いて世界の仕組みを変え、途上国に数百万にも及ぶ職を作り出そうとしています。本気のやる気のある才能は揃っています。私達は、途上国でソフトウェア開発の為の情熱を持つプログラマーを探すのに困ることは無いでしょう。

2.CloudFactoryはデジタル化、近代化、翻訳などに百万もの”クラウド・ワーカーズ”に機会を創出していますが、システムの動き、技術者との契約関係はどのようなものだったのですか?

Tom:我々はいくつかの人材プールを使っており、ネパールにあるものやいくつかはAmazonのMechanical Turkのようなパートナーシップを通じているものです。これらのシステムが生まれた背景には、広汎に分散された人材が場所や時間に制限されるzに働けるという大きな利益を得られる事があります。ネパールで始めた我々自身も、成長、教育そして顧客からのフィードバックをさらに多く得られる機会があり、これが顧客への高品質なサービスに結びついています。

3.BizcardArmyという名刺を読み取れるアプリケーションがあり、CloudFactorのショーケースとなっていますね

Tom:きちんと機能しない自動の名刺読み取りアプリケーションが溢れている中、BizcardArmyはCloudFactoryのいい例です。効率良く需要に応じられる人材により、CloudFactoryは企業や顧客両者に完全なソリューションを提供できます。顧客は紙の名刺から携帯のコンタクトへ移行できる素晴らしいソリューションを得られる。先に言ったように、これはCloudFactoryの力を示す一つの好例に過ぎず、これらの方法は情報通の起業家のどのようなアイデアにも適応されます。

4.貴方個人のスタートアップ及び事業経験は?

Mark:妻と私はネパールに2週間の旅行で来ました–その滞在がどんどん伸びました。3年半後もまだここにいて、CloudFactoryを次の段階に導く為にTomと彼の妻とチームを組みました。我々はまずRuby on Railsをアウトソーシングする企業を始め、若く賢い技術者を雇い教育して成長してきました。

そしてネパールや他の発展途上国の他の才能ある人々に教育や機会を与えたいと思いました。顧客からは、イメージング、ビデオタグや他のプログラミング以外の仕事をする人材をネパールで採用して欲しいという依頼を得ていました。供給と需要がそこにはあったのです。それで両者の溝を埋める為、革新的なプラットフォーム構築に着手しました。最初は企業のアウトソーシングから得る利益を再投資するようなサイドビジネスでしたが、1月からは事業に100%コミットしています。

5.ネパールでの起業状況は?

Tom:ネパールを一言で言えば”冒険”です –これはスタートアップシーンを表すのと同じ言葉です。それがどこであろうと同じです。事業家であれ投資家であれ、世界を変えようとしている変人であれ、起業家は弱いものではありません。ネパールのような国で起業する事の難しさを見つけることは簡単でしょうが、電気をひいて道を切り開く心の準備があれば、世界の頂上で起業することに潜むメリットを見つけられるかもしれません。ハングリーな人材や事務所から見る息を呑むほど美しい山景はメリットのほんの小さな一部でしかないのです。


BizcardArmyのサイトをチェックしてみるといいかもしれない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia