THE BRIDGE

タグ NestEgg

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」開発のネストエッグ、日本ユニシス・SBIインベストメントから2.5億円を調達

SHARE:

インフキュリオン・グループ傘下のスタートアップで、自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を開発するネストエッグは12日、日本ユニシス(東証:8056)と SBI インベストメントの「FinTech ファンド」から2.5億円を調達したと発表した。同社にとっては2017年6月に実施した2億円の調達に続くもので、SBI インベストメントは前回に続くフォローオンでの出資。 finbee は、ユーザが…

インフキュリオン・グループ傘下のスタートアップで、自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を開発するネストエッグは12日、日本ユニシス(東証:8056)と SBI インベストメントの「FinTech ファンド」から2.5億円を調達したと発表した。同社にとっては2017年6月に実施した2億円の調達に続くもので、SBI インベストメントは前回に続くフォローオンでの出資。

finbee は、ユーザが自分の銀行口座と連携し、さまざまな貯金ルールを設定することで、自動的に貯金することができるモバイルアプリ。「つみたて貯金」「おつり貯金」のほか、スマートフォンの GPS と連動して特定の場所を訪れた際に貯金される「チェックイン貯金」や移動距離に応じて貯金される「歩数貯金」、クレジットカードの上限利用予定額と実際支払額の差額を自動貯金できる「空き枠貯金」、家族や友人と一緒に貯金できる「シェア貯金」などの貯金ルールが設定できる。先月には、ゲーム感覚で貯金を楽しめる「クエスト貯金」をローンチした。

finbee はこれまでにメガバンクや地銀など12の金融機関と API 連携(参照系・更新系)しており、これらの金融機関に口座を持ちオンラインバンキングが利用できるユーザは、finbee を使って簡単に目的預金ができる。2019年7月現在、finbee を通じたユーザによる累計貯金総額は50億円(おためしユーザ含め約200億円)に達しており、ユーザにはミレニアルの20代女性が多いという。なお、ネストエッグは、finbee のユーザ数やダウンロード数を開示していない。

今回投資家に加わった日本ユニシスは、金融機関向けのシステムインテグレーション事業を展開していることで知られる。前回調達時に投資家として参加した伊藤忠商事(東証:8001)が持つ金融機関への営業基盤と合わせ、ネストエッグは今後、全国の金融機関との関係性を強化し finbee と連携可能な金融機関数を増やすことに注力するとみられる。

自動貯金アプリの分野では、他にマネーフォワードの「しらたま」やウェルスナビの「マメタス」などがある。

----------[AD]----------

自動貯金アプリの「finbee(フィンビー)」、千葉銀行・第四銀行・中国銀行・伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行の口座と連携へ

SHARE:

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグは12日、「TSUBASA 金融システム高度化アライアンス」に加盟する千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行の6行と、更新系 API を活用した口座連携を開始すると発表した。接続は順次2018年から開始予定。既に利用可能な住信 SBI ネット銀行とあわせ、finbee が連携できる銀行は7行となる。 finbee…

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグは12日、「TSUBASA 金融システム高度化アライアンス」に加盟する千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行の6行と、更新系 API を活用した口座連携を開始すると発表した。接続は順次2018年から開始予定。既に利用可能な住信 SBI ネット銀行とあわせ、finbee が連携できる銀行は7行となる。

finbee は、ユーザが自分の銀行口座と連携し、さまざまな貯金ルールを設定することで、自動的に貯金することができるアプリだ。「つみたて貯金」「おつり貯金」のほか、スマートフォンの GPS と連動して特定の場所を訪れた際に貯金される「チェックイン貯金」や移動距離に応じて貯金される「歩数貯金」、クレジットカードの上限利用予定額と実際支払額の差額を自動貯金できる「空き枠貯金」、家族や友人と一緒に貯金できる「シェア貯金」など、さまざまな貯金機能を提供している。今年2月には、finbee を用いて貯金した金額の0.1%が還元される「finbee ポイント」のサービスを開始、1ポイント=1円で Amazon ギフト券と交換できるようになった。

TSUBASA 金融システム高度化アライアンスは、千葉銀行・第四銀行・中国銀行が2015年に発足させた組織で、地銀の基幹システムを共同開発・運用することで業務効率化とコスト削減を狙っている。2016年には伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行が加盟、6行と日本 IBM の共同出資により T&I イノベーションセンターを設立した。T&I イノベーションセンターは、「TSUBASA アライアンス FINOVATION CHALLENGE」というフィンテックをテーマとするビジネスコンテストも開催している。TSUBASA 金融システム高度化アライアンスに似た組織としては、他に、じゅうだん会 FinTech 研究会、三菱東京 UFJ 銀行が主導する地銀共同化システム「Chance」に付随した FinTech Lab などがある。

----------[AD]----------

自動貯金アプリの「finbee(フィンビー)」、オンライン家計簿サービスの「Zaim」と連携——レシート撮影や手入力で自動おつり貯金等が可能に

SHARE:

自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグと、オンライン家計簿サービス「Zaim」を運営する Zaim は26日、両社が業務提携しアプリ上での連携を始めたことを明らかにした。具体的には、ユーザが両サービスを利用している場合、、Zaim 上でレシート撮影したり出金情報を手入力したりすると、finbee 上に設定された貯金ルールにより、自動で貯金が可能になる。 今回提供される…

自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグと、オンライン家計簿サービス「Zaim」を運営する Zaim は26日、両社が業務提携しアプリ上での連携を始めたことを明らかにした。具体的には、ユーザが両サービスを利用している場合、、Zaim 上でレシート撮影したり出金情報を手入力したりすると、finbee 上に設定された貯金ルールにより、自動で貯金が可能になる。

今回提供される機能は、Zaim に入力した支出に対して finbee で設定された金額(100円、500円、1,000円のいずれかから洗濯)で支払った場合におつりが貯金される「Zaim おつり貯金」と、Zaim に設定した予算と1ヶ月の支出金額の差分が貯金される「Zaim 空き枠貯金」の2種類。finbee は住信 SBI ネット銀行の銀行口座と連携できるので、おつり貯金・空き枠貯金をデビットカードでの支払にも利用可能だ。

Zaim のユーザは、日本国内を中心に650万人。一方、finbee のユーザ数は公開されていないが、ネストエッグ代表取締役社長の田村栄仁氏が TechCrunch Japan に先月語ったところでは、数万人規模とされている。サービス間のユーザ流入の貢献という観点では、圧倒的に Zaim → finbee という方向が大きいが、個人のお金の管理を簡便なものにし、無駄遣いを抑制するというコンセプトは両アプリに共通しており、その親和性の高さが今回の提携・連携につながったと考えられる。

<関連記事>

finbee の Zaim 連携メニュー
(クリックして拡大)
----------[AD]----------

ネストエッグの自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」にAndroid版が登場

SHARE:

インフキュリオン・グループ傘下のネストエッグは22日、銀行の更新系 API 機能を実装した自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」の Android 版を公開した。Google Play からダウンロードできる。同社は昨年12月に iOS 版をローンチしていた。 finbee は昨年4月にインフキュリオン・グループが SBI インベストメントの FinTech ファンドから資金調達した際、資…

インフキュリオン・グループ傘下のネストエッグは22日、銀行の更新系 API 機能を実装した自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」の Android 版を公開した。Google Play からダウンロードできる。同社は昨年12月に iOS 版をローンチしていた。

finbee は昨年4月にインフキュリオン・グループが SBI インベストメントの FinTech ファンドから資金調達した際、資金の主な使途として紹介していたサービス開発の一つだ。ユーザが自分の銀行口座と連携し、さまざまな貯金ルールを設定することで、自動的に貯金することができる。

finbee で設定可能な貯金ルール

「つみたて貯金」「おつり貯金」のほか、スマートフォンの GPS と連動して特定の場所を訪れた際に貯金される「チェックイン貯金」や移動距離に応じて貯金される「歩数貯金」、クレジットカードの上限利用予定額と実際支払額の差額を自動貯金できる「空き枠貯金」、家族や友人と一緒に貯金できる「シェア貯金」など、さまざまな貯金機能を提供している。現在、口座連携可能な銀行口座は、住信 SBI ネット銀行のみ。

今年2月には、finbee を用いて貯金した金額の0.1%が還元される「finbee ポイント」のサービスを開始、1ポイント=1円で Amazon ギフト券と交換できるようになった。ネストエッグでは、今後も、スマートフォンが持つさまざまな機能などと連携し、貯金ルールを追加していくとしている。

銀行とフィンテック・スタートアップとの連携においては、従来は参照系 API を使ったサービスに終始していたが、finbee はアプリ側から銀行の口座データを書き換えに行く更新系 API を使ったサービスとして業界初の存在。更新系 API まわりでは、マネーフォワードが今年3月、住友 SBI ネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行と API 連携し、「MF クラウド経費」から企業が社員の口座に経費をワンクリックで振込依頼できるサービスを開始したほか、三菱東京 UFJ 銀行が更新系 API の開放を発表している。

<関連記事>

----------[AD]----------

決済・金融のインフキュリオンGが「FinTechファンド」から資金調達、年内にも貯金アプリをリリースへ

SHARE:

クレジットカードやスマートフォン決済、モバイルPOS など決済・金融事業全般を展開するインフキュリオン・グループは4日、SBIインベストメントが運営する「FinTech ファンド」から資金調達したと発表した。なお、調達金額や出資比率などは明らかになっていない。SBI インベストメントの「FinTech ファンド」は、ソフトバンクやネット銀・地銀各社の出資により2015年末に組成され、これまでに日本…

nestegg_featuredimage

クレジットカードやスマートフォン決済、モバイルPOS など決済・金融事業全般を展開するインフキュリオン・グループは4日、SBIインベストメントが運営する「FinTech ファンド」から資金調達したと発表した。なお、調達金額や出資比率などは明らかになっていない。SBI インベストメントの「FinTech ファンド」は、ソフトバンクやネット銀・地銀各社の出資により2015年末に組成され、これまでに日本の freee や韓国の Yello Mobile などが出資を受けている

今回の出資を受けて、インフキュリオン・グループは傘下に新会社「NestEgg(ネストエッグ)」を設立し、サービス第一弾として生活と金融を紐づける領域に注目した貯金アプリを年内にリリースする予定。このアプリは500円玉貯金の電子版とも言えるもので、ユーザが貯金の目標を設定することでモチベーションを保ちながら、自動で無理なく確実に貯金でき、さらに目標金額を達成するとボーナスポイントがもらえる仕組みを検討しているということだ。また、日本国内のみならず、アジアへのサービス展開も予定している。

インフキュリオン・グループは JCB 出身者4名が中心となり2010年に設立され、傘下にコンサルティング事業のインフキュリオン(2006年5月設立)、出版・調査事業のカード・ウェーブ(2014年7月ベリトランスから事業譲渡)、決済センター事業のリンク・プロセシング(2010年設立)の3社を有する。インフキュリオン・グループにとって、今回のラウンドは初めての資金調達となるが、傘下のリンクプロセシングはこれまでに、NTTドコモ、UCカード、JCBなどから調達を行っており、これまでのグループ全体での調達金額総額は約6億円に上る。

インフキュリオン・グループおよびインフキュリオン両社の代表取締役を務める丸山弘毅氏は、日本の FinTech スタートアップ43社(2016年3月18日現在)をネットワークする FinTech 協会の代表理事を務めており、2月に THE BRIDGE が開催した THE BRIDGE Fes 2016 では、日本のフィンテックのスタートアップ・シーンについて知見を語ってくれている

インフキュリオン 代表取締役、一般社団法人FinTech協会 代表理事 丸山 弘毅氏
インフキュリオン 代表取締役、一般社団法人FinTech協会 代表理事 丸山 弘毅氏
----------[AD]----------