BRIDGE

タグ Neworld

日本のものづくりに特化したマーケ支援とEC「CRAFT STORE」運営、マクアケと山口キャピタルから資金調達——ブランド開発や海外展開を強化

SHARE:

日本のものづくりに特化したマーケティング支援と EC サイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは7日、クラウドファディングサイト「Makuake」運営のマクアケ(東証:4479)と、山口フィナンシャルグループ(東証:8418)傘下の VC である山口キャピタルから資金調達したことを明らかにした。調達額は明らかにされていないが、関係者によれば、2018年8月の調達と同程度と推定される…

「CRAFT STORE」

日本のものづくりに特化したマーケティング支援と EC サイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは7日、クラウドファディングサイト「Makuake」運営のマクアケ(東証:4479)と、山口フィナンシャルグループ(東証:8418)傘下の VC である山口キャピタルから資金調達したことを明らかにした。調達額は明らかにされていないが、関係者によれば、2018年8月の調達と同程度と推定される。マクアケとは業務提携を伴う。

ニューワールドは2013年11月に福岡市で創業。以来、ファッション EC への顧客誘導を図る「Guider(ガイダー)」「imanee(アイマニ)」ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」などを展開してきたが、2016年11月に、ものづくり系分散型動画メディア「CRAFT」+ EC プラットフォーム「CRAFT STORE」にピボットした。CRAFT STORE では、日本の職人が作る、現代風にアレンジされた伝統工芸品などのライフスタイル雑貨を扱っていて、76ブランド約700点の商品を掲載している。

2019年にはオンライン陶器市「CRAFT 陶器市」を開設、9産地35窯元1,200点の商品を集め、累計15万人のユーザ(見込客)が訪れている。また2019年2月には、マクアケから「Makuake Creators Network」の認定を受けた。Makuake を通じた累計応援購入総額が2億円を突破し、今年4月28日には「オンライン陶器市2020」を共同企画でスタートさせた。今月1日からは、コーヒーで染めたエコマウンテンパーカーを「Makuake」にて先行発売している。

ニューワールドでは今後、調達した資金を使ってブランド開発や海外展開を強化するとしている。マクアケはクラウドファンディングに成功したキャンペーンの海外展開を念頭に、かねてから韓国の「Wadiz(와디즈)」台湾の「uDesign(有.設計)」、東南アジアを中心に事業展開する「citiesocial(找 好東西)」、Alibaba(阿里巴巴)傘下の「Taobao Crowdfunding(淘宝衆筹)」と提携しており、ニューワールドがこのネットワークを活用して、日本商品の海外展開を加速させる可能性が期待される。

----------[AD]----------

伝統工芸職人のマーケティング支援と動画コマース「CRAFT STORE」運営のニューワールド、資金調達を実施——GMOペパボ「minne」と提携

SHARE:

伝統工芸職人向けのマーケティング支援と動画コマースサイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは16日、GMO ペパボ、SMBC ベンチャーキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、複数の個人投資家から資金調達したことを明らかにした。調達金額は明らかになっていないが、関係者への取材によれば、調達ラウンドはシリーズ A ラウンド相当、調達金額は数千万円程度とみられる。 これはニューワ…

ニューワールド創業者で代表取締役の井手康博氏
Image credit: Neworld

伝統工芸職人向けのマーケティング支援と動画コマースサイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは16日、GMO ペパボ、SMBC ベンチャーキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、複数の個人投資家から資金調達したことを明らかにした。調達金額は明らかになっていないが、関係者への取材によれば、調達ラウンドはシリーズ A ラウンド相当、調達金額は数千万円程度とみられる。

これはニューワールドにとって、2015年5月実施のサイバーエージェント・ベンチャーズの Seed Generator Fund からの資金調達(シードラウンドで1,000万円)、2016年11月実施のベガコーポレーション(東証:3542)、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ドーガンからの資金調達(調達ラウンドと調達金額は不明)に続くものだ。

「CRAFT STORE」で扱われている商品の一例
Image credit: Neworld

ニューワールドは2013年11月に福岡市で創業。創業以来、ファッション EC への顧客誘導を図る「Guider(ガイダー)」「imanee(アイマニ)」ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」などを展開してきたが、2016年11月に、ものづくり系分散型動画メディア「CRAFT」+ EC プラットフォーム「CRAFT STORE」にピボットした。CRAFT と CRAFT STORE では、日本の職人が作る、現代風にアレンジされた伝統工芸品などのライフスタイル雑貨を扱っている。

今回の調達とあわせ、ニューワールドは GMO ペパポと業務提携を行い、GMO ペパポのハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」と協業、コンテンツの共同制作やイベント出展を行い、伝統工芸品の販路拡大を目指す。また、調達した資金を使って、CRAFT STORE の商品拡充、マーケティング強化、自社製品の販売に加え、中国をはじめとした海外市場への販路拡大に取り組むとしている。

----------[AD]----------

ニューワールド、ものづくり系分散型動画メディア+ECプラットフォームにピボット——事業会社やVCら3社から資金調達を実施

SHARE:

福岡発で、現在は東京に拠点を置くニューワールドは7日、日本のものづくりの背景にあるストーリーを動画コンテンツで配信し、その延長でオンライン購入ができるサービス「CRAFT(クラフト)」を正式ローンチした。あわせて、同社は、福岡を拠点に家具やインテリアの通販やECサイトを運営するベガコーポレーション(東証:3542)、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ドーガンから資金を調達した。調達金額…

craft_featuredimage

福岡発で、現在は東京に拠点を置くニューワールドは7日、日本のものづくりの背景にあるストーリーを動画コンテンツで配信し、その延長でオンライン購入ができるサービス「CRAFT(クラフト)」を正式ローンチした。あわせて、同社は、福岡を拠点に家具やインテリアの通販やECサイトを運営するベガコーポレーション(東証:3542)、サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)、ドーガンから資金を調達した。調達金額および調達ラウンドについては開示されていない。同社にとっては、2015年5月の CAV の Seed Generator Fund からの1,000万円の調達に続くものとなる。

ニューワールドではこれまで、ファッションEC への顧客誘導を図る「imanee(アイマニ)」、ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」などを運用してきたが、今後、事業を CRAFT 一本にピボットし経営資源の集中を図る。なお、今回調達した資金は、主に EC サイト開発、動画制作、営業およびバックオフィスの人材獲得に充てる予定。出資に参加したベガコーポレーションからは、同社が持つ EC サイト運営上の技術やノウハウを CRAFT に取り入れるとしている。

CRAFT は日本の職人が作る、現代風にアレンジされた伝統工芸品などのライフスタイル雑貨を扱う、分散型動画メディアによるマーケティング+EC の機能を持つプラットフォーム。8月のローンチ以降、動画は Facebook 上の CRAFT ページで拡散され 2,900 近い「いいね」を集めている。ニューワールド代表取締役の井手康博氏によれば、現在は日本語でしか提供されていないが、商品の特性上、海外からのファンも多く、将来的には英語版を立ち上げる可能性もあるという。

日本のライフスタイル雑貨を紹介するメディアとしての機能も持ち合わせるため、販売導線の有無で見てみると、投稿動画のうち約7割が CRAFT の EC プラットフォーム「Craft Store(正式リリース前、1月にリニューアル予定)」上の商品販売ページへの誘導、約2割がクライアント(出稿者)の自社サイト販売ページへの誘導を含むものの、残りの約1割は購買誘導を伴わない純粋なメディアコンテンツで構成されているとのことだ。

EC サイトを訪れてもらうのではなく、ソーシャルメディアのタイムライン上を流れるコンテンツから潜在顧客に商品を購入してもらう「contextual commerce」というユーザ体験が隆盛の兆候を見せている。国内でも、例えば、料理動画メディア「DELISH KITCHEN(デリッシュ・キッチン)」などを運営するエブリーは、創業から9ヶ月目の今年6月に6.6億円の大型調達を実現させているが、アーリーステージで多額の調達が実現した背景には、(現時点では提供されていないが)contextual commerce に対する高い期待感があるとされる。

ニューワールドのここからの展開にも注目したいところだ。

craft-at-tvs-2016
今年8月に東京で開催された、トーマツベンチャーサミットに出展された「CRAFT」
Image credit: Neworld
----------[AD]----------

ファッションECへの顧客誘導を展開するニューワールドが、ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」をローンチ

SHARE:

ニューワールドは2日、潜在的な購買ユーザをファッション動画からeコマースへと誘導するサービス「MIRROR(ミラー)」をリリースした。女性ユーザをターゲットにしており、スマートフォンからアクセスすることができる。同社にとっては、「Guider(サービス名はローンチ当時のもので、現在は Recommend Room というサービスにリダイレクトされる)」「imanee(アイマニ)」に続く3つ目のサー…

mirror_featuredimage

ニューワールドは2日、潜在的な購買ユーザをファッション動画からeコマースへと誘導するサービス「MIRROR(ミラー)」をリリースした。女性ユーザをターゲットにしており、スマートフォンからアクセスすることができる。同社にとっては、「Guider(サービス名はローンチ当時のもので、現在は Recommend Room というサービスにリダイレクトされる)」「imanee(アイマニ)」に続く3つ目のサービスとなる。

また、MIRROR のローンチとあわせ、同社では活動拠点を創業の地である福岡から、東京・西新宿にあるサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)の Startup Base Camp に移したことも明らかにした。同社は2015年5月、CAV の Seed Generator Fund から1,000万円を資金調達している。

MIRROR は YouTube などにアップロードされた衣料メーカー制作のプロモーション動画などを活用し、着用している日常シーンをイメージしやすくしたキュレーション・サイト。動画の下には販売先へのリンクが用意されており、imanee(アイマニ)のときと同様、誘導した顧客のコンバージョンにより収入が得られるアフィリエイト・モデルでマネタイズするようだ。

mirror_screenshot1 mirror_screenshot2

先日、KDDI∞Labo第9期Demo Day でも ViC というサービスが登壇していたが、質感や着心地の確認を求められるファッションにおいて、インターネットごしに、そのようなコンテキストを購入前に伝えるのは非常に難しい。ニューワールドが「imanee」の運営で獲得したノウハウを糧に、その問題解決に乗り出した格好だ。

ニューワールド代表取締役の井手康博氏は、サービス名の由来でもあるように「”鏡”でおしゃれな自分を見てワクワクしてほしい、そのきっかけとなるファッション動画サービスにしたい」と語り、「動画を見て欲しいものがあればスムーズに買い物までできる」という体験を追求していきたい、としている。

MIRROR は現在、モバイル向けのウェブサービスとして提供されているが、将来的には、モバイルアプリのローンチも計画しているとのことだ。

----------[AD]----------

TVで芸能人が着ている服を即買いできる「imanee(アイマニ)」、会員機能とランキング機能を追加リリース

SHARE:

テレビで芸能人が着ているファッションアイテムをチェックし、購入することができるサービス「imanee(アイマニ)」は、昨年12月にローンチしたばかりのスマートフォン向けのサービスだ。imanee の開発元ニューワールドが、以前は Guider として運用していたサービスをリニューアルしたもので、ユーザ数7万人、月間アクセス数40万PVを稼ぎ出しており、これまでに97のアパレルブランドと提携している…

imanee_featuredimage

テレビで芸能人が着ているファッションアイテムをチェックし、購入することができるサービス「imanee(アイマニ)」は、昨年12月にローンチしたばかりのスマートフォン向けのサービスだ。imanee の開発元ニューワールドが、以前は Guider として運用していたサービスをリニューアルしたもので、ユーザ数7万人、月間アクセス数40万PVを稼ぎ出しており、これまでに97のアパレルブランドと提携している。

同社は3日、imanee に会員機能とランキング機能を追加したと発表した。会員機能の実装により、お気に入り商品の登録ができるようになった。また、ランキング機能では、番組/タレント/コラムの3つの軸で人気商品や流行を知ることができ、初めてサービスを使うユーザにとっても、何から見ればよいのかがわかりやく提示される(下図参照)。

ニューワールドではユーザテストの結果から、商品を選択してから実際に購入するまでに1週間〜1ヶ月位時間をかけるユーザがいることを把握した。欲しいと思った商品を給料日やクレジットカードの締日まで待ってから購入するユーザのために、ファッションコマース系のサイトでは「お気に入り機能」は比較的普通に備わっている機能だ。しかし、imanee はコマースサイトではなく、コマースサイトへ誘導するポータル的な存在であるため、これらの機能を備えていなかった。

コマース系のサイトでは、バックエンドにロジスティクスやペイメントのしくみが関与するため、ユーザのニーズにあわせて機能やサービスを追加/変更するのは比較的難しい。対照的に、imanee のようなサービスでは、バックエンドはコマースサイトに任せているため、自らは集客のフロントエンドのみに特化することができ、ユーザのニーズにあわせて、臨機応変にインターフェースを変更できるメリットがある。Eコマースにおいて、集客と販売のプラットフォームが分業していく一つの流れと捉えることもできるだろう。

imanee_additionalfeatures_screenshot

----------[AD]----------

福岡のニューワールドが、テレビで芸能人が着ている洋服を即買いできる「imanee(アイマニ)」をローンチ

SHARE:

福岡発のスタートアップであるニューワールドは25日、テレビで芸能人が着ているファッションアイテムをチェックし、購入することができるサービス「imanee(アイマニ)」をローンチした。スマートフォンからのみ利用できる。 imanee は、ニューワールドが約1年前から「Guider(ガイダー)」として提供していたサービスをリニューアルしたものだ。Guider はユーザ数7万人、月間アクセス数40万PV…

imanee_featuredimage

福岡発のスタートアップであるニューワールドは25日、テレビで芸能人が着ているファッションアイテムをチェックし、購入することができるサービス「imanee(アイマニ)」をローンチした。スマートフォンからのみ利用できる。

imanee は、ニューワールドが約1年前から「Guider(ガイダー)」として提供していたサービスをリニューアルしたものだ。Guider はユーザ数7万人、月間アクセス数40万PVを稼ぎ出しており、これまでにアパレル企業22社93ブランドと提携している。

アパレル企業は、テレビドラマや各種番組への衣装貸出情報をニューワールドと共有、この情報をもとに imanee では出演者が着用していたファッションアイテムを紹介し、その商品を販売しているオンライン小売サイトへ見込み客を送客している。送客のリンクを見てみる限り、現時点ではアフィリエイトタグのようなものは含まれていないようだが、ビジネスモデルとしては、iQON などと同様、ファッション小売サイトへのアフィエイトによるものだろう。

imanee では、テレビで出演者が着用した衣装を紹介する以外に、テレビを見ていなくてもユーザが楽しめるファッション・コラムも掲載していくとしている。

有名人がテレビでなどで着用していたファッションを購入できるサイトとしては、アメリカの WhoWhatWearWornonTV、K-POPスター特化サイトの KIRANG などが存在する。今年 beLAUNCH 2014 にも登壇している韓国の Soundlly は、SBS(ソウル放送)と提携し、テレビから流れる音声信号に、人には聞こえない音波を載せて視聴者のスマホアプリを起動、視聴しながら出演者の衣装を簡単に購入できるユーザエクスペリエンスを提供している。

遅かれ早かれ、テレビショッピングを提供する子会社を持つテレビ各局も、おそらくこの分野には参入してくるのだろう。imanee の現時点でのビジネススキームにはテレビ局は関与していないようだが、テレビ局に何らかの利益が分配されるしくみが構築できれば、さらに大きなビジネスに化けるだろう。日本ドラマが恒常的に流れている、台湾や東南アジアのお茶の間にも需要が期待できる。

imanee_screenshot1 imanee_screenshot2

----------[AD]----------