BRIDGE

タグ Niantic

ランニングマシーンでもポケモンGO、新型コロナによる外出自粛でゲーム内容を変更へ

SHARE:

Niantic は同社の「ポケモン GO」、「ハリー・ポッター:魔法同盟」、「Ingress」といったゲームのアップデートを公表した。この更新によりユーザは自宅でのアクティビティを記録し、プレイにリンクさせることができるようになる。 同社のCEO、John Hanke氏の3月30日のブログ記事によると、この更新は「COVID-19のパンデミックによる未知の難題」と「増大する心身のストレス」に対応す…

ポケモン Go がユーザの室内アクティビティを記録するようになった.
Image Credit: Niantic

Niantic は同社の「ポケモン GO」、「ハリー・ポッター:魔法同盟」、「Ingress」といったゲームのアップデートを公表した。この更新によりユーザは自宅でのアクティビティを記録し、プレイにリンクさせることができるようになる。

同社のCEO、John Hanke氏の3月30日のブログ記事によると、この更新は「COVID-19のパンデミックによる未知の難題」と「増大する心身のストレス」に対応するためのもの。

Niantic のゲームづくりの理念は人々を外に連れ出し、世界を探索させ、ひいては人々が他者とつながることを目標としている。同社のゲームには何億人もの人々による世界的なコミュニティができている。

Nianticは、常に我々が創造するプロダクトの「野外で楽しむ」「探索する」そして「運動をする」というDNAを、屋内でのプレイにも導入することができると考えてきました。我々は今こそが、まさにその思いを具現化する時なのだと考えています。外出してプレイしたときに感じたワクワク感を、屋内でのプレイにも取り入れていく、そんな革新的なゲーム体験を創造して行きたいと考えています(Hanke氏)。

ハリーポッター:魔法同盟
Image Credit: Niantic

COVID-19が世界で今後どのように展開していくのかを予測することは不可能だが、Hanke氏はNianticが次のような変更とライブイベントを予定していると伝えている。

  • エクササイズ:「いつでも冒険モード」で屋内での歩数を追跡することができる。室内の掃除やランニングマシーンといったアクティビティがゲームのアチーブメントにプラスされる。
  • ソーシャル:ゲーム内でのバーチャルソーシャル機能を強化する。これにより、リアルで会えない時もプレイヤーどうしがつながりを持つことができる。家にいながらにして友達とチームを組んだり、ポケモンGOで一緒にレイドバトルに参加したりすることができるようになる予定。
  • 探索:実際に訪れることができる日がくるまで、お気に入りのスポットをバーチャルに訪れたり、その思い出をシェアすることを手助けする方法も調査している。
  • ライブイベント:今夏の同社のライブイベントに参加する手段について練り直し、ユーザが自宅で楽しめる方向へもっていこうとしている。詳しくは追って発表される。

もはやグループでプレイできず、アウトドアでのアクティビティも制限されるかもしれない今の状況に対応すべく、Nianticはすでに、数多くの課題に対応している。

私たちは、ポケモンGOの新しいゲームプレイのかたち、Goバトルリーグをローンチしたばかりです。ユーザは自宅を含め、世界中どこからでもプレイすることができます。そして、Goバトルリーグの参加要件である3kmの歩行をゼロにしました。お香やモンスターボールも大幅にディスカウントし、遠くまで出向かなくてもポケモンをつかまえることができるようにしました。ギフトのコンテンツを充実させ所持数を増やすことにより、ユーザはより多くのギフトを贈ったり受け取ったりすることができます(Hanke氏)。

「ハリーポッター:魔法同盟」では、ユーザの近くに位置するコンテンツの量を増やしている。呪文エネルギーや、ゲームを進めるのに役立つレアな魔法薬の材料をみれば分かるはずだ。

Nianticは魔法薬の調合を変え、ユーザが自宅でファウンダブルを見つけられるようにした。その他の変更点としては、ギフトにより一層便利な機能をつけたり、1日で開けることのできるギフト数を増やしたりしている。

さらに、Ingressも自宅でのプレイに合わせて変更されている。複数のポータルを訪れる必要性を減らすために、バーンアウトまでにハックできるポータルの数を増やした。また、ポータルのクールダウンにかかる時間を短縮。ポータル1つにつき、L7とL8のレゾネータを2本ずつ設置できるようにした。加えて、ソジャーナメダルをもらうための新たな手段としてポータルのリチャージも追加された。

地方自治体が許可している地域では、適切なソーシャル・ディスタンスを取れば野外でのウォーキングや運動は引き続き心身の健康にとてもよいと考えられるし、その間、ゲームを楽しむことも可能だ。

慣れ親しんだ場所に戻り、家族や友人と安全に遊ぶことができる日を楽しみにしています。その日がくるまでに準備をしておきます(Hanke氏)。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ポケモン爆益、Nianticのウォーキングイベント収益は2.49億ドル(約270億円)に

SHARE:

※本記事は提携するVentureBeat「Niantic drove $249 million in tourism revenue with its walking events in 2019」の抄訳になります。 Nianticは1月22日、2020年のウォーキングゲーム(PokémonGo、Harry Potter:Wizards Unite and Ingress)のイベント会場のラインナ…

pokemon-go
Niantic is taking its Pokemon Go events to Taiwan in the first half of 2020.
Image Credit: Niantic

※本記事は提携するVentureBeat「Niantic drove $249 million in tourism revenue with its walking events in 2019」の抄訳になります。

Nianticは1月22日、2020年のウォーキングゲーム(PokémonGo、Harry Potter:Wizards Unite and Ingress)のイベント会場のラインナップの詳細を明らかにした。また、同社はイベント開催都市で2019年、2億4900万ドル以上のイベント収益を生み出したと発表した。

サンフランシスコを拠点とする同社は2020年にリバプール、フィラデルフィア、セントルイスをイベントリストに追加すると伝えている。2019年、同社は32か国で77のライブイベントを開催。 60か国の270万人を超える人々がこれらのイベントに参加し、650万キロメートル以上を歩いたという。

Nianticによるイベント開催都市への影響は、シカゴで1億2,000万ドル、モントリオールで7,100万ドル、ドイツのドルトムントで5,400万ドルであると推定している。これは同社のゲームがユニークであることを意味する。大規模なライブイベントを通じて、世界中から数十万人のプレイヤーが集まり、ゲームをプレイし、世界を探索し、経験を共有している。

NianticのライブイベントのシニアマネージャーであるMichael Steranka氏は声明で、ライブイベントは過去7年間でゲーム中心のものとなり、探求、発見、健康的なライフスタイル、ソーシャルミーティングを促進するインタラクティブな体験につながるとした。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

リアルポケモンと遊べるARグラスかーーNianticとQualcomm、共同開発へ向け提携

SHARE:

  12月5日、Snapdragon XR2モバイルプラットフォームの発表にて、Qualcommは最新のMR(複合現実)事業の取り組みの一環としてARゲーム大手「Niantic」との提携を明らかにした。また、数十億米ドルのヒット作「ポケモンGO」やWarner Brosと共同開発した人気作「Harry Potter: Wizards Unite(ハリー・ポッター:魔法同盟)」を開発してき…

 

Screen-Shot-2018-06-28-at-2.35.56-PM-e1575565301920.jpg
Above: A demonstration of the Niantic Real World Platform.
Image Credit: Niantic

12月5日、Snapdragon XR2モバイルプラットフォームの発表にて、Qualcommは最新のMR(複合現実)事業の取り組みの一環としてARゲーム大手「Niantic」との提携を明らかにした。また、数十億米ドルのヒット作「ポケモンGO」やWarner Brosと共同開発した人気作「Harry Potter: Wizards Unite(ハリー・ポッター:魔法同盟)」を開発してきたNianticも同日、ARグラス開発のためのチップメーカーやソフトウェア、そしてクラウドコンポーネント事業者と協業していくと述べた。

提携の詳細はまだほとんど分からないが、QualcommのXR2のハードウェアとソフトウェアがNianticが開発するReal World Platformと連携し、数百万人が同時にシェアする世界規模のARゲームが可能となるだろう。

プラットフォームの全体像はまだ見えないが、ユーザーがスマートフォンの画面を見ながらではなく、代わりにNianticのARグラスを掛けながらポケモンを追いかけて公共の場所に入っていくようになるというシーンは想像に難くない。

Nianticは以前にもARグラス開発に興味を示していたが、まだ課題の多かった2C向けARハードウェア市場への進出は、ソフトウェア企業にとっては大胆すぎた。5年前、多くの開発者は独自のARグラスを作ろうと悪戦苦闘していた。しかし、今日に至っても市場シェアの多くを獲得するほどの人気を勝ち取ったARヘッドセットは存在していない。

一方、NianticはAR市場で成長持続性の高いビジネスを築き上げた唯一の企業であり、ほぼ同社のリソースのみでAR技術に対するユーザーの興味をつなぎとめてきた。しかしNianticの功績も良く言って初期段階、悪く言えば未だハリボテ状態である

その間、QualcommのXRチームは今回の敵影のために土台を築いてきた。9月に同社は、開発者が同社のチップを使用することができるだろう言及している。ハードウェアの設計、ソフトウェア、そして既存のサプライヤーの関係が最初から全力を出せるならば、4カ月という短さでMRプラットフォームのベンダーになれるだろうとした。

Nianticは今回の提携期間などの具体的なタイムテーブルを出すことはしなかったが、複数年のジョイントコラボレーションと説明しており、同社のARグラスはそれほど早く出るわけではないということも示唆している。

少なからぬAR開発の経験のおかげで、Nianticはこの1年間さらに大きなことを考えてきた。独自のCreator ProgramやBeyond Reality Fundを立ち上げることで、ARや位置情報を基にしたプロジェクトを自社開発キット「Niantic Real World Platform」に引き寄せようとしている。

同プラットフォームはサードパーティ開発者による位置情報ゲーム開発を促進させるもので、QualcommとNianticのハードウェアを立ち上がればCreator Programも利用可能になるそうだ。また、興味のある開発者はniantic.devに加入することもできる。

Nianticの共同設立者兼CTOのPhil Keslin氏は、同社が「Qualcomm Technologiesと協働することでAR産業全体を前進させ、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド技術を含めて、真のエンドツーエンドなアーキテクチャを定義する」ことを望んでいると述べている。

現時点で不確かなARグラスの開発状況の中、NianticがユーザーにARサービスに対して実際にお金を使わせている点は他社企業よりも良い市場ポジションにつけている証拠だ。そのため、Nianticが何を考えているのか、また実際にARグラスを購入することができるようになった際にはどうなるのか、非常に興味深いものとなるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ARアプリ「Pokemon Go」は、拡張現実の歴史に残るアプリとなるか

SHARE:

Pokemon Go は既にバズっている。このモバイルゲームは、ユーザーがリアルな世界でポケモンを捕まえるゲームで、おかしな場所で(これらの場所が本物なのかを確かめることは難しいが)ポケモンを登場させるらしい。 自分のカメラを使って3Dのポケモンを現実世界に重ね合わせるというこのゲームの、爆発的な出だしの人気が目立っている。 だが、このゲームのもっとも重要なのは次の点だ。つまり、これは史上最も人気…

Image credit: Lazarus.
Image credit: Lazarus.

Pokemon Go は既にバズっている。このモバイルゲームは、ユーザーがリアルな世界でポケモンを捕まえるゲームで、おかしな場所で(これらの場所が本物なのかを確かめることは難しいが)ポケモンを登場させるらしい。

自分のカメラを使って3Dのポケモンを現実世界に重ね合わせるというこのゲームの、爆発的な出だしの人気が目立っている。

だが、このゲームのもっとも重要なのは次の点だ。つまり、これは史上最も人気のある拡張現実(AR)アプリであるかもしれず、この技術をメインストリームにしたということだ。

pokemon-go-toilet

いや、ちょっと待って。Ingressという別のARゲームはPokemon Goの「前に」出たじゃないか?

確かにその通りなのだが、Ingress はこんなにも人気を博さなかった。Ingressは、iOSのアプリランキングのトップ50にギリギリ入ったに過ぎず、その後の人気は落ち込んだ。アプリ分析企業のApp Annieの情報によると。

Ingress’ ranking on the iOS US app store. It didn’t fare better on Android.
Ingress’ ranking on the iOS US app store. It didn’t fare better on Android.

一方で、Pokemon Goは米国、オーストラリア、ニュージーランドでローンチ後数日以内にトップに躍り出た。

これは偶然ではない。Ingress、Pokemonは両者ともNianticと呼ばれるGoogleのスピンオフ企業によってつくられた。なので、Ingressの経験で得た学びのいくつかは、この後輩に受け継がれている。急速な人気のもう一つの背景として、Pokemonは文化的現象でよく知られているブランドであるという事実もある。

まだまだ先は長い

一方で、Pokemon Goはいくつかの問題に悩まされてもいる。いくつかの国ではローンチに遅れが出ている。サーバーの負荷に対応しきれなかったようだ。

AmazonのCTOはPokemon GoにAWSを使わせるために真剣にオファーをしているようだ。
AmazonのCTOはPokemon GoにAWSを使わせるために真剣にオファーをしているようだ。

ゲームの遊び方は、自慢するようなものでもない。闘いの少ないカジュアルなゲームで、元々のPokemonシリーズに見られるような深さに欠ける。

今のところ、ユーザーレビューもよくない。iOSの星の平均数は5つ中3で、アプリにしては低い評価だ。

もちろん、こうした問題は直され、ゲームの要素もより増えるだろう。だが、Pokemon Goが今の勢いを保てるかは様子見だ。

最もうまくいけば、Pokemon Goは拡張現実の分野でキラーアプリになうだろう。最悪の場合は、本当にヒットするゲームの前哨戦という位置付けになるだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------