BRIDGE

タグ Nightley

位置情報分析のナイトレイ、KDDIと提携し地域活性化支援サービスを強化——モバイルから得られる高解像度の動態ビッグデータ活用で

SHARE:

位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは10日、KDDI と提携し同社の位置情報ビッグデータ活用サービス「KDDI Location Data」と連携することを明らかにした。これにより、観光分析ニーズ、MaaS、まちづくりなど地域活性化支援サービスを提供することが可能になるとしている。ナイトレイはこれまでに、南伊豆・西伊豆の MaaS プロジェクト、竹中工務店とまちづくり関連プロジ…

位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは10日、KDDI と提携し同社の位置情報ビッグデータ活用サービス「KDDI Location Data」と連携することを明らかにした。これにより、観光分析ニーズ、MaaS、まちづくりなど地域活性化支援サービスを提供することが可能になるとしている。ナイトレイはこれまでに、南伊豆・西伊豆の MaaS プロジェクト竹中工務店とまちづくり関連プロジェクトなどに取り組んでいる。

ナイトレイはこれまで、ソーシャルメディア上に投稿された情報を解析し、ユーザ行動の位置情報解析を行っており、そうして生まれたのが2015年にローンチした訪日外国人観光客の動きを可視化する「inbound insight」だ。ただ、そうして拾えるのは自分から情報を発信した人の動きのみで、そうではない受動的な人の動き(地元住民を含む)をどう拾うかが課題となっていた。

KDDI Location Data は2019年に開始された新サービスで、同意を得た au スマートフォンユーザの端末から位置情報などを取得し、性別や年齢層といった属性情報を付し、匿名処理を施してビッグデータとして提供されるもの。1時間単位の移動滞在データを最も細かい粒度で125m単位で把握できるほか、15分ごとに1時間先の情報を未来予測データとして提供される。

KDDI Location Data の情報を取り入れることで、ナイトレイは訪日外国人観光客にとどまらず、地元住民や旅行者を含む日本人の動態を捕捉できるようになるため、日本人旅行者の観光課題分析、MaaS 導入プロジェクトのデータ活用支援、まちづくり関連プロジェクトのデータ活用支援が可能になるとしている。ターゲットユーザとしては、地方自治体、鉄道会社、観光関連、DMO(観光地経営組織)など。

ナイトレイはこれまでにも、NTT ドコモと提携し訪日客(ローミングインのユーザ)の匿名化された動向データ、経済産業省と交渉して国が持つ訪日客の動向データなどを集め解析し、サービスのバリエーションを増やしてきた。これまでに、SNS ビッグデータを利用してユーザと地域の飲食店を結ぶモバイルアプリ「ABC Lunch」、訪日旅行者向け観光サポートアプリ「ZouZou」、ポケモンGOの人気スポットを地図上に表示する「Pokémon GO Insight」などをリリースしている。

位置情報分析のナイトレイが、ニッセイ・キャピタル、SMBC-VC、レジェンド・パートナーズからシリーズAラウンドで1.3億円を調達

SHARE:

2月27日11時30分更新:当初、ネットエイジ(現在のユナイテッド)としたが、当該のネットエイジとは別法人のため訂正。 東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは27日、シリーズAラウンドでニッセイ・キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、レジェンド・パートナーズから総額1.3億円を調達したと発表した。これはナイトレイにとって、2011年5月に実施した、ネットエ…

2月27日11時30分更新:当初、ネットエイジ(現在のユナイテッド)としたが、当該のネットエイジとは別法人のため訂正。

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは27日、シリーズAラウンドでニッセイ・キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、レジェンド・パートナーズから総額1.3億円を調達したと発表した。これはナイトレイにとって、2011年5月に実施した、ネットエイジとアルトビジョン(現在のエクスペリアンジャパン)からのシードラウンドでの調達に続くものだ。

ナイトレイはネットエイジ出身の石川豊氏が2011年に創業。当初、店舗運営者と顧客のコミュニケーションを円滑化するモバイルアプリ「Milcle」を運営していたが、その後、位置情報に特化したデータ収集解析事業にピボット。2015年7月にインバウンド・ビジネス向けに訪日客の動向が分析できるツール「inbound insight」をリリース。そのほかにも、SNS ビッグデータを利用してユーザと地域の飲食店を結ぶモバイルアプリ「ABC Lunch」、訪日旅行者向け観光サポートアプリ「ZouZou」、ポケモンGOの人気スポットを地図上に表示する「Pokémon GO Insight」などをリリースしている。

<関連記事>

特に同社の売上に貢献しているのが B2B のサービスである inbound insight だ。このサービスでは、Twitter や Weibo(微博)などの SNS で公開されている投稿をもとにデータを収集分析し、クライアントは行動傾向(訪問施設、行動種類、移動ルート)や国籍別の嗜好をつかむことができる。フリーミアムで提供され、現在4,000社を超えるクライアントは大手広告代理店、コンビニエンスストア、鉄道会社、マーケティングリサーチ会社など多岐にわたる。

サービスのローンチから1年半を経て、inbound insight が提供するサービスのバリエーションも拡大しているようだ。

ナイトレイ 代表取締役 石川豊氏

当初始めたのは SNS 解析プラン。そこから、SNS 以外の統計データ、例えば、NTT ドコモと提携し訪日客(ローミングインのユーザ)の匿名化された動向データ、経済産業省と交渉して国が持つ訪日客の動向データなどを集め解析し、バリエーションを増やしてきた。

(「駅すぱあと」で知られる)ヴァル研究所とは駅データと位置解析データを掛け合わせたプランを出したり、観光分析が得意な三菱総研と組んでインバウンド客の未来予測ができるプランを開発したりしている。

優先施設診断プランでは、例えば、チェーン店舗の住所リストをインポートすると、どの店舗の付近に中国人観光客が多いかがわかるので、Alipay(支付宝)の決済システムを導入しているプロバイダが、どの店舗に優先的に導入すべきかを把握することが可能になる。(石川氏)

ユーザが宿泊した施設の宿泊料の金額レンジなどをもとに、その後の動向をトレースすることで、比較的お金を多く持った訪日客がどのエリアを訪れているか、バックパッカーがどのような観光ルートをたどっているかなど、統計的に可視化できる内容も高度になってきている。最近では、自動車会社やレンタカー会社など、位置情報を含む顧客の生の動向データを持っている大手企業が、そのデータから得られるコンテキストの分析を依頼してくるケースも増えているそうだ。

ナイトレイでは今回調達した資金をもとに、アプリ事業やロケーションインテリジェンス事業の拡大を行なっていきたい考え。具体的には、訪日外国人対策を推進する企業やインバウンド対策ソリューション提供企業をターゲットに、inbound insight のプラン増加や改善を図っていきたいとしている。

位置情報分析のナイトレイ、ポケモンGOの人気スポットを地図上に表示する「Pokémon GO Insight」を正式リリース

SHARE:

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは3日、ポケモンGOの人気スポットやレアポケモンの出現情報を地図上に表示するウェブサービス「Pokémon GO Insight」を正式リリースした。ポケモンGOユーザのソーシャルメディア投稿を解析することで、どのスポットにどのようなポケモンが出現しているかを俯瞰的に把握することができる。 ポケモンがどこにいるかを探す上では、…

pokemon-go-insight

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは3日、ポケモンGOの人気スポットやレアポケモンの出現情報を地図上に表示するウェブサービス「Pokémon GO Insight」を正式リリースした。ポケモンGOユーザのソーシャルメディア投稿を解析することで、どのスポットにどのようなポケモンが出現しているかを俯瞰的に把握することができる。

ポケモンがどこにいるかを探す上では、POKEVISION や PokeWhere などのサービスが使われてきたが、ポケモンGO開発元の Niantic の意向により、これらのサードパーティーからポケモンGOサーバやデータへのアクセスが遮断されたため、7月31日以降は POKEVISION や PokeWhere では情報を提供できなくなっている。対して、「Pokémon GO Insight」は、あくまでポケモンGOユーザが投稿したソーシャルメディア上のデータを元にしているため、将来的にも Nianteic の影響を受ける恐れが低い。

ナイトレイはこれまでに、ソーシャルメディア上の投稿から得られた位置情報を分析することで、企業がマーケティングなどに活用できる「ナイトレイGISメッシュデータ」や「inbound insight」といったサービスを展開している。ポケモンGOがリリースされてから1週間後の7月下旬、ナイトレイは同社が持つ解析データやリソースを応用することで、ポケモンGO の人気スポットが地図上に表示される「PokemonGo Popular Spot」をリリース。今回、レアポケモンの出現情報表示を改善するなどし、Pokémon GO Insightとして正式リリースに至った。

現時点で人気スポットとなっているのは、大阪の扇町公園、東京の世田谷公園、名古屋の鶴舞公園など。THE BRIDGE では、Pokémon GO Insight 上の情報更新頻度や日本国外へのサービスの拡張の可能性などをナイトレイに問い合わせているが、現時点でコメントは得られていない。

<8月3日16:40更新>

ナイトレイから回答が寄せられた。データについてはリアルタイム解析を行っているが、ウェブサイトへの更新反映は1週間単位とのこと(ポケモン配置が大幅に変わるため)。また、ニーズがあれば、都市単位でサービスを海外拡大させる可能性もあるとのこと。

<関連記事>

ナイトレイが、SNS上の投稿をもとに訪日外国人観光客の動きを可視化する「inbound insight」をローンチ

SHARE:

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは3日、ソーシャルネットワーク(SNS)上の投稿を元に、訪日外国人観光客の行動を地図上で可視化するサービス「inbound insight」をローンチした。 「inbound insight」は行動データを可視化するプランと、解析データの購入プランで構成される。 可視化プランはフリーミアムで提供され、地図上でのヒートマップ表示…

inbound-insight_featuredimage

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは3日、ソーシャルネットワーク(SNS)上の投稿を元に、訪日外国人観光客の行動を地図上で可視化するサービス「inbound insight」をローンチした。

「inbound insight」は行動データを可視化するプランと、解析データの購入プランで構成される。

可視化プランはフリーミアムで提供され、地図上でのヒートマップ表示、人気エリアランキング表示、行動データのグラフ化が可能、さらに月額10万円のPRO(契約は3ヶ月単位)では、フリーミアムの機能に加え、地図上での行動ルート表示、国籍判定(中国・香港・台湾・韓国・タイ)、性別判定(中国・台湾・香港)、ポイントデータ表示、クチコミ詳細内容表示、投稿写真表示の機能が提供される。

解析データ購入プランでは、必要な期間の解析結果を、投稿日時、緯度経度、都道府県、市区町村、町丁目番地、番地、プレイス名、ユーザID、性別、推定国籍、投稿テキスト、投稿画像 URL といった項目で CSV 形式で提供することができる。料金は期間と対象とする地域により、例えば、全国30日間のデータで50万円から。

nightley-inbound-insight-1
周遊ルート表示:訪日外国人の個々の行動経路を解析して表示可能
nightley-inbound-insight-2
ポイントデータ:解析された投稿データの内容を個別に表示可能(投稿時間、クチコミ内容、投稿写真)
nightley-inbound-insight-3
性別解析:SNS投稿ユーザの性別を解析し、性別毎に切替表示が可能 (中国、香港、台湾)

ナイトレイはこれまで3年以上にわたって日本語中心のソーシャルネットワーク上のデータを利用した位置・移動・行動データの解析技術やノウハウを培ってきたが、inbound insight のローンチにあたり、言語判定、国籍判定、入出国判定などを常時解析できる技術を新たに開発した。

inbound insight の行動データ解析対象は、Twitter や新浪微博(Sina Weibo)などの SNS で公開されているユーザ投稿で、未公開の投稿やクローズドアプリのログデータなどは含まれない。1ヶ月あたり約 5,000 人の訪日外国人旅行者のデータ解析が実現できており、行動傾向(訪問施設、行動種類、移動ルート)や国籍別の嗜好をつかむことができる。

ナイトレイでは、「inbound insight」を訪日外国人の誘致を進めている官公庁や観光業、ホテル業、商業施設、商店街等に向けて導入提案を進めていく方針で、これらにより 2015 年末までに行動データ可視化ツールを100社、解析データ購入プランを20社への導入を目指すとしている。

<関連記事>

〈東京スタートアップ・オフィスツアー〉食事をしているのか、洋服を選んでいるのか——消費者の行動属性の付加で、位置情報分析を進化させるナイトレイ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。 東京に拠点を置くナイトレイは、位置情報データのアナリティクス技術を開発している。このスタートアップは、以前、日本のウェブサービス企業ネットエイジ [1] で仕事していた、CEO 石川豊氏によって2011年に設立された。 ナイトレイは先頃、Trexa と…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。

東京に拠点を置くナイトレイは、位置情報データのアナリティクス技術を開発している。このスタートアップは、以前、日本のウェブサービス企業ネットエイジ [1] で仕事していた、CEO 石川豊氏によって2011年に設立された。

ナイトレイは先頃、Trexa というソーシャルメディア分析エンジンを開発し、その分析結果をナイトレイGISメッシュデータとしてGISプロバイダへ提供を開始した。渋谷近くにある同社のオフィスを訪問し、石川氏から今回の動きについて話を聞いた。

最近、複数の日本のシステムインテグレータが Twitter とデータ再販の契約を締結し、Twitter API から得られるデータの販売権を取得している。日本のビッグデータ・ソリューション会社のホットリンクは、10月にアメリカの Gnip とデータ再販の契約を締結[2]、NTTドコモは先頃、同社の携帯電話契約者の利用状況をもとに、モバイル空間統計の販売を開始した。

nightley-gis-mesh-data
ナイトレイGISメッシュデータ(画像化されたサンプル)

私は石川氏に、ナイトレイがこのようなビッグプレーヤーとどう差別化していくのかを尋ねた。

従来のプレーヤーは、つぶやきや投稿に結びついた、緯度や経度の値の集合を提供しています。この種の値によって、ユーザが今どこにいるのか、どこにいたのかはわかりますが、ショッピングモールのどのフロアに居るのか、どの店に居るのか、そして何をしているのか、という洞察までは教えてくれません。

私達のソリューションでは、そのようなユーザの属性を可視化します。これこそが我々の優位性であり、より効率のよいマーケティング展開や出店計画の検討に役立つと思います。

数年前、石川氏がナイトレイを創業したとき、彼は位置分析データを直販していた。しかし、しばらくして、日本のマーケティング関係者の非常にニッチなセグメントにしか、ビジネス機会が無いことを悟った。そこで彼は販売戦略を変更し、大手のGIS企業やシステムインテグレータとの提携を強化することにした。[3]

大手企業は既に、ユーザ属性情報の豊富な位置データが欲しいクライアント企業を多く持っています。彼らと組む方が簡単だと思いました。彼らもアナリティクス・ソリューションを持っていますが、あまり有機的なものではありません。GIS企業と協業することで、相互補完できると考えたのです。

石川氏は、ナイトレイのソリューションをO2Oのソリューションのみならず、より正確なエリアターゲティングを求める人々や企業に使ってほしいと考えている。

現在、同社は資金調達中で、さらなるビジネス拡大を目指してエンジニアも募集中だ。彼らのチームに加わることに興味があれば、このページからコンタクトしてほしい。

nightley-office
ナイトレイのオフィスにて

  1. もともとのネットエイジは、日本のシリアルアントレプレナー西川潔氏によって、1999年に設立された。同社は後に ngi group に改称され、現在モバイルアプリの CocoPPa で有名なユナイテッドになった。この会社とは別に、西川氏は2年前、ネットエイジの名前で新しいインキュベーション会社を設立した。
  2. ホットリンクは、ネットマーケティング会社オプト(東証:2389)の子会社である。ホットリンクは最近、東証マザーズへの上場承認が得られたと発表した。上場は12月9日に予定されている。
  3. ナイトレイは最近、富士通と同社の位置情報データクラウドサービスの SPATIOWL の開発に関して提携した。また、マーケティング・ソリューション・プロバイダの技研商事インターナショナルとも提携した。