THE BRIDGE

タグ NIO(蔚来)

中国のEVスタートアップNIO(蔚来)、Tencent(騰訊)と自社CEOからコンバーチブルノートで2億米ドルを調達

SHARE:

さまざまな問題を抱えた電気自動車メーカー Nio(蔚来)は、深刻な資金不足を解決すべく、Tencent(騰訊)からコンバーチブルノートで新たな現金を調達することになった。 重要視すべき理由:Nio は今年、販売の失速に見舞われたり大規模なリコールを行ったりしているため、主要投資家である Tencent からの今回の資金注入はまさに Nio が待ち望んでいた支援だ。 Nio は国内購入者向けに3年間…

さまざまな問題を抱えた電気自動車メーカー Nio(蔚来)は、深刻な資金不足を解決すべく、Tencent(騰訊)からコンバーチブルノートで新たな現金を調達することになった。

重要視すべき理由:Nio は今年、販売の失速に見舞われたり大規模なリコールを行ったりしているため、主要投資家である Tencent からの今回の資金注入はまさに Nio が待ち望んでいた支援だ。

  • Nio は国内購入者向けに3年間の無利息支払いプランを提供するなど、さまざまな販売促進の施策を講じている。また、頭金なしで5年間の利息が1.29%になる支払いプランも上海で実施しているという
  • Nio 初となる大衆向けモデルES8の販売台数は12月の3,318台をピークに下降している。7月の販売台数はたったの837台で、そのうちの80%を Nio にとって2番目となる SUV モデル ES6 が占めている。

詳細情報:5日にリリースされた発表によると、Nio は2億米ドル相当の転換社債を Tencent の関連会社と Nio の CEO  William Li Bin(李斌)氏に発行し、それぞれが1億米ドルずつ受け持つことになるという。

  • また、コンバーチブルノートは2つのトランシェに等分され、1つ目のトランシェは360日で満期を迎え、米国預託株式(ADS)1株につき2.98米ドルの会社株式に転換することができるようになる。
  • 2つ目のトランシェの満期は3年で、発行日から1年経過すると ADS 1株あたり3.12米ドルで株式に転換できる。1つ目のトランシェの満期プレミアムは元本の2%、2つ目では6%となっている。
  • Nio の株価は、5日の取引終了時点で7.27%急騰して2.95米ドルに達した。

6日に Nio から TechNode(動点科技)に送られた声明によると、Tencent と Li 氏によるコンバーチブルノートの購入は、主要株主が Nio の今後の業績に期待していることの表れだという。また、今月下旬にリリースされる4半期の結果でさらなる詳細が発表されるとのことである。

背景:Nio がコンバーチブルノートで資金を調達するのは、2018年9月にニューヨーク市場に上場して以来、今回で2度目となる。

  • Nio は今年1月にコンバーチブルノートで6億5,000万米ドルを調達している。そのう ち Tencent が3,000万米ドル、もう1つの主要支援企業である Hillhouse Capital Management(高瓴資本)が500万米ドルを購入している。
  • コンバーチブルノートは利率が低いため、比較的安価に資金を調達する方法として用いられる。社債を購入した企業にとっては、コンバーチブルノートを株式に転換することで借入債務を株に変えられるという明確なメリットがある。
  • Nio の2018年度年次報告によると、12月末時点では Tencent が Nio にとって最大の法人株主で、株式保有率は13.3%になる。それに続くのが英国の投資企業 Baillie Gifford & Co(9.7%)と中国のベンチャーキャピタル企業 Hillhouse(6.2%)だ。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のEVスタートアップNIO(蔚来)、資金繰り悪化で従業員を大量解雇——レーシングチームも売却へ

SHARE:

中国の電気自動車(EV)メーカー Nio(蔚来)が資金繰りの悪化に対処するため、研究開発およびマーケティングを担当する従業員を最大40%削減すると報じられた。また、所有するフォーミュラ E のレーシングチームも売却する予定だという。 重要視すべき理由: Nioは第1四半期の出荷台数の減少にともなう収益の減少を報告。その後、破綻を食い止めるため一連の対策が講じられ、国営投資家からの資金調達で100億…

Image credit: NIO(蔚来)

中国の電気自動車(EV)メーカー Nio(蔚来)が資金繰りの悪化に対処するため、研究開発およびマーケティングを担当する従業員を最大40%削減すると報じられた。また、所有するフォーミュラ E のレーシングチームも売却する予定だという。

重要視すべき理由: Nioは第1四半期の出荷台数の減少にともなう収益の減少を報告。その後、破綻を食い止めるため一連の対策が講じられ、国営投資家からの資金調達で100億人民元(約1,500億円)を調達した

  • 最初の商用モデルである ES8 SUV 関連のバッテリー発火事件によって大きな打撃を受けた。6月下旬、大規模なリコールを実施し、4,800台以上に搭載されたバッテリーパックを交換した。
  • 第2四半期は、前期比でさらに20〜30%ほど収益が減少すると予想している

8月2日の夜、Nio の広報担当は40%の人員削減を否定したが、詳細なコメントを避けた。同社社長であるQin Lihong(秦力洪)氏は、中国のメディア 36Kr に対し「業務の効率化を図るため再構築を行っているが、大量解雇の報道は真実ではない」と述べた。

詳細情報:報じられた人員削減は、中国国内の研究開発・マーケティングを含む多くの部署だけでなく、海外の部署にも影響を与えるという。

  • 一部の部署ではすでに30%の人員削減が行われており、総従業員数は14%減の約8,400人にまで減少した。
  • 4月には海外拠点を縮小し、2つあるシリコンバレーのオフィスから70人の従業員を削減。また、サンフランシスコにある2つのオフィスのうち1つは閉鎖された。
  • 以前、NextEV として知られていた フォーミュラ E チーム「Nio」を、上海のレーシング会社 Lisheng(力盛)に売却し、資金を回収した。Nio チームはデビューシーズンである2015年に FIA フォーミュラ E 選手権で優勝し、一躍有名となった。

背景:中国のEV市場は、Tesla による上海でのギガファクトリー建設がほぼ完了し、新たな競争時代の到来に直面している。

  • アメリカの EV 大手である Tesla は先月、今年末までに上海で Model 3 の生産を開始する予定であると述べた。中国生産の Tesla モデルは、アメリカ生産よりも最低50%安くなるという。
  • 2016年の創業以来、Nio は200億人民元(約3,000億円)を超える純損失を計上している。それに加え、2四半期連続で出荷台数が半分以上減少し、6月末は3,553台となった。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Teslaを脅かす中国EVメーカーNIO(蔚来)、ニューヨーク証取に上場へ

SHARE:

最新の IPO ニュースとして、中国の電気自動車メーカー NIO(蔚来)がニューヨーク証券取引所に上場を申請した。最大で18億米ドルを調達したいとしている。 NIO は8月18日に、アメリカ証券取引委員会に上場を申請した。引受証券会社は、JP Morgan、Morgan Stanley、Goldman Sachs など。NIO は9月にアメリカでの上場を計画していたと報道されたことがあるが、その際…

TechCrunch 上海 2017 に登壇した、NIO のユーザ開発担当 VP Izzy Zhu(朱江)氏
Image credit: Technode(動点科技)

最新の IPO ニュースとして、中国の電気自動車メーカー NIO(蔚来)がニューヨーク証券取引所に上場を申請した。最大で18億米ドルを調達したいとしている。

NIO は8月18日に、アメリカ証券取引委員会に上場を申請した。引受証券会社は、JP Morgan、Morgan Stanley、Goldman Sachs など。NIO は9月にアメリカでの上場を計画していたと報道されたことがあるが、その際にはコメントを拒否していた。

以前の見積によれば、IPO が成功することで、同社のバリュエーションは約370億米ドルに達する見込み。

NIO は今年に入って初めて売上を出し始め、自動車販売売上が670万米ドル、それ以外を含めた全売上が700万米ドルと報告されている。2017年には7億5,900万米ドル、2018年の上半期には5億米ドル以上の損失を計上していた。上場申請書の中で、同社は次のように警告している。

マイナスのキャッシュフローがあり、最近になって売上を出し始めたばかりで、黒字には至っていない。この状況は将来も続く可能性がある。

NIO は同社の電気自動車「ES8」の最初の出荷を2018年6月に開始し、2018年には第2モデルが追加される予定。将来は毎年、新型車をローンチする計画だ。7月31日現在、NIO が出荷を開始している 481 ES8s は、あと17,000台分の予約注文に応じられていない。それにもかかわらず、これらのうち約12,000台分の予約には、既に前金の5,000人民元(約8万円)が支払われている。

同社は今回の上場申請の前に、Tencent(騰訊)、Baidu(百度)、Sequoia Capital(紅杉資本)、Joy Capital(愉悦資本)から総額21億米ドルを資金調達した

NIO の ES8 は、Tesla の Model X の直接的な競合になるとされる。中国での販売価格は、ES8 の50万人民元(約800万円)に対し、Tesla Model X は90万人民元(約1,450万円)。NIO は価格が安いだけでなく、ブランド力とテスト性能で Tesla に劣っている。NIO は上場申請の中でこれを認め、EV 業界への新規参入者として、大きな課題に直面していると述べている。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------