BRIDGE

タグ Nokia

デジタルヘルス製品Withingsの買収から見えるNokiaのビジョンとは?

SHARE:

<ピックアップ>Nokia enters the digital health realm with $192 million acquisition of France’s Withings Nokiaがデジタルヘルス関連製品を開発するフランスのスタートアップWithingsを買収する予定であることを発表した。 2008年にパリで創業したWithingsはこれまで3000万ドルの資金を調達してお…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Jon Russell“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Nokia enters the digital health realm with $192 million acquisition of France’s Withings

Nokiaがデジタルヘルス関連製品を開発するフランスのスタートアップWithingsを買収する予定であることを発表した。

2008年にパリで創業したWithingsはこれまで3000万ドルの資金を調達しており、パリの他に米国、香港などの複数の拠点で200名ほどの社員がいるそうだ。同社はこれまで、スマートウォッチやフィットネスバンド、睡眠トラッカー、体温計などといったデジタルヘルス関連の製品を開発してきた。Nokia によるWithingsの買収額は1億9200万ドルといわれる。

今回の買収から見える、Nokiaの事業戦略はどのようなものだろう?

これまで地図事業のHereを売却したり、携帯電話事業をMicrosoftに売却したりと、スマートフォンの波に乗り遅れてかつての携帯電話業界の王座を失ったNokiaは事業の立て直しに奔走してきた。

Nokia には現在ブロードバンド事業のNokia Networksと、これまでのNokiaブランドを維持するためのNokia Technologiesの二つの柱がある。360度VRカメラのOzoもNokia Technologiesの事業に含まれ、今回買収したWithingsもまた、Nokia Technologiesの事業に加わることになる。

Withingsの買収でNokiaが目指すのはIoT事業の強化であると、Nokia はコメントしている。今年2月にバルセロナで開催された Mobile World Congressでは、3億5000万ドルのIoTファンドを設立を発表。昨年秋にはフランスのネットワーク機器企業Alcatel-Lucentも買収し、「次世代ネットワークテクノロジー・サービスの開発」への意気込みを語っていた。

今回の買収はIoTへのNokiaのシフトを加速させるものであることは間違いない。

スマホの登場後に失速したNokiaがまた大きな存在感を示すようになる日が近づいているのかもしれない。

関連記事:Nokiaが5Gネットワーク対応を宣言、3億5,000万ドルのIoTファンドを設立、そしてセキュリティ企業Nakinaを買収

via VentureBeat

----------[AD]----------

Nokiaが5Gネットワーク対応を宣言、3億5,000万ドルのIoTファンドを設立、そしてセキュリティ企業Nakinaを買収

SHARE:

昨今のNokiaは、かつてとは大きく変わった。かつてのモバイル王者がMobile World Congress(MWC)で発表したのは、魅力的なニューモデルのスマートフォンではなく、5Gネットワーク、IoT(モノのインターネット)、およびセキュリティの3つのニュースだった(編集部注:原文掲載2月21日)。 NokiaはMWCの盛り上がりに向けて「何か大きな発表」があることをちらつかせていて、またそ…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Jon Russell“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

昨今のNokiaは、かつてとは大きく変わった。かつてのモバイル王者がMobile World Congress(MWC)で発表したのは、魅力的なニューモデルのスマートフォンではなく、5Gネットワーク、IoT(モノのインターネット)、およびセキュリティの3つのニュースだった(編集部注:原文掲載2月21日)。

NokiaはMWCの盛り上がりに向けて「何か大きな発表」があることをちらつかせていて、またそれはモバイルネットワークに関わるものであり、消費者向けのおしゃれな新型ハードウェアではないことも示唆していた。今日明らかになった「何か」とは、新規IoTプロジェクト開拓のための、Nokia Growth Venturesの助力による3億5000万米ドルの投資ファンド設立、既存のFlexiベースステーションの代替となる5Gネットワーク対応の携帯電話基地局製品、そしてカナダのネットワークセキュリティ企業Nakina Systemsの買収であった。

MWCで行われたNokiaの発表内容は、同社が最近フランスの通信およびネットワーク機器企業Alcatel-Lucentを166億米ドルで買収したことからの流れであるとも言える。実際Nokiaは以前、この買収により、5GネットワークやIoTといった将来のテクノロジーの開発を加速させられるだろうと語っていた。

「Alcatel-Lucentとの統合はスムーズかつ効果的に進捗しており、組織上の不安要素や衝突といった、従来の買収でよくあった問題は回避できています。」Nokia社長兼CEOのRajeev Suri氏はこう続ける。「NokiaとAlcatel-Lucentが一緒になれば、当社は1410億ユーロにも膨れ上がるであろう市場を攻略できるようになり、以前とはまったく異なるポジションに上がることが可能になります。当社およびAlcatel-Lucentの顧客に提供できる価値は、競合が比肩し得ないものとなります。」

4Gネットワークは現在でも多くの市場に普及している途中であり、5Gについて語ることは時期尚早とも思える。また、5Gは昨年のMWCのトピックでもあった。しかしNokiaは、すべてが5G機能に包含されていくと語る。

「当社は今年、5Gへの投資を大幅に増強し、我々のイノベーションの力を全力で発揮していく予定です。」Suri氏は続けて、「当社はすでに、5G現実化において最前線に立っており、膨大なネットワーク容量と接続性を確保しようとしています。これは当社の大局的なビジョンからくるものです。IoTのユースケース(使い方の実例)は5Gを必要としているのです。5Gの機能が人命を救い、環境を改善し、人々の生活をより良くすることに役立つとわかっているのであれば、私たちは5Gへの移行を早めなければなりません。ゆっくり移行している場合ではないのです。」

5Gネットワークが商業利用可能になるまでにはまだ4年ほどかかるとみられているが、5G対応のベースステーションを今発売することにより、ネットワークオペレータ(携帯電話事業者)は5Gテストを先行して行うことができる。

Nakina Systemsの買収は今春までに完了するとみられているが、これによりNokiaの5GおよびIoT戦略が補強されることになる。5GとIoTの時代では、セキュリティこそが最重要になるためだ。

今回のNokiaの発表は、MWCにおいては、より近い将来に関するその他ニュースに比べれば少し地味に見られるだろう。バルセロナで毎年行われるこのイベントはまさに始まろうとしており、LGAlcatelHP、そして王者Samsungの新型スマートフォンがすでに明らかにされている。Nokiaからの新型スマートフォンの発表はそれほど想定されていないが、このフィンランド企業はそのブランドと移動体通信の設計力を将来への投資に向けようとしている。そして、MWCは、他社からの「何か」がなければ、テクノロジー業界でのNokiaの新しいポジションを再認識する場となるであろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

中国メッセージアプリWeChat、Nokia製携帯電話対応アプリをローンチして「次の10億人」市場を狙う

SHARE:

中国発のソーシャルメッセージアプリWeChatが、Nokia製Ahsa携帯電話に対応した新しいアプリをローンチし、新興市場の新規ユーザの取り込みに邁進している。WeChatは以前にSymbian携帯電話の旧バージョンに対応したアプリを導入したが、今回のAsha対応アプリはNokiaの格安デバイスのためにすべてを再構築している。 WeChatには中国国外で既に5000万人のユーザがいる。そのため、こ…

WeChat-Nokia-Asha-app

中国発のソーシャルメッセージアプリWeChatが、Nokia製Ahsa携帯電話に対応した新しいアプリをローンチし、新興市場の新規ユーザの取り込みに邁進している。WeChatは以前にSymbian携帯電話の旧バージョンに対応したアプリを導入したが、今回のAsha対応アプリはNokiaの格安デバイスのためにすべてを再構築している。

WeChatには中国国外で既に5000万人のユーザがいる。そのため、この新しいAsha向けアプリは100ドル以下の「スマートフォン」の販売が、Nokiaが主張するようにGoogleのAndroid OS搭載の通常のスマートフォンを勝る地域において、WeChatのユーザ獲得の助けとなるだろう。

同アプリは旧バージョンのSymbian S40携帯にも利用ができる。同様の取り組みで、TencentのWeChatは昨年末に古いバージョンのBlackBerry OS向けのアプリもローンチした。

格安デバイス向けにデザインされた「WeChat app for Asha」には、iOSやAndroid版と全く同じ機能があるわけではなく、音声通話とビデオ通話機能は含まれていない。だが、Asha向けアプリにはタッチ・ツー・トークや、最大40人までのグループチャット、そして画像の共有など楽しい機能はある。

ライバルアプリのLineはすでに独自のAsha版アプリを導入している。Nokia(HEL:NOK1V; NYSE:NOK)は、インドやアフリカ大陸全域のような発展途上国における「次の10億人」消費者に目を向け、2011年10月に携帯電話のAshaシリーズをローンチした。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

中国版FoursquareのJiepangがNOKIAと提携して非接触でのチェックインを提供へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 NFC(近距離無線通信)は便利で簡単な技術として話題になってしばらくたつが、現状では普段の生活に採用するにはまだ少し先進的すぎる技術のようだ。その理由は対応するスマートフォンが少ないことや、対応する無線サービスがほとんどないことだ。 しかし、NFC対応の携帯やサービスが増えるにつれてその点についての不安は取り除かれつつある。NOKIAとLBS(位置情報サービ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

NFC(近距離無線通信)は便利で簡単な技術として話題になってしばらくたつが、現状では普段の生活に採用するにはまだ少し先進的すぎる技術のようだ。その理由は対応するスマートフォンが少ないことや、対応する無線サービスがほとんどないことだ。

しかし、NFC対応の携帯やサービスが増えるにつれてその点についての不安は取り除かれつつある。NOKIAとLBS(位置情報サービス)であるJiepang(街旁)は提携して、NFC普及に弾みをつけるつもりだ。

NOKIAは、Symbian BelleのOSを搭載し、NFC対応が可能な3種のスマートフォン端末、NOKIA600・700・701を昨夜発表した。同時に、Jiepangは従来のものに替わる新しいNFCチェックイン用ステッカーを発売する。

Jiepang社のファウンダーでありCEOを努めるDavid Liu(劉穎)氏は「JiepangもNOKIAも、NFC機能をいち早く取り入れた先駆者であるから、我々はこの技術を最大限生かして、ユーザーの満足度を上げ、さらに期待以上のサービスを提供していけるよう、共に働けることを楽しみにしている」と話している。

通常、Jiepangでチェックインする際は、携帯を取り出し、Jiepangのアプリを立ち上げて、位置情報を取得してから、チェックインしなくてはならなかった。しかしJiepangステッカーの付いた、NFC対応のスマートフォン端末を使えば、端末をシェイクするか、ステッカー部分をタップするだけで簡単に手間要らずのチェックインかできる。

ビジネス活用の面では、NFCのメリットはユーザーのチェックイン情報把握の正確さにある。ユーザーの購買傾向も掴めることから、よりターゲットに適した効率の良いマーケティング活動が可能となる。

Jiepangは主要な位置情報サービス提供会社で、新技術(NFC)を他社に先駆けて採用し現在までのユーザー数は130万人を超えている。同社は、NOKIA、 Starbucks、 McDonalds、Nikeなど含む300以上の有名ブランド企業と提携している。また、地域の企業とも協力しJiepangでチェックインする顧客にクーポンや割引を提供している。

Jiepangで大好きなところにチェックインしよう

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------