タグ NOT A HOTEL

4000人が殺到した「NOT A HOTEL」に新展開、福岡に都市型モデルと“ソフトウェア”フランチャイズ開始へ

SHARE:

ニュースサマリ:ホテルブランドの開発・運営を手がけるNOT A HOTELは5月19日、都市型コンドミニアムを福岡にて展開することを公表した。初回案件となる「NOT A HOTEL FUKUOKA(仮称)」を2021年冬に販売開始し、2023年春の開業を目指す。また同社はホテルと住宅を切り替えることのできるソフトウェア・運営ノウハウを新規施設や既存のホテルに対して提供するフランチャイズ展開を開始す…

NOT A HOTEL FUKUOKA(仮称)

ニュースサマリ:ホテルブランドの開発・運営を手がけるNOT A HOTELは5月19日、都市型コンドミニアムを福岡にて展開することを公表した。初回案件となる「NOT A HOTEL FUKUOKA(仮称)」を2021年冬に販売開始し、2023年春の開業を目指す。また同社はホテルと住宅を切り替えることのできるソフトウェア・運営ノウハウを新規施設や既存のホテルに対して提供するフランチャイズ展開を開始することも公表している。

福岡の初回企画となったNOT A HOTEL FUKUOKAを企画・開発するGood Life & Travel Company(GLTC)はそのフランチャイズパートナー1号となる。GLTCは⼩⼭薫堂⽒が代表を務めるオレンジ・アンド・パートナーズと福岡でホテル事業を営むIMD Allianceの合弁会社。建設予定地は福岡県中央区某所で、分譲されるのは13室。広さは約70平⽶〜120平⽶を予定しており設計は佐々⽊慧建築設計事務所+NKS2 architectsが手がける。

NOT A HOTELはオーナーが自宅として利用するか、ホテルとして貸し出すかを使い分けることができる「ホテル兼住宅」物件を提供する。オーナーは物件の使い分けをアプリで選択するだけで、ホテルとしてのオペレーションや清掃などは全てNOT A HOTELがサポートする。リゾートでの展開を皮切りに、今回は都市型の集合物件を公表した。

福岡のスキームはホテル物件の土地取得や物件に関する企画・建設をGLTCが手がけ、ホテルと住宅を切り替えることのできるソフトウェア・運営ノウハウおよび、稼働後の運用をNOT A HOTELが手がけることになる。稼働後はNOT A HOTELが運営する他のリゾートと同様にこの福岡の物件もオーナーは共同で利用ができるようになる。

話題のポイント:分散化社会の到来を予想し、住環境のアップデートがあるとしたらこのNOT A HOTEL一択じゃないでしょうか。それぐらい衝撃的なモデルです。確かにリゾートの共同所有や不在時の貸し出しモデルはあります。ただ、ここまで物件とソフトウェアを統合したモデルはなかったのではないでしょうか。かつてAppleはOSとハードを融合させ、Windowsにはない体験を提供することで熱狂的な「Apple信者」を生み出したことで有名です。そんな感じです(雑)。

興奮して前置きが長くなりました。NOT A HOTELの仕組みについては前回の記事をぜひご覧ください。

NOT A HOTEL創業者の濵渦伸次さんにお話伺いましたが、2月のサービスデビューをきっかけに4,000件を超える問い合わせがあったそうです。数千万円から数億円の物件ですから、 資産家クラスタにとってもこのアイデアはヒットしたとみてよいでしょう。ちなみにまだ物件はひとつもできていません。

コロナ禍の都市型ホテルを救う

福岡の都市部に13戸が分譲される

福岡の物件はこれまで公表されてきた郊外型リゾートとは異なる、都市型ホテルのような物件です。詳しい場所はまだ未定ということでしたが、福岡の都市部にできるということで、福岡を仕事でご利用の方であればご存知の通り、空港がめちゃくちゃ中心部に近いので首都圏との二拠点生活は楽勝になります。福岡のNOT A HOTELを生活拠点にして、仕事で都市部に滞在する場合はホテルとして貸し出すことができます。ちなみにプライベートゾーン(私物を置けるクローゼット)とは設計段階で分離してあるそうで、この辺りはNOT A HOTELならではの仕様になっているというお話でした。

話のきっかけは、コロナ禍におけるホテル業のピンチにあります。元々、今回フランチャイズパートナーとなったGLTCには福岡でのホテル開業の計画があったそうなのですが、観光業が壊滅状態の今、タイミングとしては最悪です。しかしこのNOT A HOTELの仕組みを使えば、分譲ですからホテルにも関わらずイニシャルコストの面で大きくリスクヘッジが可能になります。そして見過ごしそうになるのが建てた後の運用で、ここについても住居とホテルを切り替えるNOT A HOTELのソフトウェアとネットワークがあれば、運用はもちろん、その後の修繕などについても分譲物件としてのメンテナンスが「NOT A HOTELネットワーク全体でカバー」できるようになります。

13戸しかない小規模物件にとってこのネットワークの存在感は大きいのではないでしょうか。分譲を購入するオーナーにとっても通常の利用はもちろん、資産価値という面での期待値は大切です。そしてさらにインパクトがあるのがこのパートナー展開を拡大させる、という事実です。本当に創業して1年のスタートアップなのでしょうか。

ホテルと住宅を切り替えるソフトが可能にするもの

スマホひとつで借りることのできるホテルでもあるNOT A HOTEL

今回の発表にあった通り、NOT A HOTELはこの展開を拡大させていきます。濱渦さんの表現では、ソフトウェアからハードを作る、というイメージだそうです。というのも、前述した通り、NOT A HOTELにはプライベート空間をホテルとして切り替える必要があります。ソフトウェアだけで切り替えても、例えば私物が利用者の目に触れては体験がよくありません。そこで、物件そのものの設計がソフトウェアと融合している必要性が出てくるのですが、これが「ホテル版Apple」と言われる所以です。

住宅兼用の分譲型ホテルネットワークが誕生すればどのようなことが可能になるでしょうか。利用サイドとしてはまず、ユニークで快適なホテル滞在体験を手にすることができます。NOT A HOTELの物件はどれも高級リゾートを思わせるデザインが特徴で、これは滞在する側にとって大きなメリットです。

提供するオーナーサイドのメリットは前回記事にも書いた通り、住宅をホテルとして貸し出せるため、特に在宅時間に無駄があるようなビジネスマン(特に経営者のようなタイプ)はメリットを感じやすいと思います。また、ネットワークにある物件は無料で利用ができる利点もあります。さらに運用や修繕といった不動産資産としてのメンテナンスについてもNOT A HOTELがまとめることで効率的になります。

2月に公表されたリゾート型の物件

これまでは土地取得や物件の建設についてもNOT A HOTELがリスクを取って実施しなければならず、企画段階でのカタログ販売にならざるを得ませんでしたが、このパートナーシップによって建設と運用のリスクを分担できるようになります。結果的にNOT A HOTELネットワーク拡大のスピードは上がるはずです。濱渦さんによれば、都市型は東京にも作る計画だそうですが、個人的には利便性の高い地方都市での更なる展開も期待しています。

ということでいろいろ夢が膨らんで期待ばかりですが、大切なことはまだ一軒も物件は建っていない、という事実です。これまでに発表された物件も今年夏に販売を開始して、来年の春に操業を開始予定です。周囲はおそらくお手並み拝見といったところでしょうが、一気に突き抜けていただきたいと思います。

ホテルにもなる住宅の衝撃、NOT A HOTELとは何者か【濱渦氏インタビュー】

SHARE:

ニュースサマリ:ホテルブランドの開発・運営を手がけるNOT A HOTELは2月10日、ホテルとして利用可能な住宅を夏に販売開始すると発表した。NOT A HOTELはオーナーが自宅(別荘)として利用するか、ホテルとして貸し出すかを使い分けることができる「ホテル兼住宅」物件。オーナーは物件の使い分けをアプリで選択するだけで、ホテルとしてのオペレーションや清掃などは全てNOT A HOTELがサポー…

Image Credit : NOT A HOTEL

ニュースサマリ:ホテルブランドの開発・運営を手がけるNOT A HOTELは2月10日、ホテルとして利用可能な住宅を夏に販売開始すると発表した。NOT A HOTELはオーナーが自宅(別荘)として利用するか、ホテルとして貸し出すかを使い分けることができる「ホテル兼住宅」物件。オーナーは物件の使い分けをアプリで選択するだけで、ホテルとしてのオペレーションや清掃などは全てNOT A HOTELがサポートする。第一弾となる物件はSUPPOSE DESIGN OFFICEがデザインを手がける9棟が今年夏からオンライン販売開始となる。

NOT A HOTEL創業者の濵渦伸次氏は2007年にSaaS型コマースプラットフォーム「アラタナ」を創業した人物。2015年にZOZOに企業売却しグループ入りした後、ZOZOテクノロジーズの取締役として活躍し、昨年3月に退任、2020年4月にNOT A HOTELを創業した。同社には濵渦氏と個人投資家のほか、ANRI、GMO Venture Partners、SMBCベンチャーキャピタルが出資している。

話題のポイント:面白いライフスタイルサービスがようやくお披露目されました。連続起業家としての濱渦さんのチャレンジということで昨年話題にはなりましたが、内容はめちゃくちゃ面白かったです。公開取材でご本人にいろいろお聞きしました。

ホテル転用ができる別荘のメリット

Image Credit : NOT A HOTEL/アプリでホテルと自宅を切り替え

このアイデアの原点は、濱渦さんの周辺で別荘を保有する人たちに見られる「買ったんだけど使わない」という無駄がきっかけだったそうです。現役の経営者層が資産運用兼ねて別荘を購入し、余暇やオフサイトのビジネスミーティングに利用するというケースがあります。ただ、当然ですが「別荘」なので使わない日の方が長くなりますし、それを他人に貸すという運用は面倒です。ここに「面倒なく貸すこともできる別荘」という着想が生まれます。

オーナーはNOT A HOTELの物件を購入し、住宅・別荘として利用することもできますし、アプリから使わない日を設定して貸し出すことも可能です。ホテル運用になったタイミングからここの集客や清掃、価格や決済などのオペレーションは全てNOT A HOTELに委ねられることになります。ちなみに私邸として利用する場合の管理も濱渦さんたちに有料委託することもできるというお話でした。

こういったケースにはAirbnbの利用も考えられますが、ブランドを統一した方が利用するユーザーにとっても安心感があります。濱渦さんはAirbnbはどちらかというと宿泊者寄りのサービスで、NOT A HOTELではオーナー寄りのサービスにしたかったと語っていました。

そして資産を持っている人にとって、NOT A HOTELの購入体験はちょっとしたゲーム感覚があるかもしれません。

いわゆるサブリースのモデルなのですが、単に利回りだけを求めるのであれば株式投資など他の方法があります。NOT A HOTELは資産運用の側面も持ちつつ、例えばオーナーは自分で購入した物件はもちろん、ネットワークの物件を私邸と同様に利用することができたりします。濱渦さんは「エモさ」と表現していましたが、オーナーが増えることで自分のホテルチェーンが拡大するような体験はなんとも楽しそうです。

今回発表されたのは栃木県にある9棟の物件の内、1棟がパースとして提示されただけでしたが、現在すでに全国7箇所での提供が決まっているそうです。価格帯は数千万円から数億円のレンジで開始し、ゆくゆくは1,000万円台の物件にまで広げるというお話です。基本的に全ての物件はデザインが異なり、パースの段階で販売されて売買後に着工する流れになるということでした。現在夏に販売される物件に宿泊できるのは来年春頃になります。

ブランドとしては現在の高級物件の路線で立ち上げて、低価格帯に拡大した際も「ユニークであること」(濱渦さん)を基準に作っていきたいそうで、例えばキャンプの体験ができるであるだとか、単なるサブリースの住宅のような体験とは全く異なるものになります。既存にあるリゾート物件などの利活用については「オフレコで」という回答でした。

全ての住宅をNOT A HOTELにする

Image Credit : NOT A HOTEL

昨日の発表以降、濱渦さんの元には「買いたい」と言う声が多く届いているそうです。コロナ禍もあってライフスタイル自体が変化し、オフィスや住宅という境界線が曖昧になりました。NOT A HOTELはこのトレンドニーズにタイミングよく仕掛けてきたことになります。「ターゲットは自分自身」と語るように、30代から40代の現役ミレニアル経営者層が最初の購入層になると思います。ちなみにホテルの運用で現金は一切使えないエッジの効いた仕様にしたそうです。この辺りの割り切りは令和を感じます。

拡大のイメージとして濱渦さんにお聞きしたところ、全ての住宅をNOT A HOTELにしたいとコメントされていました。このエコシステム全体の運用には物件だけでなく、ホテル運用とそれに伴うシステムが必要です。場合によって管理・清掃などのオペレーションにはギグワークのような考え方も出てくるかもしれません。

濱渦さんはこういった仕組みを構築し、他の住宅でもホテル・ハイブリッド化できる、そういう世界観をお話されていました。

確かに住宅を35年ローンで購入して人生をそこの場所に縛るという考え方は、どう考えても破綻しています。それであればNOT A HOTELのような資産を持って、ライフステージに合わせて自由に移動できる方が理想的です。実際のサービスイン(ホテルとして宿泊できる時期)はもう少し先なので、この間、どういう話題を提供してくれるのかそちらも楽しみになってきました。

※本稿はClubhouseでの公開取材を元に、ご本人の合意を得て記事化しています。